保育補助の仕事内容とは?保育士資格は必要?無資格・勤務時間・給料など!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士の資格をもっていても働いたことが無い方や、保育士の資格は無いけど保育園に興味がある方。「保育補助」という仕事を知っていますか?

その名の通り保育の補助をする保育園での仕事になります。

保育補助の仕事内容や資格が必要かどうか、勤務時間や時給の平均などを紹介しています。

また、保育補助のおすすめの求人の探し方も解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育補助とは?

保育補助はその名の通り保育の補助をする職種になります。

保育園は開園時間も長く、時間帯によって預かる子どもの人数も異なるため時間帯によって必要な職員の人数が異なってきます。

正職員の保育士だけだと、人手が足りない時間ができてしまったり、逆に保育士が余ってしまう時間帯ができてしまいます。

そのため、多くの保育園ではパートやアルバイトとして保育補助の職員を採用しています。

昨今は保育士不足でもあるので、保育補助を雇い、保育士の負担を軽減させて保育士の離職などを少なくしようという思惑もあります。

保育補助の仕事内容や役割

保育補助と一口にいっても保育園によって役割は様々です。

担任の保育士のサポート業務がメインになりますが、以下のように様々な業務を行います。

  • 掃除
  • 備品類の片付け
  • 子どもと遊ぶ
  • 子どもと散歩
  • 食事補助
  • 寝かしつけ
  • おむつ替え
  • 保護者対応
  • 電話対応
  • 制作の準備
  • 行事の準備
  • 書類仕事

基本的に保育士が行う可能性のある業務は保育補助も行なう可能性があると考えていたほうが良いです。日々同じクラスに専属で保育補助として入るというよりは、保育園内の人手が足りていないクラスに毎回異なる配置される場合が多いです。

場合によっては、書類仕事など担任保育士とほとんど変わらない業務内容を任されることもあります。それ故に、保育士資格の取得を目指しながら保育補助として働いている方も多くいらっしゃいます。

保育補助に必要な資格は?

保育補助をするのに、保育士資格は必須ではありません。無資格であっても保育補助として働ける保育園は多いです。

保育士の資格は医師免許が行なう医療行為のように資格を持っていないとできない性質のものではないです。

それなのに保育士資格が必要なのは、もちろん安全に質の高い保育を行なうということと、認可保育園の場合は保育士の配置基準というものがあるためです。

保育士の配置基準は国によって子どもの年齢ごとに必要な保育士の人数を定めています。

なので、その人数を上回っていれば保育補助が無資格であっても問題ないわけです。余剰分の保育職員は無資格でも問題ないということです。もちろん、保育園によっては資格が必須としている場合もあります。

保育士資格は必須ではないと言いましたが、あると優遇されることは間違いありません。パートであれば保育士資格を持っているかどうかで数百円単位で時給が変わるのはもちろん、シフト上でも優遇されことが多いです。

さらに保育士資格があると働く保育園の選択肢も格段に増えることになるので、最終的には保育士資格の取得が望ましいです。

そして無資格であってもほとんど保育士と同等の業務を担うことも多いため、保育士と同等の知識をもっていることが望ましいです。

保育補助に活かせる経験は?

保育補助に活かせる経験はズバリ子育て経験です。

オムツ替えや食事補助など子育てを経験していれば誰でも行ったことがあることも業務には含まれているので、子育て経験がある場合も優遇されます。

採用する側としても子育て経験がある方が安心できると思います。いきなり保育の仕事をやりたいと言っても「なんで?」と思われてしまうからです。もし子育て経験などもない場合は、なぜ子どもと関わる保育という仕事をしたいと思ったのか明確な理由は持っておくと面接の際に不利にならないと思います。

そのため、幼稚園などの子どもと関係のある業務に就いていた経験がある場合もその経験を活かすことができると思います。

保育補助の給料はどれくらい?

保育補助でパート、アルバイトで働く場合の時給は地域によりますが、1000円から1300円程度である場合が多いです。

その地域の最低時給より100円から200円程度高いことが多いようです。保育士資格があると時給が100円から200円以上アップする場合もあります。

パートやアルバイトでも大きな法人で採用されると、有給休暇が付与されたり、寸志といって少額のボーナスのようなものが貰える場合もあります。

有給休暇に関しては、法律によって最低の付与基準が決められているので、それを満たせばパートであっても付与されます。 ただ現実的に利用できるかどうかは保育園次第ではあると思います。

保育補助は、正職員の保育士と同様に、少しづつ待遇が改善されている印象があります。

保育補助に勤務時間は?

保育補助は多くの場合はパートとして採用されることになります。

勤務時間は短ければ一日あたり3時間程度、長ければ8時間の勤務になると思います。

勤務時間は保育園によって様々だとは思うので、就業する保育園としっかり事前に確認をしておくことが大切です。

また、保育園によっては朝夕限定のパートというのを募集している場合もあります。これは、正職員のシフト上朝夕時間帯に保育士が不足するためです。

この仕事は保育補助というよりも時間限定の保育士という場合が多いので、保育士資格の保持は必須であることが多いです。

保育補助の求人募集について【正社員・パート】

保育補助の求人はパート・アルバイトでの募集が圧倒的に多いです。時間帯が限定されているものや週2,3で一日8時間等で長めに働くことも可能です。

ただし、施設によっては保育補助であっても正社員で働ける場合もあります。

特に認可外保育施設などは無資格者の割合が認可保育園より緩くてもよくなっているので、保育補助の正社員の求人が見つかるかもしれません。この場合は保育補助とはいったもののほとんど保育士と仕事内容は変わりません。施設によっては保育職員というような呼称をする場合もあります。

認可外保育施設は配置基準に対して、保育士の割合が50%いれば良いということになっています。つまり、半数は無資格者でも良いわけです。このような規制緩和があるために無資格者でも正職員として保育施設で働ける場合があります。

パートであっても正社員であっても保育補助の求人を探すには保育士の転職エージェントがおすすめです。転職エージェントはパートのイメージは少ないかもしれませんが、もちろんパート希望でも利用することが可能です。

パートの場合は、個人個人で様々な就業条件があると思います。例えば、週2回だけとか、朝はゆっくりじゃないとだめ等です。

タウンワークなどの求人誌では細かい条件などが書いていないため、面接に行ってから条件が合わなくて不採用ということも少ないくないです。そうなると、面接の時間も履歴書も無駄になってしまいます。

転職エージェントであれば、最初から条件にあった求人のみを転職エージェントが探して紹介してくれるので効率が良いです。面接のスケジュール調整などの段取りもしてくれます。

正社員の保育補助の求人を探す場合も保育士の転職エージェントの利用がおすすめです。

保育士資格が無くても正社員で働ける保育園の求人というのはほとんど求人誌などに載ることはないので、自分の力で探すのはなかなか難しいです。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

こんな保育園の保育補助の仕事は注意!

先程、無資格であっても保育補助として働ける保育園は多いと言いましたが、それが許されるのはあくまでも保育士の配置基準を満たしている場合のみです。

保育士の配置基準は以下の記事で説明しています。

認可保育園や認可外保育園などの施設の種類によって配置基準は異なりますが、保育士の配置人数を下回ってしまっているのに、無資格で保育補助で雇われている状況は子どもを預かる状況としては危険な状態です。

保育園としても安全意識が低い保育園なので、注意したほうが良いかもしれません。保育士が集まらないということはなにか運営や待遇に問題を抱えている場合も少なくないです。

このような保育園に該当する場合は、これから就業を考える際に就業を控えたほうが無難かもしれません。また、既に就業している場合も、今後事故などに巻き込まれる可能性があるので、あらためて別の職場への転職をおすすめします。

保育補助から正職員になる人も多い

保育補助として保育園で働く一番のメリットは、その保育園の内情を知ることができるという点です。

残念ながら世の中には待遇や人間関係の悪いブラック保育園が存在します。ブラック保育園に正職員として入ってしまうと、なかなか辞められずに心を病んでしまう人も多いです。

パートの保育補助であればブラック保育園に採用されてしまっても、すぐに辞めることができます。パートの保育補助として働いてみて「良い保育園だな」と思ったら希望すれば正職員になれる可能性も高いです。

保育園としても新しい人を雇うよりもパートの人が正職員になってくれたほうがコストの面でも人物の面でも安心感があります。

このような形で正職員になる人が多いのも保育補助の特徴になります。