子連れの保育士が復帰は転職支援がある転職サイトがおすすめ。子持ち主婦も!

スポンサーリンク
子連れの保育士が復帰の際は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめ【子持ち主婦/主夫】これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】

そろその職場復帰したいなあというお子さんがいらっしゃる保育士の方。

子連れの保育士が復帰する際の就職転職は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめになります。

子育てをしながらうまく時間を割いていくというのは難しいですが、保育士の転職サイトを利用すれば、就職活動に掛かる負担をかなり軽減することが出来るためです。

今回は、なぜ子連れの保育士が復帰する際の就職転職は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめなのかという点を解説します。

スポンサーリンク

※マイナビ保育士の登録者が増加中!

保育士の求人探しなら【マイナビ保育】

子持ちの保育士の復帰は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめ

子持ち、子連れの保育士が復帰をしたいというときには転職支援がある転職サイトの活用がおすすめです。

保育士転職サイトはほとんどが転職支援をしていて、登録すると一人の担当者がつきっきりで希望条件に合わせた就職・転職の支援をしてくれます。もちろんブランクがある方でも利用ができます。

もちろんパートでも派遣でも正職員での仕事でも保育サイトを利用することができます。

スポンサーリンク

なぜ子持ちの保育士の復帰は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめか?

なぜ子持ちの保育士の復帰は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめかという点を解説します。理由は大きく以下の5つがあります。

  • 非公開求人を知ることができる
  • 面接時間、スケジュールの調整が容易
  • 入職後の労働条件のすり合わせも可能
  • 時給や待遇の交渉の可能
  • 保育園と自分で連絡を直接する必要がほとんどない

これらについて以下から説明していきます。

単純に多くの求人情報を教えてもらうことができる<非公開求人を知ることができる>

これは、子連れの方かどうかというのは無関係ですが、保育士転職サイトを利用すると単純に多くの求人情報を教えてもらうことができます。

保育士転職サイトには、「非公開求人」というものがあって、ネット上には公開せれておらず、登録しないと教えて貰えないものがあります。このような求人には高待遇のものも少なくないです。

子持ちの方に限らずですが、就職や転職の際の選択肢は大いに越したことはないです。ちなみ、各転職サイトごとにそれぞれ非公開求人があることもあるので、転職サイトは複数サイトを併用するのが良いです。

子連れの保育士は面接にもなかなか行きにくい<スケジュール調整は転職サイトにおまかせ可能>

面接の間の時間に子どもをどうすべきかという問題があると思います。頼れる人がいれば問題は無いですが、そうではないことも多いと思います。

特に、就職などの面談は割と直近の日程で組まれることも多く、急にお子さんを預けるというのも難しいですよね。保育士が必要だから募集をかけているので、他の人から早く応募があればそちらを採用する可能性も上がってしまいます。

なんかこれから採用の面接を受けに行くというのに、あの日はだめ、この日もだめと断ってばかりになってしまうと、なんか心象も悪いですし、自分の気持ち的にもよくないですよね。

保育士の転職サイトを通すことで面接や見学の日程調整もしやすくなります。担当のアドバイザーが就職希望者の日程を踏まえた上で、スケジュールを保育園側と調整してくれます。直接やり取りしないので、自分の都合だけを考えてスケジュールを組むことができます。

子連れの保育士は就業条件も複雑に<細かい条件交渉も転職サイトにおまかせ可能>

シフト制で週5一日8時間働けるというわけではない場合も多いと思います。子どものことを考えると就業時間の希望も複雑になります。保育園に預けることが出来たとしても、自由なシフトで出勤できるわけではありません。

そのような状況の中、保育園と就業条件についてしっかりとすり合わせた上で、面接に合格しなければいけません。

いざ面接に行って見て、その条件だと難しいという形で不採用にされてしまったことはありませんかそれだったら先に言ってほしいですよね。保育園は求人について問い合わせると結構、とりあえず「いついつに面接に来てください」といきなり見学や面接が始まることも多いです。その場合は、面接に行く時間も無駄になってしまいますし、履歴書や写真だって作り直し・取り直しが必要です。

保育士の転職サイトを通すことで、このような複雑な従業条件もあらかじめ保育園側と担当のアドバイザーが行ってくれます。

例えば、

  • 週3で一日5時間
  • 月曜日と水曜日は早番で出勤できない
  • 土曜日は毎週出勤できない

人によって様々な細かい希望があると思います。というような複雑な条件交渉をあらかじめ保育園側と調整してくれます。そして、その条件に合わなければそこから先の選考に進むことはありません。

