ブランクがある方は派遣保育士での復帰がスムーズでおすすめ!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


ブランクがある保育士の方で復帰を考えている方。どのような雇用形態で復帰するか迷いますよね。

個人的におすすめなのは、派遣保育士での復帰になります。理由は、ブランクからの復帰がとてもスムーズに行えるためです。

今回は、ブランクがある方は派遣保育士での復帰がスムーズでおすすめという理由や、どのような保育士派遣会社がおすすめなのかという点を紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

ブランクがある方は派遣保育士での復帰がスムーズでおすすめ!

タイトルにもあるようにブランクがある方は派遣保育士での復帰がスムーズでおすすめです。今回は、その理由やどのような保育士派遣会社に登録するのがおすすめなのかという点を紹介します。

ブランクのある方の派遣保育士での復帰はなぜスムーズなのか

まずは、ブランクのある方は派遣保育士での復帰をどうしてスムーズに行うことができるのかという点を説明します。

複雑な面接や選考が無い

派遣保育士としての就業には、正規の保育園での就業の際にあるような複雑な面接や選考がありません。

派遣保育士になるためにはまずは保育士派遣会社に派遣登録を行います。この段階では、まだ登録をしただけなので必ず希望の仕事があるとは限りません。そしてこの派遣登録自体は保育士に関して言えばほぼ断られることはありません。基本的には資格を有していれば、ブランクがあっても未経験であっても登録自体を断られることはまずありません。

そして、実際の働く保育園からの派遣依頼は、本人にではなく派遣会社に来ることになります。そして、派遣会社は条件に合致している派遣ができる保育士をその保育園に派遣します。その過程においても、保育園が直接保育士を面接して合否を決めるということはありません。簡単な顔合わせの面談はあっても、それ以外は会社同士のやりとりになります。

派遣会社からしてみれば保育士を派遣することができると利益につながるので、ブランクの有無は関係なく保育士が就業できるようにサポートをしてくれます。

ブランクがある人向けの研修などを受講できる場合がある

保育士派遣会社によっては、ブランクがある方向けに就業前に事前に研修などを実施してくれるところもあります。研修を受けた後であればスムーズに保育園の仕事に復帰ができます。

緊急を要している派遣求人が多い

ブランクのある保育士が派遣保育士での復帰をするのがスムーズなのは、派遣保育士という仕事自体が緊急を要している求人が多いためです。緊急を要しているというのは、保育園が雇用している保育士に急な退職者が出るなどして保育士の人数が足りなくなってしまったというような場合です。

はぜ派遣保育士の求人が緊急を要しているものが多いのかと言うと、保育園にとっては派遣保育士は決して金額的に安く済む性質のものではないためです。他の業種であれば定年まで雇わなければいけない正社員を雇うよりも派遣社員を雇用したほうが人件費を節約することができることが多いです。ですが、保育業界においては基本的に派遣保育士を雇用するより、正社員やパートなどの雇用形態で直接雇用したほうが金額的には安く済みます。これはそもそもの保育士の給料がそこまで高くないということと、保育士不足の影響もあります。

そのため、保育園はどうしても正社員やパートがうまく採用出来ないという時に派遣保育士の就業を検討することとなります。つまり、それだけ緊急を要しているということです。緊急を要しているということは当然ブランクがある方でも、スムーズに就業できるという可能性が高くなります。

正規保育士に復帰するよりも良い点、メリット

ここからは、ブランクのある保育士が正規ではなく派遣保育士としてまず復帰すると良い点について紹介します。

すぐに復帰できる

これはタイトルとしても散々話していますが派遣保育士であればブランクからスムーズに復帰できるということです。スムーズに復帰できればそれだけ、はやく保育士としての仕事の勘を取り戻すことが出来ます。将来的な給料面でも有利です。

次はブランク無しで転職活動ができる

派遣保育士で保育士の仕事の勘を取り戻すことができれば、次に正社員の保育士になりたいと思ったときはブランク無しとして転職活動が可能です。自分の希望にあったより良い保育園の求人を選ぶことができるようになります。

人間関係等に悩みにくい

派遣保育士は通常、期間が定められての就業になります。半年や1年といった期間です。期間が決まっていると、人間関係においても気持ちがとても楽になります。同僚や園長との関係がこじれたらこれから働きにくくなってしまうなというような懸念をする必要がありません。そして、案外、そのように周囲にあまり気を使わないで仕事をしたほうが結果的に人間関係も良くなったりします。

同僚からの目線としても、派遣保育士はあくまでも外部の会社の人間ですし、最終的にはいなくなるという人に対して必要以上に厳しくするということも少なくなります。

仕事の負担も正規と比較して少ないことも

前項でも書いたように派遣保育士は期間が定めらた就業でしかも外部の会社の人間になります。そのため、保育園の仕事においても重要な部分は正規の保育士が従事することが多くなります。ブランクからの復帰ということを考えると、あまり仕事量や責任がない状態でまずは保育の仕事の勘を取り戻すということに集中することができます。

人間関係や内情を見極めて将来的には正職員の道もある

実は、派遣保育士は契約期間が終了した後に正規の保育士として保育園で働かないかと誘われるケースも多くあります。これは先程も説明したように、派遣保育士は保育園にとっては金額が高くなるということと保育士不足が背景になっています。その保育園の仕事を少なからず覚えた派遣保育士がそのまま保育園で働いてくれるということは保育園にとって大きなメリットです。もちろん保育園側の都合やタイミング等にもよりますが、派遣の期間中にきちんと仕事をしていれば高確率で、引き続き正職員やパートとして直接雇用して働くことを提案されると思います。

保育園としても相手の仕事ぶりがわかっていますし、保育士としても人間関係や内情、給与体系なども事前に理解しているので、スムーズに話が進みます。もちろん、自分がちょっと合わない保育園だなと思えば、他の保育園に転職すれば良いです。

また、派遣保育士には「紹介予定派遣」と言って将来的には、双方の合意があれば正職員として働くということを前提に派遣をされるタイプのものあります。

正規保育士に復帰するよりも悪い点、デメリット

ここからは、反対にブランクのある保育士が正規ではなく派遣保育士としてまず復帰した場合のデメリット等について紹介します。

安定性が無い

派遣保育士は正規の保育士と比べて安定性がありません。そもそもが期間を定められての契約になりので、せっかくブランクから復帰して慣れてきたのに契約終了というリスクもあります。

賞与などが無いことが多い

給与面に関しては、派遣保育士として働いた場合は正職員として働いた場合と比較して劣る場合が多いです。実際の給与は個々の案件によりますが、平均すると賞与部分が正規の保育士と比較した場合に少なくなります。

ブランクからの保育士復帰はどの保育士派遣会社がおすすめ?

ブランクからの保育士復帰は以下の条件を満たす派遣会社がおすすめです。

  • 大手の保育士派遣会社であること
  • 派遣保育士の求人をたくさん取り扱っていること
  • 派遣保育士のサポートが充実している保育士派遣会社であること

小さい会社だと掘り出し物のような派遣求人があるかと思うかもしれませんが、保育士の派遣において基本的にはそのような事はありません。大手であればそれだけ、たくさんの保育園から派遣の依頼が来ます。求人の取扱いが少ないと、条件の合わないような保育園に派遣されてしまうリスクなども増えることになります。

また、大手であればブランク復帰者向けの研修を受けることが出来たり、ブランク保育士でも十分に活躍できる保育園の派遣求人を紹介してくれる可能性も高くなります。

保育士のサポートに関しても大手はたくさんの保育士の派遣実績があるので、マニュアルも充実していて良い意味で手慣れています。ブランクのある方の保育士のサポートも任せることが出来ます。

これらの条件を満たすようなおすすめの保育士派遣会社を以下に紹介しておきます。

  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。派遣会社でもあるので、派遣保育士として勤務を検討している方にもおすすめです。ネット上では見れない非公開の求人もたくさんあります。
  • ほいく畑 | ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。派遣会社でもあるので、派遣保育士として勤務を検討している方にもおすすめです。未経験・ブランク有りの方の支援が充実しています。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

まとめ:ブランクがある方は派遣保育士での復帰がスムーズでおすすめ!

  • 複雑な面接や選考が無い
  • ブランクがある人向けの研修などを受講できる場合がある
  • 緊急を要している派遣求人が多い

また、ブランクがある方が派遣保育士として復帰するのには以下のようなメリットがあります。

  • すぐに復帰できる
  • 次はブランク無しで転職活動ができる
  • 人間関係等に悩みにくい
  • 仕事の負担も正規と比較して少ないことも
  • 人間関係や内情を見極めて将来的には正職員の道もある

逆に以下のようなデメリットもあるので注意です。

  • 安定性が無い
  • 賞与などが無いことが多い