保育補助パートから正社員保育士を目指す条件と方法を解説!給与水準は?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


  • 保育補助パートから正社員保育士を目指したい

そんな保育補助パートの方に、

  • 保育補助パートから正社員保育士になる最低条件
  • 保育補助パートは正社員保育士を目指すべきか?
  • 保育補助パートから正社員の保育士になる際のスタート時の給与水準
  • 保育補助パートから正社員保育士を目指す方法

などの情報を紹介します。これから、保育補助パートから正社員保育士を目指したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育補助とは?正社員保育士との違い

保育補助は、保育園で働く保育士の補助的な仕事をする人のことです。保育園は開園時間も長く、時間帯によって預かる子どもの人数も異なるため時間帯によって必要な職員の人数が異なってきます。正職員の保育士だけだと、人手の足りない時間ができてしまったり、逆に保育士が余ってしまう時間帯ができてしまいます。

そのため、多くの保育園ではパートやアルバイトとして保育補助の職員を採用しています。保育補助の職員は保育園によって、保育士資格を持っている場合もあれば、そうでない場合もあります。

保育補助パートから正社員保育士になる最低条件

保育補助パートから正社員保育士になる最低条件は、

  • 保育士の資格を取る

ということです。

既に保育士資格を保持していて保育補助としてパートで働いている場合は、正社員保育士になる条件を満たしていることになります。特に昨今は保育士不足なので、保育補助としての経験があれば、面接などでもきちんと評価をしてくれる保育園が多いです。

なかには保育士の資格がなくても正社員として働くことができる保育園もあるかもしれませんが、数としてはかなり少ないです。また、そのほとんどがなんらかの理由で保育士資格を持っている人を雇用することができなかったために、無資格の方に範囲を広げて募集しているという形になります。つまり、待遇が悪かったり、労働環境が劣悪だったりする可能性も高いです。なのでやはり、保育士の資格を取得してから正社員を目指すということをおすすめします。

保育士の資格があって、保育補助としての経験があれば、転職等をする場合も評価してもらうことが出来ます。

保育補助パートから正社員保育士を目指したいという方で、保育士の資格を持っていないという方は、保育士試験を受験して資格取得を目指しましよう。

保育補助パートが正社員の保育士を目指す場合のよくある不安

保育補助パートが正社員の保育士を目指す場合のよくある不安について紹介します。

仕事の負担が増える

保育補助パートが正社員保育士になることで負担はまず間違いなく増えることになります。

  • 労働時間
  • 担任の有無
  • 書類仕事
  • 行事の準備

特に保育補助と比較して増える負担は上記の内容になります。

まず、単純にパートから正社員になることで労働時間が多くの場合増えることになります。パートの就労時間は人によってまちまちだと思いますが、正社員保育士は基本的にフルタイムで週5日40時間の労働時間になります。休憩も途中挟むので、拘束時間はさらに一日あたり1時間増えることになります。

正社員保育士は、クラス担任を任されることが多く、それに伴い書類の仕事も増えます。保育園の行事に関しても正社員が基本的に主担当となり、企画・準備・実行を進めていくことになります。

また、正社員保育士として経験を積んでいくと、副主任・主任などと役職が付与されていき、さらに様々な業務を遂行してく必要が出てくるでしょう。

ただし、保育園によって保育補助や正社員保育士の仕事の範囲や内容は異なるので、必ずしも今よりも負担が増えるというわけではないかも知れません。

仕事の責任が増える

次に、保育補助パートが正社員保育士になることで増えるもの仕事の負担です。

保護者とのトラブルなどがあれば、担任が積極的に対応をしていく必要があります。また、クラス内での出来事に関しては担任がまず責任をもって対応しなければいけません。さらに副主任や主任などの役職がついてくることになると、後輩を育成したり、適切に配置する責任なども生じることになります。

退職しにくい・辞めにくい

最後に、保育補助パートが正社員保育士になることで変わることは「退職しにくい・辞めにくい」ということです。

保育士であれば、何園かの転職を経験している人も多いと思います。正社員の保育士になると、年度末は退職できない空気感になってしまっていたり、ついつい子どものことを考えると多少の理不尽や嫌なことも我慢して働かなければと思ってしまう人も多いと思います。

実際にやめようと思えば辞めれないということはないのですが、ブラック保育園や人間関係の悪い保育園などに入職してしまうことを考えると、退職しにくい・辞めにくいと感じてしまうのは大きなデメリットになります。

保育補助パートは正社員保育士を目指すべきか?

保育補助パートが正社員の保育士を目指す場合のよくある不安を紹介しましたが、これらの不安が原因で正社員になるかを悩む人もいらっしゃると思います。実際に、保育補助パートは正社員保育士を目指すべきなんでしょうか。

保育補助パートが正社員保育士を目指すべきかについては、その人の考え方次第になります。

  • 負担
  • やりがい
  • お金

保育士の仕事は上記のような様々な条件があると思います。

すべてのことを重視するというのはなかなか難しいです。正社員なら負担は増えるけど給料は良いしやりがいがある、パートなら負担が減るけど給料も減るなどというように、自分が一番仕事をする上で重視する部分を考慮してどの雇用形態で働くべきかを検討する必要があります。

保育補助パートから正社員の保育士になる際のスタート時の給与水準は?

正社員として働き始める際の給料についても、保育補助パートから正社員の保育士になる際に気になることの一つになると思います。

保育補助としての経験を考慮した給料を設定してくれる保育園もあれば、ブランクがある場合や保育補助としての経験だけの場合には、新卒と同様の下限の給料水準になってしまう保育園もあります。これらは様々なので、しっかりと自分の経験をアピールすることが大切です。例えば、「保育補助をやっていました」ではなく「パート保育士として様々なクラスのサポートをしていました」というような形で、積極的に自分がしてきた仕事をアピールしてみましょう。

交渉やアピール次第で待遇が大きく変わる部分でもあるので、働く保育園を探す際には、スタート時に給料を少しでも上げる努力をすると良いです。

保育補助パートから正社員保育士を目指す方法

保育補助パートから正社員保育士を目指す具体的な方法を紹介します。

園長に相談する

今働いている保育園で正社員として働きたいという場合は、園長に相談してみましょう。園長に相談をするということは、今働いている保育園で正社員に切り替えて働くということになります。今は、どこの保育園も保育士不足なので、正社員を募集していることも多いはずです。タイミングが合えば、そのままその保育園で正社員になるということも可能です。園長としても、パートの働きぶりをしっているので、正社員として登用するかの判断がしやすいはずです。

保育士の目線から考えても、保育補助で働いていて人間関係や実際の正社員保育士の仕事ぶりを見ているので、正社員保育士として働くことのイメージがしやすいと思います。

現在働いている保育園で保育補助パートから正社員保育士を目指す場合は、タイミングがとても重要になります。保育士が充足している状態では、正社員として新たに雇用することが難しいためです。そのため、正社員になりたいなと思ったら、早めに園長へ一度相談してみると良いです。条件面やタイミングなどが合えば適切な時に正社員となれるかもしれません。

保育士転職サイトに登録する

今の保育園とは違うところで正社員として働きたい、もしくは、今の保育園で正社員として働く場合と待遇などを比較してみたいというような場合には、保育士転職サイトに登録するのがおすすめです。

保育士転職サイトは、あなたとともにあなたの希望にあった求人を探してきてくれたり、面接を受ける前に保育園へ条件面の様々な質問を聞いてくれたりします。面接のスケジュールなどの調整も代わりに行ってくれます。

保育補助パートから正社員保育士を目指す上での様々な不安を解消しながら転職活動を進めることが出来ます。

マイナビ保育士」や「ヒトシア保育(旧:保育ひろば)」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育(旧:保育ひろば)| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ:保育補助パートから正社員保育士を目指すにはどうすれば良い?

保育補助パートで働いている方でも、保育士資格があれば、昨今の時代に正社員保育士を目指すことは十分可能です。

今働いている保育園で正社員保育士を目指す場合は、園長に相談してみましょう。今の保育園とは違うところで正社員として働きたいという場合は保育士の転職サイトに登録して様々な求人を比較検討するのがおすすめです。

保育補助パートから正社員保育士になる場合は、スタート時の給与水準も保育園によってまちまちなので、しっかりと自分の今までの経験をアピールするということも大切です。

これから、保育補助パートから正社員保育士を目指したいと考えている方は、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。