こんな保育園に注意!保育士が面接でわかるこの保育園では働きたくないと思う瞬間!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士が就職転職の際に面接などを受けていて、こんな保育園では働きたくないなと思った瞬間があると思います。

転職をしたあとも、面接のときのことをよくよく思い返すと「そういえばあの時もこんな感じだったなぁ」と思うことも多いです。面接では、保育園側も保育士によく見せようと取り繕うこともありますが、やはりその保育園の本質は見え隠れしています。

今回は、私自身の転職時の面接の経験などから、保育士が面接でわかるこの保育園では働きたくないと思う瞬間についてを紹介します。

※ あくまでも個人の考え方になります。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

こんな保育園に注意。保育士が面接でわかるこの保育園では働きたくないと思う瞬間

保育士が面接や見学などでは、保育園の様々な情報を知ることができます。

私自身の転職時の面接の経験などから、保育士が面接でわかるこの保育園では働きたくないと思う瞬間について以下を挙げます。

  • 面接開始前からほとんど合格の空気
  • 面接や選考が適当
  • 園長などが丁寧過ぎる
  • 高圧的な圧迫面接などをしてくる
  • 面接での具体的な質問に対して曖昧な答えが多い
  • ファミリー感、仲の良さを全面に押し出してくる
  • 園の雰囲気が良くない
  • 園長があまり保育に詳しくない

以下から、保育士が面接でわかるこんな保育園には注意というポイントそれぞれについてを解説します。

※ あくまでも個人の考え方になります。

面接開始前からほとんど合格の空気

とにかく保育士が不足していて、猫の手も借りたいという状態の保育園は面接が始まる前からほとんど合格という空気で接してくることがあります。

園の面接に合格するということは良いことですが、きちんとした面接が行われていないということは、他の同僚も同じような選考を経て、入職しているということになります。つまり、こういってはなんですが、性格に問題があったり、トラブルのもとになるような方が同僚にいる可能性も多くなります。

面接や選考が適当

一回の簡単な面接や見学だけで採用の内定を出すような保育園にも注意が必要です。これも前項と同じことで、面接や選考が適当ということは、既にいる同僚やこれから入る同僚も同じように適当な面接を経て入職している可能性があります。保育園がブラックで人手不足の場合ほど、選考も適当になります。

あれこれ聞かれることがないということは選考を受ける人にとっては気持ちが楽で良いかもしれません。ですが、たくさんのことを根掘り葉掘り聞いてくるということは、それだけその人のことをしっかりと見極めようとしているという姿の現れになります。あまり詳しく聞かれることがなく合格するということは、履歴書のような文字だけの情報で人を判断している可能性もあります。

園長などが丁寧過ぎる

これは、見極めが難しいですが、園長などが選考を受ける保育士に対してあまりに丁寧過ぎるという場合も注意が必要です。選考を受ける保育士に丁寧に接するということは良いことですが、少なくともそれが入職してからも続くとは思わないほうが懸命です。
とにかく足りない人をいち早く補充したいので、園に悪印象を抱かれないようにしているという場合があります。

高圧的な圧迫面接などをしてくる

前項で園長などが丁寧過ぎるのは注意と言いましたが、もちろん、高圧的に接してくる場合も注意です。もし、圧迫面接のような形になっている場合は、論外です。

まだ外部の人間である面接を受ける人に対して圧迫面接をしてくるような保育園は入職してからもパワハラなどが発生する可能性が高いです。その場で即帰宅でも問題ないくらいです。

面接での具体的な質問に対して曖昧な答えが多い

面接で保育士側から保育園の待遇面のことに対して具体的な質問をした際に曖昧な回答が多い場合は特に注意が必要です。

  • 残業時間
  • 持ち帰りの仕事
  • 昇給
  • 有給休暇の消化状況

もし、相手が園長であれば、このような保育士が知りたがる情報はしっかりと把握しておき伝えるべきです。このような質問に対して曖昧な答えが来るということは、なにか隠していることがある場合があります。

逆に具体的でないような回答をされた場合は、より具体的な回答を求めたほうが良いかもしれません。保育士が働く保育園をしっかりと見極めるということを意識しましょう。

ファミリー感、仲の良さを全面に押し出してくる

保育園の情報の中でもっとも曖昧な情報が人間関係についてです。給与や休みなどの情報は数値化されていて、ごまかしが効かないです。

一方で人間関係というのは、人によって感じ方が違うので、表現するのも難しいです。逆に言えば、簡単に嘘をつくことができます。入職後に保育士がクレームをつけたとしても、「これがうちの園だから」と言われればそれまでです。

園のアピールポイントが人間関係に関するもので、ファミリー感、仲の良さを全面に押し出してくるという場合は、他にアピールできるポイントが無いということでもあります。

保育士のなかには、人間関係に躓いて転職を考えた人も多くいると思いますが、人間関係が良さそうと思って転職すると、大抵、人間関係が良くないということがあります。

園の雰囲気が良くない

面接の際などに保育園の中を見学させてもらう際に感じた雰囲気などの情報はとても大切です。なんか雰囲気が悪いなと思った保育園は、入職して働き始めてからもその雰囲気は変わりません。

もちろん、雰囲気が悪いなというのは、主観の情報なので、働いている本人たちがそう感じているとは限りません。なので、働いている保育士本人から聞くことよりも、客観視点でも自分自身が感じたことが重要です。

明るく楽しい雰囲気で保育の仕事がしたい、黙々と仕事をしたいなど、それぞれの好みはあると思うので、自分自身にあっているかどうかを確認しましょう。

園長があまり保育に詳しくない

保育園の施設長、園長は実は、保育の経験が無くてもなることが可能です。もっというと保育士の資格も必ずしも必要は無いです。

なので、保育園によっては園長が保育未経験でまったく詳しくないということがあります。この事自体は必ずしも悪いことではなく、例えば、別の業界でのマネジメント経験などを買われてその保育園の園長に就任している可能性もあります。

一方で、身内やコネなどによって園長に選ばれている可能性もあります。そういう場合は、保育園の運営がうまくいかないことも多く、入職後の不満の種になってしまうこともあります。

園長が保育にあまり詳しくなさそうであれば、どのような経緯で園長をしているのかという点をしっかりと見極めることが大切です。

【まとめ】働く保育園は保育士が選ぶ!!

今回は、保育士が面接でわかるこんな保育園には注意というポイントについて解説しました。今の時代は保育士不足なので、特に働く保育園は保育士が選ぶ時代になっています。

就職や転職の際に保育園の内部を訪れることができるのは、基本的には、面接や見学の際だけだと思います。そのときに、就職転職を考えている保育士本人が感じたこと・情報はとても大切です。

昨今では、まだまだ、ブラックな保育園も多いと言われているので、自分自身の考え方や基準をしっかり持って、働く保育園を選び抜きましょう。

保育士の面接や見学時の注意点は以下の記事でも紹介しています。