保育士転職時の経験加算とは?パートや派遣、幼稚園教諭の経験はカウントされる?経験考慮の求人!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


転職を考えている保育士の皆様。転職時の経験加算という言葉を聞いたことはありますか?

転職時に保育士の給与額を決める一番の要素は、経験年数だと言っても過言ではありません。

経験を考慮・加味してくれるとい言っても実際にどのような経験であれば考慮されるのかということはよくわからないですよね。今回は、保育士転職時の経験加算とはいったいなんなのか、どのような経験が考慮されるのか、パートや派遣、幼稚園教諭の経験はカウントされるのかということなどについて解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士が転職する際の基準は経験年数が重要

保育士が転職する際には、前の保育園での担任の経験や、主任や副主任などの役職の経験などが考慮されます。

その中でも特に重要なのが保育士としての経験年数になります。何年間保育士として保育園で勤務してきたのかという情報は、一番わかり易くその人の能力を判断できる要素になるためです。

保育士としてのスキルは、客観的に短い時間で計り知ることは難しいです。特に面接などの短い時間では、その人の保育士としてのスキルをすぐに判断するのはかなり難しいのが実情です。

結果的に、転職の際は経験年数を基準としてスタート時の給与額を算出することが多いです。なので、保育士が転職する際の基準は経験年数が非常に重要になっています。

経験を考慮・加味する保育士求人とは?

経験を考慮・加味する保育士求人とは、保育士としての経験内容や年数によってスタート時の月給を決めている保育園の保育士求人になります。

経験手当(過去ご勤務経験に応じて付与)

経験考慮

経験加算有り

経験を加味します

求人票でこのような表現が書かれている場合が多いです。また、求人には書かれておらず、面接の際に知らされることや、雇用の際に条件として提示されれることもあります。

保育園では金額の多い少ないは別として、経験を考慮して保育士個人の月給額を算定していることが多いです。

そうすることで、保育士が勤続をすることによるモチベーションなどにも繋がりますし、経験がある保育士を雇用しやすくなるというメリットもあります。

経験を考慮・加味しない保育士求人とは?

保育園によっては、転職時に経験を考慮・加味しない求人も存在します。転職した際の給与額は一律〇〇円と決められてしまっている求人になります。

ある程度経験がある保育士の方の場合は、このような給与体系の保育園に転職するメリットはあまりないです。このような保育園に転職すると未経験や新卒の保育士と同じ給与額になってしまいます。

これでは、せっかく積んだ経験がもったいないですよね。他によほどのメリットが無い限りはこのような保育園に経験豊富な保育士が転職するのは得策とは言えないでしょう。

逆に、未経験や新卒の保育士にとっては、経験を考慮・加味してくれる保育園と同様にスタート額はその保育園の最低ラインとなるので、デメリットは特にないです。他の条件等を加味して選択肢のひとつに入れると良いと思います。

保育士としての経験年数というのはいったいどのように計算されるのか?

先に結論から書きますが「保育士としての経験年数」にどの内容を含めるかというのは、その保育施設次第になります。履歴書や面接の際の情報などをもとに、あなたの基本給の金額は〇〇万円という提示がなされることになります。

私立保育園に勤める保育士の給与は、雇用する保育園がある程度自由に定めることができますし、経験○年以上の保育士には月給○万円以上を出しなさいというルールがあるわけではありません。

「経験は○年あるけど乳児の経験が少ないから」「パートの期間が長いから」などで減額されることもありますし、逆に「主任保育士としての経験が良い」というように増額されることもあります。

【補足】保育士等キャリアアップ研修などの国や自治体における経験年数の基準について

都道府県などの自治体では、補助金等の支給条件において、保育士としての経験年数を条件として定めている場合があります。その場合の経験年数の条件は各自治体などが定めていることになります。そのため、自治体が定める保育士の経験年数というものと保育園が給与体系上で定めている保育士の経験年数というものには乖離がある場合もあります。

例として国が実施している保育士等キャリアアップ研修という制度が挙げられます。この制度についての詳細は以下の記事でも紹介してます。

この研修において、受講要件というのものが設けられています。

  • 職務分野別リーダー ・・・
  • 専門リーダー・副主任 ・・・

このような研修などにおける経験年数の要件は、

就業中の保育園で、「〇〇の経験は経験として認められない」と言われたとしても、自治体などが求める要件は満たしている可能性があるので注意が必要です。

どのような経験が経験年数として考慮・加味される?

どのような経験が経験年数として考慮・加味されるのかは、その保育施設次第ということを書きましたが、ある程度、どのような経験であれば経験年数として考慮・加味される傾向があるのかという点を解説します。

「認可保育園」「正職員」の経験年数は確実に加味される

「認可保育園」での「正職員」の保育士経験年数は確実に加味されるでしょう。

具体的には、

  • 認可保育園
  • 認定こども園
  • 小規模保育事業
  • 事業所内保育事業

などでの正職員の保育士としての経験年数は確実に考慮されると思います。

幼稚園での幼稚園教諭の経験年数は?

幼稚園での幼稚園教諭としての経験年数は、採用の可否に影響を与えることはあっても給与額に加味されることは少ないです。

ただし、認定こども園の場合は経験年数として考慮してくれる場合が多いです。なので、幼稚園教諭の経験も活かしたいという場合は、認定こども園への転職がおすすめです。

パート保育士としての勤務経験は考慮・加味される?

こちらもあくまでも、その保育施設次第にはなりますが、フルタイムのパート保育士としての勤務であれば、経験年数として加味してくれる場合も多いと思います。

保育補助としての勤務経験は考慮・加味される?

「保育補助」という仕事に明確な定義があるわけではないので、なにをもって「保育補助」の仕事なのかという事自体が意見がわかれるので難しいです。保育士資格を持たない保育補助としての勤務経験であれば、経験年数として加味されないことが多いでしょう。

逆に保育士資格を保有した状態での保育補助の勤務であれば、経験として加味してくれることもあると思います。むしろ、その場合は面接などで、保育補助として働いていましたとは言わずに、積極的に経験としてアピールしたほうが良いです。

派遣保育士として勤務経験は考慮・加味される?

派遣保育士として働いていた期間も、就業先は認可保育園であれば、経験として考慮される場合が多いと思います。雇用元が違うだけで、就業先が保育園であるためです。業務内容もほとんど同じであることが多いと思います。もちろん、これについても、あくまでもその保育施設次第になります。

認可外保育施設での勤務経験は考慮・加味される?

認可外保育施設での勤務経験は経験として考慮されないことが多いかもしれません。この部分は、保育園によっても判断がかなり分かれる部分になると思います。逆に言うと、アピール次第で転職時のスタート給料に大きく影響がある部分でもあるので、自信を持って積極的にアピールすることが大切です。

  • 認証保育所
  • 企業主導型保育事業

これらは、認可外保育施設に分類されます。

その他の保育関連施設での勤務経験は考慮・加味される?

前述したもの以外でも、就業に保育士資格が必要な施設というのは複数存在します。

  • 児童発達支援事業
  • 放課後等デイサービス
  • 児童養護施設

例えば、上記のような施設が挙げられると思います。このような施設での経験についても、その保育施設次第で、経験として考慮・加味されるかが決定されます。

転職時の給料については交渉が可能

先程から書いていますが、結局は 経験加算の有無や内容はその保育園次第 ということになります。自分自身で経験年数を見積もったとしても、保育園がダメといえばダメですし、良いといえば良いということになります。

雇用する保育園も、特にお金に対してはシビアだと思うので、主張がなければ、できるだけ安い月給で保育士を雇いたいというのが本音だと思います。そのため、転職時においては、自分自身の経験を過小評価せずにアピールするということが大切です。

「他の保育園からこの様な条件が提示されている」「〇〇の経験を加味してスタート時の給与をあげてほしい」というような交渉はしっかりと行うべきです。

保育士転職サイト・エージェントの活用がおすすめ

保育士が転職をする際には、保育士転職サイト・エージェントの活用がおすすめです。

一般的に公開されている保育園の保育士求人には、「経験などを加味していない最低の金額」が書かれていることが多いです。実際に自分自信の経験だとどれくらいの月給になるのかというのは、応募して面接に行ってみないとわからないことが多いです。

ただし、保育士転職サイト・エージェントであれば、事前に自分の経験だと、給与水準がどのくらいになるのかということを知ることができます。担当のアドバイザーが保育園に確認してくれるためです。

事前に給与水準が正確にわかることで、希望条件を満たすものだけに面接に行くことができるので、転職時の負担を減らすことができます。面接に行ってから条件が合わなかったというのでは、時間が無駄になってしまいますからね。給与以外の細かい質問に関しても、担当のアドバイザーが代わりに確認を行ってくれます。

また、転職時の給料についても交渉が可能ですが、なかなか自分一人で保育園と交渉を確実に行うというのは難しいです。個人の性格による向き不向きもあると思います。そのような際に、転職サイト・エージェントを通して転職活動をすることでスムーズに交渉を行ってくれるというメリットがあります。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

【まとめ】保育士転職時の経験加算とは?パートや派遣、幼稚園教諭の経験はカウントされる?

結論としては、 経験加算の有無や内容はその保育園次第 ということになります。保育園の裁量によって、個人個人の経験内容によっても判断されます。逆に言えば、アピールや交渉次第でも変更される場合もあるということです。

経験として明確な基準が存在するわけではないので、転職時にはしっかりとアピールすることが大切です。

特に自分に自信がないという方などは、自分の経験を過小評価しがちなので注意しましよう。交渉などが苦手な方は保育士転職サイト・エージェントを活用して、保育園との間に入ってしっかり交渉を行ってもらうのがおすすめです。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の求人探しと転職のコツ保育士の給料や待遇
シェアする
保育士の手帖