保育士がマンモス保育園で働くのは大変?【大規模保育園】

保育士がマンモス保育園で働くのは大変?【大規模保育園】保育施設や保育士の種類と特徴

2020年7月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆様。マンモス園で働くのって大変でしょうか?これに関しては様々な意見があると思います。

  • マンモス園は大変? 小規模保育園は楽?

結論から言うと、マンモス保育園だから保育士の仕事が大変とか、そうではないから楽ということは無いと思います。

例えば、園児の人数に対して保育士の数が充足していれば、保育士の負担は少ないかもしれませんし、逆であれば負担は多いです。これに関しては、マンモスだからかどうかということは関係がないことです。

一概にマンモス園だから、大規模だから、小規模だからという基準で働く保育園を選ぶというだけではなく、しっかりと働く保育園を見極めることが重要だと思います。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

マンモス園ってなに?

保育士をやっているとよく聞く言葉だと思っていますが、ひょっとすると限られた地域でしか使われていない言葉かもしれませんので、念の為解説します。

マンモス園とは、在園している園児の人数が多い保育園のことを指します。幼稚園に対して使われることもあると思います。要は大きい保育園ということです。

人数的に具体的な基準があるわけではないので、なんとなくの雰囲気でたくさんの子どもがいる保育園に対して使われる言葉だと思っています。

人によって基準は様々だと思いますが、個人的な基準では在園児が150人を超えるような人数だと「マンモス園」だなぁと感じると思います。

働く上でのマンモス保育園の特徴とは?

マンモス保育園は園児数が多いという定義は書きましたが、実際に保育士が働く上ではどのような特徴があるかを説明します。

あくまでも、一般的なマンモス保育園の特徴になるので、これに該当しない保育園も存在すると思うので注意してください。

働く保育士の人数も多い

在籍している保育園児の人数が多いということは働く保育士の人数も当然ですが、多くなります。

園児何人あたりに何人の保育士が必要かという基準は決まっているので、園児の数に合わせて保育士の人数も多くなります。

例えば、保育園児が200名程度いる場合は、関わる保育士の数も4、50人にも及ぶことになります。(もちろん園児の年齢構成、保育士の雇用形態によっても人数は異なります。)

さらに、パートやアルバイトの保育士もたくさん雇用している場合が多いです。そのため、保育士の入れ替わりも少なからず発生することがあると思います。

人間関係が難しい

マンモス園は、人間関係を構築するのが難しいのが一つ特徴かもしれません。単純に保育士の人数が多いので、一人一人の関係性も軽薄になりがちです。

また、保育園としての歴史もそれなりに長い場合が多いです。なので、人間関係はある程度出来上がっている場合が多いと思います。

その中に新しく入っていって、人間関係を新たに築いていく必要があります。

色々な人がいるので板挟みになってしまったり、考え方が合わない人とも一緒に仕事を進めていく必要があります。

小規模な園なら、入職後に顔も名前も覚えやすいですし、仲間として迎え入れてくれる可能性も高いです。アットホームな関係は築きやすいかもしれません。

色々な人と関わることができる

前項で人間関係が難しいと書きましたが、働く保育士の人数が多いというのはデメリットだけではなくメリットもあります。

それは、保育士としても様々な人と一緒に仕事をすることができるということです。

例えば、小規模な保育園だと関わる保育士の人数も少なく、常に同じ人が身近にいますが、マンモス園のような大規模な園だと様々な保育士がいます。

あの人のこういうところが良いな、見習いたいなというところや、逆にこういうところは自分も気をつけなければいけないなという気づきをたくさん得ることができます。

保育士としてのスキルの面でも、社会人としてのスキルの面でもこれは良いメリットになると思います。

また、いろいろな保育士と仕事で関わることができるということは、人間関係に行き詰まったときにも対処が取りやすいというメリットがあります。

もし小規模な園であれば、例えば、保育士として自分だけ孤立してしまったらなかなか抜け出すのが難しいですが、マンモス園のような大規模であれば、味方になってくれる保育士も出てくるかもしれません。

園長や主任とどうしても合わない!という時でも距離を保ちつつ自分の担当の保育の仕事を進めることができます。小規模だとなかなか、特定の人と関わらずに仕事をすすめていくというのは難しいところだと思います。

このような点が働く保育士の人数が多いということのメリットになります。

アットホームな雰囲気はない??

人間関係は、アットホームな雰囲気というのを期待するのは難しいかもしれません。どうしても人数が多いので、保育士間の連携も難しくなります。

特に今は、保育士の採用も難しいので、色々な考え方やスキルを持った保育士が同じ保育園で働くことになります。

それ自体は前述のように、メリットもありますが、うまく噛み合うことができないとデメリットにもなってしまいます。

人間関係に関しては、保育士の人数が増えれば増えるほど、どうしてもドライな雰囲気になっていく可能性が高いです。ただ、職場ではドライな関係性で良いという方には却って良いかもしれません。

行事も大規模で数も多い

マンモス園は園児の数も多いので、行事数も多く、大規模であることが多いです。当然、行事の準備にかかる時間も多く必要になります。

広く保育園児の店員を満たすには、行事に対する保護者の満足度も重要なので、求められる質も高くなる傾向があります。

もちろん保育士の人数も多いので、一概に一人あたりの負担が多いかどうかはわかりませんが、小規模な保育園だと行事自体を行わないことも多いので、差が出る部分だと思います。

保育士として得られる経験値は多い

大規模保育園は保育士として得られるスキルや経験も小規模と比べると、多いかもしれません。

園児も多いので、様々なタイプと関わることができますし、保護者も当然多くなります。その状態であれば保育士として詰める経験も多いでしょう。

例えば、同じ行事の司会をするのにも、数百人の前と、数十人の前では緊張やプレッシャーも異なってきますよね。そのような経験は小規模な保育園では詰めない経験です。

自分が直接担当していないことでも、保育園内で様々な情報が手に入るので、こういう時はどうすれば良いと言うのが自然と数多く身につくと思います。

マンモス園の給与面での特徴はある?

マンモス園は給料面では充実していることが多いと思います。単純に多くの保育士が必要になるので、しっかりとした人数を雇うにはそれなりの待遇を設定する必要があります。

また、マンモス園は、それだけの土地や建物を用意できる法人になるので、もともとの資金力にも余裕があることが多いということもあると思います。

国や自治体としても、たくさんの保育需要を満たしてくれる保育園に対しての補助金が多くなるので、小規模保育事業よりも認可保育園のほうが資金的に余裕があることも多いです。

例えば、保育園には自治体が用意している保育士の給与に対する補助金なども多くあります。

保育園がこれらを利用するには、制度があることを知っておかないといけませんし、その上で、自治体が用意した基準を満たす必要があります。

小規模な保育園だとそこまで手が回らないことも多く、利用できる制度や補助などがあっても利用できないということも多いです。その結果として、保育士の待遇が悪くなってしまうこともあります。

マンモス園の残業量、休暇等での特徴はある?

マンモス園は、残業量(仕事量)に関しては、園児も多く行事などが多い分、多くなる傾向があると思います。

もちろん、その分保育士の人数も多いはずではありますが、逆に言えばそれ次第ということになると思います。結局は、保育士の人数がしっかりと確保されているかということです。

そして、保育士の人数に伴う仕事の分担がしっかりできているかという点も重要です。

休暇等に関しては、特に産休育休などは過去に利用した実績等がある場合も多く、スムーズに取得できる可能性は高いかもしれません。

小規模な保育園だと前例がないこともあり、利用する場合にも少しもたついてしまったり、適切に利用できないことがあるかもしれません。

まとめ

ここで説明したのはあくまでも、一般的なマンモス園の特徴です。これに当てはまらない保育園もたくさんあると思います。

大切なのは、マンモス園で働く、小規模園で働くということではなくて、自分にとってあっている働きやすい良い保育園で働くということだと思います。

よく、保育士の方のなかには、「マンモス園は大変、小規模保育園は楽」という固定観念を持っている人も多いと思います。

実際に、その人が働いてきた園がその人にとってはそうだっただけで、すべての人に当てはまるとは限りません。

小規模でも保育士が足りないギリギリで保育をしていたら大変かもしれませんし、大規模でも保育士の人数が手厚く、業務の効率化も進んでいれば負担は少なくなります。

なので、一概にマンモス園だから、大規模だから、小規模だからという基準で働く保育園を選ぶというだけではなく、しっかりと働く保育園を見極めることも重要だと思います。

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの登録しておきたい就職転職エージェント

私がおすすめするのは、

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】【保育情報どっとこむ】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。

一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特に強いの保育士転職エージェントです。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむは全国各地に店舗があり毎月お仕事相談会を実施中。

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

特におすすめなのは、宇都宮・高崎・つくば・新潟・大阪・福岡・広島・名古屋・仙台・札幌エリアです。

地方都市にも店舗を構えているので、地域の求人や保育士事情に詳しいです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。

担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育施設や保育士の種類と特徴
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました