保育士が認可外保育園(認証・認定・無認可)で働く長所と短所を解説!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


認可外保育園と認可保育園の違いは認可の有無で保育の質やサービスが悪いというわけではありません。認可外保育園もしっかりと見極めれば認可保育園より良い待遇で働くこともできます。

  • これから保育士資格を取得しようと思っている方
  • 保育士資格を持っていても未経験の方
  • 夜勤保育で高時給で仕事やりたいひと
  • 認可保育園より高待遇の保育園で働きたい人
  • 英語や運動など独自のカリキュラムをしたい保育士の方

認可外保育園と聞くと良いイメージがないかもしれませんが、保育士の待遇が良い保育園もたくさんあります。一方で待遇が悪い保育園もあるのでしっかりと見極める必要があります。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

認可保育園と認可外保育園の違い

保育園は大きく「認可保育園」と「認可外保育園」があります。

認可保育園は国、都道府県、市区町村から運営費が出ていますが、認可外保育施設は一部(東京都認証保育所、市区町村の認定保育所、企業主導型保育事業)などを除いて、基本的に保護者からのの保育料で運営されています。

保育料は認可保育園はこどもを預ける保護者の所得によって、市区町村ごとに一律で決められます。それに対して、認可外保育園は運営者が自由に保育料を設定しています。

入園に関しては、認可保育園は保護者が市区町村に対して申し込み、定員を上回る場合は、市区町村が選考や調整を行います。それに対して、認可外保育施設は直接施設に申し込み、選考基準なども施設が自由に設定できます。

入園基準運営費保育料
認可保育園所得などの条件で優先順位が決定公費市区町村が一律で設定
認可外保育園施設が自由に設定基本的に保育料施設が自由に設定

認可保育園は国の基準を満たし市区町村に認可されている保育園ですが、認可外保育園にも認可保育園より緩いですが、運営の基準が存在します。

働く保育士に関係する部分は、認可外保育施設でも様々な違いがあるので次の部分で紹介します。

認可外保育園で働くメリット・デメリットは?

認可外保育園で働くメリット・デメリットについて紹介します。

未経験・保育士資格が無くても採用されやすい

認可外保育園は認可保育園と比べて保育士の配置基準が厳格ではないです。常勤の保育従事者の半数以上が保育士資格の保有者であれば良いという場合が多いので、認可保育園と比べると保育士資格が無くても働ける可能性が格段に高くなっています。

もっとも無資格者を採用するかどうかは保育施設の運営者によるところとなります。最終的には保育士資格を取得することが望ましいです。

待遇は園によってさまざま

認可外保育園の保育士の待遇は園によってさまざまです。例えば東京都の認証保育所のようにほとんど認可保育園と変わらない場合もあります。一方でやはり認可保育園と比べると補助金が少ない場合などは待遇が極端に悪い場合もあります。

最近では、認可外保育施設で給与未払いが発生して倒産に至るケースも報告されています。

逆に、企業の事業所内保育園や病院内の保育室であれば、従業員の福利厚生などの目的もあり、運営資金が潤沢な場合もあります。

また、教育に力を入れている保育園で、独自のカリキュラムで保育料を高く設定している場合などは、従業員の待遇も良い場合があります。

独自のカリキュラムを行っている保育園がある

認可外保育施設には独自のカリキュラムを行っている保育園が多数あります。例えば、英語に力を入れている保育園、運動に力を入れている保育園などです。

例えば英語が得意な保育士であれば、認可保育園よりも高待遇で働くことができる可能性が高いです。

施設側も保育料も独自に設定できるので、教育に力をいれた保護者の方のお子さんなどが入園する場合があります。

認可の基準に収まらない幅広いサービスを提供できることが認可外保育施設のメリットでもあります。

同僚が保育士資格を持っていない場合がある

認可保育園と比べて保育士の配置基準が厳格では無いので、保育士資格を持っていない方も同僚として働く場合があります。

どうしても保育士の資格を持った保育スキルの高い人の負担が多くなる傾向があるようです。

保育士資格を持っている人の場合は、働く認可外保育施設がどのような基準で保育士と無資格者を採用しているかを確認したほうがよいかもしれません。

夜勤などの多様な勤務体系

認可外保育施設には、病院の院内保育室やベビールームなど宿泊を伴った保育を提供している保育施設があります。24時間体制の保育施設も存在します。

病院など、医師や看護師が24時間体制で働いている場合は、その子どもを預けられるというメリットがあります。

夜勤などは体力的には大変ですが時給が高くなるので、体力に自身があり短時間でたくさん稼ぎたいという人にもおすすめです。

認可外保育施設の種類は?

