保育士の仕事は不況に強い?新型コロナの不景気で保育士はどうなる?

保育士の仕事は不況に強い?新型コロナの不景気で保育士はどうなる?保育士の仕事

2020年10月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆様。新型コロナウィルスなどの影響により、不景気などを心配している方も多いと思います。

確実にこれから日本は、世界は不況を迎えることになると思いますが、このような不況時に保育士という仕事は良いのか悪いのか、今後どうなっていくのかという点を解説します。

先に結論を書いておくと、保育士の仕事は不況には強いです。

  • 夫婦の共働きの加速により保育需要の拡大
  • 基本的には保育士の給料は変わらない仕組みになっているため
  • そもそも低賃金なので下がりしろが少ない
  • 保育士は低収入の生活レベルにもなれている
  • 新型コロナ不況で潜在保育士の復帰が増える可能性は高い

ただ、新型コロナ不況で潜在保育士の復帰が増える可能性は高いので、良い意味でも悪い意味でも保育士間の競争などは激化するかもしれません。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

新型コロナウィルスが現在保育園に与えている影響

現時点(2020/04)では、保育所が一斉休園になるということは起きていません。感染者が出ている保育園が休園になる程度になっています。

新型コロナウィルスの影響で現在、保育所に出ている影響は、

小学校などの休校によって、子どものいる保育士が出勤ができなくなり保育現場の人手が足りなくなっている状況です。

また、普段以上にウイルスの予防に対して、気をつかいながら保育をする必要が出ていて、人数が減っている状態のなか負担も増加しています。

コロナの感染やそれに伴うバッシングを恐れての保育士の退職も増えている

一部の保育園では新型コロナウィルスに感染するリスクを恐れたり、感染してしまった後のバッシングを恐れて、保育園を退職する保育士も出てきています。

「コロナ感染恐れて保育士が続々退職 川崎の2保育園が急きょ閉園 園児21人は系列園で受け入れ」https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/hoiku/29405/

特に家族に高齢の方や持病を持つ同居者がいる場合は、保育園が継続して開園していることで、勤務中に新型コロナウィルスに感染した場合のリスクが大きくなっています。そういう方が感染などを恐れて、退職するという事態が増えている状況です。

私の考えでは、おそらく保育所が完全な一斉休園には、完全なロックダウン(都市封鎖)状態になるまではしないと思います。

また、そうなっても医療従事者、コロナウィルス対応の関係者の子どもは交代で保育することになると思います。

これはある意味ではしょうが無いことだと思います。これだけ重要なインフラであるにも関わらず給料が安いということは引き続き訴えていく必要があると思っています。

保育園への登園自粛が長引くと新たな保育士の雇用が停止されるかも

現時点(2020/04/07)では、一都三県や大阪、兵庫などでの緊急事態宣言の発令によって、在宅で保育が可能な保護者の方に対して、可能な限り登園自粛を求める保育園が増えています。

その結果として、登園する児童数も減っており、勤務している保育士に関しても、出勤数を減らしたり在宅での勤務を行っている保育園も増えています。

パートや非正規の保育士は、実質的に勤務ができない状態にもなっています。

この状態が長く続く場合は、保育園としても新規の保育士を採用するというような状態ではなくなってしまかもしれません。

保育士試験の中止も相次いでいる

令和2年4月7日時点でほとんどの都道府県で4月18日(土)及び19日(日)に実施予定の「令和2年保育士試験(前期)筆記試験」は「中止」決定されています。

既納の受験手数料の取り扱い等に関しては、今後の対応を現在検討中です。決まり次第ホームページ等で案内するそうです。

詳細は、全国保育士養成協議会などのホームページを確認してください。

後期の試験も実施できるかどうかは未だに不透明で、新規に保育士の資格を取得するチャンスも少なくなってしまっている状況です。

新型コロナの不景気になったら?保育士の仕事は不況に強い?

先に結論を書くと、保育士の仕事は不況に強いです。

  • 夫婦の共働きの加速により保育需要の拡大
  • 基本的には保育士の給料は変わらない仕組みになっているため
  • そもそも低賃金なので下がりしろが少ない
  • 保育士は低収入の生活レベルにもなれている
  • 新型コロナ不況で潜在保育士の復帰が増える可能性は高い

現にリーマンショックの際にも保育の分野はさほど影響を受けていませんでした。これについて詳細を解説します。

夫婦の共働きの加速により保育需要の拡大

不況になるというとこは、各個人の収入が悪化するということになります。不況の内容によっては影響がある人も、あまり影響がない人もいるかもしれませんが、平均としては収入が下がることになります。

共働きでない世帯では、収入が悪化すると生活ができなくなるので、パートに出る人が増えることになります。

そうなった時に、子どもの保育が必要になります。すでに共働きをしている場合は、収入を下げるわけにはいけないので、そのまま継続することになります。

もともと共働きというのが増えていて保育需要が拡大傾向にありますが、それが一層進んでいくことになります。

保育需要が増すとということは、保育士の人数も多く必要になるので、雇用は維持されることになります。

ただし、あまりにも雇用がなさすぎると保育需要が減る場合も

ただしあまりにも不景気が続き深刻になり、雇用がない状態が続くと保育園も影響を受けることになるかもしれません。

保育園に子どもを預けるためには、基本的には両親がともに就労している必要などがあります。仕事がなく失業状態が続くと、保育園に子どもを預けることができないためです。

仕事がないということは保育園を利用できないということになるので、失業率がかなりたくなるような状況だと、保育需要は減ってしまう場合もあるかもしれないです。

基本的には保育士の給料は変わらない仕組み

不況でも基本的には保育士の給料は変わらない仕組みになっています。

保育園の収入は、国の補助金で成り立っているので、預かっている子どもの人数などによって一定額が決まってきます。

つまり、保育園に通う子どもが減らなければ、基本的には保育園の収入は変わりません。

そして、前述したとおり、不況になったからといって保育園に通う子どもが減るわけではなく、むしろ増えるので、保育園の収入は落ちません。

なので、保育士に支払われる給料も基本的には減ることはないです。

もちろん、国からの補助金である公定価格は見直されることもあり得ますし、国の財源が厳しくなり処遇改善などが減らされてしまうことは考えられます。

そうなってくると保育士の給料にも少しは影響があるかもしれません。

そもそも低賃金なので下がりしろが少ない

国からの補助金である公定価格は見直されることもあり得ますし、国の財源が厳しくなり処遇改善などが減らされてしまうことは考えられると、書きましたが、

保育士は、そもそもが低賃金なので給料の下がりシロが少ないです。保育士は全職種の平均給与などと比較しても低水準ということもあり、これ以上少なくなると最低賃金を割る可能性もあるかもしれません。

皮肉な話かもしれませんが、そもそも低いので極端な収入源というのは構造上起きにくくなっています。

保育士は低収入の生活レベルにもなれている

これも皮肉な話ではありますが、保育士として働いている人は低収入の生活レベルにもなれていると思うので、生活レベル的な影響も少ないと思います。

家賃も高くないところに住んでいて、日々の節約のコツなども知っている人も多く、生活レベルは高くない人も多いともいます。

なので、仮に収入が少し下がったくらいでは、全く問題ないという人も多いと思います。

新型コロナ不況で潜在保育士の復帰が増える可能性は高い

ここまで説明したとおり、保育の仕事は比較的不況には強いです。新型コロナの影響で不況になると、他業種でも収入がガクッと落ちてしまう人や、失業状態になってしまう人も増えると思います。

今までは、保育とは違う異業種で働いていた金銭的なメリットが少なくなり、相対的に見ると保育士の給料の方が高いと言うことが起こります。

そうなってくると、他業種から保育士に戻ったり、他業種で失業した人が保育士の仕事に復帰するということも増えてくると思います。

既存の保育士にとっては、人手不足が解消されるというメリットもあるかもしれませんが、転職という意味ではライバルが増えることになります。

不況になってもブラック保育園は変わらずブラックで、ますますホワイト保育園の採用枠は少なくなると思います。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。※日本全国の保育士の求人に対応しています。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

プロフィール
保育士さえこ@ブラック脱出済み

多数の転職経験があります。

・幼稚園で3年間勤務
・認定こども園で1年間勤務
・認可保育園で1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の仕事 保育士の生活
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました