子育て支援員とは?働ける場所や求人の探し方。【保育士との違い】

子育て支援員とは?働ける場所や求人の探し方。【保育士との違い】これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】

2020年10月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】


ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)※日本全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

子育て支援員という資格をご存知ですか?平成27年からできた保育関連の新しい資格制度です。

子育て支援員という資格の「保育士との違い」「どこで働けるのか」「求人はどうやって探すべきか」などを紹介します。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

子育て支援員とは?保育士との違いは?

子育て支援員は、平成27年にスタートした「子ども・子育て支援新制度」の中で、保育関連の業務に就業する人のために出来た新しい資格です。

保育現場の人手不足を解消するため、保育士資格を持っていない人でも保育の現場で働けるようにと国が主導で設立した制度になります。

昨今では、まずは子育て支援員の研修を受けて、保育施設で働きながら保育士資格を取得を目指す方も多いです。

保育士資格との違い

保育士は国家資格ですが、子育て支援員は国家資格ではありません。

子育て支援員は、各自治体が実施する研修を受講することで「子育て支援員研修修了証明書」の交付を受けることができます。研修なので保育士の資格と違って試験に合格する必要はありません。

そして、「子育て支援員研修修了証明書」があれば保育士の資格が無くても保育関連の仕事に就ける可能性が高くなります。

ただし、保育士資格と同様の扱いを受けられるわけではないので、保育園で働く場合は、最終的には保育士資格の取得が求められることになると思います。

取得方法

「子育て支援員研修修了証明書」は各自治体で実施している子育て支援員の研修を受けることで取得が可能です。

基本的には各都道府県で実施されている場合が多いです。実施は都道府県ごとに行われていますが、「子育て支援員研修修了証明書」は日本全国で通用するため、引っ越しで都道府県が変わった場合でも再度受講する必要はありません。

そのため、子育て支援員の研修を受ける場合は、各都道府県の実施団体に問い合わせが必要です。もしくは、既に保育施設に勤務している場合は、勤務先を通しての受講になる場合もあります。

研修内容

研修は各自治体で行われていて、約20時間前後の時間数になります。研修の内容は自治体によって異なります。内容は異なりますが、研修を修了すると全国で通用する「子育て支援員研修修了証明書」を交付してもらうことができます。

研修の修了が交付の条件なので、試験などが設けられていてそれに合格しないと取得できないという類のものではありません。

そして、研修は基本的に無料で受講することができる場合が多いようです。(テキスト代や交通費がかかる場合があります)

子育て支援員の就業場所

子育て支援員の就業場所は以下のような施設になります。無資格の場合よりも保育関連の仕事に就ける可能性が高くなります。

  • 小規模保育事業
  • 家庭的保育事業
  • 事業所内保育事業
  • 一時預かり事業
  • 利用者支援事業・基本型
  • 利用者支援事業・特定型
  • 地域子育て支援拠点事業
  • 放課後児童クラブ
  • 乳児院・児童養護施設

これらの保育施設は認可保育園と異なり、保育士の配置基準がゆるくなっている場合が多いです。その部分を子育て支援員で補うという形になります。

それぞれの就業場所によって受講する研修が異なる場合もあるので注意が必要です。

認可保育園は、保育士資格者で配置基準を満たす必要があるため、子育て支援員の資格があっても就業することはできませんが、保育補助として就業することができる場合もあります。

これは基準を満たしていれば、その基準を上回る配置に関しては保育士資格が必ずしも必要というわけではないからです。ただし、就業できるかどうかは各保育園の裁量次第になります。

小規模保育事業は、認可の保育園ではありますが、定員19名以下と少ない保育園になります。

事業所内保育事業も認可の保育園でありますが、企業が運営し自社の社員の入所枠が有る保育園になります。

上記以外にも認証保育園、企業主導型保育事業、認可外保育施設などでも就業できる可能性があります。

東京都の子育て支援員研修の例

東京都では、

  • 地域保育コース
  • 地域子育て支援コース
  • 放課後児童コース
  • 社会的養護コース

の全4コースの子育て支援員研修を実施しています

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/katei/kosodateshieninkensyuu01.htmlより

