保育士の転職活動はいつ始める?期間はどれくらいが良い?短期間か長期間か。

保育士の転職活動はいつ始める?期間はどれくらいが良い?短期間か長期間か。保育士の求人探しのコツ

2020年9月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

転職を考えている保育士の皆様。

  • 保育士の転職活動のいつ始める?
  • 期間はどれくらいが良い?
  • 短期間で終わらせるべきか
  • 長期間をかけてじっくり行うべきか?

など悩んでいませんか?

今回は、保育士の転職活動のいつ始めるべきか、期間はどれくらいが良いか、などを解説します。

また、超短期間でも保育士が転職を決める方法なども紹介しています。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の転職活動の平均期間は3ヶ月から半年くらい

保育士の転職活動の平均期間は3ヶ月から半年くらいと言われています。

もちろん、この期間には求人を見ている期間なども含まれているで、実際に面接を申し込んで、内定をもらうまでの期間は1ヶ月くらいが一般的です。

ただ、多くの保育士は複数の保育園に面接に申し込むので、それらが少しずつずれて3ヶ月から半年くらいになります。

逆に言えば、これくらいの期間を目安として取ることができれば、保育士の転職活動としては十分ということが言えると思います。

長期間・短期間の転職活動のそれぞれのメリット・デメリット

選択肢が多い・少ない

早くから転職活動を始めると、それだけ多くの求人に目を通すことが可能です。

たくさんの求人に目を通すことで、徐々に地域や自分の経験での保育士の待遇の相場感というのがわかってきます。

明らかに給料が低かったり、条件の悪い求人に応募してしまったり、入職してしまうということを避けることができます。

逆に、転職活動を始めるのが遅いと、相場感覚がわからず、無駄な求人に応募してしまうことがあるかもしれません。

また、退職時期が迫ってくると焦ってしまったり、ブラック保育園の甘い謳い文句に騙されることも多くなってしまいます。

迷ってしまう

求人の選択肢が多いということは、就職先を決めるのも迷ってしまうということが起きます。

特に、今は保育士不足なので、保育士が転職活動をすると複数の内定が貰えることが多いです。

複数の内定を貰ったあとは、入職先をひとつに絞らなければいけません。優柔不断な人にとってはかなり胃が痛くなる作業です。

内定を頂いた保育園からさらに、決断を急かされてしまって、さらに胃が痛くなります。

後々、入職してからの後悔につながることもあります。このように選択肢が多いというのは良いことだけではなく、悪い点もあります。

焦ってしまう

転職活動の期間が短いと、どうしても早く決めたいと焦ってしまうことがあります。

焦って転職活動をすると、ブラック保育園に転職してしまう可能性が上がります。

冷静な判断力もなくなりますし、とにかく内定が貰いたいということで条件も少し下げて求人に応募することも有るからです。

逆に、転職活動の期間が長いと、じっくり、働く保育園を選別できます。

必然的にブラック保育園に入職してしまうリスクを減らすことが可能です。

費用がかかる

転職活動の期間が長いとそれだけ転職活動にかかる費用も多くなります。

保育士の面接で一番費用がかかるのは交通費についてです。保育園は郊外にあることも多く、最寄り駅から更にバスなどで移動する必要があることも多いです。

面接の度にそれなりに交通費がかかるので、費用負担も増加します。

履歴書やそれに貼る写真なども地味に費用がかかってくる部分なので、長期化すると費用面の負担も大きくなります。

保育士の転職活動の期間のベストは3ヶ月から6ヶ月

保育士の転職時期や期間は9・10月からの3ヶ月から6ヶ月がベストです。

これは保育士の求人倍率10月から2月頃にかけて増加するためです。求人倍率というは、簡単に言うと今どれくらいの求人が存在しているかという指標になります。

やはり保育園は年度ごとの退職、採用が多いので、次年度に向けての求人が年度末に向けて増えていきます。

この時期が求人数が多いので、たくさんの求人情報を見ることができるからです。たくさんの求人をみると良い求人というものを見極めることもできます。

その分、先程も書いたように迷ってしまうということも多いですが、迷う選択肢がないというよりは良いと思います。

良い求人は先に募集が終わるが、良い求人の募集が早く出るとは限らない

注意が必要な点は、良い求人ほど早く採用が決まり、募集が終わるということ、ただ、良い求人ほど早くに募集を開始するとは限らないということです。

保育士の求人募集は、様々な保育園が様々な時期に行なっています。次年度の保育士の欠員が出るとわかった時点で募集を開始する場合もありますし、ある時期にまとめて募集を出すこともあります。

最近では、年度末の時期以外の退職も増えているので、急な退職者が出た場合は、すぐに求人を出すこともあります。

求人が出るタイミングは保育園によってバラバラなので、極端な話3月末に急に好待遇な保育園の求人が出ることもあり得ます。

なので、早く転職活動を始めても、早く終わらせてしまったら、そこから後に出てくる求人を逃してしまうことになります。

一般企業であれば、高スキル人材なら通年で募集をかけていることもありますが、保育士はあくまでも園ごとに採用人数が決まっているので、採用が決まってしまったらどんなに良い人材でも、応募することはできません。

これが、保育士の転職活動の難しい点でもあります。

保育士の転職活動が長引いてしまう原因

保育士の転職活動が長引いてしまう原因は「保育園の選択肢が多すぎる」というところあります。

昨今では特に都心部では、新設の保育園もバンバン出来ていて求人もたくさんあります。そもそも保育園自体が1園大きくても在園児100人規模程度、保育士数十人規模なので、それが各地に無数に点在していることになります。小さい保育園だと定員20名未満の保育園もあります。

どこも保育士不足で募集をかけていることも多く、それだけ求人の数も多いです。保育士の求人倍率は年々増加していて、一番多い時期の東京で保育士一人あたり6件の保育園の求人があるような状況です。

これは、6個の保育園の内定から保育士が1園選ぶというような状況です。それだけ保育士の求人が多いです。

ただ、転職活動が長引くこと自体はさほど問題では有りません。最終的には転職希望時期に転職先が決まっていれば問題無です。

よくないのは、不満があって、転職したいのにも関わらず、迷ったり悩んだりで結局転職をせずに、また次年度を迎えてしまうということです。そうなるとズルズル転職が先延ばしにされてしまいます。

そうならないためには、しっかりと希望条件で求人を絞ることが大切です。

保育士が悩まず、効率的に転職活動を短期間で終わらせるコツ

エリアを絞る

保育士が転職で一番悩まないために一番効率が良い方法は、就業エリアを絞るということです。

  • 自宅から何分以内
  • 〇〇市内
  • 電車移動なので、〇〇線の最寄り駅から何分

など、それぞれの希望によって条件を先に決めておくと良いです。こうすることで選択肢を割と絞ることができます。

保育士の通勤時間に関しては、短いほうが良いので、できれば短時間になるようにエリアを狭めていくと良いです。

引っ越しを伴う場合でも、物件のエリアをなんとなく絞りつつ、同時に、就職のエリアも絞り込んだほうが良いです。

引っ越しを伴う場合の保育士の転職については以下の記事でも解説しています。

保育園の種類・規模感を絞る

保育園と言っても、様々な形態があります。漠然と転職するという形で選ぶと選択肢が多すぎて、求人を見るだけで日が暮れてしまいます。

  • 大規模認可保育園
  • 中規模認可保育園
  • 小規模保育事業
  • 認定こども園
  • 認可外保育施設
  • 企業内保育園

それぞれ働きやすさや園児の定員数、保育内容などに特徴があるので、自分の希望する条件を定めておくと良いです。

詳しくは上記のリンク先の記事でも解説しています。

給与待遇の最低条件を決める

求人を探し始める前に、給与待遇の最低条件をある程度決めておいたほうが良いです。

  • 月給〇〇円以上
  • 賞与○ヶ月以上
  • 年収〇〇円以上
  • 夏季休暇○日以上

などの自分が希望する条件です。なるべく「人間関係」「残業時間」など求人票の段階からは判断できない要素ではなく、求人票で判断できる客観的な情報が好ましいです。

最低条件をクリアしていない求人は、その時点で見る必要もなくなるので、求人選びの効率が良くなります。

保育士の転職エージェントを活用する

最後に、効率的に転職活動を短期間で終わらせるのに、おすすめなのは、保育士の転職エージェントを活用するということです。

第三者が入ることで、より転職活動をしているという意識も高まりますし、自分の条件なども客観的に整理することができます。

なにより自分の条件に合う求人だけを紹介してくれるので、無駄な時間が極端に少なくなります。保育園とのやりとりも間に入って行なってくれるので、細かい条件も保育園側にすぐに問い合わせてくれます。

面接のスケジュール調整や、内定辞退、内定の保留も変わりに行なってくれるので、保育士本人の負担もかなり少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

複数の求人で悩んでいる場合などに助言を受けることも可能です。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

超短期間でも保育士が転職を決める方法!

様々な事情があって、超短期間、入職まで1週間から2週間で転職先の保育園を決めなくては行けないという状況の方もいると思います。

その場合は、迷わず保育士の転職エージェントを利用してください。入職までに期間が短い場合は、求人誌やハローワークなどでの応募は連絡までのタイムロスが発生しがちです。

保育士の転職エージェントは急募の求人の情報も常に持っているので、すぐに保育園側に取り次ぐことが可能です。

複数社に一気に登録して、短期間で入職できる保育園がないかそれぞれに問い合わせてみてください。必ず見つかると思います。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

思い切って先に退職してしまうのも一つの選択肢!

転職活動をいつから始めようとか、どれくらいの期間やろうか、などと悩んでなかなか踏み出せずにいる人の場合は、思い切って今の保育園を先に退職してしまうのも良い選択肢だと思います。

もちろん、生活資金に余裕がある場合限定ですが、いざ退職してしまえば、転職活動せざるを得ない状況になるので、尻に火が付きます。なかなか思いきれないという方には、良い方法かもしれません。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の求人探しのコツ
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました