保育士の雇用形態の契約社員とは?パート、正社員との違いは?


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士の皆様。働き方は様々ありますよね。

  • 保育士の雇用形態の契約社員ってどういうもの?
  • パート、正社員の保育士との違いは?

という疑問があると思います。実は、「契約社員」というのは法律などで定義されているものでは無く、保育園においてもこの定義は曖昧です。

今回は、保育士の契約社員というものの概要や、パート、正社員との違いなどについて解説します。

また、保育士が保育園で働く際には契約社員と正社員どちらが良い?という疑問にも答えたいと思います。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

契約社員の保育士は期間が決められた雇用形態

「契約社員」という雇用形態は一般的には、期間が決められた雇用形態のことを指します。一般的にはと言っているのは「契約社員」というのは法律などで定義されているものでは無いためです。

契約内容、実態の運用については保育園が決めているものになります。つまり「契約社員」という雇用形態であれば、すべての保育園でこのような雇用システムになっている!と共通して言えることはありません。

保育業界では、例えば1年間というような雇用期間を定められていて雇用される保育士が契約社員になります。契約期間である一年間が経過した際に、契約が更新するかどうかは、保育園、及び、雇用されている本人の意思によって決定されます。

つまり、契約社員の契約期間が終了した場合には、契約を継続する場合も、継続終了する場合もあるということになります。

契約社員保育士の正職員との違い

前項でも書きましたが、契約社員であるか正職員であるかという雇用形態の違いは期間が定められた雇用(有期雇用)なのか、期間が定められていない雇用かという点の差が基本です。

それ以外の仕事内容、給与待遇面、シフトや労働時間などの条件は、保育園によって異なるというのが実情です。一概にすべての保育園でこのような雇用システムになっていると共通して言えることはありません。

なので、ここで紹介するのはあくまでも、一般的に保育園で多い契約社員保育士の正職員との違いの特徴について解説しています。

給与面での違い

契約社員の保育士の給与で正社員との違いで多いのが、

  • 賞与が支給されない

ということです。保育園の契約社員では、賞与が支給されないことが多いです。

社会保険については、勤務時間にもよりますが正社員と同等で、基本的には加入になります。

シフトや出勤日の違い

シフトや出勤日に関して、契約社員保育士は正職員との違いが多いのが、

  • フルタイムの勤務ではない場合がある
  • 出勤の時間や曜日に融通効く場合がある

これも保育園次第ですが、正職員と比べて、シフトの融通が効くというのが契約社員で働くメリットになります。

休暇面の違い

休暇は、フルタイムの勤務であれば、正職員との違いはほとんどありません。有給休暇についても、正社員と同等の条件で付与されることになります。

仕事内容の違い

契約社員と正職員の保育士の仕事内容の違いについて一番顕著なのは、

  • 担任を任されにくい
  • 行事の主担当を任されにくい

担任を任されないことが多いです。やはり担任を任されるのは、正職員が優先になります。どうしても人員が不足している場合には担任を任されることもあるでしょう。

それに伴って保育士としての業務負担が少なくなることがあります。特に書類仕事などは、担任ではないことで減る可能性がある部分です。

行事についても同様で、主担当についてはやはり正職員の保育士が任される場合が多いと思います。

また、研修制度や地域の保育士会の参加などの、保育士のスキルアップに関わる事項については、正職員が優先されるので、参加できないことが多いです。

心理的な負担の違い

保育園の雰囲気によっては、心理的な負担にも違いが出てきます。例えば、

  • 私は契約社員だから〜
  • 来年でいなくなるから〜

人によっては無責任だと思うかもしれない言動ではありますが、保育園の内情によっては、これが通る場合もあるのが実情です。

こんなことを口に出さないとしても、内心でそう思うことで軽減されるストレスというのもなくはないかもしれません。

契約社員保育士のパート保育士との違い

パートタイムは、「パートタイム労働法」で「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定められています。

前述したように、契約社員については、明確に法律で定義されているものではなく、雇用する会社が独自で決めている雇用形態になります。

パートタイムは時給で給与が換算されることや、労働時間によっては、社会保険にも加入しない場合もあります。

その他の違いについては、やはり、正職員との違いと同様に保育園によって異なるものになります。事実上パートと変わらないけど、保育園が契約社員と呼んでいるというだけの場合もあるようです。

保育士が保育園で働く際には契約社員と正社員どちらが良い?

