幼児教育・保育無償化の保育士・幼稚園教諭への影響を考察。

幼児教育・保育無償化の保育士・幼稚園教諭への影響を考察。保育士の福利厚生や制度

2020年10月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士にとっても他人事ではないのが2019年10月に予定している幼児教育・保育無償化です。

  • 無償化より保育士の待遇改善が先ではないか?
  • 待機児童がますます増えるのではないか?

とも言われています。

実際に幼児教育・保育無償化が行われるとどのような影響があるかを紹介します。幼児教育・保育無償化は長い目で見れば保育士・幼稚園教諭にとって悪いことではないと思っています。



ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

幼児教育・保育の無償化とは

3~5歳児の場合

3~5歳児の場合、幼児教育・保育の無償化は認可保育園・認定こども園・幼稚園に関してはすべて無償化されます。

幼稚園の一時預かりは 月額11,300円までが無償化されます。認可外保育施設は月額37,000円まで無償化されます。いずれも保育の必要性の認定が必要です。

施設種類無償化内容
認可保育園・認定こども園すべて無償
認可外保育施設月額37,000円まで無償化
施設種類保育の必要性認定有り保育の必要性認定無し
幼稚園無償無償
幼稚園の一時預かり月額11,300円まで無償化対象外

3歳児から5歳児までの子どもは、幼稚園の一時預かり・認可外保育施設の無償化の対象となるには保育の必要性の認定を自治体から受ける必要があります。

保育の必要性は、保護者の家庭外・家庭内就労状況、妊娠・出産、保護者の疾病又は障がい、親族の看護、災害復旧への従事、求職活動、就学などの事由により家庭での保育が難しいという場合に認定されます。

0〜2歳児の場合

0〜2歳児の場合、幼児教育・保育の無償化は住民税非課税世帯のみ無償化の対象となります。

認可保育園・認定こども園はすべて無償化の対象で、認可外保育施設は月42,000円までが無償化の対象です。

施設種類住民税非課税世帯住民税課税世帯
認可保育園・認定こども園すべて無償対象外
認可外保育施設月42,000円まで対象外

住民税非課税世帯とは、

給食費は無償にはならない

給食費などは無償化の対象外です。

  • 給食費
  • 交通費
  • スクールバスなど
  • 行事にかかる費用
  • 入園料など

上記のように基本的に園から実費で請求されるものは無償化の対象外となります。

実施の時期

「子ども・子育て支援法」の改正により、消費税率10%へ引き上げのタイミングである2019年10月に合わせて幼児教育・保育の無償化が実施される予定です。

幼児教育・保育の無償化の財源

2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げによって増える財源をもとに行われます。

保育業界、保育士・幼稚園教諭などへの影響は?

保育需要が増える

経済的な理由で、今まで保育園や幼稚園に通わせるつもりがなかった子育て世代が新たに保育園や幼稚園に子どもを預けようとする動きが増えます。

無料ならという考えで今まで専業主婦・主夫だった人も保育園や幼稚園に子どもを預けて新たに働き出す人もいると思います。

預かり保育の増加(幼稚園)

幼稚園では「預かり保育」の利用者が増えるということが懸念されています。いままで有料だった預かり保育が無料になるならパートに出ようと考える人が増えるためです。

幼稚園教諭は「預かり保育」の利用者増加でさらなる業務負担が心配されています。

待機児童が増える

保育園や幼稚園に預けたいという人が増えると必然的に待機児童が増えることになります。

現状でも待機児童の人数に比べて新設の保育園の数が足りないと言われているので無償化によってさらにそのペースが加速されることが懸念されています。

保育士不足が加速する

待機児童が増えると新設の保育園をさらにたくさんつくろうとします。しかし保育園を運営するには保育士が必要になります。

現状でも保育士不足が叫ばれていますが、さらに保育士不足が加速します。

保育の質が低下する

保育園の運営に必要な保育士の人数の配置基準というのは決まっているのですが、良い保育園は必要な人数に加えて保育士の人数を余分に配置しています。

保育士不足がさらに進むと、なんとか少ない人数で保育園の運営を賄おうとするので、保育士の人数を少なくしたり・資格を持っていない保育補助を増やして対応することになります。

はっきり言っていまの保育士の配置基準はただしく保育の質を担保できる値にはなっていません。保育士一人あたりの負担も増え「保育の質」の低下が懸念されます。

保育士の労働環境が悪化する

配置基準ぎりぎりで保育園を運営しようとすると保育士一人あたりの負担が増えることになります。

ただでさえ、激務である保育士がさらに労働環境が悪化してしまうのではないかという心配がされています。

保育士の給料は上がる?

保育士の取り合いが加速することになるので保育士の待遇が改善される可能性は高いです。

ですが、保育園の運営の性質上、無償化になっても保育園が貰える補助金が増えるわけではないので保育士の給料への影響は限定的だと思われます。

幼児教育・保育無償化は長い目で見れば保育士・幼稚園教諭にとって悪いことではない

幼児教育・保育無償化によって待機児童が増え、さらなる保育士不足が加速していけば、最終的には国も保育士の待遇改善をせざるを得なくなります。

幼児教育・保育無償化の直後は業務的には負担が増えると思いますが、長い目で見れば保育士の待遇改善が進むきっかけになると思っています。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育士の福利厚生や制度 幼稚園教諭の転職ノウハウ
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました