フリー保育士は楽?担任を持たない保育士の役割や仕事内容とは?上手く立ち回るには。

フリー保育士は楽?担任を持たない保育士の役割や仕事内容とは?上手く立ち回るには。保育施設や保育士の種類と特徴

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

フリー保育士にどんなイメージを持っていますか?

保育園のなんでも屋とも言えるフリー保育士ですが、一概に楽な仕事ではありませんし、高い能力も責任も求められる、保育園にとってはなくてはならない存在です。

今回は、担任を持たないフリー保育士の役割や仕事内容やフリー保育士として上手く立ち回る方法を紹介します。



ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

担任を持たないフリー保育士とは?仕事内容は?

担任を持たないフリー保育士は、簡単に言うと保育園のなんでも屋です。

ある日には0歳のクラスのサポートにまわったり、とある日は5歳のサポートにまわります。また、とある日はサポートではなくメインでクラスに入ることもあります。

保育園の開園時間は12時間以上が基本なので、一人の保育士がずーっとつきっきりでひとつのクラスの保育を行なうと毎日3~4時間の残業が必要になります。

それでは、ブラック保育園になってしまうので、必ずサポート役の保育士が必要になります。それがフリー保育士になります。

特定のクラスの担任を持つことはないですが、保育士が足りないクラスに入ったり、行事関連のサポートなどを行います。

また、フリー保育士は書類仕事がないというイメージがあるかもしれませんが、そうとは限らないです。

もちろん書類仕事は担任がすべて行なうという保育園もありますが、メインの担任が書ききれない書類などを分担して担当する場合もありますし、メインの担任が休みの日であれば、まるまる書類仕事も請け負うことになります。

フリー保育士というとパートや派遣が請け負うイメージもあるかもしれませんが、正職員のフリー保育士も多く存在します。

フリー保育士 = 負担が少なくて楽 というイメージがある方もいるかもしれませんが、一概にそうとは限らず、むしろ仕事の負担は多い場合もあります。

保育園によって仕事内容や立場は全然違う

一点注意が必要なのは、一概にフリー保育士と言っても、保育園ごとに仕事内容や立場はぜんぜん違うということです。

各保育園がフリー保育士という形で、保育士を配置していますが、実際の働き方は多種多様です。

前述したようにフリー保育士は書類仕事がない場合もありますが、ある場合もあります。ベテランがフリー保育士になる場合もあれば、若手がフリーになって学ぶ場合もあります。

転職時などに単に「フリー保育士」をやりたいなどと希望を出すのは良いですが、この点を踏まえておかないと、入職後に思っていない仕事内容に従事することになってしまいかねないです。

保育補助との違いは?

保育園には保育補助という仕事も存在します。保育補助の仕事内容に関しては以下の記事でも紹介しています。

フリー保育士と保育補助の違いは、保育士資格をもっているが担任を持っていない、保育士資格を持っていない補助業務といった違いになります。

言葉のイメージとしては、このような違いがあるものの、やはり、保育園によってこれらの仕事の内容は様々です。

保育園によってはフリー保育士のみを配置している場合があったり、保育補助のみを配置していたり、その両方ともがいることもあります。

保育補助でも保育士と同様の仕事を求められることもあれば、フリー保育士でも保育補助のような仕事を沢山行う場合もあります。

フリー保育士として働くメリット・デメリット

様々な経験を積むことができる

フリー保育士の一番のメリットは様々な経験を積むことができることです。例えば、保育の年齢で言ったら0歳から5歳までを担当することになります。

保育園では、乳児や幼児で全く異なる保育スキルが必要です。1年間その保育園でフリー保育士を担当すれば、次の年はどの年齢の担任にもなれるぐらいの知識が身についているかもしれません。

よく若手や中途の1年目の保育士がフリー保育士を任されることがあるのにはこのような背景もあります。フリー保育士を経験することでその保育園のことをまんべんなく知ることができるからです。

その保育園の良い面や悪い面なども客観的に見ることになるので、保育園全体の改善点などを提案することができます。

園内の保育士全員と関わることができる

フリー保育士は子どもの面でも様々な年齢の子どもたちの保育を担当できるというメリットを紹介しまいた。

これは、保育園内の人間関係に置いても同様です。新卒や中途の一年目の保育士は保育園内で働いている保育士の名前も顔もわからない状態だと思います。

フリー保育士として、様々なクラスを担当することで、様々な保育士と保育の仕事をともにすることになります。

そうすることで園内の保育士同士の関係性を強め、人間関係も強固にすることが可能です。

こちらについても、中途の1年目の保育士などがフリー保育士を任されることがあるのにはこのような背景があるからです。

園児と薄い関係になりがち

フリー保育士は、毎日同じクラスに入るわけではないので、子ども一人一人はとは担任と比べると薄い関係になります。

その分幅広い年齢の子どもと関わることになります。子ども一人一人としっかり向き合って成長を感じながら保育をしたいという方には少し物足りないと感じるかもしれません。

ただし、しっかりと子どもと向き合うことで、フリー保育士でも子どもからも愛される保育士になることが可能です。

フリー保育士としてうまく働くコツは?

フリー保育士として上手く立ち回るには、 幅広い視野で臨機応変に対応する ことです。

メインの担任の指示通りに動くだけでは、一人前のフリー保育士とは言えないかもしれません。

トラブルになりそうな場合にあらかじめフォローをしたり、担任が忙しそうな時は、「手伝います」というような気概も必要です。

このようなことができればメインの担任からも「〇〇さんが入ってくれると良い」と言われるようなフリー保育士になることができます。

また、フリー保育士として上手く立ち回るのに注意が必要な点は、保育園の園児全員の特徴なども把握しておくことです。

担任の先生とは違った見方で、子どものことなどをアドバイスができるとよいかもしれません。

一点注意が必要なのは、子どもから担任よりも慕われる保育士になってしまうと担任の保育士からよく思われないこともある点です。

また、自分のほうが経験のあるフリー保育士だからといって担任の人にあれこれ指図することも注意したほうがよいです。

保育士には、それぞれのやり方などを大切にしている人もいるので、プライドなどを傷つけてしまうこともあります。

このように考える保育士も多いので、保育士同士の人間関係の面でもフリーは臨機応変な対応が必要になってきます。

様々な性格の保育士のサポート役になるので、その担任の保育士にあったサポートをしなければいけないのが難しい点でもあります。

みんなから頼られる保育士になるか、ただ単にやりたくない仕事を回させる存在になるかは自分自身の行動でも変えられる部分があります。

フリー保育士は楽な仕事とは限らない

保育園の求人に担任ではなくてフリーの保育士の募集があるからといって安易に飛びつくのは危険かもしれません。

フリー保育士といっても保育園によって扱い方は様々です。担任保育士ができなかった仕事を回されると担任の保育士よりも残業が多くなってしまうこともあります。

保育園の雰囲気や人間関係によっては、まるで雑用係のような扱いをされてしまいストレスがかかることも多くなると思います。

保育士にはそれぞれ自分のやり方というのがある場合もあるので、違う保育士のクラスにサポートしに行く度にその保育士のやり方に合わせて保育をしなければいけないです。これが結構ストレスになる人も多いはずです。

自分で物事を進めたい性格の人にとっては非常にやりずらいと感じるかもしれません。

また、運良く仕事量が少ないフリー保育士として就業できたとしても、今まで担任としてバリバリ保育をしていた人からするとなんだか物足りないと感じてしまうこともあります。

一部の保育園ではフリーの保育士を下にみるような傾向があることもあるのでプライドが高い保育士には屈辱的に感じてしまうかもしれません。

どちらの場合であっても、すくなくとも全体を見渡して臨機応変に動く力を求められます。ある意味では保育園を実質的に裏で管理しているような重要なポジションにもなるので責任も重大です。

このように、一概にフリー保育士は楽な仕事とは限らないですが、保育園を裏で支えている必ず必要な存在でもあるので、やりがいが多いのは間違いないです。

まとめ

担任をフリー保育士は、

保育園のなんでも屋

です。もちろん、それぞれの保育園によって仕事内容や立場などは全く異なります。

フリー保育士様々な経験を積むことができますが、担任と比べると園児との関係は薄くなりがちです。そんな環境で子どもとの信頼関係を築いていくのもやりがいの一つかもしれません。

また、フリー保育士としてうまく立ち回るには、幅広い視野で臨機応変に対応する力 が求められます。

子どもとの関係、保育士同士との関係制に置いても気を使わなけ得ればいけない場面は多いです。

フリー保育士の役割は園によって様々なので、一概にフリー保育士が楽な仕事とは限りませんが、やりがいが多い仕事であるのは間違いないです。

転職を機にフリー保育士になりたいのであれば、保育士の転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを活用すると内定をもらった後に、条件交渉も代理で行ってくれます。フリー保育士として働きたいなど一人ではなかなか言いづらい条件の交渉も行ってくれます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育施設や保育士の種類と特徴
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました