保育士の転職相談は誰にしたら良い?同僚、先輩、家族、友達、転職サイト等。


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


転職を考えている保育士の皆様。転職は、今後の人生を大きく左右するイベントでもあるので、いろんな人の意見を聞いて進めていきたいという人もいらっしゃると思います。

そんな時に悩むのが、保育士の転職相談は誰にしたら良いということだと思います。

今回は、保育士の転職相談は誰にしたら良いのかということそれぞれのメリットとデメリットを踏まえてを紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士の転職相談は誰にしたら良い?主な相談相手は?

保育士の主な転職相談の相手は以下のような人になると思います。

  • 先輩保育士
  • 同僚保育士
  • 保育士友達
  • 家族
  • 友人
  • 保育士転職サイトのアドバイザー

転職は、今後の人生を大きく左右するイベントでもあるので、いろんな人の意見を聞いて進めていきたいという人もいらっしゃると思います。

また、保育士の転職は、誰にも相談しなで転職を進めていくという選択肢もあります。

ここからは、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

先輩保育士や同僚に相談するメリットとデメリット

まずは、先輩保育士や同僚に相談するメリットとデメリットを紹介します。

引き止められてしまうかも

デメリットの一つは引き止められてしまう可能性があるということです。先輩や同僚の保育士にとってもその保育園での仕事に慣れている保育士が一人辞めてしまうということはその人達のデメリットになることも多いです。

新たな保育士が雇用されるまでは、少ない人手で保育園の運営を続けなければいけないので、業務量や労働時間が増えたり、休暇が取りにくくなるということもありえます。

そのため、状況的には転職をしたほうが良い場合でも、引き止められてしまう場合もあります。決意が揺るがない人なら良いですが、同僚に説得されると転職する気持ちが揺らいでしまう場合もあります。

働きづらくなるかも

デメリットの2つ目は、今の職場で働きづらくなってしまう場合があるということです。

先輩や同僚とは日々一緒に仕事をする間柄なので、転職をしたいということが伝わると関係性にも変化があります。周囲から辞めると思われながら日々仕事をするのは、精神的にも悪い影響を及ぼす場合もあります。

また、どんなに仲が良い同僚や先輩保育士でも、転職の相談をすることで職場の他の人にやめるということが伝わってしまうリスクもあります。例えば、園長に伝わった場合は「あの人はやめるから」という理由で、昇給額や賞与の査定に影響してしまったり、休暇のとりにくさなどにつながってしまう場合もあります。

近隣の保育園の具体的な情報を得られる

先輩保育士や同僚の保育士に転職相談をするメリットは、近隣の保育園の具体的な情報を得られる可能性があるということです。今現在同じ保育園で働いているということは居住エリアも近いということになると思います。

過去には別の保育園で働いていたという人も多いので、近隣の別の保育園の具体的な情報を得られることもあります。保育園は狭い組織なので、実際に働いていた経験がある人からの評判などを得ることは難しいので、もし評判がわかると転職においては非常に強い武器になります。

転職経験者の話を聞くことができる

先輩保育士や同僚の保育士に転職相談は、転職の進め方やコツなどを実際に転職を経験した本人から聞くことができるというのが大きなメリットになります。保育士の転職は一般的な企業の転職活動とは少々事情が違う部分も少なくないので、ネットから得られる情報なども限られています。特に、退職のタイミングや退職の仕方などは、保育園独自のルールなどもあるため、内部の人に事情を確認するということは大切です。

保育士友達に相談するメリットとデメリット

続いて保育士友達に相談するメリットとデメリットを紹介します。

より具体的なアドバイスを得ることができる

保育士友達への転職相談は、同僚や先輩と比較すると利害関係があまりないので、より客観的で本人のためになるアドバイスを得られる可能性が高くなります。しかも保育士として就業しているので、業界の事情もよく理解してくれると思います。また、相談する保育士友達に転職経験があれば、転職の進め方やコツなども聞くことができます。

保育園の具体的な情報を得られる可能性がある

相談相手も保育士として就業しているということは、他の保育園の事情や情報なども得られると思います。今の職場以外の保育園の内情などを知ると、転職先を判断する一つの基準にすることができます。例えば、今の保育園でサービス残業・持ち帰り残業が当たり前になってしまっていると、転職してもどうせ同じだろうという気持ちになってしまうこともありますが、友人などからサービス残業・持ち帰り残業がない保育園のことを聞いていると、転職時の視野を広げることができます。今の保育園が当たり前ではなく、どのような基準が保育業界において当たり前なのかということを知ることも転職においては非常に強い武器になります。

家族や友人に相談するメリットとデメリット

続いて、家族や友人に相談するメリットとデメリットを紹介します。

より親身に相談にのってくれる

家族や友人は、自分のことを考えて相談に乗ってくれる場合が多いでしょう。自分の幸せや安定が家族や友人にとっても幸せや安定につながるためです。

曖昧なアドバイスになりがち

家族や友人が保育業界のことがわからない人であれば、保育士の転職のことを知らないため「最低でも3年は我慢して働いたほうが良い」「上司に相談してみれば」というような的を得ない曖昧なアドバイスになりがちです。

このようなアドバイスは、現実的には本人のためにならない場合もあるので注意しましょう。特に家族等、自分と近くなればなるほど、この傾向は強くなってしまいがちです

予想外なアドバイスを得られるかも

全く異なる角度からの予想外のアドバイスを得られる可能性が高いのが、家族や友人に相談するメリットの一つです。どうしても保育業界にいる人だけに転職相談をすると、どの基準がブラックなのかホワイトなのか、転職するならこういう保育園が良いのかというような転職という選択肢ありきで話が進んでしまします。保育業界と関係のない仕事をしている家族や友人なら別の視点も持っている可能性があります。

保育士転職サイトのアドバイザーに相談するメリットとデメリット

次に、保育士転職サイトのアドバイザーに相談するメリットとデメリットを紹介します。

具体的な提案を受けることができる

保育士転職サイトのアドバイザーは転職に関してより具体的なアドバイスをしてくれます。転職活動の進め方、履歴書の書き方、面接での服装や、受け答えについても、基本的には正解にあたるものを教えてくれます。保育士の転職そのものが仕事なので、保育関連のより最新の情報などにも強いです。

転職する気持ちが固まっているという人は、相談相手として一番適任と言えると思います。

転職以外の選択肢のアドバイスを得られない

保育士転職サイトのアドバイザーはあくまでも保育士の転職を成功に導くことが仕事です。人によっては転職をしないということがその人にとっての成功である可能性もありますが、基本的には相談に載ってくれるといってもあくまでも転職をすること前提での相談になります。そのため、転職以外の選択肢のアドバイスを得られにくく、人によってはより環境の悪い保育園へ転職してしまうというリスクもあります。

もちろん、よっぽど親切なアドバイザーに当たれば、本人のために転職をしないという選択肢も提案してくれかもしれませんが、まれなケースになるでしょう。

保育園の内情も知れるかも

保育士転職サイトのアドバイザーは実は保育園の内情も知っている可能性があります。まず、求人を紹介する段階で保育園の園長とも直接やり取りをしていたり、過去に保育士を紹介していることもあるためです。保育士を紹介したけど、すぐに辞めてしまったというような事例なども知っている可能性があります。

誰にも相談せずに転職活動を進めるメリットとデメリット

最後に、誰にも相談せずに転職活動を進めるメリットとデメリットを紹介します。

自分のペースで転職活動ができる

自分のペースで転職活動ができるのが誰にも相談せずに転職活動を進めるメリットです。特に、人の意見に流されやすい人は、沢山の意見を聞いてしまうとかえって混乱してしまうと思います。色々な人に相談して結局転職できずじまいということが本当に自分の幸せにつながるとは限りません。

判断ミスをしてしまうかも

誰にも相談しないで転職活動を進めると、判断ミスをしてしまうというリスクもあります。自分だけだとどうしても視野が狭くなってしまう可能性がありためです。もちろん、最終的には自分自身で決断する必要があるのが転職というものですが、ポイントポイントで第三者にアドバイスは貰ったほうが良いと思います。

まとめ:個人的なおすすめの保育士転職の相談相手は?

最後にまとめとして、個人的なおすすめの保育士転職の相談相手を紹介します。

個人的なおすすめの保育士転職の相談相手は

  • 保育士友達
  • 保育士転職サイトのアドバイザー

になります。

転職をするかどうか迷っているという前段階では、保育士友達に相談をしてみて、転職をすべきかどうかの参考にすると良いと思います。そいて、転職活動をすると決めたら、やはり専門家である保育士転職サイトのアドバイザーに相談をしながら転職活動を進めていくのが良いです。

もちろん、個人の状況や考え次第では、相談すべき人というのは変わってくると思います。最終的には自分の幸せというのが大切なので、そのことを忘れずに、いろいろな人の意見を参考にしてみましょう。