人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法を紹介!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育園で働く保育士の皆様。

保育園の行事や仕事において、人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまうことが多いという方はいらっしゃいますか。緊張するということは悪いこととは限りませんが、子ども達にも緊張が伝わってしまって、落ち着きがなくなってしまうこともありますよね。

保育園での仕事は、自分が間違えてしまうと他の人に迷惑がかかるというようなプレッシャーがかかることも多いと思います。

今回は、人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育園の子どもたちにも保育士の緊張や不安は伝わってしまう

保育園の子どもたちにも保育士の緊張や不安は伝わってしまいます。緊張するということは悪いこととは限りませんが、子ども達にも緊張が伝わってしまって、落ち着きがなくなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の特徴

まずは、人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の方のよくある特徴について紹介します。

  • 失敗が怖い
  • 自信がない
  • 心配・不安

よく挙げられるのは、これらの特徴になります。これらの特徴を知っておくと、その後の克服方法も理解することができます。

失敗が怖い

人前に立ったり、人前ではなすというのが不安という背景には、失敗が怖いということがあります。なにか間違えてしまうのではとか、上手く出来ないのではという気持ちです。失敗してしまうとなにか「怒られる」「笑われる」などという自分に対する不利益があるかもということも失敗が怖くなる一因になります。

自信がない

自分に自信がないというのも人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の特徴によくあります。なんらかの理由で人前に立つことや話すことに自信がなかったり、そもそも保育園での仕事そのものに自信がないということもあります。

心配・不安

過去に人前で何かミスをしてしまった経験があったり、そのことがトラウマのようになってしまって人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまうということもあります。

スポンサーリンク

保育園で働く保育士が人前で緊張する場面とは?

保育園で保育園で働く保育士が人前で緊張してしまうという場面は様々あります。基本的には、大人数の前で自分一人でなにかを話したり、演奏したりしなければいけない場面が緊張する場面としてよく挙げられます。

  • 発表会
  • 運動会
  • ピアノ演奏
  • 各種司会など
  • 入園・卒園式
  • 職員会議

これらの保育園の行事や仕事を保育士は円滑にすすめなくてはいけません。園児はもちろん同僚の前で滞りなく自分の担当をこなす必要があり、失敗したくないがために人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまうことが多いです。

スポンサーリンク

人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法

ここからは本題の人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法になります。

人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法を3つ紹介します。

とことん練習や準備をする
保育園での人間関係を改善する
保育園での経験をたくさん積む

これらの3つのことを説明していきます。

とことん練習や準備をする

人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の特徴で「失敗が怖い」ということを書きました。失敗した先の「怒られる」「責任を取らされる」などの「心配・不安」もあると思います。それらはつまり、 失敗することを自分のなかで想定している ということになると思います。さらに「自信がない」というのも、練習や準備がうまくできておらず失敗してしまうことを恐れているということが根拠になっていることもあります。

でも失敗しようがないことでは、失敗を怖がることはありませんよね。例えば、自分の名前を書く、近くの駅まで歩く、などです。極端な例かもしれませんが、これらの行動をする際に、いちいち緊張をする人はまずいないと思います。自分の名前の漢字は何千回とかいていると思いますし、歩きかたも体に染み付いていると思います。

言い換えると、失敗することを自分のなかで想像できてしまっているから人前で話すのが苦手で緊張してしまうということになります。

つまり、失敗を想像できないくらいにとことん練習や準備をすれば、人前で話す緊張を和らげることができるはずです。

ピアノであれば該当の曲の練習を、司会進行であれば話す内容を何度も反復してみるというようなことです。とことん練習や準備をすれば、自分に自信もつき人前で話すのが苦手で緊張してしまうことも減らすことができます。

保育園での人間関係を改善する

先ほど少し書きましたが、人前で話すのが苦手で緊張してしまうという人でも、家族や親しい友人の前だとスラスラと言葉が出てくるという人がいると思います。

それは、間違っても笑いでごまかすことができたり、怒られるということが無いためです。家族や親しい友人との間柄で何かミスをしたり、間違ってしまったとしても責められることはないですよね。つまり、リラックスして会話をすることができているということです。

保育園での仕事の時もその精神状態に近づけることができたら良いわけです。 園長や先輩の保育士、同僚の保育士などと関係をよりよくすることで、人前での緊張も和らげることできます。

怖い園長や厳しい先輩に見られている状況と、思いやりのある園長や親しい先輩に見られている状況を想像してみてください。明らかに後者のほうが緊張感は少ないですよね。家族や親しい友人ほどは難しいかもしれませんが、保育園での人間関係を改善することで保育士が人前で話すのが苦手、緊張してしまうということを改善することができます。

でも、保育園での人間関係を改善することは難しいですよね。たしかにその通りです。そのためには、 保育園での仕事をきちんと行うことが大切です。 人前で話すのが苦手かもしれませんが、他に得意な仕事はあるはずです。日々の仕事をきちんしていき周囲からの信頼を得るということが、人間関係を改善していくためのまずできることです。

保育園での経験をたくさん積む

何事も初めてが一番緊張しますよね。 保育園での仕事は、毎年同じ様な行事などが行われます。園児や周囲の保育士達に変化はありますが、やることはそれなりに同じ手順で行われることが多いです。つまり、保育園での経験をたくさん積むと自然とそれぞれの仕事に慣れていくことができます。

保育園での様々な仕事にそれぞれ慣れていけば、自分の立ち回りややるべきこともなんとなくわかるようになります。そうすれば、失敗を恐れてしまって緊張してしまうということも少なくなります。二回目は一回目よりは緊張しなくなるはずです。

最初は大変かもしれませんが、人前で話すというチャンスがあれば積極的に担当などに立候補しましょう。一度経験すると、来年度以降に同じ仕事内容を任されても、緊張は少なくなります。

保育園での経験をたくさん積むということを繰り返していくことで、自分は保育園での仕事は一人で一通りできるという自信もついていきます。

自分に自信がつけば、人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまうということも減らすことができます。

スポンサーリンク

まとめ:人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法を紹介!

人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまう保育士の克服方法を紹介しました。

とことん練習や準備をする
保育園での人間関係を改善する
保育園での経験をたくさん積む

保育士が、人前や人前で話すのが苦手で緊張してしまうのは、

  • 失敗が怖い
  • 自信がない
  • 心配・不安

ということが大きな理由にあります。

そのため、そもそも失敗しようがないくらいに練習を準備をしたり、保育園での経験をたくさんつむことで、自分に自信をつけていくということが重要です。また、少しの失敗は気にしなくて良い人間関係を保育園で築いていくことも大切です。失敗しても責められるのでなくフォローしあえる関係であれば、失敗が怖くなったり心配・不安を抱くことは減るはずです。

明日から抱えていた緊張などをすぐになくすというのは難しいので、コツコツと経験などを積み重ねていくしか有りません。