保育士の産休育休後の復帰は大変?スムーズに復職する方法とは?


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


産休、育休などを取得している保育士の皆様。復帰・復職について色々悩んでいる方もいらっしゃると思います。ちゃんと仕事と家庭を両立できるか、久しぶりの保育園の職場でうまくやっていけるのか、迷惑をかけてしまわないのかなどの不安があるかと思います。

今回は、保育士の産休育休後の復帰の不安とその対処法、スムーズに復帰するための方法などを紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士の産休育休後の復帰・復職に向けての基本情報

まずは、保育士の産休育休後の復帰・復職に向けての基本情報を紹介します。

産前産後休業と育児休業はいつまで?

産前産後休業は労働基準法によって定められていて、事業所に雇用されていて出産をする女性は誰でも取得が可能です。

  • 産前休業
    • 出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)
    • 本人からの請求
    • 起算日は原則として自然分娩の予定日となります。
  • 産後休業
    • 出産の翌日から8週間
    • 取得は強制
    • 産後6週間を経過し、医師の許可がおりた場合には就労可能
    • 現実の出産日から起算します。

育児休業は、子が1歳に達するまでの間に取得することができます。

さらに1歳以降も以下の事由に該当する場合は最大2歳まで育児休業の延長が可能です。

  • 保育所に入所を希望し、申込みをしているが、子が1歳に達する日後の期間について、当面その実施が行われない場合
  • 子の養育を行っている子の親である配偶者で、子が1歳に達する日後の期間について常態として当該子の養育を行う予定であったものが次のいずれかに該当した場合
    • 死亡したとき。
    • 負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により当該申出に係る子を養育することが困難な状態になったとき。
    • 婚姻の解消その他の事情により常態として当該申出に係る子の養育を行っている当該子の親である配偶者が子と同居しないこととなったとき。
    • 6週間(多胎妊娠の場合にあっては14週間)以内に出産する予定であるか又は産後8週間を経過しないとき。

産前産後休業と育児休業の期間は上記のように定められています。

保育士の復帰・復職の時期やタイミングは?

産前産後休業からの復帰復職は産後6週間を経過した後は、医師の許可がおりた場合には就労可能で、それ以外は出産の翌日から8週間後となります。

育児休業は最大で子が1歳(もしくは2歳)に達するまでの間で取得が可能ですが、復帰復職はその期間以内であれば、保育園と調整して任意のタイミングで復帰が可能です。

多くの人は、1歳を迎える前で、保育園に入園するなどの良きタイミングで復帰・復職をしています。

保育士の産休育休後の復帰は大変?保育士の産休育休後の復帰のよくある不安

保育士という職業に限ったことではありませんが、産休育休からの復帰はなかなか大変なイメージがありますよね。まずは、保育士の産休育休後の復帰のよくある不安を紹介します。

働いている保育園に迷惑をかけないか

保育士の産休育休後の復帰のよくある不安の一つが、働く保育園に迷惑をかけないかということだと思います。産休に入る前と比較した場合に、育児をしながらになるので、必ずしも同様のパフォーマンスを出せるとは限りません。その上、保育園側も自分にどのような期待をしているのかわからないです。そんな状況下なので、働いている保育園に迷惑をかけてしまわないかという不安が生じてしまうのは仕方がないことかもしれません。

昨今は、保育士不足でもあるので、復帰して保育園の働き手になること自体は少なくとも社会のためになると私は思います。

保育士の産休育休後の復帰は大変?保育園での仕事と育児の両立ができるか

その他にも産休育休後の復帰で不安になるのが、保育園での仕事と育児の両立ができるかということだと思います。働いていた保育園によってはサービス残業や休日出勤、持ち帰りの仕事などが発生しているケースもあって、そのような経験をしていると復帰はほとんど不可能なのかと思ってしまいますよね(もちろん、サービス残業や持ち帰りの仕事は違法残業になるのですが。。。)。

実際に両立ができるかは、その人の状況や保育園の仕事内容次第になるので、一概にできるできないと言うことはできません。育児があるからといって、自分だけ負担を減らしてくれというのも、他の同僚の手前なかなか難しいかもしれません。人間関係を良好に保っていくことも長く働くための条件になりますよね。

後述しますが、時短勤務の制度もあったりパートや非常勤への転換も不可能ではないはずなので、自分ができる範囲内で保育園の仕事復帰をしていくのが良いと思います。

保育士の復帰・復職の不安への対処法

保育士の復帰・復職の不安への対処法を説明します。

同僚に連絡を取る

産休や育休中に仲の良い同僚に連絡を取っておくことはとても大切です。自分がいない間の保育園の情報を追って把握することができるためです。保育園の現状を理解することで、復帰・復職の際のイメージが具体的になったり、自分の保育園での役割などを再認識することが出来ます。

先輩などに相談する

産休育休からの復帰の経験がある先輩などが身近にいるという場合は、自分が不安に思っていることを相談して見ると良いです。同じような経験をしているので、より具体的なアドバイスを得ることが出来ます。

園長に相談する

もし、復帰・復職に際して具体的な相談事項がある場合は、遠慮せずに保育園の責任者である園長に相談してみましょう。

働き方の変更を検討する

どうしても正職員保育士としての仕事が難しいようであれば、雇用形態を変更するというのも選択肢の一つになります。

時短勤務制度を利用する

時短勤務制度の正式名称は「短時間勤務制度」で「改正育児・介護休業法」によって定められています。「3歳に満たない子を育てていること」などが条件で、保育園によって異なりますが、概ね一日6時間の勤務で働くことが可能になります。もちろん、その分支払われる給与は少なくなるのが一般的です。短時間勤務制度を利用すれば、一日の労働時間を短くすることができるので、育児との両立をより可能にすることができます。

パートや非常勤への転換も視野に入れる

もう一つの働き方の変更の選択肢の一つは、パートや非常勤、派遣への転換も視野に入れるということです。勤めている保育園の状況にもよりますが、パートなどに雇用形態を変更しての就業ができる場合もあります。

まずは勤務時間が短く負担の少ないパートなどで復帰して徐々に感覚を取り戻していくというのも良いでしょう。育児が落ち着いてきたら正社員に復帰するということも可能です。様々な働き方が可能なのが保育士として働くメリットでもあるので、ご自身の状況を考慮して最適な働き方での就業を目指してみましょう。

産休育休からのスムーズな復帰・復職の流れと方法

子どもを預ける保育園を探す

まずは、自分が働くためにお子さんを預ける保育園を決めなければいけません。認可保育園へ子ども入園される窓口は基本的に市区町村になっているはずなので、市役所等で入所の手順を確認してみましょう。

保育士は保育園への優先入所制度もあり

住んでいる自治体によっては、保育士のお子さんをより優先的に保育園に入園できる制度がある場合もあります。保育園に子ども預けることを検討する際は、確認してみましょう。

子どもが病気の際に預けられる所を確保する

保育士が復帰する際に限った話ではありませんが、困るのはお子さんが急に病気になった際です。病児・病後児保育を行っている保育園や病院、ベビーシッターがあるので、いざという時のために、事前にどのような施設が利用可能かを確認しておきましょう。

復帰・復職の旨を勤めている保育園に伝える

保育園の入所が決まり、復帰のおおよその時期が決まったら、保育園に復帰をする旨を伝えましょう。具体的な日付の決定や必要な書類・申請などは保育園に確認を取りながら進めていきましょう。

パートナーとの家事育児の分担をしておく

産休や育休からのスムーズな復帰には、パートナーとの家事や育児の適切な分担が必須です。それぞれ出勤時間や労働時間が異なると思うので、適材適所で必要な作業を分担しておきましょう。

まとめ:保育士の産休育休後の復帰は大変?スムーズに復職する方法とは?

保育士の産休育休後の復帰・復職は、保育園側の理解もとても大切です。勤めている保育園にしっかりと自分の状況を理解してもらう努力もとても大切です。多様な働き方ができることが保育士のメリットでもあります。無理せず自分や家庭にあった働き方で復帰を考えてみてはどうでしょうか。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の福利厚生や関係する制度
シェアする
保育士の手帖