再三になりますが、契約社員であるか正職員であるかという雇用形態の違いは期間が定められた雇用(有期雇用)なのか、期間が定められていない雇用かという点の差が基本です。

もし、それ以外の条件がまったく同じものであるなら、正社員として働いたほうが絶対に良いです。

正社員は簡単には「クビ」にはできませんが、契約社員は契約期間が終われば、本人が続けたいと思っても一方的に契約が終了する可能性があるためです。

ちなみに、正社員だと「退職しづらい」という保育園で働く保育士特有のデメリットがありますが、これは心理的な問題だけであって法律的には、正社員でも2週間前に退職の意思を伝えればいつでも退職することが可能です。

逆に言うと、保育士が保育園で働く際には契約社員と正社員どちらが良いのかという意味では、 雇用期間以外のその他の条件がどのようになっているのかという点が重要 です。

それに加えて、自身の働き方やライフスタイルを踏まえて、契約社員と正社員どちらが良いのかということを判断すべき です。

例えば「家庭の都合で○曜日は早番で出勤できない」という事情があるとします。保育園が正社員での雇用の場合にこの条件をのんでくれないのであれば、契約社員として働くという選択肢になります。

つまり、裏を返すと、保育園がこの条件をのんでくれさえすれば、正職員として働いたほうが良いです。昨今は週休3日正社員の制度がある保育園などもあります。

保育士不足で、保育園も多様な働き方を推奨して保育士を確保しようとしているので、保育園側との交渉の価値は十分にあります。

もし、正職員保育士として働くことができれば、賞与が貰えるという点でもメリットが大きいです。

「契約社員だから正社員の保育士より楽」とは限らない

よくある契約社員保育士の仕事の勘違いが、「契約社員だから正社員の保育士より楽」というものです。

これに関しても、契約社員保育士であれば、正社員より仕事が楽とは限らないです。保育園によっては契約社員でも正職員の保育士と全く同等の仕事量・仕事内容を要求されることもあります。

もし楽をしたい(例えば担任になりたくない等)から契約社員で働きたいというのであれば、事前に保育園側と責任や仕事内容の範囲をしっかりと確認すべきです。

このような転職時の保育園との交渉をしっかりすすめるためにも、保育士転職サイトの利用がおすすめです。

保育園対個人のやり取りをするよりも、保育園対転職サイト会社という形で交渉をしたほうが、正確で確実であるためです。交渉についても転職サイトの担当者が行ってくれます。

交渉に慣れていない保育士が交渉してしまうと、後から話が違う、聞いてないということが生まれやすくなってしまいます。

そうならないてために、しっかりとした転職サイトの担当者をつけて、転職活動に望むのが良いです。保育園の内情などにも詳しいのでそのような点でもおすすめです。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ:保育士の雇用形態の契約社員ってどういうもの?パート、正社員との違いは?

実は、「契約社員」というのは法律などで定義されているものでは無く、保育業界においてもこの定義は曖昧です。

一つ言えることとしては、契約社員の保育士は期間が決められた雇用形態で、正社員の雇用には期間は定められていません。契約社員保育士の正職員との違いはこれが基本で、これ以外の部分は各保育園が雇用する上で決めています。

なので、契約社員の保育士であれば、すべての保育園でこのような雇用システムになっている!と共通して言えることはありません。

あえて契約社員保育士の特徴としてあげるとすると、

  • 賞与が支給されない
  • フルタイムの勤務ではない場合がある
  • 出勤の時間や曜日に融通効く場合がある
  • 担任を任されにくい
  • 行事の主担当を任されにくい

というような点です。

保育士が保育園で働く際には契約社員と正社員どちらが良いのかという点に関しては、

もし他の条件がまったく同じものであるなら、正社員として働いたほうが絶対に良いです。

それ以外の場合は、雇用期間以外のその他の条件がどのようになっているのかという点が重要 です。

それに加えて、自身の働き方やライフスタイルを踏まえて、契約社員と正社員どちらが良いのかということを判断すべき です。

「契約社員だから正社員の保育士より楽」とは限らない点にも注意してください。

これらを踏まえると、雇用形態を意識しすぎてしまうのはあまりよくないです。しっかりと仕事内容や実態を踏まえて、自分の希望にある契約で保育園で働くのが良いと思います。