つまり、面接に行く時間や履歴書などを用意する手間をかなり省くことができます。

時給や待遇の交渉も出来る場合も

これ以外にもうまくいけば、自分ではなかなか出来ない時給の交渉などについても行うことができる場合もあります。

やはり子連れの保育士が自分一人で就職転職活動をしていると、ブランクがあるからというような理由で、低い時給や待遇で保育園にうまく丸め込まれてしまうこともあります。

なかなか、金銭面の交渉は、個人対保育園ではやりにくいですよね。あまりグイグイ行くと心象が悪くなって面接に落とされてしまうということも危惧されます。

保育士の転職サイトはその点も慣れていて、交渉も得意なので安心して任せることが出来ると思います。

保育園と自分で連絡を直接する必要がほとんどない<保育園が常に間に入る>

これから就職を考えている保育園からの大切な連絡は確実に出てすぐに返答をしたいですよね。でも、子育てをしていると電話に出れない時間も多々発生すると思います。電話が来る時に限って電話に出れず、折返しの電話を掛けたら今度は、保育園に担当者がいない。。。このようなことはあるあるかもしれません。

また、聞きたいことを聞きそびれてしまったり、これから採用不採用が決まるということを考えると、あまり待遇面のことを細かく根掘り葉掘り効くというこも心象を悪くしてしまわないかとためらう人も多いと思います。

保育士の転職サイトを通して就職転職活動をすると、基本的に保育園と直接やりとりするのは担当になったアドバイザーです。アドバイザーに保育園に聞きたいことなどをまとめて伝えておけば、代わりに聞いておいてくれます。

自分自身に電話が来るのは、担当になったアドバイザーからなので、仮に電話に出損なってしまったとしても、心象は悪くなりません。自分の気持ち的にも楽で良いです。

スポンサーリンク

子連れの保育士はどのように保育士転職サイトを活用すればよいか?

まずは2〜3個の保育士の転職サイトへ登録するのがおすすめです。これは、保育士の転職サイトはサイトによって求人の内容に偏りがあるためです。

サイトによって住んでいる地域に強い・弱いというのもあるので、登録してその条件だとあまり求人がないと言われても、諦めずに、他の転職サイトに登録してみてください。今は、保育士不足の時代なので、いくつか登録すれば、良い求人が見つかる可能性も高いです。

保育士の転職サイトを活用した効率の良い就職転職などの進め方については、以下のページでも詳細に解説しているので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【おまけ】面接中に子どもを預けることができる場所はある?

おまけですが、面接中にお子さんを預けることができる場所について紹介します。

認可保育園の一時保育

認可保育園では一時的に子どもを預けることができる「一時保育」を実施している場合があります。もちろん、面接に行く際での利用も可能です。

利用の際は、市区町村の窓口、もしくは、保育園に確認をしてみてください。

認可外保育施設の一時保育

認可外保育施設でも、一時的に子どもを預けることができる「一時保育」を実施している場合があります。料金的には、認可保育園の場合よりも高額になる傾向があります。

利用を希望する場合は、保育施設に直接問い合わせが必要です。

ファミリー・サポート・センター事業(ファミサポ)

ファミリサポート、通称、ファミサポは、地域で乳幼児や児童を預けたい労働者や主婦に対して、会員が援助を行ってくれる仕組みになります。市区町村がうねいしていることが多いです。ちなみに、かかる金額は比較的安めになっています。

利用をするには、各市区町村で利用登録をする必要があります。

ベビーシッター(キッズライン等)

民間のキッズライン等のベビーシッターサービスも活用することが可能です。シッターさえ入れば、お金はもちろんかかりますが、条件無しで面接中のお子さん観てらうことができます。

利用は民間のベビーシッターサービスに(キッズライン等)に登録し、シッターとマッチングする必要があります。

同伴という選択肢もある!

ちなみに、保育園の面接に子ども連れていくというこも、園側の対応によっては可能です。そもそも保育園なので、お子さんの対応には慣れているので可能であることも多いです。こちらについても、登録した転職エージェントにお子さん同伴でも可能かどうかを聞いてみるのが良いと思います。

スポンサーリンク

【まとめ】子連れの保育士が復帰する際の就職転職は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめ【子持ち主婦】

子連れの保育士が復帰する際の就職転職は転職支援がある転職サイトの活用がおすすめということを書きました。理由は大きく以下の通りです。

  • 非公開求人を知ることができる
  • 面接時間、スケジュールの調整が容易
  • 入職後の労働条件のすり合わせも可能
  • 時給や待遇の交渉の可能
  • 保育園と自分で連絡を直接する必要がほとんどない

子育てをしながらうまく時間を割いていくというのは難しいですが、保育士の転職サイトを利用すれば、就職活動に掛かる負担をかなり軽減することが出来ます。

このブログでもおすすめの転職際サイトなどを紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
タイトルとURLをコピーしました