バイリンガル保育園で保育士が働くには?認可園もある?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから働く保育園を探しているという保育士の方。

バイリンガル保育園というのがあることをご存知ですか?

バイリンガル保育園はその名の通り、日本語と英語の二言語を教育・保育する保育施設になります。

今回は、バイリンガル保育園で保育士が働くために、バイリンガル保育園の説明や仕事内容・給与待遇を紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

バイリンガル保育園・幼児園・幼稚園とは?

「バイリンガル」は二言語を自由に使いこなすことができる人を指します。お子さんを日本語と英語に二言語を話すことができるバイリンガルに育てたいという保護者の方向けの保育施設がバイリンガル保育園になります。

バイリンガル保育園では、基本的に、通常の日本語での保育に加えて、英語の授業などを行っています。

言語に関しては、幼い頃から学ぶほうが大人になってからよりも、習得がしやすいので、教育に力をいれている保護者の方は、はやければ0歳から英語を子どもに教えたいという人もいます。そのような事情から、バイリンガル保育園一定の需要が存在しています。

バイリンガル保育園とインターナショナル保育園の違いとは?

「バイリンガル保育園」や「インターナショナル保育園」という保育園のカテゴリーには厳密な定義があるわけではありません。そのため、厳密にこの違いがあるということは言えません。

ただし、一般的には、先程も書いたようにバイリンガル保育園は、2つの言語を話すことができるバイリンガルを目指すということで、日本においては「日本語」と「英語」の教育を行っている場合が多いです。

一方で、インターナショナル保育園は、日本に住んでいる外国人向けの保育園で、その国の母語や英語のみで保育がされていたり、日本人のお子さん向けに「英語のみ」で保育が実施されていることが多いです。海外には、現地の日本人向けの日本語を使うインターナショナル保育園やインターナショナル幼稚園などもあります。

ただ、冒頭にも書いたとおり、「バイリンガル保育園」や「インターナショナル保育園」に明確な定義があるわけではないので、必ずしもすべての「バイリンガル保育園」や「インターナショナル保育園」がこの定義で運営されているというわけではない点には注意が必要です。「バイリンガル保育園」を謳っていても英語のみで保育が実施されていたり、「インターナショナル保育園」を謳っていても英語と日本語の両方が利用されている場合もあるということです。

バイリンガル保育園での保育士の仕事内容は?

バイリンガル保育園での保育士の仕事には大きく二種類があります。

一つは、保育士は通常の保育園とほとんど同様で日本語で保育を行って、一部の時間に専門の英語を教えることができる先生が授業をするというものです。もう一つは、保育士もできる限り英語で保育をおこなう、もしくは、一部の限られた時間に英語を教えるというものです。

前者の場合は、保育士は日本語で通常通りに保育を行うので、他の保育園で働く場合と仕事内容に大きな違いはありません。後者の場合は、保育士も英語で話したり、英語を教えるということ授業として行う場合があります。基本的には、英語のクラスはカリキュラムが用意されていて、それに従って授業を行うことになります。

その他の、保育や行事などに関しては、保育園によって様々な形があるので、よく確認しましょう。

バイリンガル保育園の保育士の給与待遇は?

バイリンガル保育園で保育士が働く場合の給与待遇も気になるところだと思います。

バイリンガル保育園で英語を教えられる保育士の給与待遇は、通常の保育園での給料よりもやや良い傾向があります。保育士としてのスキルに加えて、英語も話したり、教えられたりできる人材はとても貴重なので、普通よりも給与待遇を上げて募集されていることが多いです。

一方で、専門の英語を教える先生が保育士とは別にいて、保育士は通常の保育を行うというような保育園で保育士が働く場合は、通常の保育園で働く場合と同等の給与水準となるでしょう。

バイリンガル保育園は認可?認可外?

バイリンガル保育園に就業を考えている保育士の方が気になる点は、バイリンガル保育園が認可保育園なのか、認可外保育施設なのかという点だと思います。

基本的には、バイリンガル保育園と名乗る保育園は「認可外保育施設」である場合が多いです。 認可保育園は、運営するにあたって保育料は自治体において一律で決まってしまうので、付加価値となる英語の教育を提供するのが難しいです。英語で保育や教育をする人材を雇うのにも、追加で資金は必要となりますが、その分を保育料として保護者に請求ができないためです。そのため、認可外保育施設として、必要な保育料を設定して運営されることが多いです。

ただし、最近では認可保育園のバイリンガル保育園も一部で出てきています。

バイリンガル保育園で働くには?

基本的には、通常の保育園に就職するのと同様で、面接などの選考を経て、バイリンガル保育園に就業します。

一部のバイリンガル保育園で働く場合には、日常会話レベル以上の英語力が求められる場合があります。自分の英語力の証明には、TOEICや英語検定などの検定資格を保持しておくのが良いでしょう。また、面接で簡単な英語のテストや会話による試験がかされることもあります。

いずれにしても、バイリンガル保育園で働くには、募集要項をしっかりと確認して特に、英語スキルに関しては自分が応募条件をきちんと満たしていることを確認しましょう。

バイリンガル保育園の求人を探すには?

バイリンガル保育園というジャンルの保育園自体は、あまり数が多いわけではないので、根気強く求人募集を探す必要があります。時期や地域によっては、全く募集が見当たらないという時もあります。そんな場合には保育士転職サイトの活用が便利です。あらかじめ伝えておけば、バイリンガル保育園で募集が始まったら知らせてくれます。また、保育士転職サイトには非公開の求人があり、そのなかにバイリンガル保育園の求人がある場合もあります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強いおすすめの保育士転職サイトです。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ:バイリンガル保育園で保育士が働くには?認可園もある?

今回は、バイリンガル保育園で保育士が働くために、バイリンガル保育園の説明や仕事内容・給与待遇を紹介しました。

バイリンガル保育園は日本語と英語の二言語による教育が取り入れられた保育園です。認可外保育施設が多いですが、最近は認可のバイリンガル保育園も開園されています。

保育士がバイリンガル保育園で働くためには、通常の保育園に就職するのと同様で、面接などの選考を経ることになります。英語力に関しては、日常会話レベル以上が求められる場合もあるので、自分の英語力を証明できる資格などがあると有利でしょう。

また、バイリンガル保育園の求人を探す際は、あまり数が多いわけではないので、根気強く求人募集を探す必要があります。保育士転職サイトなどを活用して粘り強く求人を探しましょう。