インターナショナルプリスクールで保育士が働く条件!給料は高い?求人の探し方!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


英語が得意な保育士の方。インターナショナルプリスクールで働くという選択はどうでしょうか。

インターナショナルプリスクールは、日本に住んでいる外国籍の児童や英語による国際的な教育を学びたい日本人の児童が通う幼稚園・保育園です。当然、勤務する保育士にも英語力が求められます。

インターナショナルプリスクールは認可外保育施設で保護者の方が支払う保育料も高額です。その分、求められるレベルも高く給与待遇が良い傾向があります。

今回は、インターナショナルプリスクールで保育士が働く条件や給料待遇、求人の探し方について解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

インターナショナルプリスクールとは?

  • international・・・国際的な
  • pre・・・前の
  • school・・・学校

インターナショナルプリスクールはインターナショナル幼稚園・保育園とも言われ、日本に住んでいる外国籍の児童や英語による国際的な教育を学びたい日本人の児童が通う幼稚園・保育園になります。

インターナショナルプリスクールは通常の幼稚園・保育園と異なり、多くが文部科学省に認可された認可幼稚園でもなければ、自治体に認可された認可保育園でもありません。

そのため、日本でインターナショナルプリスクールというと、基本的に英語を使って生活をする認可外の保育施設ということになります。

簡単な英語教育を取り入れているだけでもインターナショナルプリスクールを名乗っている保育施設もあれば、英語のネイティブスピーカーを集めて本当に海外で生活しているような保育を行うインターナショナルプリスクールもあります。

インターナショナルプリスクールの特徴を解説!幼稚園や保育園との違いは?

インターナショナルプリスクールの特徴について幼稚園や保育園との違いを踏まえながら解説していきます。

コミュニケーションは英語が中心

インターナショナルプリスクールでの生活は英語でのコミュニケーションが中心です。保育中のあらゆる場面においても子ども達はもちろん、先生も英語でコミュニケーションを取ります。そこが通常の幼稚園や保育園との大きな違いになります。

園児は3歳〜5歳がメイン

インターナショナルプリスクールに通う園児の年齢構成としては幼稚園と同様で3歳〜5歳がメインです。

保護者の支払う料金が高い

認可保育園であれば、利用金額は市区町村によってどの施設でも一律で所得によって決められています。一方インターナショナルプリスクールの多くが認可外の保育施設で、利用にかかる保育料は施設が独自に設定しています。

インターナショナルプリスクールの授業料は月額8万円から15万円程度となっていて金額はとても高いです。幼稚園や保育園は、年齢にもよりますが月額2〜4万円なので、とても高いことがわかると思います。それだけ保護者の方もお金を費やしているので、働く保育士に求められるものも多くなるでしょう。

インターナショナルプリスクールでの保育士の仕事内容

vでの保育士の仕事内容を紹介します。

勤務形態は施設によって様々

先程から書いているように、インターナショナルプリスクールの多くは認可外保育施設で、預かり時間なども施設によって様々な時間が設定されています。そのため勤務形態も施設によって様々です。幼稚園のように9時~14時までの登園になる施設もあれば、保育園のように親が就業している7時~18時などの長時間預かる場合もあります。

それらの預かり時間によって働く保育士の勤務時間も様々になります。毎日固定の時間で勤務することもあれば、シフト制での勤務になる場合もあります。幼稚園のような形態の施設では送迎バスなどが用意されていることもあります。

授業はネイティブスピーカーが担当する場合も多い

インターナショナルプリスクールでの授業は専任の英語ネイティブスピーカーが担当することも多いです。その場合は、保育士はサポート役に回ることになります。もちろん、英語がネイティブであれば授業を任されることもあるでしょう。これについては施設によって様々な形があるので、就業を決める前によく確認しましょう。

インターナショナルプリスクールで保育士が働く条件

次いで、インターナショナルプリスクールで保育士が働く条件を紹介します。インターナショナルプリスクールで保育士が働く際に求められる最低の条件は以下の3つになります。

  • 日常会話レベルの英語力
  • 保育士資格
  • 保育士(幼稚園教諭)としての経験

多くのインターナショナルプリスクールでは、英語がネイティブである外国籍の先生などを専任で雇用しているので、日常会話レベルの英語力であっても募集を受け付けていることもあります。英語の日常会話レベルと言うと、TOEICのスコアで言うと470点以上、英検でいうと2級程度になります。

また、昨今では一般社団法人 幼児教育•保育英語検定協会が認定している「幼保英検」という資格試験もあり、バイリンガル保育士として乳幼児保育に必要な英語力を図る検定なども存在しています。こちらを取得しているとよりアピールができるでしょう。

もちろん、保育士の資格も持っていてネイティブレベルの英語力がある場合は、それなりの高待遇が期待できます。ただし、インターナショナルプリスクールの数自体はかなり少ないので、高待遇の求人をタイミング良く見つけるというのは、かなり難しく根気がいる作業になります。

また、インターナショナルプリスクールは認可外保育施設なので保育士の資格は要らないのではないかと思うかも知れませんが、やはり保育士資格は求められることが多いです。認可外保育施設であっても基準を満たすと自治体から補助金の交付を受けることができる場合があるので、その基準を満たすために保育士を配置しているインターナショナルプリスクールも多いためです。保育士資格がない場合は、ネイティブレベルの英語力が求められことになることが多いでしょう。

インターナショナルプリスクールで働くのに向いている保育士

インターナショナルプリスクールで働くのに向いている保育士は以下のような方です。

  • 英語がとにかく好きで得意
  • 教えるのが好き

やはりインターナショナルプリスクールでの保育や教育は英語がメインです。子ども達はもちろん、保護者からも求められるのが英語でのコミュニケーションになります。

また、保育内容についても、どちらかというと幼稚園のようなきちんとしたカリキュラムが用意されていることが多いので、子どもに教えるのが好きという方が向いています。

インターナショナルプリスクールで働く保育士の給与待遇は様々

インターナショナルプリスクールで働く保育士の給与待遇は本当に様々です。通常の保育園とほとんど変わらないような場合もあれば、給与待遇が良い場合もあります。

先程も書いたように、簡単な英語教育を取り入れているだけでも割とライトにインターナショナルプリスクールを名乗っている保育施設もあれば、英語のネイティブスピーカーを集めて、本当に海外で生活しているようなインターナショナルプリスクールもあるためです。

そのそれぞれによって保育士に求められる能力なども異なってくるので、働く保育士の給与待遇も様々になります。高待遇のインターナショナルプリスクールの場合は、保育においても英語においても高いスキルを求められるので、その分給与も高くなります。

インターナショナルプリスクールの保育士求人の探し方

そもそもインターナショナルプリスクール自体の数が少ないので、タイミングよく良い求人を見つけるのは難しいです。

そんなインターナショナルプリスクールの保育士求人を探すのにおすすめなのは、保育士転職サイトを利用することです。

特に高待遇のインターナショナルプリスクールはタイミングが合致しない限り求人が出回ることは少ないです。あらかじめ保育士転職サイトに登録しておくことで求人情報が来たらすぐに教えてもらうことが出来ます。募集していることに気づかなかったということも防ぐことが出来ます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。