保育士の妊娠の保育園への伝え方。いつ誰にどうやって伝える?

保育士の妊娠の保育園への伝え方。いつ誰にどうやって伝える?保育士の仕事

2020年9月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆様。妊娠したというかたやこれからそれを保育園に報告をしようという方。

色々と不安なども多いと思います。今回は、保育士の妊娠の園への伝え方などを解説します。

保育園内で妊娠・出産の前例があるような場合には、その保育士に相談できると良いと思います。

大切なことは、自分とお腹の子を守るために必要な報告や依頼を保育園に適切に行うということです。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育園への配慮は基本的に不要

大前提として、妊娠をする、出産をするということに関して、勤務している保育園への配慮は基本的に不要です。

当然のことですが、保育園に迷惑がかかるから子どもをつくるのを我慢しようとか、時期を遅らせようとかいう配慮は不要です。

もちろんそのようなことを示唆してくる保育園は論外です。人を雇用する資格はありません。

子どもは授かりものですし、労働者として保証されている権利でもあります。しっかりと妊娠したという事実を伝えて適切なサポートを受ける権利があります。

なかには、保育士の妊娠を制限するようなモラハラを行う保育園もあるようです。保育士が不足していて、保育士の妊娠を順番制にしたり、妊娠しないように圧力をかけたりなどです。

はっきり言って最低な保育園です。このような保育園は長く働く価値がないので、とっとと退職して他の保育園で働くのがおすすめです。

既に妊娠している場合も遠慮することなく、産休育休を取得してから退職しましよう。

妊娠や出産を理由に不当な扱いをすることは法律上禁止されている

妊娠を伝える前に、理解しておくべきことは雇用主である保育園が妊娠や出産を理由に不当な扱いをすることは法律上禁止されているということです。

例えば、妊娠を理由にパートになれ、退職しろ、次の契約は更新しないというようなことは違法になります。

なので、最低限の伝え方や負担経験の依頼の仕方だけを守りつつ、妊娠について伝えることが大切です。

法律をしっかり守る保育園であれば、安心して妊娠を報告して必要なサポートを受けてください。

なぜ妊娠を伝える必要があるか?

業務上の負担軽減や周囲のサポートなどの考慮のため

本人にとっても、保育園にとっても一番大切なのは、業務上の負担軽減や周囲のサポートなどです。

後述もしていますが、妊娠中は検診時間の確保や通勤の緩和、休憩の園長や増加、残業・休日出勤の制限、業務転換などを依頼することが可能です。

同僚の保育士としても妊娠していることをしっかり知ることで、保育中に必要な様々なサポートをすることができます。

産休・育休中の代替保育士の確保のため

2つ目は、産休・育休中の代替保育士の確保のためです。

特に保育園で働く保育士の産休に関しては、人数が足りなくなった分はみんなで少しずつ負担しよう ということは基本的にはできません。

もともと余裕を持って保育士の人数を配置していれば、それも不可能ではないですが、ギリギリの人数で回している保育園では難しいです。

保育園の園児数に対して必要な保育士の配置人数は国で決まっているので、それを常時上回る必要があります。

なので、適切に妊娠と出産、育児休暇等の予定を伝えることで保育園が代替の保育士の確保がしやすくなります。

行事や担任業務の引き継ぎのため

担任業務などを行っていたり、行事の担当などになっている場合は、それを別の人に引き継ぐ必要もあります。

産休に入り、そのまま育休に入ると最大で一年間以上、保育園の勤務から離れることになるので、必要な引き継ぎ作業をそれまでに必ず終わらせる必要があります。

いつ頃妊娠について伝える必要があるか?

妊娠の報告は一般的には安定期(12周目以降)が良いとされています。ただ、安定期に入る前は、つわりの影響なども大きいので、それよりも早めの8週目くらいに報告することも多いです。

保育士の場合は、体を使う重労働がメインになるため、報告のタイミングはしっかり考えたほうが良いです。

あくまでも、保育園のためではなく、自分とお腹の子を守るために必要なタイミングで報告を行いましよう。

子どもとの接触や不慮の事故なども考えられるので、医師などとも相談して、適切な時期に報告ができるようにしましょう。

誰に伝えればよいか?

親しい同僚の保育士に先に伝えたいという思いもあるかもしれませんが、まず最初は園長などの保育園のトップに直接伝えるのが良いです。

良くないのは、同僚経由で周りに漏れ伝わった時です。園長としても直接聞いたわけでもないのでサポートがしにくくなってしまいます。

園長としても保育園にとっても大事なことを人づてで聞いたとなればあまり印象もよくないかもしれません。

どうやって伝えればよいか?

伝える内容は?

妊娠時の報告においては以下のような内容を保育園に正確に伝える必要があります。

  • 現在の状況
  • 出産予定の日付
  • 検診などの予定
  • 通勤や勤務での要望
  • 出産後の勤務について

保育園側に、どのような措置をとってほしいのか、という点をしっかりと伝えることが大切です。

勤務時間中の検診について

保育園は、保育士の妊娠中は、健康診査を受けるための時間を確保する必要があります。

ちなみに有給になるか、無給になるかは保育園の規定によります。

保育園側が確保すべき時間は以下のようになっています。

  • 妊娠23週まで・・・4週間に1回
  • 妊娠24週〜35週まで・・・2週間に1回
  • 妊娠36週以降出産まで・・・1週間に1回

妊娠中の通勤について

通勤に関しても、医師等の指導があり妊娠中の保育士が申し出れば、ラッシュアワーの混雑を避けて通勤できるように緩和の措置を取る必要があります。

通勤時のラッシュアワーの混雑などが想定される場合は、まずは医師等に相談してみましょう。

簡易業務の転換

妊娠している保育士にって負担の大きい作業や職場環境にある場合は、事業主は他の軽易な業務に転換させる必要があります。

保育士の場合も該当する作業はあると思うので、無理をしないで申し出ることが大切です。

残業、深夜、休日労働などの制限

妊婦は時間外労働、休日労働、深夜業の免除の請求が可能です。

保育士も遠慮せず申し出ることで、残業をなくすこと、休日出勤をなくしてもらことが可能です。

園児・子どもにはどう伝える?

保育士は子どもとの接触も多くなるので、勤務内容によっては子どもにも理解をしてもらう必要が出るかもしれません。

前述したとおり、散歩や外遊びなどの重労働からは離れさせてもらうということも大切です。

園長や身近な妊娠の経験のある保育士などに相談しながら、良い対応方法を見つけられると良いです。

もし伝える場合は年齢にもよりますが「お腹に赤ちゃんがいるから守ってね」という形で伝えると良いかもしれません。

園児の保護者には?

園児の保護者には特段急いで伝える必要ありません。

ただ、担任業務などをしている場合は、途中で担任が産休に入ることになるため、最終的には知らせる必要が出てきます。

タイミングや伝え方は園長などと相談して決めれば良いです。

妊娠を伝えたその後の流れは?

妊娠を伝えた後の伝えたその後の勤務の流れなどについて説明します。

産前産後休業について

産前産後休業は以下の期間で取得することができます。

  • 出産予定日の6週間前
  • 出産の翌日から8週間

が規定の産休(産前産後休業)になります。勤務している保育園のによってはより手厚い休業期間がある場合もありますが、法律上は上記が最低限与える必要がある期間になります。

産前産後休業は雇用形態(正職員、パート、派遣等)に関わらず、勤続年数などの条件もないため、誰でも取得が可能です。

逆に言うと、この期間までは基本的には保育園に勤務する必要があります。

また、出産後(産前産後休業後)は育児休暇が取得できる可能性があります。育児休暇にを取得するには 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている 必要があります。

育児休業は、原則、子が1歳に達するまでの間に取得が可能です。

保育士の産休や育児休暇に関しては、以下の記事でも詳細を解説しています。

産休、育休中の給料はどうなる?

産休、育休中の給料や手当については、以下の記事でも詳細を解説しています。

基本的には、今まで勤務していた時の給料よりやや少ない金額の手当などが保証されるので、安心してください。

産休、育休中に保育士宿舎借り上げ制度の利用している場合は?

保育士宿舎借り上げ制度を利用している場合に、産休、育休に入ったら、制度が利用できなくなるのでは?と不安に思う方もいるかもしれません。

産休、育休に家賃負担が新たに生じるとなるとなかなか厳しいということもあると思います。

結論から言うと産休、育休中も基本的には、制度の利用を継続できる場合が多いです。(自己負担がある場合は、毎月負担する必要があります。)

ただし、市区町村や保育園によっては利用が継続できない場合もあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

まとめ

一般的な保育士の妊娠の保育園への伝え方や伝えるタイミングなどを紹介しました。

大切なことは、自分とお腹の子を守るために必要な報告や依頼を保育園に適切に行うということです。

それは業務の負担はもちろんですが、精神的な面でもです。伝え方や態度を間違ってしまい、同僚の保育士などに「妊娠を理由に楽をしている」なんて思われてしまっても、自分への負担が多くなってしまうかもしれません。

ただ、保育園によっては様々な文化などがあると思うので、一様に正解のやり方というのはないかもしれません。

保育園内で妊娠・出産の前例があるような場合には、その保育士に相談してみるのが良いと思います。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の仕事 保育士の福利厚生や制度
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました