保育園の園長(施設長)の仕事内容、給料、なり方を紹介。

保育園の園長(施設長)の仕事内容、給料、なり方を紹介。保育士の求人探しのコツ・転職のコツ

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の皆様。保育士を極めていくと見えてくるのはやはり園長(施設長)という仕事だと思います。

今回の記事では、保育園の園長(施設長)の仕事内容、給料、なり方について解説します。

先に結論を簡潔にまとめると以下のようになります。

  • 園長になるには法律上は条件などは特に無い
  • 一般の求人では主任保育士以上の経験が求められることが多い
  • 雇われ園長の給料は500万以上
  • 保育園の園長の求人を探すには保育士の転職エージェント利用がおすすめ


ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育園の園長(施設長)とは?

保育園には必ず園長が一人在籍しています。園長ではなく「施設長」という呼称をする保育園もあります。保育園が「〇〇園」という名前とは限らないためです。つまり、世の中の保育園の数だけ園長が存在することになります。

園長によって、保育園の方針や色が変わってくる大切な存在になります。

そして、園長には実は2種類のパターンがあります。

  • 雇われ園長
  • 経営者の園長

「雇われ園長」は保育園を運営する法人が雇う園長になります。感覚的にはチェーン店の飲食店の店長のような立場になります。

「経営者の園長」は保育園を立ち上げた経営者の園長になります。感覚としては街の居酒屋のオーナーのような立場になります。

保育園も飲食店同様に、同じ園名で多店舗展開しているものもあれば、街で一箇所だけの園を運営している場合もあります。

このような「雇われ園長」と「経営者の園長」では、その保育園での立場や影響力、仕事内容なども異なってきます。

雇われ園長は基本的には会社の方針に従って保育園を運営することになります。経営者の園長は自分が保育園の方針を決めて運営を行います。

このように、同じ園長という存在であっても権限や立場は異なってきます。

園長の仕事内容

保育園の園長の仕事内容は多岐にわたっています。

  • 保育園の運営
  • 資金の管理
  • 保育士の管理・指導
  • シフトの作成
  • 保護者の見学の対応や説明会
  • クレームの対応
  • 保育士の採用や面接
  • 会議への出席
  • 法人本部とのやり取り

など様々です。保育園の運営に必要な管理業務をすべて行います。実際に子どもの保育を直接行なうことは少ないですが、保育経験のある園長であれば、現場を見直す意味でも保育を実施することもあります。

園長では足りない場合は副園長や主任保育士に指示を出して、業務を遂行していく必要があります。

うまく指示が出せなかったり、園長としての責務をまっとうできないと法人本部と保育士の間で板挟みとなってしまうこともあります。

なにかトラブルがあれば矢面に立って対応することが求められますし、事故の責任なども園長が取る必要が出る場合もあります。

例えば、大津の園児に車が突っ込んだ事故では、当該の法人の理事長や保育園の園長が公の場で記者会見を行っていました。

これは稀有な例ではありますが、いずれにしても責任も重大で楽な仕事ではないのが園長という業務になります。

園長になるための条件とは?

保育園の園長になるための条件を紹介します。

資格は必要?

実は保育園の園長になるために資格は必要ありません。もちろん保育士の資格も必要はないです。園長(施設長)はあくまでも保育園の管理業務をするので保育士の資格は必要がないのです。

保育士としてその保育園で何年か経験を積んで研修などを受けると園長になることが認められるという制度にはなっていません。

なのでルール上は認可外保育施設はもちろん、認可保育園であっても誰でも保育園の園長になることができます。そのため家族経営の保育園の法人だと、園長や副園長が保育士の経験がない身内で固められていることもよくあります。

そのほかによくある例としては、介護施設なども運営している社会福祉法人の保育園であれば、介護施設の優秀な職員などを保育園の園長として連れてくるという方法です。

このように、世の中の保育園には保育士資格を持っていない園長も多く存在します。もちろんそのような園長は子どもと直接関わる保育の仕事をすることはなく保育園の管理業務をしています。

保育士の資格や経験が必要ないのは法律上の話で、実際には保育園を運営する多くの法人では保育士の資格と保育経験のあることを条件に園長を募集しています。保育の経験があって保育現場のことを理解していないと保育園の管理業務もつとまりにくいからです。

必要な経験は?

園長として一番必要な資質は保育士と同様で子どもが好きで熱意を持って保育園の運営に取り組めるかということです。

園長になるのに必要なのはおおよそ10年以上の保育経験が目安として必要になります。ただ、年齢でいうと最近では新設の保育園も増えていて若い園長も増えてきています。経験年数だけではなくマネジメントスキルなどの手腕があれば、若手でも園長を目指すことは十分な時代に可能になっています。

また、子どもの定員が少ない小規模な保育園(小規模保育事業)も増えているのでマネジメントができる保育士を園長として雇用したいという保育園の運営会社も増えています。しっかりと会社の意図などを把握して園を運営していく必要があります。

もちろん年数だけではなく、保育園を運営する上で様々な能力が必要になってきます。最低限として、保育園で主任保育士が務まるくらいの経験は必要です。

まずは主任保育士として園長候補として採用されて、園長業務を教えて園長として独り立ちさせるという採用方法も増えています。

こんな人が園長に向いている

保育園の園長に向いているのはズバリ「リーダーシップのある人」になります。

時には、保育士に対して厳しく指導することも必要です。また、決めるべきことは園長がしっかりと決断する必要があります。自治体とのやりとりなども園長が代表して行なうことも多いです。

自分の手が足りないときは、副園長や主任保育士にしっかり指示を出して手を借りことが必要です。

頼りない園長だと保育士に見られてしまい、辞められてしまったりすると、また新たな保育士を雇う必要があります。

保育士不足なので、保育士の就業の満足度もあげつつ良い保育園を運営していくにはリーダーシップのある園長が不可欠になっています。

また、園長はその保育園の顔になるので、保護者からのイメージや信頼も重要です。

保護者からの信頼を得られないと、不信感が増してクレームに繋がったり、翌年以降の園児の募集にも影響が出てしまいます。

保育園の園長の給料は?

保育園の園長の給料は最低でも月給30万円以上になります。各種手当などを含めて年収に換算すると500万以上が相場になります。

雇われの園長の場合は年収500万円〜700万円くらいに収まる人がほとんどだと思います。自分で保育園を経営している園長はもっと給料をもらっていることもあると思います。

保育士の給料と比べるともちろん高い水準であることは間違いないので、キャリアアップとして目指す価値があるのが園長職になると思います。

保育園の園長になる方法

保育園の園長になる方法は大きく以下の二通りの方法があります。

  • 自分で保育園を作って園長になる
  • 既存の保育園の園長の求人に応募する

自分で保育園を作るというのはなかなかハードルが高いです。認可保育園であれば、国や自治体が定める様々な条件を満たした保育園を作る必要があります。

また、先にも書いたとおり、家族経営の保育園では園長などの重要なポストは身内で固められることがほとんどなので、そのような保育園で園長に就任するというのもなかなか難しいのが実情です。

なので、普通の保育士が園長を目指すのであれば、保育園をたくさん運営する法人の園長職が一番手っ取り早いです。

最近では、多くの法人が新設の保育園をオープンしているのでその分の園長職の確保も必要になってきます。このような法人ではまずは園長候補として主任保育士などに採用されることが多いです。

求人も保育士の採用とは別に用意されているので、条件などをよく確認して応募する必要があります。

ただ、園長職の求人はハローワークや求人誌には余り出回らないことが多いです。なので、保育士の転職エージェント利用がおすすめです。

転職エージェントはたくさんの保育園を運営する法人に保育士の紹介もたくさんしているので、園長職の募集も同時にかけていることが多いです。ネット上では見つからない非公開の求人を紹介してもらうことができます。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

まとめ

保育園の園長(施設長)の仕事内容、給料、なり方の結論を簡潔にまとめると以下のようになります。

  • 園長になるには法律上は条件などは特に無い
  • 一般の求人では主任保育士以上の経験が求められることが多い
  • 雇われ園長の給料は500万以上
  • 保育園の園長の求人を探すには保育士の転職エージェント利用がおすすめ

責任もとても大きいですが、やりがいもとてもあるのが保育園の園長です。給料の面でも保育士の方は目指してみるのも良いと思います。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育士の求人探しのコツ・転職のコツ 保育施設や保育士の種類と特徴
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました