加配保育士とは?仕事内容や役割、給与待遇について解説【障害児保育】

加配保育士とは?仕事内容や役割、給与待遇について解説【障害児保育】保育施設や保育士の種類と特徴

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の皆様。加配保育士と言われる保育士の仕事内容をご存知でしょうか。

保育園は障害児を受け入れた場合に、規程の保育士の人数に加えて配置される保育士が加配保育士です。

今回は、加配保育士の仕事内容や役割、給与待遇について解説します。



ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

加配保育士とは?

保育園は障害児を受け入れた場合に、保育士も追加で配置して障害児保育を行います。障害を持つ子どもに対して現状の保育士の配置基準通りで援助を行なうと、保育士が足りなくなってしまうためです。

追加で配置すべき保育士の人数は自治体などによって異なりますが、おおよそ障害児1~2人に対して保育士1人程度となっています。

対象は病院等で障害の診断を受けている子どもになります。この追加で配置された保育士を「加配保育士」と言います。

また、自治体によってすべての保育園で障害児保育を行っている場合もあったり、公立保育園などの特定の保育園だけで行われている場合もあります。

加配保育士の仕事内容としては、障害児とマンツーマンで保育を行なう場合もあります。また、複数の障害児に対して保育を実施する場合もあります。

保育園によっては、単にクラス内に保育士を追加で配置してなるべく通常通り保育を行なう場合もあります。

このような場合は、加配保育士として追加で配置されていても業務内容は普通の保育士とたいして変わらない内容になります。これらの保育のやり方は保育園によって様々です。

加配保育士の役割や仕事内容は?

加配保育士の仕事内容は、障害児の保育になります。保育士が障害児につきっきりで保育を行う場合もあれば、クラスの集団のなかで他の保育士と連携して保育を行う場合もあります。これらは保育園や状況によって様々です。

保育園によっては誰が加配保育士と決めず、単純に保育士を一人増員してクラス運営などを行う場合もあります。

もちろん保育士は、集団の中で他の子どもに危害が加わるようなことが無いように見守る必要があります。

必要であれば児童発達支援センターなどの連携機関とのやり取りも行いつつ、個別のカリキュラムを作成し実行をする場合もあります。児童発達支援センター・事業所については以下の記事でも紹介しています。

加配保育士に必要な資格は?

加配保育士は保育士資格とは別の資格は特に必要はありません。保育士資格があれば加配保育士として働くことが可能です。

障害児保育についても保育士資格のカリキュラムに含まれているため、保育士資格の取得者は加配保育士として働くことができます。

保育士の資格を取得した際に勉強しているはずです。とはいっても保育士資格をとってから長い年月がたっていると、障害児保育について忘れてしまっている人も多いと思います。

障害に関して正しい知識が必要にもなりますので、加配保育士として働く場合には再度、障害児保育について学びなおしておくと良いです。

また、自治体によってはキャリアアップ研修内で障害児保育についての研修を実施していたりもするので、そのような場所で学ぶ機会も与えられています。

キャリアップ研修は受講すると、処遇改善費などが加算されるので、保育園と相談して受講の調整をしてもらうと良いです。

加配保育士に対する補助金は?

保育園は、障害児を受け入れて加配保育士を配置した場合に国や自治体から補助金を受けることができます。

つまり、障害児を受け入れ保育園に保育士に人数が増えたからといって保育士一人ひとりの給料が減ってしまうということがないようになっています。

国としては障害児に対しても平等に手厚い保育が実施できるように制度を策定しています。国は以下のような制度を実施しています。

療育支援加算(子どものための教育・保育給付費負担金)

障害児を受けて入れている保育所への補助金になります。

主任保育士を主任業務に専任させるための代替保育士の配置等の実施に係る加算(主任保育士専任加算)の対象とされており、かつ障害児を受け入れている施設において、地域住民等の子どもの療育支援に取り組む場合に、主任保育士を補助する者を配置するために必要な経費を負担するもの。
① 特別児童扶養手当支給対象児童受入施設の場合 月額:約57千円
② ①以外の障害児受入施設の場合 月額:約38千円

障害児保育加算

障害児を受けて入れている小規模保育A型事業所に対する補助金になります。

障害児を受け入れる特定地域型保育事業所(居宅訪問型保育を行う事業所を除く。)において、障害児2人につき、保育士1人を配置するために必要な経費を負担するもの。(特定教育・保育施設は加算対象外)
平成 29 年度補助単価 障害児(1,2歳児)1人当たり月額:約149千円

保育環境改善等事業(保育対策総合支援事業費補助金)

障害児を受け入れるために行った改修等を行った経費の一部の補助になります。

保育所等において、障害児を受け入れるために必要な改修等に必要な経費の一部を補助するもの。
平成 29 年度補助単価案 年額:1,029千円

保育所等訪問支援(障害児入所給付費等負担金)

児童発達支援センター等による訪問支援を実施する場合の補助金になります。

保育所等を利用中の障害児が、保育所等における集団生活の適応のための専門的な支援を必要とする場合に、児童発達支援センター等による訪問支援を実施するために必要な費用を負担するもの。(個別給付)
平成 29 年度基本報酬額:月額約36千円
※ 障害児1名が週1回利用した場合の基本報酬

加配保育士の給料・待遇は?

加配保育士だからと言って、給料が加算されるという話はあまり聞いたことがありません。前述の通り、保育士資格を持っていれば、障害児保育の知識も持っていて、誰でも加配保育士として働くことができるためです。

ただし、障害児保育の経験がある場合は、単純に採用時に有利になる場合があったり、経験を加味して基本給の上乗せをしてくれる場合はあります。これはその保育園次第といったところになります。

障害児保育に力を入れているような保育園であれば、経験を加味して賃金に上乗せを行なってくれることもあると思います。

障害児保育は、通常の保育スキルに加えて専門性も高いプラスアルファの能力・スキルになるため、経験する価値は非常に高いと言えます。

今後保育士として転職活動をする必要が出てきた際にも、一つのアピールポイントにすることが可能でしょう。

加配保育士になるには?

通常、加配保育士としての保育士の募集はあまり多くはありません。障害児の入園がなければ、加配保育士は必要がありませんし、障害児が卒園したら加配保育士も不要になるためです。

そのため、加配保育士はパートや契約社員、派遣保育士など期間を定めた雇用形態で募集することが多いです。

例えば、派遣保育士を一人雇用すれば、もともと雇っていた正職員を加配保育士として配置すれば良いことになります。なので、保育園としては加配保育士という名目で求人を募集する必要はそもそもあまりありません。

どうしても保育士としてのキャリアの中で障害児保育に携わりたいという場合は、障害児保育に力をいれている保育園に入職すると良いです。

そうすれば、必ず障害児保育に携わる機会がやってくると思います。そのような障害児保育に力をいれている保育園を探すには保育士の転職エージェントがおすすめです。

通常では見つからない保育士の求人を紹介してくれることもよくあります。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

また、障害児保育の経験を積みたいという方は児童発達支援事業所や放課後等デイサービスへの就職を検討するのも良いかもしれません。

保育士の資格を持っていて、保育の経験がある方は即戦力として採用してもらえる可能性が高いです。給料に関しても保育園よりよい待遇のところもあるので、一考の価値があると思います。

児童発達支援事業所や放課後等デイサービスについては下記の記事でも紹介しています。

【補足】グレーゾーンの子どもへの対応について

難しい問題ですが、加配保育士を配置できるかどうか(= 保育園が補助金をもらえるかどうか)は子どもが医師から診断を受けているかどうかによります。

保護者の方で自分の子どもが障害児だとは認めたくなく、医師の診断を受けることを拒んでいるケースもあります。そのような場合は、当然加配保育士を配置することはできません。(保育園が補助金を貰うことができないため)

また、保育士は医師ではないのでもちろん診断することはできません。

保育園としては当然、診断を受けていないグレーゾーンの子どもたちの保育も行う必要がありますが、このように子どもが診断を受けておらず、

加配保育士が配置されないとクラスの運営が成り立たなくなってしまう場合もあります。昨今では、このようなケースも問題になっており、保育士の負担増加にも繋がっています。

他の園児にとっても、障害児にとっても加配保育士による支援は大切になっています。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育施設や保育士の種類と特徴
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました