結婚や同棲でも利用できる?保育士宿舎借り上げ支援事業は絶対に利用すべき【家賃補助】

結婚や同棲でも利用できる?保育士宿舎借り上げ支援事業は絶対に利用すべき【家賃補助】保育士の福利厚生や制度

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】
先に結論!!

保育士宿舎借り上げ支援事業が結婚後や恋人との同棲でも利用できるかは 保育園を運営している法人次第 になります。

結婚後や恋人との同棲でも確実に利用したい場合は、保育士の転職エージェントの利用をおすすめします。担当のコンサルタントがあらかじめ結婚後や恋人との同棲でも保育士宿舎借り上げ支援事業が利用できる求人に絞って紹介してくれます。

履歴書を作って面接した後に「実は同棲だと利用できない」と発覚して時間を無駄にしてしまうことを防ぐことができます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

国の保育士の待遇改善の事業の中で最も金額的なメリットが大きいのが、保育士宿舎借り上げ支援事業だと思います。その反面、保育士の宿舎借り上げ支援事業は市区町村や保育園によって細かいルールが異なるので注意も必要です。

宿舎借り上げ制度を利用できると思って就職転職を決めたけど、よくよく聞いてみると対象外だったということも起きてしまいます。

ただ、保育士の宿舎借り上げ支援事業はほぼ自己負担無しで賃貸に住むことができるので保育士にとっては利用しないメリットはないです。



ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士宿舎借り上げ支援事業とは?

保育士宿舎借り上げ支援事業は国が制度として導入し、実施の主体は市区町村となっています。つまり市区町村が実施していなければ、その市区町村にある保育施設は保育士宿舎借り上げ支援事業を実施していないことになります。

もちろん、制度とは別に家賃補助や保育士向けに賃貸などを貸し与える法人もありますが、数としては限られていると思います。

この制度は、保育士が保育園で働くことで保育士が生活に必要な宿舎に関して補助を行う制度になります。市区町村が保育園を運営する事業者を通して保育士に補助が行われます。市区町村から直接、保育士に補助が行われるわけでないので注意が必要です。

つまり保育士宿舎借り上げ支援事業に関するすべての金銭的な申し込みなどのやりとりは働いている保育園を通して行われることになります。つまり市区町村が制度を実施していても保育園が利用できないと言えば利用することはできません。

ただし、働く保育士としてはほぼ自己負担は無しで、賃貸物件に住むことができるので利用しない手はないとてもお得な制度となっています。

保育士宿舎借り上げ支援事業の対象の保育施設の種類は?

市区町村によって多少は対象の施設が異なるかもしれませんが、一般的に保育士宿舎借り上げ支援事業の対象の保育施設は以下になっています。

  • 認可保育所
  • 認定こども園
  • 小規模保育事業(小規模保育C型を除く)
  • 事業所内保育事業
  • 待機児童解消加速化プランの対象の認可外保育施設

都道府県又は市町村以外の者が運営することが条件です。つまり、公立の保育施設は対象外となります。おそらく、公立の保育施設で働く保育士は公務員になるので、待遇的には私立保育園よりも良いので対象外になっていると思います。

保育士宿舎借り上げ支援事業の補助金額は?

補助の金額は基本的には月額上限8万2千円です。この金額を国、市区町村、保育園を運営する事業所が分担して負担を行います。

ただし、市町村によっては金額を上乗せしている場合があります。例えば、東京都千代田区は月額13万円、東京都港区は11万2,000円、東京都目黒区は9万2千円の補助となっていて、家賃が高いエリアは更に上乗せの補助金を受けることができます。

ポイントは金額の一部を保育園を運営する事業者も負担しているという点です。なので保育園側も保育士に対して制度の利用条件を独自に課す場合があります。

例えば、よくあるのは保育園の近隣の賃貸とする場合です。そうすることで保育園側は交通費負担を抑えることができます。また、なにか保育園でトラブル等あれば、すぐに保育士が駆けつけられるというメリットも保育園側にはあります。

保育士宿舎借り上げ支援事業の補助割合は?

ちなみに、利用者である保育士はあまり意識する必要はないかもしれませんが、保育士宿舎借り上げ支援事業の補助金の補助割合は以下のようになっています。

  • 国:1/2、市区町村:1/4、事業者:1/4

8万円の物件に自己負担1万円で保育士宿舎借り上げ支援事業を利用している場合は、残りの7万円を上記の割合で負担が行われています。事業者というのは保育園のことです。

  • 国:35,000円
  • 市区町村:17,500円
  • 事業者:17,500円

それぞれ、上記の割合での負担が発生します。

国や自治体の制度だからといって、利用する場合は、勤務している保育園にも負担が発生するということは留意しておくべきかもしれません。

なので、保育園によっては、交通費がかからない近隣エリアに保育士を住まわせることで、実質的な負担額を減らそうという試みを行っている場合もあります。

保育士宿舎借り上げ支援事業の利用可能期間はいつまで?

現時点(令和元年度時点)では、制度としては 保育士が採用されてから10年間が利用可能な期間 となっています。毎月8万2千円を最大10年間となるので、最大984万円を家賃補助として受けられるということになります。

ただし、市区町村によってはこの期間が異なる場合があります。市区町村が予算に応じで国の制度を利用して、保育士宿舎借り上げ支援事業を実施するかを決めているので、国の定める期間より利用期間を短くしている市区町村も存在します。

当然、市区町村の財政状況や予算状況によっては、翌年から打ち切られるという可能性もなくはないです。いつまでの期間利用できるかについては、勤務している保育園のある市区町村に問い合わせるのが確実です。

加えて、万が一市区町村が制度を実施していたとしても、勤務している保育園の判断等によって制度の利用を辞めた場合は、この期間内であっても利用が継続できないことにもなります。(例えば、保育園での利用枠数が決まっていて、来年度からは他の保育士に利用させたいという保育園の意向があるという場合等)

あくまでも、賃貸物件の名義人である借り主は保育園の法人なので、保育園がNOといえば、それに従うしかないので、その点も注意が必要だと思います。

また、規定では「保育士が採用されてから10年」という形になっています。なので、例えば、採用直後の1年間は制度を利用していないとしても、残りの利用可能期間は9年間になるという点にも注意をしておきたいです。

ここまで、現時点(令和元年度)での保育士宿舎借り上げ支援事業の制度の利用可能期間を紹介しましたが、今後もこの条件が継続されるわけではありません。

例えば、今後は、利用可能な期間を該当の市区町村の待機児童や保育士の有効求人倍率を持って、5年なのか、10年なのかについてを判断するようにするという案も出ているようです。

また、補助金額として全国一律で設定してきた8万2千円という金額も地域ごとの実勢を踏まえて、再設定し直すという案も出ています。

10年間使えると思っていたのが、突然5年間になったり、月ごとの補助金額が縮小するということも考えられます。

そうなった場合に、すでに5年を超えて利用していた場合はどうなるのか、などの問題も発生することになります。

これらの要素があるため、 10年間に渡って確実に制度を利用できるとは思わないほうが良いかもしれません。

保育士宿舎借り上げ支援事業自体はいつまで続く

国や各市区町村において、今後の実施を継続するかどうか状況は基本的には未定になっていると思います。そのため、今後は待機児童や保育士の有効求人倍率の状況などをみて国が制度の延長を決めれば、利用期間は伸びる可能性はあります。

逆に国自体が制度の終了を決めた場合は、市区町村も制度を終了する可能性は高いです。

もちろん、近い将来に制度が終了となる可能性もあるので、その点も踏まえながら働く保育園を選ぶべきかもしれません。

初期費用の負担はどうなる?

初期費用の負担に関しては、市区町村によって異なります。礼金や鍵交換費用などの費用を別途補助してくれる場合はあったり、単に8家賃と含めて万2千円以内だったら補助しますという場合もあります。また、多くの自治体では市区町村では敷金に関しては返還される可能性があるので、補助の対象となっています。保育園によっても制度が異なるので、最終的には保育園を運営している事業者次第となっています。

保育園を運営している事業者によっては引っ越しの資金や初期費用までを負担してくれる場合もあるので、求人を探す際に確認してみるとよいです。

結婚して同居の妻や夫がいる場合に利用できる?

結婚などにより同居している場合を補助の対象外としている市区町村はあまりないですが、保育園が独自で制限をかけている場合があります。そのため結婚による同居で保育士宿舎借り上げ支援事業が利用できるかどうかは、最終的には保育園を運営している事業者次第となっています。ただし、同居の人が家賃補助や住宅手当を受けている場合は補助の対象外となることが多いようです。

未婚で同棲している場合に利用できる?

こちらも結婚での同居の場合と同様です。

未婚で彼氏彼女などと同棲している場合を補助の対象外としている市区町村はあまりないですが、保育園が独自で制限をかけている場合があります。そのため、同棲で保育士宿舎借り上げ支援事業が利用できるかどうかは、最終的には保育園を運営している事業者次第となっています。

家族が同居する場合に利用できる?

子どもや両親などが同居するを補助の対象外としている市区町村はあまりないですが、保育園が独自で制限をかけている場合があります。そのため、家族が同居する場合で保育士宿舎借り上げ支援事業が利用できるかどうかは、最終的には保育園を運営している事業者次第となっています。

物件は自分で選ぶことができる?

保育士宿舎借り上げ支援事業で住む物件は自分で選ぶことができる場合もあれば、保育園が指定した物件に入居するという場合もあります。それ以外にも、現在住んでいる賃貸の名義を保育園を運営している法人に変更して制度を利用するという方法もあります。こちらも最終的には勤務する保育園次第になるので、入職前にしっかりと確認する必要があります。

近隣の市区町村に住む場合は利用できる?

市区町村によっては条件付きで隣接する市区町村に住んでも補助の対象とする場合があります。また、保育園を運営する事業者が独自に園からの通勤時間数などを制限している場合もあります。こちらも最終的には勤務する保育園次第になるので、入職前にしっかりと確認する必要があります。

すでに一人暮らしを始めてしまっている場合に利用できる?

保育士宿舎借り上げ支援事業の大前提は、物件の賃借人は保育園を運営する事業者である必要があります。不動産の管理会社と勤務する保育園がOKであるならば、名義を保育園を運営する事業者に変更して補助を受けることができる可能性があります。
こちらも複雑な手続きになるので入職前に保育園や不動産管理会社に確認する必要があります。

少なくとも最終的には賃貸の名義は保育園を運営している事業者にする必要があるので、それが実現可能かどうかもポイントになると思います。

パートやアルバイトなどでも利用できる?

基本的には週の労働時間に最低条件を設けている自治体が多いです。フルタイムのパートであれば利用条件を満たす市区町村が多いですが、保育園側が良しとする可能性は低いかもしれません。

宿舎借り上げ制度も自治体によっては予算に上限があり、保育園ごとに枠が決まってしまっていることもあります。そうなるとやはり正職員が優先されるので、パートで利用できる可能性が低くなってしまいます。

産休育休中は利用継続できる?

宿舎借り上げ制度は、産休、育休中など基本的に保育園で保育士として雇用が継続されている場合は、そのまま利用を継続できるルールになっていることが多いです。

ただし、これについても市区町村や保育園を運営する法人によって扱いが異なる可能性があるので、しっかりと確認することをおすすめします。

保育士宿舎借り上げ支援事業は不公平な制度では?

たまに、保育士宿舎借り上げ支援事業は不公平な制度だという批判を目にすることがあります。

これは確かにその通りで、この制度を利用しているかしていないかで実質的に所得に毎月8万円程度の差が出てしまうことになります。仕事内容は関係なくこのような差が生まれてしまうことになります。

ローンを組んで持ち家やマンションを買った保育士もいるでしょうから、そのような保育士は同じような条件で働いているのに、所得に差ができてしまうということになります。

制度を利用できるのは、採用されてから10年以内という期限があるので、10年未満の保育士と10年以上の保育士では、若手のほうが待遇が良いということ発生しうることです。

これは、同じ保育園内でも起きますし、地域感の保育士の待遇の格差にもつながっていると思います。

保育士宿舎借り上げ支援事業にデメリットはある?

保育士宿舎借り上げ支援事業は絶対利用すべきと書いてはいますが、デメリットに関しても説明します。

保育園を辞めにくくなる

保育士宿舎借り上げ支援事業の一番のデメリットは、保育園を辞めにくくなるということです。

保育士宿舎借り上げ支援事業を利用する場合は、賃貸の名義は保育園の法人で契約することになります。つまり保育園を辞める場合は、名義を自分に変更してもらうか、新たに新しい物件に引っ越す必要が出てきます。

煩雑な手続きになってしまうので、転職や退職を躊躇するということが心理的に起きやすくなると思います。

また、次に転職する保育園でも制度が確実に利用できる保証もないので、少々ブラックな保育園であっても我慢して、退職を躊躇してしまうということも発生します。

また、保育園によっては住むエリアも保育園の近くなどに限定する場合もあったり、保育園が物件を選ぶ場合もあるので、物件選びの自由度も減ってしまうことになります。

同様に、気軽に好きな場所への引越しなどもしにくくなってしまうというデメリットも発生します。

生活レベルが上がってしまう

もう一つのデメリットとしては、必然的に生活レベルがあがってしまうということです。

これは一見良いことかもしれませんが、一度生活レベルを上げてしまうと、元の生活レベルに下げることができないという方も多くいます。

平均的な給料を考慮すると、都内で保育士が保育士宿舎借り上げ支援事業の利用なしに一人暮らしをしようとした場合は、5万円以下に家賃を抑えようとする人が多いと思います。

でも制度があると、約8万円の上限ぎりぎり、つまり9万円程度の家賃の物件に住む人多いと思います。

そして、いずれ制度が利用できなくなるということを考えると、もし同じ物件に住むとするとある月から9万円の家賃負担が発生することになります。

それでも、5万円の物件に全額自己負担で一人暮らししている場合よりも、約4万円も毎月使える金額が多いので、食費などの生活に当てられる金額も多くなると思います。

前述もしましたが、現状では、制度が使えるのはそもそも最大10年間で、もしかしたら5年間になるかもしれませんし、次年度にいきなり使えなくなるかもしれません。

そうなった場合に、家賃の低い家に引越したり、食費を抑えるような努力をしなければいけなくなる未来が来るかもしれません。

保育士宿舎借り上げ支援事業を確実に利用する方法

【その1】まずは自治体のルールを確認する

保育士宿舎借り上げ支援事業の実施主体は市区町村で、細かいルールも異なるのでまずは、就業希望先の自治体のルールを確認する必要があります。「保育士宿舎借り上げ支援事業 〇〇市」というような検索をすることで市区町村が公開している情報を見つけることができます。
市区町村によっては年度ごとの予算が決まっている場合もあるので、年度途中で利用できるかどうかも確認する必要があります。

先にいいましたが、既に決まっている年度分は制度が実施されるとは思いますが、国や市区町村の方針変更によって次年度から急に制度が利用できなくなる場合もあるかもしれません。

逆に、現時点では保育士宿舎借り上げ支援事業を実施していない自治体でも、保育士の過不足状況などから新たに制度を開始する可能性もあります。

いずれにしても情報収集をきちんと行うことが大切になります。

【その2】保育園を運営する法人のルールを確認する

保育士宿舎借り上げ支援事業の細かい利用制限は保育園を運営している事業者次第なので、求人を探す際に保育園にしっかりと条件を確認する必要があります。
保育園によっては単身のみであったり、保育園からの距離が決められていたりします。

  • 単身のみ
  • 同居もOKか
  • 物件は自分で選べるか

などの詳細条件をしっかり保育園側に聞く必要があります。

保育士の転職エージェントの活用がおすすめ

よくあるのは求人票に「保育士宿舎借り上げ支援事業」について特に記載がないということです。実際に問い合わせてみると利用できるということもあります。
また、保育士宿舎借り上げ支援事業が利用可能と書いてあって問い合わせてみたら、単身のみ可能で同居の場合はだめだった。ということもあります。

保育士宿舎借り上げ支援事業は保育園によって様々な独自のルールを課している場合も多いので、求人票だけの情報では不十分なことが多いです。

よくあるのは、求人票を鵜呑みにしてしまい履歴書も準備して面接に行ってしまうということです。実際に応募して面接に行ってみたら条件があわなかったということが起きます。保育士宿舎借り上げ支援事業が使えることが第一条件だった場合は、時間の無駄になってしまいます。

保育士の転職エージェントを活用すれば、事前に細かい条件を保育園側に確認してくれるので、確実に保育士宿舎借り上げ支援事業を利用する保育園に転職することができます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育士の福利厚生や制度
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました