まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるって本当?注意点を紹介

本ページにはアフィリエイト広告が含まれています。

こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


こんな疑問や悩み、不満、経験はありませんか?
  • まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるって本当?
  • 選考が簡単でラッキー?

今回は、まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるというのは本当なのか、まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園の注意点などを紹介します。

この記事の信頼性
私は保育園、幼稚園、認定こども園で勤務した経験があります
複数回の退職、転職経験があります
まともな面接無しで採用が決まった経験があります
その経験が参考になればと思います
  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。登録するとネット上での検索などでは見つからない非公開の人気のある高待遇の求人情報も得られます。 まずは求人情報を知りたいだけという方でもOKです!
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。 求人数も多いのでとにかくたくさんの情報を得たいという人にもおすすめです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!登録で非公開の求人情報を得られます。

まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるって本当?

まともな面接無しで保育士採用が決まったという経験があったり、そのような話を周囲から聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。

私自身も経験したことがありますが、まともな面接なしで採用が決まる保育園というのは実際に存在します。もちろん、「まともな面接」というものの厳密な定義はありませんが、そう感じてしまうような保育園があるというのは本当のことです。

面接無しで保育士の採用が決まるとはどういうこと?

保育園の保育士の採用において、面接無しで採用が決まる場合があるということを書きました。

面接無しで保育士の採用が決まるというのは、

例えば、

  • ほとんど面接のようなきちんとしたものがなく、雑談ベースで採用が決まる
    保育士が見学に行った段階でもう、合格(採用)する前提で接される

というケースです。

保育士としては、面接だと思って緊張して保育園に行ったら拍子抜けしてしまうことになります。面接というよりも、どちらかというと保育園からの説明が中心で、その時の保育士の返事次第で、内定や採用が決まっていくという形です。

なぜ面接無しで保育士の採用が決まる?

保育士の方で疑問に思う可能性があるのが、なぜ面接無しのような形で保育士の採用が決まるのかということだと思います。

履歴書、職務経歴書で十分と判断された

一つは、履歴書や職務経歴書などの事前に提出されたものの内容で、十分に採用に値すると思われたという場合です。面接当日に余程おかしな人でないとわかれば、採用の方向で話を進めていきたいという保育園側の考えです。 もちろん、一般的にこのような面接方法が優れている考えられているわけではありません。

この場合は、雑談ベースであったり、面接は合格前提で話が進んで行くことになります。保育園としても採用をしたいので、なるべく保育園や自分たちの魅力を伝えたいという狙いがあります。

雑談しながらも選考はしている

もう一つは、雑談のような形でもきちんと選考はしているという場合です。選考を受ける保育士にはリラックスをしてもらって、本音ベースで、その人の本来の人柄などを見たいという狙いがあります。この場合は、一般的によくあるような「自己PRをしてください」「保育士になった理由はなんですか」というような堅苦しい質問はされない場合が多いです。あくまでも、雑談のなかで、双方が聞きたいことしゃべりたいことを喋るというような形です。

選考を受ける保育士としては、面接されている感じはしないですが、雑談をしながらも選考はきちんと行われている場合もあります。

面接無しで採用が決まるのはラッキー?

ここまで、面接無しのような形で保育士の採用が決まる場合があるということを書きましたが、このような簡単な保育園の面接を受けられるということはラッキーだと思う方もいらっしゃると思います。

たしかに、複数回の面接を受けたり、小論文を書かされたり、適性検査を受けさせられる保育園の面接というのは、面接を受ける立場からしたらとても面倒ですよね。

まともな面接なしで合格・採用を決めてもらえると、自分の経験が評価された・魅力が伝わったと思ってしまいますが、そうとは限りません。まともな面接無しで採用が決まることを安易にラッキーと考えてしまうのは、少し注意が必要になります。

まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園の注意点を紹介

ここからは、面接無しで保育士採用が決まる保育園の注意点を紹介します。

よほど保育士が足りていない可能性がある

まともな面接無しで保育士の採用が決まるというのは、その保育園でよほど保育士が足りていないという可能性があります。保育園で保育士が足りていない状態で、応募者も少ない場合、保育園は応募が来た人を採用するしかなくなってしまいます。

ずっと求人募集を出しているので、全然応募が来なくて、長い間、保育士が足りない状態で運営を続けていたというような場合は、応募が来たらすぐにでも採用を決めて働いてもらいたいという思いがあると思います。

平均的な給与待遇などで募集をしていれば、よほど評判が悪くない限り、保育士から応募がまったくこないということは考えにくいです。保育士が足りていない保育園で働くと、一人ひとりの負担も多く大変になります。

ブラックな保育園である可能性がある

前項とも関連がありますが、ブラックな保育園もまともな面接無しで採用が決まる場合があります。

保育士の離職が多いブラックな保育園は、次から次へと新しい保育士を補充していかなければいけないので、まともな面接をしている余裕はなく、応募が来た人に対してどんどん採用を決めていかなくてはいけません。厳しい選考をしていたら、保育士の採用が追いつかないためです。

そうなると、見学の段階ですでに採用が決まっているテンションで接してきて、あとは、ブラックな保育園だとバレないようにトントン拍子で採用手順を踏んでいきたいという狙いがあります。とにかく人手不足で合格は決まっているので、保育園側から質問する必要はなく、保育士から聞かれたことに答えたり、雑談などで面接が終了します。

保育士を頭数としてしか見ていないブラックな保育園である可能性があるので注意が必要です。

同僚も面接無しで決まっている可能性がある

注意点はその保育園で働いている同僚となる保育士も、同じようにまともな面接無しで採用されている可能性があるということです。自分自身は、選考が簡単でラッキーと思うかもしれませんが、同僚も同じような選考しかされていないと考えると、不安になりませんか?

正職員の場合は、一度採用したら簡単にクビにするというのは、難しいです。例えば、他の保育園では不採用になるような人がずっと働いているということが起きてしまっている可能性があります。

保育士としてのスキルが低かったり、保育の質が低いような人が同僚にいると、同じような環境の保育園でも、仕事の負担は大きくなってしまいます。

まとめ:まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるって本当?注意点を紹介

今回は、まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園があるというのは本当なのか、まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園の注意点などを紹介しました。

まともな面接なしで採用が決まる保育園というのは実際に存在します。面接が関係のない雑談だけで終わったり、見学をしている段階からすでに合格のテンションで接されるというケースです。

まともな面接なしで合格・採用を決めてもらえると、自分の経験が評価された・魅力が伝わったと思ってしまいますが、そうとは限りません。

まともな面接無しで保育士採用が決まる保育園は、

  • よほど保育士が足りていない可能性がある
  • ブラックな保育園である可能性がある
  • 同僚も面接無しで決まっている可能性がある

というようなリスクがあるので、十分に注意して、本当に就職するかどうかを判断しましょう。