40代保育士の転職事情とは?求められることや転職成功のコツ!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


40代の保育士の皆様。これから転職を考えている保育士の方。

今回は、40代保育士の転職事情や転職面接時に求められることや転職成功のコツについて紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

40代保育士の転職事情とは?

40代と言うと一般企業の転職市場ではそろそろ、転職をするのが難しくなってくる時期と言われています。ですが、保育業界では、そこまで40代だと転職が難しいということはありません。新しい保育園も続々と増えていたり、日本全体として保育士不足が続いているという背景もあります。

そして、保育士はそもそも転職頻度や回数が多い職業なので、40代の保育士の転職希望者も多いです。保育園で働く保育士という職業の特性上、ある保育園で退職する人がでると、その保育園では基本的に新たな保育士の採用が必要になります。保育園で働く保育士全員を若手や未経験者の保育士とすることは難しいので、必ずある程度経験やスキルのある保育士が必要になります。

40代保育士に多い転職理由は?

40代保育士に多い転職理由で多いのは、

  • さらなるステップアップをしたい
  • 家庭環境の変化
  • 仕事の負担や責任の軽減

という理由です。

40代の保育士はこれらの理由での転職を考える人が多いです。

さらなるステップアップをしたい

主任保育士や園長を目指すことができる保育園に転職を考えるということです。いま働いている保育園は運営の母体によっては、役職などを目指すということが難しいこともあります。家族経営で、園長や主任保育士に身内が就任しているような保育園では、いつまでたっても役職者を目指すことが出来ません。

そういった保育園から役職などを目指すことが保育園に転職したいと考える人が多いです。

家庭環境の変化

40代の保育士は、家庭を持っている方は子育ての状況やパートナーの勤務にも変化が訪れやすい時期になります。そういった中で、違う土地に引っ越しをする必要ができたり、より多くの給料が必要になったりと様々な変化があると思います。

それらの変化に対応するために、働く保育園を変える必要が出てくる人も多いです。

仕事の負担の軽減

今まで保育士としてバリバリ働いてきたけれど、ちょっと体力的に厳しくなってしまうという方も40代の保育士には増えてくるころだと思います。かといって今の保育園では役職なども付与されて責任や仕事量も増してきていることが多いです。

そのため、転職を機に働き方をもう少し緩くするために、小規模な定員の保育園に転職したり、役職が付与されない保育士として雇用してくれる保育園などに転職を考える人も多いです。

40代保育士が転職の際に求められることや能力とは?

ここでは、40代保育士が転職の際に求められることや能力について説明します。

主任保育士・マネジメントの経験

やはり40代の保育士にまず求められるのは保育士としての経験です。特に主任保育士の経験などがあると転職ではとても有利です。昨今は保育園の数も増えていてその数に比例して、主任保育士の需要も高くなっています。

主任保育士は保育の現場を一番理解していて、良い保育園には必ず良い主任保育士が必要になります。

ただし、主任保育士から別の保育園の主任保育士に転職する場合は、主任保育士を募集している保育園を探す必要があります。主任保育士は一つの園に一人か二人くらいなので、求人自体はどうしても少なくなってしまいます。

かといって主任保育士から役職がつかない保育士への転職は大抵の場合で給与がダウンしてしまうので、慎重な検討が必要になります。

扱いやすさと柔軟性

40代以上のベテランの保育士の方を新たな保育士として採用する保育園が気にすることが、その人の扱いやすさと柔軟性です。

新卒や経験が少ない保育士であれば、これから教育や指導をして、保育士はもとい、保育園にしっかりと適応できる人物に育てていこうという考えは皆持っていると思います。ただ、40代の保育士を育てようと考える保育園は少ないです。もちろん育てる必要がないという側面はあります。

扱いやすさという表現は、少し語弊があるかもしれませんが、

  • そのやり方はおかしい
  • 前の保育園ではこうだった

と言われてしまうと、園長としては正直やりづらくなってしまいます。採用の可否を決定するのはたいていは園長なので、園長が求めない人は採用されにくいです。

今までの経験を活かしつつ、新しい保育園のやり方も取り入れれてよりよく改善していける存在が求められています。

保育園に馴染むことができるか

40代の保育士が転職の際に一番求められると言っても過言ではないのが、その保育園に馴染むことができるかということです。

前述した扱いやすさや柔軟性とも関係がある部分ではありますが、40代となると保育士としての経験も豊富で、仕事に関する考え方も固まっていると思います。自分がやりたいこと、やりたくないこと、やれないこともはっきりしてしまっているかもしれません。

全く違う職場に移った時に、その環境に馴染むことができなければ、早期に離職してしまうという懸念も発生します。そうなると保育園としては新たな人を雇い直さなければいけないので、どんな人物であってもその保育園に馴染むことができるかどうかはとても重要です。

40代保育士の転職成功のコツとは?

ここからは40代の保育士が転職を成功させるコツを紹介します。

扱いやすさ・柔軟性もアピールする

40代保育士が転職の際に求められることや能力の項でも解説しましたが、40代保育士は扱いやすさや柔軟性も求められます。

固定観念として、ある程度のベテランの保育士は自分のやり方や考え方を曲げないというイメージを持っている人も少なからずいます。 そういった園長や保育園の採用担当者の懸念を払拭するために、保育の経験だけではなく、扱いやすさ・柔軟性もアピールすることが大切です。

しっかりとその保育園の考え方に合わせることができるということ、新しい考え方や保育のことを積極的に取り入れているというアピールができると良いでしょう。

40代保育士の転職で採用されやすいのは新しい保育園

ズバリ、40代の保育士が転職で比較的採用されやすいのは、比較的最近新設された新しい保育園です。

新しい保育園は開園する時に、保育士をほとんどゼロから必要な人数を集める必要があります。でも全員が新卒の若手保育士というわけにはいきません。ある程度のスキルや経験のある保育士がいないときちんとした運営が出来ないためです。

そのような理由である程度の幅広い世代の保育士を採用する必要があります。そのような中で、一番募集するのが難しいのが経験のある40代以降の保育士になります。

ベテランの保育士はそもそも、若手の保育士と比較して絶対数も少ないですし、あまり変化を求めないので転職をしないという人も多いです。そのため、比較的新しい保育園には採用される可能性が高くなります。

不採用でも気にしない気持ちが大切

先程も言ったように「その保育園に馴染むことができるか」が40代の保育士の採用不採用を決める大きなポイントになります。

でも「その保育園に馴染むことができるか」は本人の保育士としての経験やスキルとはほとんど無関係です。どんなにその人が腕が立つ人であったり保育がうまい人であったとしても、これだけは相性の問題です。

つまりどんなに保育園の募集要項と合致していて、実際に自分でも自信があったとしても残念ながら不採用になってしまうこともあります。

不採用になったことをいちいち気にして落ち込んでしまうと、次の面接で変に焦ってしまったり、あまり待遇の良くない保育園で妥協してしまうということも起きてしまいます。なので、不採用でも気にしない気持ちが大切です。

40代保育士のおすすめの転職方法!

40代保育士のおすすめの転職方法は、保育士転職サイトを利用することです。保育士転職サイトを利用すれば、保育園への質問や待遇面の詳細も担当になったコンサルタントが行ってくれます。特に就業しながらの転職活動になる場合は、面接の日程調整も一苦労になりますが、それらの作業を丸投げすることができます。

保育士転職サイトには登録しないと見ることができない非公開の求人も多いので、検索で引っかからない求人も紹介してもらえる可能性もあります。

マイナビ保育士」や「ヒトシア保育」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ:40代保育士の転職事情とは?求められることや転職成功のコツ!

一般企業とは違い保育業界では、そこまで40代だと転職が難しいということはありません。

40代保育士が転職の際に求められることで多いのは、

  • 主任保育士・マネジメントの経験
  • 扱いやすさと柔軟性
  • 保育園に馴染むことができるか

です。

40代保育士の転職成功のコツは、

  • 扱いやすさ・柔軟性もアピールする
  • 40代保育士の転職で採用されやすいのは新しい保育園
  • 不採用でも気にしない気持ちが大切

ということです。

保育士転職サイトを活用してよりよい保育園への転職を目指しましょう。