保育士が派遣切りや雇い止めされた?ルールや対処法とは?

保育士が派遣切りや雇い止めされた?ルールや対処法とは?派遣保育士

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

新型コロナウィルスの影響などで、世間では派遣社員の雇い止めや派遣切りも発生していると聞きます。保育園も場合によっては臨時休園や利用自粛等で、保育士が一時的に余っている状況も起きているかもしれません。

  • 保育士が派遣切りや雇い止めされた?

今回は保育士が派遣切りや雇い止めされた場合の対処法などを紹介します。

派遣切りや雇い止めというのは保育士にも存在するリスクではありますが、いまの時代は保育士は転職もしやすくなってします。

仮に派遣切りや雇い止めをされたとしても、次の雇用先を見つけることは難しくないです。

派遣切りや雇い止めに合ってしまっても焦らず、必要な失業保険の申請などを行い、次のより良い保育園を見つけるための行動をしていくのが良いと思います。



ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

そもそも保育園が派遣保育士を雇用する理由

そもそも保育園が派遣保育士を雇用する理由は、

  • 緊急で保育士が必要になった
  • 産休や育休などの代替

などなど様々あります。主に緊急性が高い場合、期間が定められている場合が多いです。

派遣保育士は有期雇用なので、必要がなくなったら契約を更新しなければ良いので、このような場合に登用されやすいです。

派遣保育士に関しては、一般の企業と違い、保育園側にとって派遣だから人件費を安く済ますことができるということは少ないです。

保育士はパートの時給も高くないので、派遣会社を通して雇用するよりもパートで雇用したほうが人件費的には安くなることが多いです。

なので、保育園が派遣保育士を雇用するのは、パートでは雇用できない場合や、緊急に保育士が必要になった場合が多くなります。

派遣保育士については以下の記事でも紹介しています。

派遣切りとは?

派遣切りとは、 派遣期間の満了前に派遣の契約を打ち切られること を指します。

派遣保育士が、保育園に派遣される場合は必ず派遣される期間が定められます。その期間が来る前に、突然、もう来なくていよいからと告げられることを派遣切りと言います。

例えば、コロナで保育園の休園が相次いだときに、保育士が不要になり、派遣切りをされるという事例も起きていました。

おそらく、コロナの影響での休園は一時的なものになるので、落ち着けば、またなんらかの形で保育士を雇用することになるでしょう。

ですが、基本的には保育園は補助金は満額貰っているので、派遣切りをして浮いた分だけ儲かってしまうということが起きているかもしれません。これについては以下の記事でも解説しています。

派遣切りは法律違反?

派遣期間の満了前に派遣の契約を打ち切ることは、正当な理由がない限り法律違反になる可能性があります。

派遣保育士の契約を打ち切るには、正職員と同様な基準が要求されます。つまり、派遣社員だからといって自由にクビにできるということではありません。

契約期間内であれば、正社員と同様の基準を満たさないと、契約解除はできないです。そのため、それを理解している場合は、パワハラやモラハラのようなことをわざと行い、自分からやめるように仕向けるということも起きているようです。

詳しくは個々の状況によって異なると思うので、労働関係に詳しい弁護士などに相談してみると良いかもしれません。

雇い止めとは?

もともと期間が定められていてその期間が満了したときに契約を更新しないことを雇い止めと言います。派遣切りは期間満了前でしたが、雇い止めは、期間終了と同時にということになります。

雇い止め自体は問題ない行為かもしれませんが、雇い止めの理由が不当な場合は無効になることもあります。例えば、今までは、毎回更新されることが定例になっていた場合に、急に更新がされなかったというような場合です。

こちらも、詳しくは個々の状況によって異なると思うので、労働関係に詳しい弁護士などに相談してみると良いかもしれません。

保育園が派遣保育士の派遣切りや雇い止めを行う理由とは?

保育士にも派遣切りや雇い止めはある?

保育園という業界でも、派遣切りや雇い止めというのは他の業界と同様に起こりえます。

保育園にとっては派遣保育士というのは決して人件費が安く抑えられる雇用方法ではない(パートや正社員のほうが安く済む場合も多い)ので、緊急で人が足りなくなった後に、不要になったら切られるということはあるかもしれません。

先程も言ったように、悪質な場合は、パワハラなどをあえて行い、自己都合で辞めるように仕向けるという場合もあるようです。

保育園の経営悪化

保育園は経営が悪化した場合に、派遣保育士の派遣切りを行う場合があります。

例えば、次年度から保育園の園児定員を満たすことができなくなり、必要な保育士の人数が減った場合などです。

正職員の保育士を減らすのではなく、派遣やパートの保育士を減らすことになります。これによって派遣切りが発生することがあるかもしれません。

保育士の能力不足

保育士の能力に問題があり、スキルなどの不足によって派遣切りに合う場合もあります。ただ、本当は前述の「保育園の経営悪化」が理由であっても、能力不足を理由にする場合もあります。

保育士の勤務態度

派遣保育士の遅刻や欠勤などが常態化してしまっている場合に、派遣切りを行う場合があります。

ただ一度の遅刻や欠勤で、派遣切りというのは行き過ぎかもしれません。

正職員と同様の基準で、複数回に渡って遅刻が常態化していて、警告をされても治らないという場合に正当な派遣切りとなりえると思います。

3年が経過した場合

派遣に関する法律では、同じ職場・部署で有期雇用派遣社員として働ける期間は最大3年となっています。

3年を超えて働く場合は、雇用者側は正社員・契約社員・無期雇用派遣社員に雇用形態を切り替える必要があります。

保育園側はそれを避けるために3年になる前に、契約を打ち切る、つまり雇い止めをするというのが一般的になっています。

ただし、今は保育士不足なので、勤務態度や能力が認められれば、そのまま正職員として雇用するということも十分ありえると思います。

保育士が派遣切りや雇い止めにあった場合の対処法

会社と争って雇用を続けさせたり、正社員への転換を争うという選択肢を取る人もいなくはないです。

ただ、保育園で働く保育士であれば、そこまでする必要は少ないかもしれません。なぜなら働く保育園は無数にあるからです。あえて派遣切りを行うような保育園にしがみつく必要はないです。

保育士が派遣切りや雇い止め合った場合は、そういうものだと思って最低限の保証を受けて次の職場を探すのが良いかもしれません。

解雇手当てなどを請求する

正当な理由があり解雇する場合は、派遣社員であっても、解雇予告は1ヶ月前にする必要があります。

もし、1ヶ月を切っている場合は、その分の給与を保育園は支払う必要があります。つまり、もし30日前に解雇予告をしなかった場合、使用者は30日分以上の平均賃金を支払う義務があります。

直前に契約打ち切りを告げられた場合は、この解雇予告手当をしっかり請求しましょう。

失業保険などを請求

自己都合ではなく会社都合の退職ということになれば、割とすぐに失業保険を受給できます。

自己都合の場合は、3ヶ月後からの受給になりますが、会社都合ではれば、7日後から受給が可能です。

受給条件を満たしている場合は、ハローワークに申請をしましょう。転職活動中に失業保険の収入があるということは精神衛生上とても良いことでもあります。

保育士の失業保険の受給方法などは以下の記事でも紹介しています。

転職活動を行う

失業保険をもらいながらの転職活動ができるので、焦る必要がなくなります。

直近の生活費があるので、ブラック保育園を見極めることもできます。転職活動に焦ってしまうとブラックに当たる確率も高くなります。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

大切なのは良い保育士派遣会社に登録すること

派遣保育士を続けたい場合は、派遣切りや雇い止めをされた時の派遣会社の対応などもしっかり見ておきましょう。

対応が適切ではないと思ったら、登録している派遣会社の変更も考慮したほうが良いです。

ここでは、信頼のできる保育士の人材派遣会社を紹介します。以下に紹介している派遣会社は正社員やパートの求人なども紹介しているため、どの雇用形態で働くか迷っているという方にもおすすめできます。

登録すると電話でのヒアリングがあると思うので、心構えておくと良いです。

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ」は東京、横浜、相模原、八王子、大宮、宇都宮、高崎、つくば、新潟、大阪、福岡、広島、名古屋、仙台、札幌に店舗を構えていて全国の保育園の派遣に対応しています。これだけのエリアに店舗があるのは保育情報どっとこむだけです。

保育ひろば

保育ひろば」は全国の保育士の求人に対応していて、派遣の求人も豊富です。

ほいぷら

1都3県なら「ほいぷら」が最もおすすめです。「優良派遣事業者」として認定されているセントメディアが運営しています。

派遣切りや雇い止めをされても、保育士は焦らず次の保育園を探せば問題ないです。解雇予告手当や失業保険も受給できる可能性があるので、余裕をもって転職活動をすることができます。

少なくとも昨今の時代は、保育士不足になっているので、保育士が正職員で就業すること自体のハードルはとても低くなっています。

この状況を活かしつつよりよい待遇で働けるように行動していくのが良いと思います。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

派遣保育士
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました