潜在保育士など未経験で保育士として働くのが不安。不安を解消するコツと考え方!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから未経験で保育士として働きたいと思っている方。未経験だと様々な不安があると思います。私も最初に幼稚園へ就職したときは不安だらけでした。

今回は、そのような未経験でこれから保育士として働くという方向けに不安を解消するコツや考えかたなどを紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

未経験で保育士として働く場合に多い不安

潜在保育士さんなど。未経験で保育士として働く場合やこれから働こうと考えている人は、様々な不安があると思います。

  • うまく保育士の仕事ができるか不安
  • 子どもに好かれるかどうかが不安
  • 同僚に嫌われないか不安
  • 保育士の仕事はブラックじゃないか不安

うまく保育士の仕事ができるか不安

資格は持っていても、保育士として仕事をしたことがないとうまく務まるのかどうかが不安になりますよね。

子どもに好かれるかどうかが不安

保育園の子どもたちに先生としてきちんと接することができるか、そして、

同僚に嫌われないか不安

未経験者にとっては、人間関係の不安はつきものだと思います。未経験で仕事ができないことでなにか風当たりが強くなってしまうかもしれないというのはどの業界でも不安に思うことかもしれません。

保育士の仕事はブラックじゃないか不安

特に潜在保育士さんは、保育士の仕事にブラックな部分が多いと思って、保育士として働かないという決断をした人も多いと思います。持ち帰りやサービス残業など今でも保育士のブラックな話はよく聞くので不安になりますよね。

未経験で保育士として働く不安を解消するコツと考え方

ここでは、未経験で保育士として働く不安を解消するコツや考え方を紹介します。

  • ブラック保育園に就職しないこと
  • 最近は保育士の待遇も改善されてきている
  • 未経験でも保育士の資格は取っている
  • 給与は未経験者の水準になっているはず
  • 資格を昔に取ったという人はあらためて勉強し直してみよう
  • 保育士の知り合いと話をしよう
  • 手遊びやピアノの練習をする
  • 自治体等の未経験者向けの保育研修を受講しよう

ブラック保育園に就職しないこと

どこの業界・業種であろうと、未経験・経験者であろうと、共通していることですが、ブラック保育園に就職しないということが一番大切です。

結局のところ、ブラックでなければ、人間関係がよければ、ほとんどの未経験の不安というものは現実化しません。

うまく仕事ができなくても周りがフォローしてくれますし、同僚や先輩、園長もパワハラはしてこないでしょう。

ブラック保育園は保育士を使い倒してまた新たな保育士を雇いますが、ブラックではない保育園は保育士を育てて、スキルを上げてよりよい保育園にしようとします。

ブラックではない保育園で働いて、徐々に保育士として成長して行けばよいです。

保育士未経験であっても転職サイトやエージェントは利用できるので、このブログを参考にブラックではない保育園への就業を目指しましょう。

このブログでは「保育士完全就職転職マニュアル」を公開しています。

最近は保育士の待遇も改善されてきている

潜在保育士さんの中には、保育士の仕事がブラックだったので、就職しなかったという人も多いと思います。

昨今では、徐々にではありますが、保育士の待遇は改善されてきています。待機児童の増加とそれに伴う、保育士不足で、国も重い腰を上げ改善に動き出しています。

ブラック保育園で保育士が一斉に退職して経営難に陥り、運営が困難になるなど、淘汰される動きも出てきています。

近年の保育士の待遇改善の例などは以下の記事でも解説しています。

最初は誰でも未経験!

月並みですが、最初は誰もが未経験です。どんな人でも未経験から仕事をはじめています。

なので、できるかできないかの不安は当たり前ですが、やりたいという気持ちがとても重要です。保育士として働きたいという気持ちがとても大切です。

最近は、保育士の仕事のネガティブな側面が取り上げられることも多いですが、ポジティブな部分もたくさんあります。

未経験でも保育士の資格は取っている

他の職業での未経験での就業と大きく違うことは、保育士として就業するということは、未経験であっても「保育士」の資格は持っているということです。

保育士の資格は国家資格なので、知識としては既に保育士として働くには十分だというお墨付きを国からもらっているということになります。

他の職業に未経験で就職するということは予備知識なんて得ることもできないということも多いですよね。

例えば、わかりやすい例でいうと、スーパーのレジの仕事です。レジの打ち方なんて事前に覚えることはできませんし、機種や会社によっても実際の運用方法は異なります。

未経験とは言っても知識は少なからずもっているはずです。

給与は未経験者の水準になっているはず

保育園で未経験の保育士として働くという方はほとんどが未経験者としての給与水準で採用されることになると思います。

保育園での保育士の仕事をする上で、年齢や他業種の仕事が経験として給与に反映されるケースは少ないです。

つまり、新卒で保育園に就職した学生と同じ給与だと思います。新卒で保育園に就職した学生は当然、未経験ですよね。

未経験としての最低の給与水準で雇用されるので、未経験者として想定される仕事をすれば問題ないわけです。

資格を昔に取ったという人はあらためて勉強し直してみよう

資格を昔に取ったという人はあらためて保育士の勉強し直してみるのが良いでしょう。昔使った教材などでも良いので、読み直してみると実際に働くイメージも再認識できるはずです。

勉強をし直して知識を再学習することで不安が和らぐという側面もあります。なにかに熱中することは不安を和らげる薬にもなります。

保育所保育指針は改定されている

保育士資格をもっている人ならご存知だと思いますが、保育所保育指針という厚生労働省が出している保育園の運営指針があります。

保育士として未経験であることが不安という方は、再度、保育所保育指針を読み直してみると良いと思います。

また、保育所保育指針は改定されているので、資格をとった当時とは変わっているので再度読み直してみると良いと思います。

保育士の知り合いと話をしよう

不安を和らげるのに効果的な方法の一つが保育士として働いている知り合いと話をするということです。

保育士として働いている人が身近にいれば、一度相談をしてみるのが良いと思います。ここに書かれていない自分が思っている不安に対する解決法をきっと知っているはずです。

手遊びやピアノの練習をする

具体的な、未経験保育士の入職に対する備えとして、ちょっと時間が空いてしまった時の手遊びや簡単なピアノの演奏などができるととても便利です。

未経験でもこれらができていると、他の仕事を吸収することに集中することができます。手遊びなどはYouTubeなどでも検索すれば出てきます。それらを年齢別にいくつか覚えておくととても役に立つと思います。

ピアノはどんな曲を練習すればよいかわからないという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

自治体等の未経験者向けの保育研修を受講しよう

各当道府県・自治体では、保育士資格を持っていても保育士として就業していない潜在保育士さんを対象に実習の研修を行っています。

例えば、東京都では、「保育士就職支援セミナー・保育実習」を定期的に無料で実施しています。

保育士資格をお持ちの方で、保育所勤務未経験者またはブランクの長い方を対象に、より現場に近い内容のセミナーと、実際の保育現場での実習を行うことで、専門職としての知識・技術の回復を目指し、保育士として就労することに対する不安を解消します。
 【内容】
  保育の専門知識や保護者支援等について学び、希望者には保育現場実習有り
 【募集定員】
  各回40名(講義のみコース30名、実習付コース10名)/年10回実施  計400名
 【特徴】
  保育士試験合格者向けのコースもあります。
 【受講料】
  無料(ただし、保育現場実習参加者は健康診断料自己負担)

全国的に保育士不足なので、保育士として就職することの支援はとても充実しています。希望者には現場での実習も可能なので、より具体的な未経験であることの不安の解消につなげることができます。

保育士として働き始める前の心得なども!

保育士としてこれから働くという際の心得や事前に準備しておくことなども紹介しています。ぜひ働く際の参考にしてみてください。

まとめ:潜在保育士など未経験で保育士として働くのが不安。不安を解消するコツと考え方を紹介!

今回は、そのような未経験でこれから保育士として働くという方向けに以下のような不安を解消するコツや考えかたを紹介しました。

  • ブラック保育園に就職しないこと
  • 最近は保育士の待遇も改善されてきている
  • 未経験でも保育士の資格は取っている
  • 給与は未経験者の水準になっているはず
  • 資格を昔に取ったという人はあらためて勉強し直してみよう
  • 保育士の知り合いと話をしよう
  • 手遊びやピアノの練習をする
  • 自治体等の未経験者向けの保育研修を受講しよう

これから新しいことを始めるという場合に不安は尽きないと思いますが、様々な方法で不安を減らしたり対処することは出来ると思います。不安が尽きないという方は色々試してみてはどうでしょうか?