保育園で働く保育士にも「ほうれんそう」は大切!報告連絡相談で人間関係を円滑に!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士の皆様。

ビジネスにおける「ほうれんそう」という言葉は一度は聞いたことがありますよね。

ビジネスの研修などを受講したことがある保育士の人は少ないかもしれませんが、保育園で働く保育士にも「ほうれんそう」はとても大切です。

保育士のほうれんそうは、業務も効率化し、人間関係も円滑にすることができます。今回は、そんな保育園における「ほうれんそう」について解説します。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

ビジネス的な研修をほとんど受けることが無い保育士

新卒で保育園や幼稚園で働くと、社会人としてのビジネスの基本やマナーを学ぶ機会というのはほとんどありませんよね。

私自信も保育士として働いてきて、実際にビジネスの基本やマナーなどを会社や企業が行う研修として受講したことは有りません。

専門職なので当たり前といえば当たり前かもしれませんが、社会人の多くが当たり前のように知っていることを知らないというのは、なんだか寂しいですよね。

保育以外の一般企業で働いている友人などと話をすると、前提知識が違って話が噛み合わないなってこともありますよね。

それはさておき、日本の会社に就職する多くの新入社員は似たようなジネスの基本やマナーを学ぶ研修というのを入社時に受講していることが多いです。

大企業であれば、入社時に一定期間(1週間〜1月以上)でみっちりビジネスの基本を学んでから、晴れて部署に配属となります。

そのなかでも日本の会社に就職した場合に新入社員が必ず学ぶものの一つが「ほう・れん・そう」です。もちろん、保育士として働く方でも知っているという人は多いと思います。

この「ほうれんそう」は保育園で働く保育士とってもとても大切なことです。

スポンサーリンク

「ほう・れん・そう」ってなに?

「ほう・れん・そう」とは、

  • ほう・・・「報告」
  • れん・・・「連絡」
  • そう・・・「相談」

のことで、それぞれの頭文字をとって覚えやすいように「ほうれんそう」と呼ばれています。おそらく日本の会社に勤める社会人であれば全員が知っているもはや常識とも言えると思います。

それぞれの行動を簡単にまとめると以下のようになります。

報告・・・上司などに進捗や状況などを報告すること
連絡・・・関係者に必要な情報を連絡すること
相談・・・困っている、悩んでいる時に相談をすること

一般の会社でも基本になっていることは、もちろん、保育園という組織の中でも大切です。

スポンサーリンク

保育園で働く保育士にも「ほうれんそう」はとても大切!

保育園で働く保育士にも「ほうれんそう」はとても大切です。保育士のほうれんそうは、業務も効率化し、人間関係も円滑にします。

保育園での「ほう・れん・そう」は業務も効率化できる

保育園は小さい組織ではありますが、園長、主任保育士、保育士、非常勤など上下に様々な人がそれぞれの役割をこなしています。それに加えて、子どもと保護者も関わってくる仕事になります。

その中で、様々な問題やトラブルが起きると思いますが、「ほうれんそう」がきちんとできていると、問題への対処も効率的に行うことができます。

「それはこうしたほうが良い」「あれは去年はこうしていた」などのそれぞれが知っている属人的な情報を他の従業員に効率よく広めることができます。

保護者との間で何かトラブルが発生したとしても、誰かの早い対応で沸点が下がって大きなクレームにはならないということもありますよね。

保育園での「ほう・れん・そう」は人間関係も円滑にできる

「ほう・れん・そう」きちんとできているということは、必要な情報を適切な場面で必要十分に報告連絡相談できる間柄でなければいけません。

話しかけることもちょっと躊躇われるというような環境では、ほうれんそうは成立しません。

また、今が、仮に適切にほうれんそうができない環境であっても、繰り返していくことで徐々に連携が取れるようになってくるはずです。

業務も効率化できて、人間関係もより円滑にしていくのが保育園でのほうれんそうになります。

スポンサーリンク

「ほう・れん・そう」の保育園での保育士の活用方法

「ほう・れん・そう」の保育園での保育士の活用方法を説明します。

保育園の保育士は誰に「ほうれんそう」をすれば良い?

保育園で保育士が「ほうれんそう」をすべき人は関係する人全員です。 もちろん、それは状況によって異なります。

例えば、保護者も関係する大きなトラブルなどが起きた場合は、同じクラスを担当している保育士はもちろん、主任保育士や園長への報告が必須です。

関係するであろう人全員に情報が行き届いているということが保育園の業務や人間関係を円滑にする上でとても大切です。

よくあるトラブルは「〇〇さんは聞いていたみたいだけど、私は聞いていない」ということです。これをやられてしまった人は、自分は重要じゃないのかな感じてしまうかもしれません。こういう細かい事が人間関係の亀裂を生んでしまう最初の一歩になるかもしれないので注意しましょう。

逆にあまりに細かすぎることをわざわざ園長に報告連絡相談しても、鬱陶しがられてしまうこともあります。「そんなこといちいち伝えなくて良いよ」という感じです。でもほうれんそうをしないで問題になるよりは絶対に良いので、初めは少し過剰なくらいでも良いかも。

最初はなかなか良い塩梅が難しいと思いますが、適切な人に適切なタイミングで報告連絡相談することも保育士として大切なスキルなのでしっかり意識しましょう。

保育園の保育士の「ほうれんそう」のタイミングは?

保育園で働く保育士の「ほうれんそう」の適切なタイミングは早ければ早い方が良いです。

良くないことは「待っていれば誰かかが解決してくれるかも」と考えて問題を一度放置してしまうことです。

そういうことが起こると周りから「なんでなにもしなかった?」「どうして相談しなかった?」と言われてしまいます。

保育園の保育士の「ほうれんそう」のタイミングには早すぎるということは有りません。

スポンサーリンク

先輩や園長は「おひたし」にも気を使おう!

社会人としてもはや常識となっている「ほうれんそう」はどうしても上司の目線になってしまいます。そんな中で一時期SNSで話題になったのは、「ほうれんそう」対して上司や先輩が「おひたし」で返すということです。

おひたしとは、

  • お・・・怒らない
  • ひ・・・否定しない
  • た・・・助ける
  • し・・・指示する

ということです。

部下の保育士が「ほうれんそう」をしても怒られてしまったら、それ以降は怖くて「ほうれんそう」もできなくなってしまうかもしれまえん。

また、トラブルなどが起きて助けを求めるために園長に「ほうれんそう」をしても助けてくれなかったり、指示がもらえなかったら、それもまた「ほうれんそう」を遠ざけてしまう要因になってしまいます。

  • 現場の保育士が適切に「ほうれんそう」をする
  • 主任保育士や園長が適切に「おひたし」で応える

この繰り返しで保育園の業務の効率も上がり、よりよい人間関係になっていくはずです。

スポンサーリンク

まとめ:保育園で働く保育士にも「ほうれんそう」はとても大切!報告連絡相談で人間関係を円滑に!

社会人なら誰でも知っているであろう「ほうれんそう」は保育園で働く保育士にとってもとても大切です。

ビジネス研修などは受講したことがない人が多いと思いますが、ほうれんそうの考え方自体はとてもシンプルです。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
スポンサーリンク
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
現役保育士の仕事内容
スポンサーリンク
シェアする
保育士の手帖