東京都の子育て支援員研修の詳細を紹介します。

各コースごとに勤務先の施設形態などが異なるため、就業先の施設に合わせた受講が必要です。

研修の内容

  • 地域保育コース
    • 「子ども・子育て支援新制度」によって地域型保育として位置づけられた小規模保育、家庭的保育(保育ママ)、事業所内保育や一時預かりの保育従事者として勤務する向けのコースです。
  • 地域子育て支援コース
    • 地域子育て支援拠点(公共施設等の身近な場所で子育て中の親子の交流や育児相談、育児に関する情報提供を行う場)や、利用者支援事業(子育てひろばや子ども家庭支援センターで利用者支援を実施)で勤務する方向けコース
  • 放課後児童コース
    • 学童クラブ(保護者が就労等により昼間家庭にいない児童に対し、放課後等に適切な遊びや生活の場を提供する場)に従事する放課後児童支援員の補助者として、勤務する方向けのコースです。
  • 社会的養護コース
    • 社会的養護(保護者のいない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育・保護し、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うこと)における補助的な支援者として、児童養護施設等で勤務する方向けコースです。
分野コース名基本研修専門研修
小規模保育事業地域保育コース8科目・9時間11科目・15時間 + 6科目・6.5時間 + 2日
家庭的保育事業地域保育コース8科目・9時間11科目・15時間 + 6科目・6.5時間 + 2日
事業所内保育事業地域保育コース8科目・9時間11科目・15時間 + 6科目・6.5時間 + 2日
一時預かり事業地域保育コース8科目・9時間11科目・15時間 + 6科目・6.5時間 + 2日
利用者支援事業・基本型地域子育て支援コース8科目・9時間9科目・16時間 + 1日
利用者支援事業・特定型地域子育て支援コース8科目・9時間5科目・5.5時間
地域子育て支援拠点事業地域子育て支援コース8科目・9時間6科目・6時間
放課後児童クラブ放課後児童コース8科目・9時間6科目・9時間
乳児院・児童養護施設社会的養護コース8科目・9時間9科目・11時間

上記は、調査時点の情報になります。最新の情報は必ず実施団体に確認してください。

研修の対象者

研修対象は以下のようになっています。

都内に在住または在勤の方で、保育や子育て支援などの仕事に関心を持ち、地域で保育や子育て支援分野の各事業などに従事することを希望する方、又は従事している方。

在勤の方も対象なので、自宅が東京都外でも勤務先が東京都の場合は東京都の研修を受講することも可能です。通常、既に保育施設に在勤の場合は、施設を通しての受講になると思います。

研修のコース

東京都子育て支援員研修は全部で4つのコースが設けられています。

コース名概要
地域保育コース 少人数の子供を預かる家庭的保育や小規模保育事業、事業所内保育を始め、一時預かり事業、企業主導型保育事業などで勤務する方向けのコースです。
地域子育て支援コース 地域子育て支援拠点(地域の身近な場所で気軽に親子の交流や育児相談などができる場所)や利用者支援事業(子育てひろばなどで相談などの支援を行う事業)で勤務する方向けのコースです。
放課後児童コース 学童クラブ(保護者が昼間家庭にいない児童が、放課後に過ごすことができる学校の余裕教室や児童館など)で働く放課後児童支援員の補助者として勤務する方向けのコースです。
社会的養護コース 乳児院や児童養護施設などの社会的な養護を必要とする子供たちが生活する施設で、補助的な支援者として勤務する方向けのコースです。

研修の受講料

研修の受講料は無料となっています。ただし、テキスト代や交通費、昼食代、健康診断費用などは別途自己負担になっています。

子育て支援員の求人探しでおすすめの転職サイトは?

ほいく畑」は、保育士資格をお持ちでない無資格の方の就業サポートも充実しています。子育て支援員の資格をお持ちの方も多くの求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)※日本全国の保育士の求人に対応。
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは基本的に行いません。

サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。※日本全国の保育士の求人に対応しています。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました