保育士から第二新卒で異業種へ就職転職は可能?方法と概要、注意点を説明!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士を辞めて異業種へ就職転職をしたいと考えている方。

  • 保育士から第二新卒で異業種へ就職転職は可能なの?

保育士としての就職活動しかしたことがないとそもそも一般企業の就活がどのようなものなのかもわからないですよね。

結論としては、条件を満たせば保育士から第二新卒で異業種へ就職転職は可能です。ですが、他の職業からと比べて不利な点や注意すべき点もあります。

今回は、保育士から第二新卒で異業種へ就職転職する方法、概要、注意点などを説明します。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士から第二新卒で異業種へ就職転職は可能?

冒頭でも書いたとおり、もちろん 条件を満たせば保育士から第二新卒で異業種へ就職転職は可能です。 でもその条件が気になりますよね。

そもそも第二新卒とは?

第二新卒とは、 一般的には新卒で就職してから3年程度以内の人材を指すことが多い です。多いというのは実は「第二新卒」という言葉にはっきりとした定義は有りません。

はっきりとした定義があるわけではないので、新卒として就職してから3年と1ヶ月を過ぎてしまったらすべての第二新卒の求人に応募できなくなるというわけではありません。

第二新卒の募集内容はそれぞれの募集する企業毎に定義されているので、その要件を満たしていれば応募が可能になります。逆に言うと第二新卒の応募歓迎という求人であって確実に第二新卒の要件を満たしていたとしても書類選考で落とされることもあります。それは、履歴書などの提出した書類のどこかに、不採用となる理由があったということにです。

いずれにしても、明確な基準があるわけではないので、自分は第二新卒ではないと勝手に判断しないで、応募できる求人がないか調べてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

企業が第二新卒に求める能力やスキルなどは?

保育士が第二新卒として就職転職をするにあたって最初に認識しておかなければいけないのは、企業が第二新卒に求める能力やスキルについてです。

もちろん、企業が第二新卒に求める能力は企業毎によって異なりますが、 共通して言えるものは「コミュニケーション能力」です。 これは第二新卒に限らず、新卒や転職市場すべてにおいて必要な能力でもあります。

「コミュニケーション能力」というと非常に曖昧な表現ですが、実際に曖昧なものです。判断する面接官によっても評価は大きく分かれます。

それ故に、これと言った正解はないですが、以下のような人物であると思わせることが大切です。

  • 一緒に働きたいと思える人
  • 先輩や後輩とうまくやっていける人
  • 取引先やお客様に迷惑をかけない人

それ以外の実際のスキル面で共通して必要なのは「PCスキル」になります。 今では多くの企業の仕事でパソコンを使っての仕事は切っても切れないものになります。

特に、前職が保育士ということだと、「PCスキル」についてが懸念要素になるので、それを払拭することができるアピールがあると良いです。

スポンサーリンク

第二新卒の求人の選考に学歴は関係ある?

第二新卒の場合は、新卒の場合と比較して学歴、つまり、卒業している大学名などをはいくらか重視されにくい傾向があります。それでも大手の企業だと学歴を選考の基準にすることは十分に考えられます。

大手企業になると応募者も多いので全員に面接するわけには行きません。面接をするにも、その対応をする社員の稼働が必要で、それが人件費になるためです。そのため、何らかの基準で面接前に選考を落とす必要があります。それが学歴フィルターのような形になる場合もあります。

ただ、大手企業であっても学歴によるフィルターがないこともあるので、一度落とされてしまったくらいでくじける必要はありません。世の中にはたくさんの会社があるので諦めずに就職転職活動をしていきましょう。

スポンサーリンク

第二新卒の求人の選考に職歴は関係ある?

第二新卒でポテンシャル採用だからといって前職の職歴などが全く関係ないかと言うとそういうわけでは有りません。第二新卒といってもやはり採用する側からしたら前職でどのような経験をしてなぜ辞めることになったのかは一番気になる部分になります。 なぜなら、また同じ理由で短期間で辞めてしまうのではないかという懸念があるためです。

なので、第二新卒の面接の攻略のポイントは、前職でどのような経験をしてなぜ辞めることになったのかということを論理的に説明できるかどうかということです。新卒の頃は面接では学生の時の話題がメインになりますが、第二新卒の場合は卒業後のことがメインになります。

特に保育士からの転職の場合は、一般企業に勤めてきた人からすると未知の世界になると思います。単に「保育士が辛かったから一般企業で働こうと思いました。」なんて言ってしまった場合には、即不合格になってしまうでしょう。面接官からしたら「ウチのほうが大変だよ」という気持ちがあるためです。

事実は「保育士が辛かったから」かもしれませんが、それをそのまま伝えたのでは単に楽なところで働きたい人になってしまいます。そういう人は企業は求めていないので、面接ではきちんとした理由付けが必要になります。例えば、保育士はあわなくてもなぜその会社なら長く働くことができると思ったのか、という点です。 保育士の仕事も一度は自分がやりたいと思って就職したはずです。単に自分がやりたいという理由以上に論理的な説明が合格には不可欠になります。

スポンサーリンク

保育士としての職歴は活かすことができる?

前項で第二新卒の求人の選考に職歴は関係ないことはないということを書きましたが、企業が気にするのは、前職でどのような経験をしてなぜ辞めることになったのかという部分です。

でも実際に「保育士を辞めた」という人がどういう印象を与えるのかというのは気になるところですよね。

結論としては、保育士としての職歴自体が第二新卒での一般企業での選考においてプラスになるということはほとんどありません。プラスになるのは子どもと関わる仕事の場合くらいです。

これはもちろん面接をする人によりけりですが、保育士という仕事はただ子どもと遊んでいるだけと考えている人も世の中にはいます。もちろんそういう人が面接官になった場合は合格率は低くなってしまうと思います。

保育士としての職歴自体がプラスになることはないと書きましたが、プラスにすることは不可能ではありません。保育士の仕事でのなかにも細かい部分では、他の仕事に繋がる部分もあるはずです。

また、これも応募する職種などによりますが、パソコンが使えるかどうかというのも企業が気になる部分になります。PC関連の資格などを予め取得するなど、保育士を辞めるということに対して、しっかり準備をしてきたという姿勢を見せることも重要です。

スポンサーリンク

保育士の面接と第二新卒の面接の大きな違いと注意点

前提が違う

保育士として就職した方が最初につまづいてしまうのが、なぜその会社に応募しようと思ったのかという質問に対してになります。なぜなら保育士としての就活は、保育士資格を持っている(取得見込み)の状態で行うためです。つまり、既に保育士としての能力・スキルは国からお墨付きを貰っているという状態になります。保育士の面接は、資格を取るから保育園に就職するという当たり前の流れなので、わざわざ説明する必要もなければ聞かれることも少ないです。仮に聞かれたとしても、子どもが好きだから保育士を目指したというようなごく普通の理由を言えば納得して話は終わります。

対して、一般企業の面接は、そもそもなんでその会社に応募しようと思ったのかということはよく聞かれる質問になります。実際に、多くの人がなんとなく待遇がよいとか・仕事内容も自分にあってそうとかそういう理由で選択肢に入ったというのが事実だと思いますが、それをそのまま伝えてしまうとやる気がない人と思われてしまいます。なので、採用に合格する人はきちんと論理的な説明をすることができる人になります。そこに意外と躓いてしまう人が多いです。

売り手有利か買い手有利か

保育士の就職市場は現在は、他の職種と比べても大幅に売り手有利な状態となっています。売り手が有利というのは、雇われる側(つまり保育士)が有利という状態です。東京だと求人倍率が5〜6倍になる時期もあります。地方でも高い求人倍率になっています。それに対して一般企業の求人倍率は近年は1倍台で推移しています。求人倍率は求職者ひとりに対して何社の求人があるかということです。保育士のころは一人に対して5社程度の求人のなかから選ぶことができたのが、一般企業になると1社程度くらいからしか選ぶことができずほとんど選べないという状況です。

新卒で保育士になった人は、その状態での面接しか経験したことが無いと思います。保育士が有利な面接なので、かなり和やかな雰囲気の面接になることも多いと思います。ほとんど採用前提で面接が進んでいくことも多いと思います。対して、一般企業の面接は落とすことを前提に進んでいくことも多いです。

保育士の頃と違いそうやって何社か面接に進んで落とされてしまうと「なんでわかってくれない」とモチベーションを失ってしまうきっかけにもなります。

スポンサーリンク

保育士から第二新卒で異業種へ就職転職方法を説明!

保育士から第二新卒で異業種へ就職転職方法の流れは大まかに以下のようになります。

  1. 就職転職の準備をする
  2. 求人を探す
  3. 応募する
  4. 面接する
  5. 内定を得る

求人を探したり、応募するのは転職サイトの利用がおすすめです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
スポンサーリンク

保育士が第二新卒で就職転職を成功させるためには?

自己分析をしっかり行う

保育士が第二新卒で就職転職を成功させるための一番のポイントは自己分析をしっかりと行うということです。

特に、

  • なぜ保育士を辞めるのか
  • なぜその会社に就職したいのか

ということです。

この部分がしっかりしていないと、転職してからのやっぱり違ったという後悔につながってしまったり、面接でうまく回答できなくなってしまいます。

逆に自己分析がしっかりできていると、面接の通過率も上がり、転職の成功が近くなります。

勤務をしながら転職活動をする

保育士からの異業種転職は、できれば保育士を辞めずに勤務した状態で転職活動を進めるのがおすすめです。理由は、保育士を辞めてしまうと収入がなくなり、次の就職に焦ってしまうためです。焦ってしまうと、自分のやりたくない仕事をせざるをえなくなってしまったり、ブラック企業に転職してしまうリスクが増えてしまいます。

勤務しながらの転職活動は、体力的には大変になりますが、ブラック企業に転職してしまうリスクなどを減らすことが出来ます。

できれば資格やスキルを身に着けておく

目指している職種が決まっているのであれば、それに関連する資格やスキルなどは身につけておくに越したことは有りません。保育士としての職種はなかなか評価されることは少ないので、少しでもやる気を見せるという意味でも重要です。また、目指している職種に関連する資格がない場合でも最低限のPCスキルは身につけておいたほうが良いでしょう。

転職エージェントを活用する

保育士が第二新卒で就職転職を成功させるためには、転職エージェントの利用が不可欠です。

転職エージェントは、様々な面で転職者を支援してくれます。履歴書や職務経歴書へのアドバイスはもちろん、面接への受け答えなどのアドバイスも受けることができます。

企業側への質問や問い合せ、面接のスケジュール調整もしてくれるので、働きながらの転職活動でも負担を減らすことが出来ます。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
スポンサーリンク
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。
求人内容に差があるため複数社に同時登録して併用がおすすめです。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士から異業種への転職
スポンサーリンク
シェアする
保育士の手帖