国の地方裁量型認可化移行施設の制度から保育士の未来を考察。

国の地方裁量型認可化移行施設から今後の保育士の未来を考察。保育士の愚痴・文句・意見

2020年3月の最新情報 掲載中!!
来年度の求人が増えている時期です。求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職エージェントを活用していました。「マイナビ保育士(首都圏限定)」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職エージェントは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、首都圏では最大級で大手なので信頼できます。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。
紹介できる求人などに差があるため転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆さん。地方裁量型認可化移行施設という制度をご存知ですか?

地方裁量型認可化移行施設とは簡単に言うと、保育士が6割で良い保育園で、認可保育園なみの補助金が貰える保育園です。

平成31年4月1日から国家戦略特別区域で始まった国主導の制度ですが、保育士資格を軽視するこのような制度から今後の保育士の未来を考えてみました。

本記事の内容

  • 地方裁量型認可化移行施設とは?
  • 待遇改善で保育士を増やすのではなく、無資格者で穴埋めする流れが加速
  • 保育の質は確実に下がる
  • 保育士の負担も増える
  • 規制緩和は徐々に行われていく
  • 保育士の資格は将来無意味なものになる?
  • 経営者は当然、簡単で安い人材を雇用する
  • 保育士個人はどうしたら良いか
  • まとめ

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

地方裁量型認可化移行施設とは?

地方裁量型認可化移行施設は、平成31年4月1日から始まった国家戦略特別区域における国主導の保育施設に関する制度です。

もとは保育士不足に悩む大阪府・大阪市の提案で、認可保育園において、所定の研修を修了した「保育支援員」を保育士に置き換えて配置できるようにしたいという提案がありました。

それに対して答える形で、厚生労働省は国家戦略特別区において、配置基準の6割が保育士であれば、地方裁量型認可化移行施設という新たな保育施設の制度を作りました。

「地方裁量型認可化移行施設」に対しては、認可保育園と同等の運営費が支給されます。

待機児童がいる期間の時限的な制度で、将来的には認可保育園への移行を目的とするため、認可化移行の計画期間は5年間とされています。しかしながら、自治体の判断で延長も可能となっています。

項目認可保育園地方裁量型認可化移行施設
種別認可保育園認可外保育施設
保育士の割合100%60%
補助金認可保育園の基準額認可保育園と同等の額
認可移行期間5年間とし、自治体の判断で延長も可能

待遇改善で保育士を増やすのではなく、無資格者で穴埋めする流れが加速

認可保育園では、国が定めている保育士の配置基準に従って保育士を配置する必要があります。

職場に無資格の保育補助の方がいる場合もあると思いますが、それはあくまでも保育士の配置基準を満たした上での追加のサポートを行う場合です。保育士としてカウントすることはできません。

地方裁量型認可化移行施設は、国が定めている保育士の配置基準に対して6割は保育士、残りは無資格者でも良いことになります。

潜在保育士は80万人もいると言われていますが、それらの方々を保育士として引き戻すために保育士の待遇を改善するというよりも、規制緩和して保育施設で働くことができる人を増やそうとしています。

保育の質は確実に下がる

地方裁量型認可化移行施設には保育士の質を確保するために以下のことが義務付けられています。

⑤保育の質の確保のため、下記措置等の実施を義務付け。
・地方裁量型認可化移行施設への定期的な指導・監査の実施や運営状況の見える化
・都道府県の協議会による人材確保策の実施・公表

これが効果のあるものなのかはわかりませんが、保育士の配置基準の中で、資格を取得できる知識や能力が無い人が保育を担うことになるので、質は確実に下がると思います。

保育士の負担も増える

ただでさえ厳しいと言われている保育士の配置基準の中で、資格を取得できる知識や能力が無い人が同じ場で働くことになるので、既存の保育士の負担はさらに増えることになります。

無資格であっても保育スキルが高い人はいる!という反論もあるかもしれませんが、それであれば保育士資格を取得すればよいだけの話です。

既存の保育士の給料は上がらず負担増でますます保育士の保育士離れが進んでいくことが考えられます。

規制緩和は徐々に行われていく

自分が働いている圓は地方裁量型認可化移行施設ではないので関係ない!と感じている方もいると思います。

たしかにその通りですが、注意が必要なのは規制緩和は知らない間に徐々に行われているという点です。

最近でも以下のような保育士配置の規制緩和となるような制度ができています。

  • 企業主導型保育事業
    • 保育士の割合50%、認可保育園なみの保育園補助金
  • 朝夕など児童が少数となる時間帯における保育士配置に係る特例
    • 保育士最低2人配置要件について、朝夕など児童が少数となる時間帯においては、保育士2名のうち1名は子育て支援員研修を修了した者等に代替可能とする。
  • 幼稚園・小学校教諭の保育士代替
    • 保育士と近接する職種である幼稚園教諭、小学校教諭、養護教諭を、保育士に代えて活用可能とする。

私自身も知らないまま、地方裁量型認可化移行施設が出来ていましたし、今後もこのような気づかない間に徐々に規制緩和が行われていく可能性があります。

保育士の資格は将来無意味なものになる?

個人的な見解としては、保育士の資格が全く無意味になるということはないと思います。

ただし、規制緩和が続いて形骸化していくということは十分考えられます。

国としては、とりあえず待機児童を減らしたいけどなるべくお金はかけたくないので、無資格の保育人材を活用しつつ乗り切ろうという形です。

今後、保育需要が落ち着いてきて待機児童がいなくなったら、今度は保育士が余り出します。

保育士の待遇を上げずに乗り切ったので、待遇は低いままで保育士の雇用が失われるという未来が起きるかもしれません。

経営者は当然、簡単で安い人材を雇用する

保育園の経営者は、人件費を削減できるので当然、簡単で安い人材を雇用することになります。

しかも国が言うには、保育の質は「地方裁量型認可化移行施設への定期的な指導・監査の実施や運営状況の見える化」「都道府県の協議会による人材確保策の実施・公表」で確保されるらしいので、質の面でもお墨付きです。

特に待機児童が発生していて黙っていても定員が埋まるような状況であれば、がんばって保育園の評判やサービスを向上させる必要もありません。

保育士個人はどうしたら良いか

保育士・他業種問わずに転職する・転職できるスキルを身につける

対策としてできることは保育士や他業種に問わず転職できるスキルを身につけることです。

今でこそ保育士不足ですが、将来的には保育士が不足する可能性もあります。

保育士が不足した未来では、今のように気に入らないことがあれば違う保育園に転職すれば良いというような考えは通じなくなってきます。

辞めたいけど新しい保育園に採用してもらえない、他業種に転職するにもなんのスキルももっていない、というような状態だと今よりもさらにブラック保育園に搾取される形となってしまいます。

保育の質が低い保育園とは関わらない

施設の種類を問わず保育の質が低い保育園とは関わらないほうが無難です。質の低いスキルが身につきますし、保育士はなにかトラブルが起きた場合の責任も重いです。

例えば、福岡県の認可保育園で子どもに対して複数の保育士が暴言を浴びせたというニュースが話題になっていました。

この保育園では、特定の誰かというわけではなく、実に8人の保育士が暴言を浴びせていたようです。このように、特に若手の保育士であれば、正しくない行為が当たり前になってしまい、適切ではない保育スキルが身についてしまうことがあります。

保育の質が低いなと思ったら、別の保育園に転職するなどしてなるべき関わらないようにするのが良いです。

まとめ

国は待機児童が増えて、保育士が足りないとなれば、保育士の待遇を改善して保育士を確保すると思っていました。

もちろん処遇改善などは最近でこそ進んできましたが、それでも保育の担い手は足りていない状況です。

そんななかで出てきた地方裁量型認可化移行施設などの国が考える制度を見ると、どうやら

もちろん保育士個人が声を上げて国を動かすという行動もすべきですが、個人の行動では限界があると思います。

例えば、2019年10月の消費増税についても多くの国民が反対の声を上げていますが、結局増税が決定されました。

保育士個人としては国に対して意見や不満をぶつけつつも、悲観的な保育士の未来を見据えて行動をしていくべきだと思います。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの登録しておきたい就職転職エージェント

私がおすすめするのは、

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、首都圏では最大級で大手なので信頼できます。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】【保育情報どっとこむ】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。

一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に住んでいる方限定の転職エージェントです。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむは全国各地に店舗があり毎月お仕事相談会を実施中。

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

特におすすめなのは、宇都宮・高崎・つくば・新潟・大阪・福岡・広島・名古屋・仙台・札幌エリアです。

地方都市にも店舗を構えているので、地域の求人や保育士事情に詳しいです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

さらに欲張りな方には

  • 保育Fine! | 基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。

電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

きらぽんJOB
きらぽんJOBの口コミや評判。保育士と採用担当がダイレクトに繋がる。

1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の保育士の方向けです。登録すると保育施設の採用担当者から直接スカウトが届きます。

保育士・幼稚園教諭・栄養士・管理栄養士・調理師・保育補助・児童指導員・児童発達支援管理責任者など幅広い資格職種に対応しています。

履歴書や職務経歴書の作成機能が充実していて、メールや郵送での書類のやり取りが不要!!総額300万円のお祝い金キャンペーンを実施中です!

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の愚痴・文句・意見
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました