子どものいる保育士の保育所への優先入所や保育料の貸付制度について解説。

未就学児をもつ保育士の保育所への優先入所や保育料の貸付制度について解説。保育士の福利厚生や制度

2020年9月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

お子さんのいる保育士の皆様。保育士不足の中で未就学児をもつ保育士に対して様々な補助が行われているのをご存知ですか。要は、お子さんのいらっしゃる保育士に対する支援です。

  • 保育所等の保育料の一部貸付
  • ベビーサッターなど預かり支援金の貸付
  • お子さんの保育所への優先入所

このような支援の目的は、保育士不足のなかでお子さんのいる保育士を適切に援助して、引き続き保育士として就業をしてもらいたいという国の狙いがあります。

保育士は働き方の問題点などから、子どもが生まれたのを機に仕事を辞めてしまう方も多いです。

未就学児をもつ保育士に対して国、都道府県、市区町村などの自治体が行っている支援制度を紹介します。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業

未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業は、未就学児(小学校入学前の児童)のいる、すでに保育士として働いている方やこれから保育士として働く方に対して保育料の一部を貸付してくれる制度です。

実施の主体は都道府県、もしくは、政令市であることがほとんどです。そのため例えば神奈川県では横浜市、川崎市、神奈川県でそれぞれ異なる実施主体で制度を実施しています。

基本的には社会福祉法人の「〇〇県社会福祉協議会」という機関が実施している場合が多いですが、自治体によって異なるので注意してください。

また、すべての都道府県で実施されているわけではないようです。加えて、年度ごとに予算も決まっているので予算に達した段階で申し込みを締め切るようです。申込先や実施有無を調べるにはまずは都道府県に確認してみると良いと思います。

貸付の条件はどの機関でもほとんど同様で、基本的には

  • 月額上限27,000円
  • 貸付期間は1年間
  • 保育所での週20時間以上の勤務が条件
  • 2年間の勤務で返済免除

というのが一般的なようです。保育所での週20時間以上の勤務なので、正職員はもちろん、パートや派遣などでも対象になると思います。

保育所というのは、認可保育園(小規模保育事業なども含む)が基本になると思いますが、実施の自治体によっては認可外保育施設なども対象になる可能性があるので、確認してみると良いと思います。

ただし、自治体によっては、保育士の就業施設などの条件が微妙に異なる場合があるようです。利用したい方は必ず住まいの実施期間に詳細を確認をしてください。

2年間勤務すると返済が免除になるので、お子さんのいる保育士の方にとってはかなり良い制度だと思います。

未就学児をもつ保育士の子供の預かり支援資金

未就学児をもつ保育士の子供の預かり支援資金は、未就学児のいる、すでに保育士として働いている方やこれから保育士として働く方に対してファミリーサポートセンター事業・ベビーシッター派遣事業等を利用する際の利用料の一部を貸付してくれる制度です。

東京都の制度では以下のような条件になっています。

  • 子供の預かり支援事業利用料の半額(年123,000円以内)
  • ファミリーサポートセンター事業・ベビーシッター派遣事業等
  • 保育士が勤務する継続した期間(最長2年)
  • 2年間保育士として引き続き就労すると、貸付金が返還免除

こちらも、すべての都道府県で実施されているわけではないようです。実施の有無は住んでいる都道府県ごとに確認してください。

加えて、年度ごとに予算も決まっているので予算に達した段階で申し込みを締め切るようです。

なんらかの事情で子どもが保育所に入ることができずに、ファミリーサポートセンター事業・ベビーシッターを利用する場合は補助を受けることができます。

後述していますが、保育士のこどもの優先入所を行なっている自治体もあるので、それを利用できれば保育所への入所の可能性を上げることも可能です。

保育士のこどもの保育所への優先入所

政府の「子育て安心プラン」で「保育士の子どもの預かり支援の推進」として保育士のこどもの保育所への優先入所が推進されています。2018年度から自治体に対して国が保育士等のこどもを優先入所させるように求めています。

保育士等の子どもの保育園等への入園の可能性が大きく高まるような点数付けを行い、可能な限り速やかに入園を確定させることは、
・当該保育士等の勤務する保育園等が早期に当該保育士等の子どもの入園決定を把握して当該保育士の職場への復帰を確定させ、利用定員を増やすことを可能にし、保育の受け入れ枠の増加に大きく寄与するとともに、
・保育士等が妊娠・出産後、円滑に職場復帰できる環境を整えることにより、高い使命感と希望をもって保育の道を選んだ方々が、仕事と家庭の両立を実現しながら、将来にわたって活躍することが可能となり、保育士の処遇の改善にも大きな効果が見込まれることから、待機児童の解消等のために保育人材の確保が必要な市町村においては、このような取組を行うよう努めること。

※ 「保育士等の子どもの優先入所等に係る取扱いについて」より http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/law/kodomo3houan/pdf/h290929/yuusen_nyuusho.pdf

これは待機児童を減らすための試みで、保育士が社会復帰して働くと、その分を保育所を利用できるこどもが増えることになります。

保育士にはこどもの人数に対して厳格に配置基準が定められているため、保育士一人が働くと待機児童は0歳児なら3人、1~2歳児なら6人、3歳児なら20人、4~5歳児なら30人の待機児童を減らすことができる計算になります。

待機児童が多いのは1-2歳なので、 1-2歳の6人 – 保育士の子ども1人 で 実質的に5人は待機児童が減ることになります。保育士だけずるいと考える人もいるかもしれませんが、理にかなった制度になっています。

認可保育園の入所基準同様、制度実施の主体は市区町村になるので、保育士のこどもが保育所へ優先入所できるかどうかは市区町村次第になります。制度を利用したい未就学児がいる保育士の方は市区町村に詳細を問い合わせて見て下さい。

以下は東京都世田谷区の例です。

区内の保育施設等に月20日以上かつ1日6時間以上勤務している保育士・保育教諭が、申込児の入園が決まらないことにより、産休または育休から復帰できず、区内の保育施設等の運営に深刻な影響がある場合(4月1日入園の二次選考のみ適用)

上記の場合に 調整指数で+2点 の加点となっています。

ちなみに、優先入所の詳細な条件は市区町村ごとに異なります。単に、同一指数の場合に優先的に入所できるということもあれば、ほぼ確実に入所できるくらいの大幅な加点が行われる場合もあります。

さらに、国は「市町村の圏域を超えた利用調整が行われるよう、積極的に各市町村間で協定を結ぶ等の連携・調整を行うこと。」を自治体に求めています。

なので、住んでいる市区町村と保育士として働いている市区町村が異なる場合でも加点を行ってくれる場合もあります。

こちらの制度に関しても、実施しているかどうかは自治体次第になるので、いずれにしても詳細は市区町村に確認してください。

制度は自分で見つけて自分で申請しないと損!

未就学児のいる保育士に限らず、都道府県や自治体で様々な保育士の支援制度が行われています。このような制度は黙っていて利用できるものではありません。これ以外にも、未就学児のいる保育士に対してなにか支援を行なっている自治体などもあるかもしれません。

制度があるかどうかもしっかりと自分自身で情報を入手しないとわからないことが多いです。利用すればお得な制度ほど、実はやり方や申込方法がよくわからないということは多いです。

しっかりと自分で申請に必要な情報や条件を調べて、実施機関に申し込む必要があります。制度によっては年度ごとに予算が決められているものもあるので、早く申請しないと締め切ってしまうということもあります。

せっかく保育士のためにある制度なので、利用できる方は利用しないと損してしまいます。制度は積極的に自分で見つけて自分で申請しましょう。

ブランクがある潜在保育士の方の復帰方法はこちら

ブラックのある潜在保育士に対しても国や自治体が様々な支援を行っています。それについては以下の記事でも別途解説しているので参照してください。

出産後の求職・転職活動は保育士の転職エージェントがおすすめ

お子さんがいる保育士の方の転職活動はなかなか難しいです。お子さんのことも考えながら面接にいかないと行けないからです。面接だけではなく、保育園側とのやり取りなども気を使いながら行う必要があります。

保育士の転職エージェントを活用すれば、転職にかかる負担をかなり軽減することができます。例えば、保育園との面接のスケジュール調整もコンサルタントが代行してくれます。

場合によっては、書類審査もコンサルタント側が行ってくれるので面接に行くだけで良いという場合もあります。子育て中でもしっかり就職・転職活動をしたいという方にはおすすめできます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の福利厚生や制度
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました