保育士の就職・転職に年齢制限はある?有利不利はある?

保育士の就職・転職に年齢制限はある?有利不利はある?保育士の求人探しのコツ

2020年10月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆様。保育士の転職市場の年齢に関する疑問はありませんか?

  • 保育士の就職・転職に年齢制限はあるのか?
  • 自分の年齢でも転職はできるのか?

など。保育士の転職に対して年齢面で不安を抱えている方もいるかも知れません。

結論から先に書いておくと、保育士の就職・転職に年齢制限などはありません。他の職業や職種と比べても年齢における有利不利はかなり少ないと言えると思います。

なので、〇〇歳代だから、保育士が転職を諦めるという必要はありません。これについて解説していきます。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の転職に年齢制限はない

結論から言うと保育士の転職に年齢制限はありません。一般企業だと、〇〇歳を超えると求人が一気に無くなるということがありますが、保育士の転職業界ではそのようなことはありません。

なぜ保育士の転職業界がそのような状況になっているかというと、圧倒的に保育士不足の時代になっているからです。

各保育園は、基本的に保育士不足で、本当は「このような保育士を採用したい」と思っていても、そこまで理想の保育士が採用できるわけでは有りません。

とにかく保育士を採用できれば御の字という状態なので、年齢で採用・不採用できるほどの余裕はありません。

また、保育士は昇給の幅が業界としてもともとかなり少ないということも影響しています。

例えば、一般企業だと40代50代と年齢を重ねるごとに給与もかなり高額になっていきます。転職の際は給与ダウンを受け入れない人も多いです。

一方、保育士の場合だと40代50代でも、20代と比べてそこまで給与が高額になっているということも少ないです。

なので、転職時においても年齢に関係なくあまねく求人を出すことができます。

ただし、後述しますが、年齢による有利不利は存在するのは事実です。

また、保育士全体としては年齢制限がない求人も多数ありますが、暗黙上に年齢制限をかけている保育園もあるので、そこの見極めは重要です。

保育士転職で有利なのは20〜30代保育士

他の職業や職種と比べても年齢における有利不利はかなり少ないと言いましたが、保育士の転職でも年齢における多少の有利不利はあると思います。

保育士の転職で今有利な年齢層は、20〜30代であることは間違いないです。

20〜30代は基本給の経験の加算が少ない分人件費も安く済む上に、体力的にもハードな仕事をこなすことができる人が多いです。

定年までの労働年数も長いので、より長く働いてくれる可能性があるというのも有利に採用される特徴になっています。

また、保育の仕事の吸収力も高く、その保育園の方針なども吸収しやすいという傾向があると思います。これは保育業界に限らず、基本的にどのような業界でも共通して言えることだと思います。

また、最近、保育園でも徐々に進んでいるIT化の流れに関しても、柔軟に受けれられる世代という要素もあります。

逆に、40代〜50代の保育士は、今までの自分のやり方に固執してしまったり、新しいやり方を受け入れにくい傾向があります。全員がそうではないにしても保育園の園長などの採用に関わる人がそのような印象を持っていることが多いです。

加えて、下手をすると園長などより年上になってしまうこともあるので、従業員として扱いにくいという印象を持たれてしまう人も多いです。日本は年功序列の上下関係というのが浸透しているので、年上を採用するよりは年下を採用するほうが、気持ち的に楽な部分が多いと思います。特に若手の園長などがいる保育園はそのような傾向があると思います。

園長、主任保育士なども有利に転職できる

保育士転職で有利なのは20〜30代保育士と書きましたが、 それ以外だと園長、主任保育士などの経験者も有利に転職活動ができます。

園長や主任保育士などは、責任を取れる人材、リーダーシップを発揮できる人材なので、保育士の転職市場でも有利に採用されます。

特に、昨今は新設の保育園が増えていて、そのような保育園はゼロから保育士を採用する必要があります。その際には、若手だけでなく必ず園長や主任保育士などの責任を取れる人材、リーダーシップを発揮できる保育士の採用も必要になります。

若手ばかり採用してしまっては、知識やノウハウの面でも少なく、統率が取れない保育園になってしまうためです。

なので、園長や主任保育士などの責任を取れる人材、リーダーシップを発揮できる保育士の需要も若手保育士同様に高いです。特に都心部などの待機児童が深刻なエリアではこの傾向が強いです。

40代以上の保育士でも、このようにマネジメントやリーダーシップを発揮できる方の場合は、転職先に困ることはないかもしれません。

ベテラン保育士が欲しい保育園も多い

若手の保育士が転職では有利と書きましたが、現在の保育園の保育士の人員構成によって、必要な保育士のスキルや経験年数も変わってきます。

安定して長く運営している保育園は、ベテラン人材が充実していて若手保育士の採用を好む傾向があります。

逆に、最近できた新しい保育園などでは特にベテラン保育士を採用したいという保育園も多いです。

これは先程説明した、園長、主任保育士が有利に転職できるということ同じ考え方です。特に新しい保育園では、現場のことをよく知っている保育士も必ず複数人以上が必要になります。

なので、ベテランの保育士を採用したい保育園も多い傾向があります。

年齢(≒経験年数)によって保育園が補助金加算が貰える制度もある(チーム保育推進加算)

保育園が、若手保育士とベテラン保育士がともにチーム保育をする体制を構築した場合に、補助金を加算する制度が自治体によっては存在します。

職員の勤続年数や、経験年数が一定の条件を満たした保育所において、必要保育士数を超えて保育士を配置した場合に、その人件費分の加算をする制度になります。

職員の勤続年数なのか経験年数なのか、12年以上や15年以上などの条件は自治体によって異なりますが、チーム保育推進する制度があります。

つまり、このように若手だけではなくて、ベテラン保育士を採用することでメリットが出る保育園もあります。

大切なのは自分の経験を評価してくれる保育園を見つけること

前述の通り20代〜30代の保育士を採用したい保育園の求人に、ベテラン保育士が応募すると採用されないということが起きるかもしれません。

そういうケースが続くとスキルや経験があってもこの年齢だと転職できないのではないかと錯覚してしまうかもしれません。

ただ、実際には、自分の経験を必要とする保育園に出会えていないだけかもしれません。求人上ではおおっぴらに年齢制限を書くことはできない(基本的には法律で禁止されている)ので、応募の際にこのようなミスマッチが発生することもあります。

保育園の数はたくさんあるので、自分の経験を評価してくれる保育園というのは必ず存在します。そのような保育園を見つけることができるかどうかが、転職成功の鍵になります。

未経験でも大丈夫!

40代、50代以上で未経験の方でも保育士として就職・転職できる可能性は高いです。

前述の通り、下手に経験を積んでしまっているベテラン保育士よりも、未経験の保育士のほうが扱いやすいと考える保育園もあります。

そもそも保育士不足なので、未経験から採用して良い保育士に育てたいという保育園もあります。

なので、未経験であっても、これまでの経験やこれからの成長を買ってくれる保育園を見つけることができれば、保育士として就職・転職することができます。

転職活動は働きながら可能

ここまで、保育士の就職・転職に年齢制限はないこと、何十代であっても転職できる可能性はあるということを説明しました。

ですが、やっぱり本当に自分を必要とする保育園があるか疑問に思う方もいると思います。そういう方は、働きながら転職活動をとりあえず始めて見るのが良いと思います。

おすすめなのは保育士の転職エージェントを利用することです。転職エージェントを利用すれば、転職活動にかかる面倒な作業がほとんどいらなくなります。

  • 保育園の求人探し
  • 保育園との連絡
  • 面接の日程調整

などを担当のコンサルタントが代行してくれます。

仮に内定を貰ったとしても気軽に辞退することができます。自分で保育園に連絡する必要はなく、担当のコンサルタントが内定の辞退を代行してくれます。

今までの自分の経験やスキルだと、一体どのような転職ができるのか、どのような待遇で採用してもらうことができるのか、このようなことを理解するいい機会にもなります。

仮に転職しなかったとしても、自分の状況だと、どのような転職の選択肢があるのかを理解すると、今働いている保育園でも活かすことができます。

嫌なことがあっても転職すれば良いと思えれば、楽になる部分もあると思います。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県・静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

まとめ

保育士の就職・転職に年齢制限はある?有利不利はある?という内容でしたが、

  • 保育士の転職という市場全体では年齢制限があったり、事実上何歳以上だと転職できないということはない
  • 保育園ごとに欲しい保育士の人材がことなるので、それに当てはまらないことはある
  • 大切なのは自分の経験を評価してくれる保育園を見つけること

というまとめになります。

続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | ※日本全国の保育士の求人に対応しています。サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。※日本全国の保育士の求人に対応しています。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の求人探しのコツ
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました