保育園で働く保育士の妊娠は迷惑?迷惑と思われないために保育士がやるべきこと。


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから妊娠する予定があるという保育士の方や、妊娠したという保育士の方。

  • 少なからず職場に迷惑はかかるかも
  • でも年齢のリミットもある
  • 辞めたら辞めたで生活費の問題も生じる

このような悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、保育園で働く保育士の妊娠は迷惑なのかという点を解説します。また、保育園で妊娠が迷惑と思われないために保育士がやるべきことを紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育園で働く保育士の妊娠は迷惑?

保育園には自分が妊娠したことによって様々な影響が生じると思います。業務の調整を行ったり、通院などによって休みが発生したりなどです。もちろん、産休・育休に入れば、臨時の人員を雇う必要も出てきます。

特に、保育園の場合は、日々必要な保育士の人数の不足がないようにシフトを組んでいるので、急な欠員が生じると誰かがカバーをする必要があります。急なシフト変更が発生したり、休暇が取りにくくなったりなども起きるでしょう。

また、同じクラスに入る保育士からすると、子どもとは別に妊婦に対しても気を使いながら仕事をする必要が出る場合もあります。

そのようなことが生じることによって迷惑と感じる人が職場にいるという可能性は否定できないです。

ただし、一方で妊娠中に配慮・サポートを受けること、産休育休の取得することは、労働者としての権利でもあります。また、職員を雇用する保育園にとっては義務でもあるということは間違いありません。

周囲に迷惑がかかるのは妊娠した保育士のせいではない場合も多い

妊娠した保育士に関しても、妊娠した同僚がいる保育士についても、 勘違いしてはいけないのは、妊娠したことによって同僚などの周囲に迷惑がかかるのは、すべてが妊娠した保育士のせいでは無いということです。

当然、保育園で保育士が不足している状態に陥った場合は、それを補う対応を取る義務が保育園にはありますし、それを怠っている部分に関しては保育園の責任になります。先程も書きましたが、職員を雇用して事業を行うということは、妊娠中のサポートも義務の一つになります。

また、よくある勘違いですが、産休・育休中に関しては、保育園が給料を出しているわけではなく、雇用保険などから手当が出ているので、保育園に必ずしも余計な人件費が発生しているわけではありません。言ってしまえば、産休・育休によって減った保育士の補充がなければ、保育園はその分、浮いた人件費があるということです。

このような事情があるため、妊娠したことによって周囲にかける迷惑や負担をすべて自分のせいだと思いこむということは、間違っていると言えます。

妊娠した保育士は保育園を辞めるべき?

妊娠をした保育士が、周囲から迷惑だと思われてると感じてしまうと、次に検討をするのが保育園を退職すべきなのではと考えてしまうことです。

結論としては、当たり前のことですが、仮に迷惑をかけてしまっていたとしても退職する必要はありません。仮に本当に迷惑がかかっていたとして、妊娠がわかった後に保育園を辞めたとしても問題が解決されるわけではありません。辞めた場合は、結局、人手が足りなくなってしまいます。産休に入るまではできる限り働いてほしいと考える保育園が多いはずです。

ただし、あまりに職場の周囲からの扱いも悪く、サポートも得られずに、自分も精神的に追い込まれてしまっているという状態である場合は、自分と生まれてくる赤ちゃんのことを考えて退職を検討するのも仕方がないかもしれません。

保育園で妊娠が迷惑と思われないために保育士がやるべきこと

ここからは、これから妊娠する予定があるという保育士の方や、妊娠したという保育士の方が保育園で迷惑だとなるべく思われないためにやるべきことを紹介します。

産休育休の前例がある保育園に就職する

まず大切なことは、保育士が妊娠、出産し、産休育休を取得して復帰したという前例がある保育園に就職するということです。

前例が無い保育園だと、悪意は無くても適切なサポート体制が取れなかったり、対応も後手後手に回ってしまうということもあります。その分のしわ寄せは現場で働く他の保育士にいくので、反感にも繋がりやすいです。

一方で前例がある保育園であれば、一通りのことは経験しているので、対応もわかっていることが多いです。また、同僚にも産休育休から復帰した人がいる可能性もあり、少なくともその人は、同じような境遇になっていると思うので、より親身にサポートしてくれる可能性が高いです。

そういった意味でも、産休育休の前例がある保育園に就職するということはとても重要です。

日頃から仕事をきちんと行う

続いて保育園で妊娠が迷惑と思われないために保育士がやるべきことは、「日頃から仕事をきちんと行う」ことです。これは、妊娠をする前からの話です。

結局のところ、妊娠する前の日頃からきちんと保育園での仕事をしていれば、妊娠がわかった後も同僚はサポートしてくれます。また、産休育休後も無事に早く復帰してほしいと周囲の人は思うはずです。まさしく「日頃の行いが大切」という状況になります。

逆の立場になって考えてみればわかることですが、もし、これまで仕事は適当にしている、サボっているという同僚の保育士の妊娠がわかったとして、全力でサポートしようと思えるでしょうか。保育園の同僚や先輩、園長も様々な感情で動く人間でもあるので、 これまでの保育園での自分の仕事ぶりや態度などによって、妊娠後の反応や対応が変わってくるということを理解しましょう。

できることはきちんとする

妊娠することによって、出勤する時間が制限されたり、定期的な通院などで休みを取る必要があるのは仕方がないことですし、それは保証されていることです。また、内容によってはできなくなる仕事があるというのも仕方が無いことです。

ただし、妊娠していてもできるはずの仕事をできなくなってしまったり、やらなくなってしまうのは良くないです。周囲が気を使うことをを当たり前だと自分で解釈してしまい、自分は守られるべき存在だ、周囲が気を使うべきだと思ってしまうと、できることもやらなくなってしまうことになります。

たしかに妊娠や出産に関しては、そのような側面もありますが、それは周囲が考えることで、自分から要求するものではありません。もし、そのような雰囲気を出してしまっていることを同僚が感じ取ってしまうと、周囲からのサポートも得られにくくなってしまうので注意しましょう。それは結果的に自分が追い込まれてしまうことに繋がります。

感謝の気持ちを忘れない

冒頭でも書きましたが、職員を雇用する保育園には、妊娠中の配慮・サポート、産休育休の取得などは義務ではあります。だからといって、それが当たり前という態度は良くないです。

職場でサポートしてくれる周囲に対しては、きちんと感謝の気持ちを示して謙虚な姿勢を取るということが大切です。先程も書きましたが、周囲が気を使うことをを当たり前だと自分で解釈してしまい、自分は守られるべき存在だ、周囲が気を使うべきだという態度をとってしまうと、結局は自分の首がしまってしまいます。

まとめ:保育園で働く保育士の妊娠は迷惑?迷惑と思われないために保育士がやるべきこと。

今回は、これから妊娠する予定があるという保育士の方や、妊娠したという保育士の方向けに、保育園で働く保育士の妊娠は迷惑なのか、迷惑と思われないために保育士がやるべきことを紹介しました。

迷惑と感じる人が職場にいるという可能性は否定できないです。ですが、周囲に迷惑がかかるのは妊娠した保育士のせいではない場合も多いです。保育園が適切な対応を取れていないことが原因の場合もあります。

保育園で妊娠が迷惑と思われないために保育士がやるべきこととして以下の内容を紹介しました。

  • 産休育休の前例がある保育園に就職する
  • 日頃から仕事をきちんと行う
  • できることはきちんとする
  • 感謝の気持ちを忘れない

これから妊娠する予定があるという保育士の方や、妊娠したという保育士の方は、参考にしてみてください。