保育園で働く保育士の勤務シフトはどう決まる?シフトの希望は出せる?


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育園で働いている保育士の皆さまや、これから就職や転職を考えている皆様。保育園で働く保育士のシフトについてご存知ですか?

  • 保育園で働く保育士のシフトはどう決まる?
  • シフトはいつ決まるの?
  • 誰が決めるの?
  • シフトの希望を出せるの?

今回は、保育園では保育士の勤務シフトの重要性とシフトがどう決まるのかという点を紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育園で働く保育士はシフト制の勤務が基本

保育園で働く保育士はシフト制の勤務が基本になると思います。保育園は開園時間が長く、子ども人数も時間帯や曜日によって異なるので、柔軟な勤務が求められます。

保育園では保育士の勤務シフトがとても重要

保育園では保育士の勤務シフトがとても大切です。保育園では、国が定めた子どもに対する保育士の最低の配置基準というものが存在します。

配置基準は以下のようになります。

年齢保育士1人あたりの保育人数
0歳児3人
1~2歳児6人
3歳児20人
4歳児以上30人

子どもがいるすべての時間帯で、この基準を満たす必要があります。

極端な例ですが、ある仕事を期日にまでに終わらせればよいという会社では、誰がどの曜日のどの時間帯に出勤していても、していなくても問題ないですよね。

最終的に期日に仕事が終わっていれば良いので、極端な話、特定の日に全員が有給休暇をとっていても問題ないわけです。この場合、フレックスタイム制の柔軟な勤務などが実現できるわけです。

ですが、保育園での保育士の仕事はそういうわけにはいきません。特定の日でも特定の時間だけでも勤務している保育士がいなくなるということはできないです。預かっている子どもが常にいるので当たり前ですね。

保育士の勤務シフトを決めるのは難しい

保育園で働く保育士の勤務シフトを決めるのは難しいです。

勤務シフトの難しいポイントは子どもの人数が曜日はもちろん、その日ごと、そして時間帯ごとにも違うという点と、保育園の開園時間が保育士一人の労働時間より長いという点です。

保育園は保護者の就労時間に合わせて子どもを預かるので、それぞれの家庭ごとに登園時間と降園時間、そして登園する曜日が異なります。幼稚園の場合は、預かり保育などを除けば、基本的に一緒ですよね。

日毎にも子どもの人数がバラバラなので、最低限必要な保育士の人数もバラバラになります。つまり、常に毎週同じようなシフトを組んでいれば良いというわけではありません。

また、保育士に限ったことではないですが、通常、従業員の勤務は休憩を含めずに8時間の勤務が上限でそれ以上は残業になります。それに対して、保育園の開園時間は12時間前後と長いです。つまり、ひとりの保育士がその日の開園から閉園まで勤務するということが難しいです。

従業員である保育士の働き方の公平性の観点からも、同じ人がずっと早番や遅番で勤務するということも避けなくてはいけません。それに加えて個々の有給休暇などの申請についても考慮が必要です。

さらにそれらに加えて、個々の従業員のシフト上の制約(パート保育士の就業時間)や保育士のスキルや保育士同士の相性などを考慮しなければいないためです。保育士のスキルというのは、例えば、乳児の経験が無い保育士だけにならないように等です。保育士の相性というのは、誰々さんと誰々さんは一緒にしないほうが良いなどです。(良くないことかもしれませんが、保育園なら結構あるあるですよね。)

勤務シフトを効率よく組むことができる保育園 = 保育士が働きやすい保育園

シフトを効率よく組むことができる保育園は、保育士が働きやすい保育園とも言うことができます。

例えば、シフト上で子どもの人数に対して必要な保育士が不足している時間帯が生まれると、保育士の業務負担が増え、子どもの安全性はもちろん、保育士が休憩が取れないなどの労働環境の悪化に繋がります。

逆に、朝7時から8時の時間帯は子どもの人数が少ないのに、保育士が全員出勤しているという状態は効率が良いとは言えません。もちろん、その時間帯に出勤している保育士に他の業務があれば話は別ですが、必要以上の保育士がいても余ってしまうだけです。

確かに、保育士が必要以上にいるということは、働く保育士にとっては一人の負担が少なくなるので、一時的には良いことだと言えます。ですが、保育園の運営資金は限られているので、そのような状態が続くと、保育士に一人に支払うことができる人件費が足りなくなってしまいます。簡単に言うと時給が下がるということです。保育園の経営が悪化すれば、ボーナスが削られたり、新たに雇用する保育士の人数を制限するかもいしれません。そうなると今後は、保育士が足りなくなってしまうかもしれません。

働く保育士の目線から考えると、どの曜日時間帯においても、余りすぎる足らなすぎずのやや余裕のある人数の維持ができているシフトが働きやすいと言えます。

保育士の勤務シフトは誰が決める?

保育園で働く保育士のシフトを決める人物は保育園によって異なります。 園長が決めたり、主任保育士が決める場合などが多いです。 その他に事務の人が決める場合等もあります。

前述したとおり、ある程度保育園の全体の状況や個々のスキルなどを把握している人でないと保育園のシフトを作るのは難しいです。

保育士の勤務シフトはいつ決まる?

保育士のシフトが決まる時期についても保育園によって異なると思いますが、基本的には前月末までに翌月1ヶ月分のシフトが出されるケースが多いと思います。

保育士の勤務シフトはどう決まる?

保育士の勤務シフトの決め方についても、保育園によって異なります。

一例としては、各曜日とその時間帯ごとに必要な保育士の人数を決めて、そこに個人の勤務シフトを割り当てていくという形です。

まず優先されるのはパート保育士の方などの、そもそも入職時の段階で、就業の希望の時間などの制約がある雇用形態の方のシフトになると思います。何曜日の何時から何時までという働き方の場合です。その方を固定で埋めていき、残ったところに正職員の保育士の勤務をクラス担任の状況やスキルなどを踏まえて必要十分に当てはめていくということになります。

保育園で働く保育士は勤務シフトの希望は出せる?

これについても、実態は保育園によって異なると思います。シフトの希望が出せる保育園もあれば、全く出せない保育園もあると思います。

多くの保育園では、ある程度の希望のシフトは出せる場合が多いです。

ある程度というのは「○月○日は早番が良い」「○月○日の土曜日は出れない」などです。ただ、あまりに数が多すぎる要望は通らないので、一人あたり一月に数個程度の要望が出せるといった感じになると思います。

どうしても希望したいシフトがある場合はどうすれば?

  • ○日は早番が良い
  • ○日の土曜日は出勤できない

など、旅行やイベントなどの予定が決まっている場合は、どうしても希望したいシフトがあることもあると思います。

こういった場合は、できるだけ早くシフトを作成している人や園長などに希望を伝える ということが大切です。シフトを決めた後だとまた組み直しになってしまい、手戻りが発生するためです。

なるべく早く伝えることで早く把握してもらうことは、他に同様の希望がある人がいた場合も早い人のほうが有利になるかもしれません。

もし希望が通らなかったり、間に合わなかった場合は、シフト決定の後に変わってくれ人を探すということもできます。

保育園のやり方によってどこまで対応してくれるかはわかりませんが、しっかりと希望を伝えていくということが大切です。また、希望をするという上では日頃の仕事ぶりもとても大切になります。シフトを決めるのも人なので、日頃サボってばかりいる人の希望は叶えたくないと思う人も出てきてしまいます。

これから就業・転職を考えている場合は保育園の勤務シフトの決め方なども考慮を!

先にも書いたように、シフトを効率よく組むことができる保育園は、保育士が働きやすい保育園とも言うことができます。すべての時間帯で過不足なく保育士が働いていることで、日々余裕を持って保育の仕事をすることができます。

効率良いシフトは保育園の人件費も効率化されることになり、保育園の経営状態にも影響が出る部分でもあります。保育園の経営状態はその保育園で働く保育士の将来の給料や働きやすさなどにも影響がある部分です。

これから就業・転職を考えている場合は保育園のシフトの決め方なども考慮して働く保育園を選ぶと良いかもしれません。

  • シフトの希望が出せるか
  • 土曜日の出勤やその代休について
  • 有給休暇の希望について

また、入職前に事前に保育園と労働条件を交渉をしたい場合は、保育士の転職サイトの活用がおすすめです。担当者が保育園側と交渉をしてくれます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の休日・休暇事情保育士の福利厚生や関係する制度
シェアする
保育士の手帖