保育士求人のスカウトメールとは?面接に必ず合格できる?合格率が高い?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


就職や転職活動をしている保育士の皆様。

保育士転職サイトなどに登録していて、保育士求人のスカウトメールが来てびっくりしたという方、または、スカウトメールについて気になっている方もいらっしゃると思います。

今回は、保育士求人のスカウトメールとは一体何なのか、保育園はなぜスカウトを送っているのかという点を紹介します。

保育士求人のスカウトメールに関する知識を得て、就職転職活動に役立ててみてください。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士求人のスカウトメールとは?

保育士求人のスカウトメールとは、一部の保育士転職サイトの機能で、特定の保育園から求職活動をしている保育士に送付される求人スカウトのメールになります。

一般的な保育士求人は、ハローワークや求人誌、ネット上の求人サイトなど不特定多数に対して閲覧できる状態で求人募集を行っています。応募する側はその内容を見て応募するか、しないかを決めることになります。そのため、誰が閲覧するかどうかわかりませんし、求人情報に応募要件などを記載することが出来ますが、どのような人が募集してくるのかもわからないという状況になります。

一方で、スカウトメールは年代、経験、おおまかな居住地(市区町村)、保有資格などの保育士転職サイトに登録している情報をもとに個人に対して送付されているものになります。そのため、ある程度、特定の属性を絞って保育園の求人情報を知らせることが出来ます。スカウトメールのなかには、他の不特定多数が閲覧できる媒体などには求人情報を載せていない保育園もあります。

これは後述していますが、採用活動の効率を上げるためになります。先程も書いたように、ネット上の求人サイトの保育士求人をのせると、どのような人が募集してくるのかもわからないので、もし募集している人材にマッチしない人物から応募があると、面接の時間などもお互いに無駄になってしまうことがあります。それを防ぐ意味でも、なるべくスカウトだけで採用活動を終わらせたいという保育園もあります。

一部の保育士転職サイトに登録した際に、「スカウトメールを希望する」というような選択肢が書かれている場合は、保育園側からもスカウトができるような仕組みが用意されている転職サイトになります。ただし、すべての保育士転職サイトで保育園側からのスカウトがあるとは限らないので注意しましょう。

保育園はなぜスカウトメールを送る?

もちろん、保育園が該当の保育士に対して求人を募集しているということを知ってもらうということが保育園がスカウトメールを送るまず最初の目的になります。スカウトが届いた保育士も、興味がなくてもスカウトが来ると少しは気になってしまうこともあります。

また、保育園が保育士を募集していると一口に言っても、若手を募集しいたり、経験豊富なベテランを募集していたり、はたまた、主任保育士のような役職の経験者を募集していたりと様々です。

転職サイトにもよりますが、保育士求人のスカウトメールは年代、経験、おおまかな居住地(市区町村)、保有資格などをもとに送られています。そのため、園が募集している人材とよりマッチする人に対してスカウトメールを送ることで、採用の効率を上げることも出来ます。面接をするのにも、採用担当者の労働時間は割かれてしまいますし、そのことは園の人件費の圧迫にも繋がります。なるべく最小限の面接人数で希望している保育士を採用できれば、経費削減にもつながるということになります。

このように、保育園の採用活動の効率を上げるという点でスカウトメールが活用されています。

スカウトが来たということは必ず合格できる?

スカウトが来たということは必ず合格できる?と思う方もいらっしゃるかと思います。

結論としては、スカウトメールが来ているからといって必ず面接に合格できるというわけではありません。あくまでもスカウトメールは、保育園側からの選考を受けてほしいという意思表示になります。言ってしまえば、保育園が求人を出していることをかなり広範囲に知らせるために多くの人にスカウトメールを送っているということもあります。そのため、選考に進める可能性は高くても面接で合格を保証されているというわけではありません。

そのため、保育士求人のスカウトメールが来たからと言って、過度に期待をしすぎてしまうのは良くないです。あくまでも他の保育園の面接と同様に、同じような選考ステップを踏んで合否が決まるということになります。

スカウトが来たということは合格率が高い?

前項と同様に、スカウトが来たということは合格率が高いかも?と思う方もいらっしゃると思います。

これに関しては、保育園にもよりますが、面接での合格率が高い可能性があるということは言えると思います。前述しましたが、大まかな市区町村や年代、経験などの限られた情報をもとにスカウトメールは送られています。そのため、そもそも保育園側が募集している要件を満たしている人に対してスカウトが送られていることが多いので、必然的に合格率も高くなる傾向があります。

ただし、先程も書いたように、保育園が求人を出していることをかなり広範囲に知らせるために多くの人にスカウトメールを送っているということもあります。そういう場合は、必ずしもスカウトが来ているからと言って合格率が高いとは限らないので注意しましょう。

面接確約などのスカウトメールもある

一部の保育士転職サイトのスカウトメールには、面接確約などのスカウトも存在します。このスカウトメールを受け取った方は、必ず面接を行いますというスカウトになります。

このタイプのスカウトメールは、なかなか保育士からの応募が無く、むやみやたらに出しているスカウトとは違って、ある程度園側の希望に沿った人物に対してスカウトが行われているということになるので、合格率も高い可能性があります。

書類選考で落とされてしまうことが多い方で、実際に保育園の面接を受ければ合格できる自信があるという方にとっては、面接確約のスカウトメールが来た場合は、要チェックになるでしょう。

保育園に転職活動をしていることがバレない?

個人に対してスカウトができるということは、今働いている保育園の採用担当者に自分が転職を考えているということがバレてしまうではないかという心配が生じている方もおられると思います。なかには、自分が勤めている保育園やその系列園からスカウトメールが来たという方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、今勤務している保育園に自分が転職活動をしているということがバレることはありません。

保育園は、個人が特定できるような情報である氏名や細かい住所などを閲覧してスカウトメールを送っているわけではありません。大抵の場合は、大まかな市区町村や年代、経験などをもとにスカウトメールを送っているので、保育園が個人を特定してスカウトを送っているわけではない場合がほとんどです。保育園が転職サイトに登録している保育士の個人情報を得るのは、選考に進んで履歴書などから個人情報を得た場合になります。

個人が特定できていないため、自分が勤めている保育園やその系列園からスカウトメールが来てしまうということも起きてしまうことになります。

特に心配な方は、Pマークを取得している保育士転職サイトがより安心できるでしょう。Pマークを取得している企業は、厳格な個人情報の管理基準を満たしているということになります。Pマークについては以下の記事でも紹介しています。

まとめ:保育士求人のスカウトメールとは?面接に必ず合格できる?合格率が高い?

今回は、転職サイトの保育士求人のスカウトメールについて、その背景や存在理由について紹介しました。

転職サイトの保育士求人のスカウトメールには、保育園が該当の保育士に対して求人を募集しているということを知ってもらいたい、そして、なるべく保育園が募集している人材に絞って応募して貰って採用の効率を上げたいという狙いがあります。

保育士求人のスカウトメールは、保育園側からのぜひ選考を受けてほしいというアピールになります。そのため、採用を保証しますというものではないので、スカウトが来たら必ず面接で合格できるというわけではありません。ただし、大まかな市区町村や年代、経験などの情報をもとに、スカウトを送っている保育園が多いと思うので、面接において合格率が高い可能性は十分あります。

保育士求人のスカウトメールに関する知識を得て、就職転職活動に役立ててみてください。

  • ジョブメドレー保育士 | カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。登録後すべての求人をとりあえず見れるので、自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ホイクルージョブ | 保育園へ質問が可能な保育士求人応募サイト。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。