海外で保育士・幼稚園教諭が働く方法・求人の探し方は?英語無し日本語のみでOK?


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


「海外で働いてみたい、けど、保育士・幼稚園教諭の職は無理だろう」と思っていませんか。

実は保育士・幼稚園教諭は今海外でもかなり需要が高いです。しかも、日本語だけがしゃべれれば良く、英語が必須でないことも多いです。もちろん人気の求人でもあるので、しっかりとした情報収集が必要です。

保育士不足と言われながらもなかなか改善されない現場に嫌気がさしたら一度海外に出てみるのもありだと思います。

今回は、海外で保育士・幼稚園教諭の求人の探し方・働く方法を紹介していきます。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士・幼稚園教諭が海外で働くことができる施設は?

保育士・幼稚園教諭が海外で働くことができる施設について紹介します。

現地の日本人向けの幼稚園・保育園

保育士・幼稚園教諭が海外で働く場合のもっともポピュラーな施設は現地の日本人向けの幼稚園・保育園になります。特に多いのは幼稚園になります。

日系企業、政府機関などが海外へ進出している場合、日本人の社員も海外で働いている人がたくさんいます。このように海外で働く日本人社員のことを「駐在員」といいますが、駐在員は家族で海外に住んでいることも多いです。

その駐在員のお子様などを対象とした幼稚園・保育園の需要があります。

そのため、日系企業が多く進出しているアメリカ・中国などにはたくさんの日系幼稚園・保育園があるため、日本の保育士・幼稚園教諭の需要も高いです。

駐在員の多くは、割と短期的な期間で入れ替わり、いずれは日本に帰り日本で暮らします。家族もそれに合わせることになります。

そのため、現地の幼稚園や保育園ではなく、日本の文化や伝統、教育方法などを知っている日系の幼稚園や保育園に子どもを預けたいという需要があります。

将来子どもが日本に住んだ時に、日本語をしゃべれない、日本の文化を何も知らないということで、日本社会に溶け込めなくなってしまうのを防ぐためです。

そういった考えから、日本語や日本の文化を学ぶことができる日系の幼稚園・保育園の需要が高くなっています。

インターナショナル・プリスクール

海外のインターナショナル・プリスクールで働くことも可能です。ただし、こちらは現地の言語や英語が必須となる場合が多いです。

プリスクールとは英語圏では2歳頃から、5歳までの子どもが通う施設のことを指します。インターナショナル・プリスクールは英語教育を伴うプリスクールという意味で総称されている場合が多いです。

海外の場合は、英語と母国語の教育を伴う施設になると思います。駐在員向けでは英語と日本語(それに加えて現地の母国語)などの教育を行う施設が多いと思います。

最近では、海外のインターナショナル・プリスクールであっても、日本流の指導が求めらることもあるため日本での保育経験を活かすことができます。

海外の保育士・幼稚園教諭の求人が多くある国は?

以下の国や都市の求人が多くあります。特に、欧米系の国は人気が高く求人が出てくると応募が殺到することも多いようです。

英語が母国語の国では英語が話せることが必須の場合が多いですが、それ以外の言語が母国語の場合は、かならずしも母国語が話せることは必須ではないことが多いです。

流石に、英語以外の現地の母国語を話せる保育士・幼稚園教諭となってしまうと極端に採用対象の人数が減ってしまうという実情もあると思います。なぜならそのような人材はほとんど存在しないためです。

もっとも、需要が高いのは中国で、多数の日系企業が進出しているため、保育士・幼稚園教諭の需要も高いです。中国は、需要が高いわりに、保育士・幼稚園教諭からの人気が高いわけではないので、応募できる求人の数はかなり多いです。

  • アメリカ
    • ロサンゼルス、ニューヨーク
  • イギリス
    • ロンドン
  • インド
  • オーストラリア
    • メルボルン
  • オランダ
    • アムステルダム
  • シンガポール
  • スリランカ
  • タイ
    • バンコク
  • ドイツ
  • フィリピン
    • マニラ
  • ベトナム
    • ホーチミン、ハノイ
  • マーレシア
    • クアラルンプール
  • メキシコ
  • 台湾
  • 中国
    • 上海、北京、天津、蘇州、深圳
  • 香港

必要な資格・経験は?

保育士・幼稚園教諭が海外で働くための必要な資格・経験を紹介します。

必要な資格

幼稚園教諭第一種、幼稚園教諭第二種、または、保育士の資格のどちらかが求められる場合が多いです。海外の施設であるため、その国の法律として保育士や幼稚園教諭の資格が必要というわけではありませんが、施設側の希望として持っていることが望ましいということになると思います。

最近では、モンテッソーリ教育が導入されている幼稚園・保育園が多いのでモンテッソーリの関連資格があると優遇される場合があります。

それ以外でも、英語関連の資格などは持っていると優遇される可能性は高いです。例えば、TOEICや英語検定など日本で信頼されて利用されている英語の能力検定試験などは取得していると有利になると思います。

必要な学歴

基本的には学歴が求められる場合は少ないですが、一部の米国やシンガポールなどの就業ビザにおいて4年生の大学の卒業などが求められる場合があるので、国によっては大卒が必須条件になる場合があります。

幼児教育や保育などに関連する学科というわけではなく、単に大学を卒業していれば問題ないことが多いです。卒業している大学も、知名度が高い必要などは特にありません。

これは、就業希望の国や地域によってそれぞれことなります。東南アジアは比較的にゆるい条件であることが多いです。

必要な実務経験

求人を見る限りは、概ね保育園・幼稚園での3年程度以上の経験が求められる場合が多いです。ただし、需要が高い国では、未経験でも募集がある場合があります。

どちらかというと、実務経験云々というよりは海外への適応力を求められる傾向があると思います。

適応力というのは、海外で過ごした経験があって慣れていたりなど、日本とは違う環境で長く過ごせるかということです。海外というとキラキラしたイメージがある方も多いと思いますが、実際に移住してみて日本と違っていろいろな面で不便なことも多いです。

実際に移住してみて、想像と違いホームシックのような形になってすぐに日本に帰国してしまう人も多いようです。なので、ある程度の経験がある場合は、どちらかというと海外への適用力のほうが求められると思います。

面接の際は、そのような点もアピールできると合格の可能性が上がるかもしれません。

必要な語学力

日系の幼稚園・保育園では日本語以外の語学力が求められる場合は少ないです。インターナショナル・プリスクールの場合は日常会話レベルの現地の語学力が求められる場合もあります。

日本語のみでも対応できる求人は多くありますが、やはり現地の言語が話せる場合は採用でかなり有利になると思います。

また、先程も書きましたが、英語関連の資格などは持っていると優遇される可能性は高いです。

必要なスキル

幼稚園教諭の場合は、簡単なピアノの演奏能力が求められる場合があります。いずれも、幼稚園や保育園で働いた経験が有る方なら問題なく勤まると思います。

また、現地での生活経験がある場合は優遇される可能性が高いです。

園側もできれば長く働いてほしいと思うので、先程も言ったように「働いてみてなんかイメージと違ったので帰ります」ということの可能性がない人のほうが採用されることは多いでしょう。

急に保育士や幼稚園教諭が辞めてしまった場合に、日本のようにすぐに変わりは見つからないので、その点はかなり慎重になると思います。

海外での保育士・幼稚園教諭の勤務条件

勤務条件は概ね日本で働く場合と同様だと思いますが、給与待遇や休暇などは海外が基準になってくるので、日本のようなサービス残業は発生しにくくなっています。

給料

給料は国によっても、幼稚園・保育園によっても大きくが差があります。
ただし、どの国であってもその収入だけで現地で生活することが可能な設定になっています。

  • アメリカ(20万円)
  • イギリス(20万円)
  • インド(16万円)
  • オーストラリア(20万円)
  • オランダ(20万円)
  • シンガポール(20万円)
  • スリランカ(16万円)
  • タイ(16万円)
  • ドイツ(20万円)
  • フィリピン(16万円)
  • ベトナム(16万円)
  • マーレシア(16万円)
  • メキシコ(20万円)
  • 台湾(16万円)
  • 中国(20万円)
  • 香港(16万円)

上記はおおよその給与月額の相場感になります。参考程度にしていただけると幸いです。基本的には、現地の物価にあわせて設定されていることが多いです。

賞与・ボーナス

賞与・ボーナスは設定されている場合が多く、年に1ヶ月分から4ヶ月分程度が多いです。

○月分と言っても、就業する国によって基本給に大きく差があるため、ボーナスの部分でもかなり差が出るので求人はを探す際は注意してみましよう。

休日・休暇

休日・休暇は基本的には現地のカレンダー通りという場合が多いです。ただ、日系の保育園・幼稚園の場合は日本のカレンダー通りという場合もあります。利用者の大半を占める駐在員の方のカレンダーが採用されている可能性もあります。

幼稚園の場合は、これに加えて春夏冬に長期休暇がある場合もあります。これは日本の幼稚園と同様ですね。

長期休暇がある場合は、その期間に日本に一時帰国したり、周辺国へ旅行にいく人も多いようです。

渡航費・帰国費

保育園・幼稚園によっては渡航費や帰国にかかる費用を出してくれる場合もあります。日本への渡航費は、国によりますが飛行機で10万〜20万円程度と高額になる場合が多いので、とてもありがたい制度です。

また、渡航費を出してくれる場合でも例えば3年間の勤務後にという条件つきの場合もあるので注意が必要です。

住宅手当・社宅など

海外の保育園・幼稚園の求人選びで最も重要な点は住宅手当・社宅の有無です。

シャアハウスのような物件や、アパートが用意されている場合もあれば、別途手当を支給して、物件は自分で決める必要がある場合もあります。

アジア圏であれば住宅費用は日本と比べても家賃にかかる費用をことができますが、欧米・シンガポール・香港などは賃貸費用が日本より高額になる場合もあるので注意してください。

面接・選考方法は?

保育士・幼稚園教諭が海外で働く場合の面接・選考方法について解説します。

まずは郵送での書類審査、その後、面接になります。

ほとんどの幼稚園・保育園でスカイプやzoomなどを利用したテレビ電話による面接に対応しているため、海外に行くことなく日本で選考を完結させることができます。

また、世界展開している大規模な日系の幼稚園・保育園であれば、日本に支社がある場合があります。その場合は、支社に出向いて選考を行う場合もあります。

基本的な選考内容や面接の内容は日本の保育園・幼稚園と大きく変わる点はないと思います。

ただし、現地に住んでいない限りは園の見学というのが、難しくなっているのでその点は注意したほうがよい点になります。

入職後もすぐに辞めるというのはなかなか難しいので、働く側としても、より慎重に見極めたほうが良いかもしれません。

海外の保育園・幼稚園を探すのにおすすめの転職サイトは?

保育情報どっとこむは日本の保育士・幼稚園教諭向けの転職エージェントですが、海外の求人も多くはないですが紹介しています。

ネット上には公開していない非公開の求人もあるのでおすすめです。海外の求人はかなりレアで、人気の求人はすぐに募集が終了してしまいます。登録をしておいて、海外の求人がはいったら連絡してもらうのが良いと思います。

保育情報どっとこむは全国各地に店舗があり毎月お仕事相談会を実施中。

保育情報どっとこむは、保育士の転職をサポートする転職サービスです。
保育士・幼稚園教諭の転職サイトとしては日本最大級のサービスのひとつです。
登録しないと見ることができない非公開求人や、【保育情報どっとこむ】限定の求人があることが特徴です。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の様々な働き方幼稚園教諭の転職ノウハウ
シェアする
保育士の手帖