保育士が働きながら転職活動を進める方法!注意点とコツを解説!


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


転職を考える保育士の皆様。

  • 転職活動中も収入を維持したい
  • 本当に転職するかどうか決めかねている

このような考えて、保育士が働きながら転職活動を進めるという保育士の方も多いです。

今回は、保育士が働きながら転職活動を進めるメリットやデメリット、その際の注意点やコツについても解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士が働きながら転職活動を進めるメリット

まずは、保育士が働きながら転職活動を進めるメリットについて紹介します。

収入を引き続き得られる

保育士が働きながら転職活動を進めるメリットの1つ目は、収入を引き続き得られるということにです。働きながらなので、当然、今の収入を維持することができます。生活資金があるので、気持ち的に余裕を持った転職活動を行うことができます。収入がなくなってしまうと、焦ってしまったり、妥協をしてしまうこともあるので、それを防ぐことができるのは大きなメリットです。

ブランクができない

保育士の働きながらの転職活動のメリットの2つ目は、ブランクができないということです。保育士の方はそこまで気にする必要はないですが、職歴にブランクがあると次の就職先を見つけにくくなってしまうリスクがあります。

また、反対に退職してから転職活動をする保育士の方に多いのが、仕事がないということに慣れてしまうということです。慣れてしまうと、ズルズルと働かない期間が長引いてしまったり、パートなどでの就業で収入がガクッと落ちてしまうというようなことがあります。

ブランクができてしまうことは必ずしもデメリットばかりではないですが、自分の置かれている状況や性格などを踏まえてリスクを判断しましょう。

今より良い選択肢を選べる

保育士の働きながらの転職活動のメリットの3つ目は、今より良い選択肢を選ぶことができるということです。退職してからの転職活動だと、もし、転職先がなかなか決まらない場合に焦ってしまったり・妥協してしまう可能性もあります。そうなると、結果的に以前働いていた職場よりも悪い条件での就業になってしまう可能性もあります。

保育園で働きながらの転職であれば、今より悪い条件だなと思ったらそもそも、面接を受ける必要がありません。金銭的にも焦る必要がないので、転職先に妥協しにくい環境になります。

今の保育園での勤務を続ける選択肢を残せる

前項と同様ですが、働きながらであれば、今の保育園での仕事を続けるという選択肢を残すことができます。良い保育園が見つからなかったり・良い保育園ほどなかなか募集をしていないということに転職活動をはじめてみてから気づくことも多いです。そうなった時に、やっぱり今の保育園で良いやという風に、転職活動を辞めるという選択肢を残すことができるということも保育士が働きながら転職活動を進めるメリットの一つになります。

働きながらの保育士の転職活動の注意点・デメリット

続いては反対に、保育士が働きながら転職活動を進める際のデメリットについて説明します。

在職中の保育園に転職活動がバレてしまう可能性がある

在職中の保育園に転職活動をしていることがバレてしまうと以下のようなデメリットが発生します。

  • 残りの期間が非常に働きにくくなる
  • 転職をするのを辞めた場合に、保育園で冷遇されてしまう可能性もある

転職が決まった後も、退職日までは働かなくてはいけないので、人間関係によっては非常に働きにくい状態になってしまいます。

また、保育士が働きながら転職活動は、やっぱり転職をするのを辞めて、今の保育園での勤務を続けるという選択も可能です。ですが、もし一度在職中の保育園に転職活動がバレてしまうと、園長からはもう辞める人だという前提で接されることになります。一度やめようとした保育士はどうしても、冷遇されてしまうというリスクがあります。当然、昇給や賞与の査定にも悪い影響を与えてしまうリスクもありますし、今後、働いていく上での人間関係などにも亀裂が生まれてしまうリスクもあります。

面接や見学に行く時間を取りにくい

面接や見学に行く時間を取りにくいというのも、働きながらの保育士の転職活動の難しい点です。保育園で働く保育士は基本的にシフト制での勤務になるので、先の出勤時間もなかなかわからず、面接や見学の日程も調整しにくいです。

有給休暇も直近の日程で気軽に取れるわけではないことが多いので、休暇をとっての面接もなかなか難しいです。結果的に、良さそうな保育園の求人募集が終了してしまって応募ができないなんてことも起きてしまう可能性があります。

ズルズルと続けてしまうというデメリットも

保育士が働きながら転職活動をするということの一番のデメリットはズルズルと今の保育園での仕事を続けてしまうという事かもしれません。

働きながらの転職活動は、収入を維持できて今の保育園での勤務を続ける選択肢を残せるというメリットがある反面、転職活動自体は大きな負担なのでモチベーション的にもスケジュール的にもなかなかうまく進まずズルズルと今の不満のある保育園での仕事を続けてしまうというリスクがあります。

その場合は、転職を考えるということは少なからず今の保育園に対して不満があるということだと思うので、その状態が続くということになります。しかも、自分としては転職をするという気持ちで日々の保育の仕事を続けなければいけないので、仕事に対する士気も非常に低くなります。そういう状態で仕事を続けると、ミスやトラブルなどを起こしてし舞う可能性もあります。また、そのモチベーションでは余計に人間関係を悪化させてしまう場合もあります。

保育士が働きながら転職活動を進めるコツ

ここからは、本題である保育士が働きながら転職活動を進めるコツについて紹介します。

今より良いと思う条件の保育園の求人に絞る

保育園の数は多いので、すべての保育園を選択肢に入れようとすると時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。働きながらということになるとなおさらです。

そのため、今より良いと思う条件の保育園の求人に絞って転職活動を進めることがコツの一つになります。

条件とは、給与待遇のことだけではなく、自分が保育園で働く上で大切にすることすべての内容になります。

  • 給与待遇
  • 昇給賞与
  • 人間関係
  • 園長
  • 通勤
  • 将来性

などの様々な要素を複合しての比較になります。

今の保育園より良くなるだろうという保育園の求人に絞って見学面接をしていけば、選択肢を減らすことができ、働きながらでも負担を少なく転職活動を続けることができます。

基本的に同僚には転職活動をしていることを話さない

基本的には、僚には転職活動をしていることを話さないというのも、保育士が働きながら転職活動を進めるコツの一つになります。

同僚に話してしまうと、そこから、園長などにも漏れ伝わってしまうリスクは少なからずあります。そうなると、在職中の保育園に転職活動がバレてしまい、今後の仕事や転職活動にも支障が出てしまう可能性もあります。引き止めにあったり、嫌がらせを受けてしまう可能性もあるでしょう。

よほど信頼関係があって仲が良いと言う場合で、転職に関する情報や助言などを得られる場合をのぞいて、基本的に同僚には転職活動をしていることを話さないというのが鉄則になります。

園内で電話やメールは極力避ける

現在就業中の保育園内での電話やメールなどは極力避けるようにしましょう。例え、休憩中であっても誰かが聞いていたり・見ている可能性があるためです。こちらも同様に、在職中の保育園に転職活動がバレてしまい、今後の仕事や転職活動にも支障が出てしまう可能性もあります。

転職活動においては、急に選考を受けている保育園から電話連絡などがある場合も多いですが、勤務中は避けて終わった後などに折り返し連絡するようにしましょう。

面接や見学は夕方以降や土曜日などで調整してもらう

保育園の面接や見学は夕方以降や土曜日などで調整してもらうようにしましょう。

シフト制なので、朝が早いシフトの日であれば、夕方以降に面接を保育園に出向くことができる場合も多いと思います。なので、朝が早いシフトの日をうまく活用してスケジュール調整を行いましょう。また、一部の保育園は土曜日に面接を行ってくれることもあるので、そのような保育園の求人を探して応募してみるということも有効です。

保育士の働きながらの転職活動は時間が限られているので、希望の保育園の見学や面接のタイミングを逃してしまわないように注意しましょう。

保育士転職サイト・エージェントを活用する

最後に、保育士が働きながら転職活動を進めるおすすめのコツの一つが、保育士転職サイト・エージェントを活用するということです。

在職中の保育士の一番のメリットは、保育園側とのやりとりを担当者が代行してくれるという点です。利用者である保育士は直接、保育園をやりとりする必要がなくなります。

例えば、

  • 応募前の保育園に対する質問事項
  • 面接のスケジュール調整
  • 内定の受諾・断り

などなど、ほとんどのやり取りは保育士転職サイト・エージェントの担当者が行ってくれます。利用者である保育士は、その保育士転職サイト・エージェントの担当者と電話やメールなどでやり取りをすることになりますが、一緒に転職活動を進めてくれる味方なので、電話に出れないことがあったり、多少の失礼があっても、採用可否に関わることはありません。

夜中に保育園の仕事から疲れて帰ってきた時は、夜に一本担当者にメールで返信しておくというということだけすれば後は、担当者がよしなに対応してくれます。

保育士の働きながら転職活動を大きく軽減してくれるメリットがあります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強いおすすめの保育士転職サイトです。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。