実は認可外保育施設にもたくさんの種類が存在します。

都道府県・市区町村の認証・認定保育施設

一部の都道府県・市区町村には認可外保育施設を認定した保育施設があります。

東京都の認証保育所

東京都の認証保育所は、認可外保育施設のうち東京都の設定した基準を満たして認証されたものです。原則として、3歳未満児の場合80,000円、3歳以上児77,000円を超えない料金設定となっています。

以下はすべての東京都の認証保育所で共通している条件になります。認証保育所として認められると、自治体による運営費の補助を受けることができます。

  • 0歳児の保育を実施
  • 13時間の開所
  • 東京都が認証
  • 定員は6~120名
  • 常勤職員の保育士等の保有者は6割以上

認証保育所には将来的に認可保育施設への移行を検討しているものも多くあります。

横浜市の横浜保育室

横浜保育室は、認可外保育室のうち横浜市が儲けた独自の基準を満たし、市から助成を受けている施設になります。3歳未満のお子さんの保育料は、58,100円を上限に施設が独自に設定しています。

以下はすべての横浜保育室に共通している条件になります。

  • 0歳から3歳未満
  • 全施設で施設内調理の給食を実施
  • 3歳未満のお子さんおおむね4人に1人、保育従事者を確保

園の床面積や保育士の配置基準などで認可の基準を満たせない場合に横浜保育室として保育園を開園するケースも増えています。

川崎市の認定保育園

川崎市認定保育園は、認可外保育施設のうち川崎市の独自の基準を満たし認定を受けている施設になります。

以下はすべての川崎市認定保育園に共通している条件になります。

  • 定員10人以上
  • 給食提供が推奨
  • 平日の日中11時間以上の開所
  • 保育従事者中2/3または1/2以上が有資格者

さいたま市のナーサリールーム

さいたま市のナーサリールームはさいたま市の基準を満たし市から認定を受けた定員が20人以上の施設になっています。

  • 定員が20人以上
  • 年齢0歳児~5歳児

千葉市保育ルーム

千葉市保育ルームは千葉市のの基準を満たし市から認定を受けた施設になります。

  • 1年以上の運営実績を有する
  • 定員は10人以上
  • 給食を実施

堺市の認証保育所

堺市の認証保育所は市が独自の基準を設けて認証した保育所になります。

浜松市の認証保育所

浜松市認証保育所は、認可外保育施設のうち、市が定める基準をクリアする施設を市が独自に認証している施設になります。

相模原市の認定保育室

相模原市認定保育室は、認可外保育施設のうち、市が定める基準をクリアする施設を市が独自に認証している施設になります。

  • 定員10人滋養
  • 1日11時間以上
  • 保育士資格等を有する常勤の施設長を置くこと
  • 保育従事者の2分の1以上は、保育士又は看護師の資格を有する者を置くこと
  • 保育室の面積は、児童1人当たり1.98平方メートル以上確保されていること
  • 消火用具、非常口その他非常災害に必要な設備が設けられていること

ベビーホテル

ベビーホテルは認可外保育施設のなかでも一時保育で宿泊を伴った保育サービスを提供している施設になります。

  • 午後8時以降の保育
  • 宿泊を伴う保育
  • 一時預かりが半数以上

事業所内保育施設

事業所内保育施設は認可外保育施設のうち、企業が事業所内に設置した保育施設になります。市区町村から認可を受けている認可保育園の事業所内保育事業もあるので、両者は異なるものになります。

企業主導型保育事業

企業が設置する認可外保育施設のうち、国の基準を満たしたものを企業主導型保育事業として認定しています。詳細については下記の記事を参照してください。

病院内保育施設

病院が夜勤などの多様な働き方をする従業員のために設置している保育施設になります。24時間体制で保育を行っている場合が多いです。

私も病院内の保育室で勤務した経験があります。

認可外保育施設での就業はこんな方におすすめ

認可外保育施設での就業はこんな方におすすめです。

  • これから保育士資格を取得しようと思っている方
  • 保育士資格を持っていても未経験の方
  • 夜勤保育で高時給で仕事やりたいひと
  • 英語や運動など独自のカリキュラムをしたい保育士の方

認可外だからといって条件が悪いとは一概にいえないので、しっかりと求人を見極めて応募する必要があります。

無資格や未経験の方の求人探しはほいく畑がおすすめです。

認可外保育施設の求人を探したい方は保育士の転職エージェントの利用もおすすめです。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。