保育士の時期(1月〜12月)ごとの就職・転職活動の特徴について紹介。


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから就職や転職を考える保育士の皆様。

  • 今はあまり保育士の求人はないかもしれない
  • 就職・転職活動をするのはまだ早いかな
  • もうすぐ4月だからもう保育士求人はないかも

保育士求人を探す時期によっては、様々な不安があると思います。保育園は年度による区切りがはっきりしていて、時期ごとに求人に特徴が出てくるという特徴があります。

今回は、1月から12月までのそれぞれの時期ごとの保育士の就職・転職活動の特徴や、保育士求人の特徴、それぞれの時期の就職・転職活動の進め方について紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

4月の保育士の就職・転職活動の特徴、求人の特徴

4月は、新入園児や園児のクラス替え、担任の変更、新しい保育士の入職などの変化がとても多い時期で、保育園はとてもバタバタしている時期になります。新たな保育士の入職が始まっている保育園が多いので、この時期に保育士を募集している保育園は、大規模な運営している保育園間の人材の融通が効きやすく、通年で保育士を採用していることが多いです。

また、この時期に新たに募集を開始しているということは、4月の入職後にすぐに退職してしまった保育士がいるという可能性もあります。そのため、いわゆる「急募」の求人である可能性は高いです。「急募」の求人は、応募をすれば採用してもらえる可能性は高いです。ただし、ブラックな労働環境や人間関係などが原因で採用した保育士が早期離職した可能性もあるので、見極めも大切です。

4月の保育士の就職・転職活動の進め方

この時期の保育士の就職・転職活動のポイントは「焦って決めようとしない」ということです。既に新年度も始まっているので、保育士が焦って就職するメリットはあまりありません。急いで就職先を決めてしまうと、入職してからこんなはずじゃなかったということが起きる可能性が高くなります。ブラック保育園に就職してしまうリスクもあるので、より慎重に就職・転職活動を進めましょう。

5月〜6月の保育士の就職・転職活動の特徴、求人の特徴

5月〜6月は、保育士の求人数としては年間を通しても少ない時期になります。ただ、いくつかの保育園では入職後の早期の離職者が出て、募集をしている可能性もあります。保育園も4月の忙しい時期をおえ、少し落ち着き始めているタイミングになります。そのため、見学や面接もしやすい時期になります。

5月〜6月の保育士の就職・転職活動の進め方

5月〜6月は保育士の募集は、少ないので、地域によってはあまり求人がないということもあると思います。どうしても希望する保育士の募集が少ないという場合は、パート保育士や派遣保育士などに一時的に就業して、あらたな正職員の求人が出てくるを待つのも選択肢の一つかもしれません。

また、急ぎの場合は保育士転職エージェントなどに登録して、求人を探してもらうというのも有効な求人の探し方になります。

7〜9月の保育士の就職・転職活動の特徴、求人の特徴

この頃は、来年度の保育士の採用に向けて求人が出始める頃になります。早い段階で募集を開始することができるということは、次年度に保育士が退職することを早い段階で知ることができている保育園ということになります。そのような保育園では、いわゆる、円満退職によって保育士が退職していることが多いです。円満退職をしているということは、人間関係など大きな問題はないということが想像できます。

7〜9月の保育士の就職・転職活動の進め方

翌年4月に向けて転職を考えているという方は、募集求人を探し始めるのに適した時期になります。これから就職転職活動を始めるのにおすすめの方法は、保育士求人サイトに登録して、まずは地域の求人をたくんさん見るというものです。自分が就職を考えるエリアの保育士求人の相場感を掴むことができます。

加えて、10月は地域によっては新規開園をする保育園なども出てきたり、4月に次いでキリの良い入職タイミングにもなります。年度途中の就職を考えている方は、10月入職に向けて、7〜9月に就職転職活動をするのも有効です。

就職活動が本格化した場合は、保育士就職転職エージェントもおすすめです。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

10月〜12月、1月〜2月の保育士の就職・転職活動の特徴、求人の特徴

この時期は、保育園の求人募集も保育士の就職活動も年間を通して最も活発になります。たくさんの保育園の求人を見たいという方は、この時期はとてもおすすめです。保育士の求人募集は、必要な募集人数の採用が決まると、募集終了していくので、求人の入れ替わりが激しいという特徴もあります。就業中の保育士にとっては面接や見学の件数も増えてくるので、スケジュール管理や体調管理も大切です。

10月〜12月、1月〜2月の保育士の就職・転職活動の進め方

この時期は、気になる求人があれば、どんどん応募していって良いタイミングになります。先程も書いたように、魅力的な求人は保育士の採用が決まると募集が終わっていきます。迷っていると募集が終わってしまうので、積極的に応募をしていきたいです。ただし、年末年始付近は、保育園も採用活動を一時停止することが多いので、休みが終わってから再開するようにしましょう。

3月の保育士の就職・転職活動の特徴、求人の特徴

保育園からすると年度始めに必要な人数を採用するための最後のタイミングになります。また、急に退職を決断する保育士が出てくる時期でもあります。これまで保育士を募集をしていなかった保育園が急に募集を開始し始める可能性も出てきます。

そのため、所謂「急募」という形の求人が増えてきます。採用されやすい反面、何か保育園に不満点があって急な退職者が出ている可能性もあるので注意が必要です。逆に、就職転職活動をする保育士にとっても、4月という良いタイミングで入職をするための最後のタイミングになるので、急いで就職・転職活動をする保育士も出てくるという事情があります。

また、年度途中から長い期間に渡って保育士募集している保育園は、待遇や印象があまり良くなく、売れ残ってしまっているという可能性もあるでしょう。

3月の保育士の就職・転職活動の進め方

3月は、保育園も就職転職を考える保育士も、キリが良い4月というタイミングでの採用・入職を急いでいて、冷静な判断がしにくくなってしまいがちです。急いで就職先を決めてしまうと、入職してからこんなはずじゃなかったということが起きる可能性が高くなります。特に、生活するための金銭に余裕がある場合は、焦って仕事をする保育園を決める必要はありません。4月に入ってからも保育士の求人募集が完全になくなるわけではないので、自分が納得していない保育園に無理して就職を決める必要は無いでしょう。

どうしても4月から働き始めたいという方は、保育士転職エージェントなどを活用して、急募であっても評判が悪くない保育園の募集を探してもらうのが良いです。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ;結局、どの時期から転職活動を始めるのがおすすめ?

今回は、1月から12月までのそれぞれの時期ごとの保育士の就職・転職活動の特徴や、保育士求人の特徴、それぞれの時期の就職・転職活動の進め方について紹介しました。

保育園は年度による区切りがはっきりしていて、時期ごとに求人に特徴が出てくるという特徴がありますが、結局、どの時期から転職活動を始めるのがおすすめなのかというのは気になりますよね。

保育士の場合は、転職をしたいと思った時になるべく早く就職・転職活動を始めるのがおすすめです。保育士の求人募集は、必要な募集人数の採用が決まると、募集終了していくという特徴があるので、早く転職活動を始めればその分、出会うことができる求人の選択肢が増えるということになります。

まずは、できるだけ早く求人を見比べるところから始めて見るのがおすすめです。