保育士が楽で負担が少なく働ける保育園の特徴は?求人の探し方も解説!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士の皆さま。これから就職や転職を考えている方。

できれば保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園に就職したいですよね。

今回は、そんな保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の特徴について紹介します。また、そのような保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の求人の探し方も解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の特徴は?

保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の特徴は以下のようなものになります。

  • 非効率が少ない
  • 配置基準に対して保育士の対人数が多い
  • 保育士の離職率が低い
  • 開園時間(保育時間)が短い
  • ノンコンタクトタイムがある
  • サービス残業、持ち帰りの仕事がない
  • 園長、保育士のそれぞれに向上心や改善の意識がある

これらについて詳細を説明していきます。

非効率が少ない

まだまだ非効率なやり方が残っている保育園は多いです。保育園で働く保育士の人数は限られているので、非効率なやり方をしていると保育士の負担は増加していしまいます。

  • 昔ながらのやり方を曲げない
  • 毎回行事の装飾物を一から作り直している

というような非効率が多い保育園は、働く保育士の負担も多く、保育士が楽に働くというのが難しくなっています。

昔からのやり方にこだわってなかなか変えてくれない園長っていますよね。保育園も時代とともに変化が必要です。

配置基準に対して保育士の対人数が多い

配置基準に対して保育士の対人数が多いと保育士の負担は減少し、仕事も楽になります。

保育園には保育士の配置基準というものが国によって定められています。その基準が以下になっています。

年齢保育士1人あたりの保育人数
0歳児3人
1~2歳児6人
3歳児20人
4歳児以上30人

各保育園はすべての時間帯に関してこの基準を満たす必要がありますが、基準より多い人数の保育士を配置することは問題ありません。

よく小規模な保育園は楽で大規模は保育園は大変と言われますが、園児の人数の多い少ないよりも、保育士の人数が基準に対してしっかり充実していることのほうが重要です。

例えば、「1歳児6人に対して2人の保育士を配置する」というようなことです。こうすると、保育士一人あたりの負担は基準と比較すると単純に半分になります。安全面に配慮しながら余裕を持った保育をすることができます。

保育士の離職率が低い

離職率とは、入職した保育士が退職する割合のことです。保育士の離職率の低さは、保育士の負担の減少(仕事の楽さ)に直結します。保育士同士が長年一緒に仕事をしている慣れた物同士なら、意思疎通もしやすく仕事の効率も良くなります。

保育士が一人離職した場合、保育園は基本的に一人新たな保育士を雇う必要があります。昨今は保育士不足なので、退職日の翌日から新しい保育士を雇用することができない場合もあります。そうなった場合、いつもより少ない人数で保育園の運営を続けなければいけません。一人あたりの負担は大きく増加します。残業や休日出勤などが一時的に増加することになります。

また、認可保育園の制度はおおよそ日本中で同じですが、それぞれの保育園で保育士の働き方は様々です。新たに雇われた保育士に対してその保育園のルールを一から教え込まなければいけません。その保育園での基本的なルールなどを覚えるまでは、周囲に確認を取りながらの仕事になります。それでは、効率も悪くなってしまいます。保育園での行事についても、一年間は経たないとすべての行事を経験できないため、慣れるのにはより一層の時間がかかります。

開園時間(保育時間)が短い

開園時間(保育時間)が短いことは保育士の負担を減少(仕事を楽に)させます。

認可保育園が開園している時間はとても長く、保育園によっては延長保育などで13時間以上開園していることもあります。保育士は早番・遅番などのシフト体制で適切な人数を揃える必要があります。一日の労働時間は8時間と決まっているためです。

開園時間(保育時間)が短いと必要な保育園の人数も少なくなるので、同じ人数の保育士がいれば負担は少なくなります。もちろん開園時間が長くても、短くても余裕を持った保育士の人数がそれぞれの時間帯で配置されていれば、特に問題はありません。

また、保育園の開園時間(保育時間)が長いと、働く保育士のシフトも不安定になります。早番・遅番などというシフトで勤務すると生活リズムにも支障がでます。

開園時間(保育時間)が長いことは利用者にとってはメリットがありますが、働く保育士にとっては負担が増加する要因になってしまいます。

ノンコンタクトタイムがある

ノンコンタクトタイムとは、保育士が専用の部屋などで子どもの保育をせずに他の仕事をすることができる時間になります。まさしく子どもと接しない時間ということです。最近では、このノンコンタクトタイムを確保しているという保育園が増えてきています。

ノンコンタクトタイムがあると、保育士はその時間に書類仕事や行事の準備など、保育園での保育ではない仕事を集中して進めることが出来ます。保育の時間は保育に集中することができ、ノンコンタクトタイムの時間はそれ以外の作業に集中できるので、安全面でも仕事の効率面でもメリットが大きいです。

そういった点でノンコンタクトタイムがある保育園は、保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園になります。

もちろん、このノンコンタクトタイムを実現するには、先程挙げた保育士の配置基準よりも多くの保育士がその時間帯に勤務している必要があります。つまり、保育士の人数に余裕がないと実現することが出来ません。また、狭い保育室などでは物理的に保育室と作業を行う場所が区切られておらず専用の部屋などを用意することができないこともあります。

サービス残業、持ち帰りの仕事がない

サービス残業や持ち帰りの仕事がある保育園は、その直接的な負担以上に働く保育士に悪影響があります。それは、今後その保育園の非効率が改善されにくいということです。

残業代をしっかりと支給する保育園は、残業時間が増加すると保育園の人件費が増加することになるので、なんとかして保育士の残業を減らそうとします。もちろん、やらなければいけない仕事は減らないので、なんとか仕事を効率化して残業を抑制しようとします。手書きでやっていた書類を見直したり、行事での非効率な部分を見直したりです。そうすることで、保育園の保育士の仕事の効率性が上がっていきます。

一方で、保育士がサービス残業・持ち帰りの仕事をした場合は保育園の人件費は増えずに、とりあえずその状況を乗り切ることが出来てしまいます。保育士の負担が多いという状況を乗り切れてしまったらそのままで良いという心理になってしまいます。

園長、保育士のそれぞれに向上心や改善の意識がある

園長、保育士のそれぞれに向上心や改善の意識があるということは、保育士の仕事の負担や楽さにおいてとても重要です。

保育園の仕事内容も時代背景などによって変化が起きています。わかり易い例では昨今の感染症の問題などです。散歩のコースの変更やおもちゃの消毒など保育士の負担が増加した部分も多いと思います。

そういった時代の変化に合わせて、園長や保育士がそれぞれ保育園での業務を改善して行く必要があります。園長や保育士が一人ひとり効率よく仕事ができれば、全体においても一人ひとりの保育士の負担が少ない保育園となります。

保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の求人の探し方は?

ここまで保育士が楽で負担が少なく働くことができる保育園の特徴について紹介しました。

  • 非効率が少ない
  • 配置基準に対して保育士の対人数が多い
  • 保育士の離職率が低い
  • 開園時間(保育時間)が短い
  • ノンコンタクトタイムがある
  • サービス残業、持ち帰りの仕事がない
  • 園長、保育士のそれぞれに向上心や改善の意識がある

保育士の方のなかにもそんなことはわかっているけどそういう保育園の求人に出会うことが難しいという方もいると思います。

実際に多くの要素は、保育園に入職する前に見極めるのが難しくなっています。一度、働き始めてしまえば保育園の非効率が多いとか、サービス残業・持ち帰りの仕事の有無などはすぐに分かると思いますが、見学や面接だけではなかなか難しいです。

そういう時に頼りにできるのが、保育士転職サイトになります。保育士転職サイトは事前に保育園の内情などを聞くことができます。少しでも自分の希望に近づけるために、転職サイトの担当者に希望条件を伝えてみましょう!

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!
関連記事
まずはこちらから!

こんにちは。保育士さえこ(@hoikushisaeko)です。

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に保育士転職サイトを活用していました。

私のオススメの就職転職サイト!
  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育園の求人をたくさん見たい!

というようなさらに欲張りな方には、以下の転職サイトの登録がおすすめです。

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。
求人内容に差があるため複数社に同時登録して併用がおすすめです。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

こちらは、ご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?
  • 日本全国の保育士の求人に対応
  • コンサルタントと電話でのやりとりが不要
  • サイト上で自分で求人をみつけて自分で応募
  • 自分のペースでまったり転職活動が可能
  • 登録するとすべての求人を見ることができる
  • まずは求人を見たいだけでもOK
ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

執筆・監修
保育士さえこ@ブラック脱出済み

「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」の資格保持者です。多数の転職経験があります。

・幼稚園で約3年間勤務
・認定こども園で約1年間勤務
・ベビーシッターの副業経験有り
・認可保育園で勤務開始〜現在

ブラック幼稚園での勤務経験を経て「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」論を提唱中。 幼稚園・保育園・認定こども園・ベビーシッター勤務経験有り。現在は認可保育園勤務。

保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の仕事の愚痴保育士の求人探しと転職のコツ
シェアする
保育士の手帖