保育士転職サイトは複数社を併用し、求人も複数応募すべき理由を転職経験多数の保育士が解説。

保育士転職エージェントは複数社を併用すべき理由を転職経験多数の保育士が解説。保育士の求人探しのコツ・転職のコツ

2020年11月(令和二年)の最新情報 掲載中!!
2021年(令和三年度)に向けての保育士の求人が増えてきています。保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

転職を考えている保育士の皆様。いくつの保育士転職エージェントに登録していますか?また、保育園の求人の応募は、ひとつひとつ応募したほうがよいのか、同時にたくさん応募してもよいか気になったことはありませんか?

実は保育士転職エージェントは複数社を併用して転職活動を行なうと多くのメリットがあります。

結論から先に示すと、保育士転職エージェントは複数社を併用して利用すべきなのは以下の理由があるためです。

  • ①保育士転職エージェントそれぞれに非公開求人がある
  • ②担当者と合う合わないがある
  • ③保育園の内情を多角的に知ることができる
  • ④担当者の本気度が変わる
  • ⑤内定が複数になった時に競わせることができる


ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^) → 保育士就職・転職完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法 を公開しています。

こんにちは。保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士転職エージェントは複数社を併用して利用すべき理由

①保育士転職エージェントそれぞれに非公開求人がある

保育士転職エージェントはそれぞれ「非公開求人」というものがあります。

保育士の転職エージェントの非公開求人については以下の記事でも解説しています。

保育園はさまざまな理由があって、求人を非公開にしている場合があります。

  • 公開すると応募が殺到してしまい、業務に影響がでてしまったり
  • 保護者に給料を知られたくなかったり、保育士が辞めるということを隠したかったり

など様々な理由があります。

保育士転職エージェントは独自の人脈などで非公開の求人をそれぞれ抱えているので、一社に登録しただけでは、すべての非公開求人を紹介してもらうことはできません。

そのため、複数の転職エージェントに登録すると高待遇の保育園の求人が見つかる可能性がたかいです。

②担当者と合う合わないがある

保育士転職エージェントを利用していると

  • なんかちょっと苦手だな
  • 性格があわないな

と思うことがあると思います。もちろん保育士転職エージェントは担当者を変えてもらうこともできます。

でもこれくらいでは、さすがに担当者を変えてもらうのは気が引けますよね。しかもその連絡は担当者本人にしなければいけない場合もあります。

保育士転職エージェントは、担当者があわないなっと思ったらサッとフェードアウトするぐらいの気持ちが重要です。

そのためには、何個かの保育士転職エージェントに登録して、うまくいかない場合に切り替える必要があります。

もちろん性格が合う合わないだけでなく、取り扱っている求人が少なかったり、担当者が忙しすぎて返事をくれなかったりする場合もあります。

そういう場合はやはり複数の保育士転職エージェントに登録しておくとすぐに違う保育士転職エージェントを使うことができます。

③保育園の内情を多角的に知ることができる

例えば、保育士転職エージェントから保育園の紹介を受ける時に「園の雰囲気」などを聞くことは多いと思います。

保育士転職エージェントは往々にして紹介した園の「良いところ」を中心に説明します。

保育士転職エージェントも仕事なので、「悪いところ」を伝えて、面接を受けなてくれなかったらあまり意味がないためです。

もちろんなかには良い部分悪い部分を正直に説明してくれる良い方もいると思いますが、滅多に無いことです。

複数の保育士転職エージェントを利用すると、他社で受けている保育園の情報も知っている場合があります。

その場合は、保育士転職エージェントは往々にして紹介した園の「悪いところ」を中心に説明します。

他社に保育士が取られてしまうので当たり前といえば当たり前です。

少し高度なテクニックになりますが、二社からの情報をあわせると「良いところ」も「悪いところ」の情報も得ることができます。

どちらか一方の情報だけだと偏った情報になってしまうので、複数の保育士転職エージェントに登録すると保育園の内情を多角的に知ることができます。

④担当者の本気度が変わる

保育士転職エージェントを利用していると必ずと言っていいほど、他社の保育士転職エージェントなどを利用しているか聞かれます。

これは、もちろん選考中の保育園をバッティングして紹介しないためというのももちろんありますが、会社としてより優先度を上げて対応しなければいけないからです。

他社の保育士転職エージェント経由で転職が決まってしまうと、自社に入る収益がなくなってしまうからです。

特に今は保育士不足なので、保育士の人数は限られています。限られた人数の保育士を取り合っているのは保育園だけでなく、保育士転職エージェントも同様です。

ひとつの保育士転職エージェントしか登録していない保育士と、複数の保育士転職エージェントを登録している保育士であれば、必ず後者のほうを優先して対応します。

もちろん保育士転職エージェントは表立ってそんなことは言いませんが、営利企業なので利益をたくさん確保するためにはある程度はしょうがないことかなと思います。

なので、保育士も保育士転職エージェントにすべて任せて知らんぷりということではなく、良い意味で保育士転職エージェントを利用して転職を成功させる必要があります。

優先度が低いと、希望の条件を伝えて求人探しをお願いしても後回しにされたり、よりよい条件の求人は優先度が高い保育士のほうにまず紹介するかもしれません。

そうなると、自分にまわってくるのは余ってしまった求人だけということにもなってしまいます。

転職エージェントの本気度を上げるためにも、複数登録は必須になります。

⑤内定が複数になった時に競わせることができる

前述の本気度とも同じことなのですが、保育士転職エージェントは内定が決まると、保育園側と細かい条件交渉をしてくれます。

例えば、

  • あと少しだけ給料を加算してほしい
  • パートなら何時には必ず帰りたい

というような細かい条件調整になります。このような条件調整は転職エージェントを利用する上でのメリットの一つだと思います。自分ではなかなか交渉がしにくい内容になりますよね。

実は私も経験があって、内定後に提示された給料に幼稚園教諭時代の経験があまり考慮されていなかったので、保育士転職エージェントの担当者に伝えて交渉をしてもらいました。

その際は、もちろん他のエージェントで別の保育園の内定を貰っていることと、どちらに行くか迷っているということを伝えました。

保育士転職エージェントとしても、交渉がうまくいかないと他社のエージェントが紹介している保育園に決めてしまうかもしれないので、一生懸命交渉していただきました。

結果的に少しですが給料が加算され入職を決めることになりました。

一つの保育園しか内定がなかったり、複数の保育園から内定を貰っていても同じ保育士転職エージェントからだと、どちらにしても自社の紹介で転職してくれるので本気で交渉はしてくれなかったかもしれません。

内定後の交渉のことも踏まえると、複数の保育士転職エージェントから保育園への内定をもらっているととても有利に話が進みやすいです。

保育士の求人の複数応募は非常識?

結論から言うと、保育士の求人の複数応募は非常識でもなんでもありません。むしろ複数応募すべきです。

これは一般企業でもよくあることです。たくさんの新卒を採用する大企業ともなれば、内定辞退を念頭に入れてあらかじめ多めに内定を出したりします。

保育園側も同時期に複数の保育士と面接を行い、一番良いと思った保育士に対して採用内定を出します。それで辞退されたら次点の人に内定を出すこともあります。つまり、複数という条件はお互い様ということになります。

たまに、保育園でも面接の結果がすぐには知らされないことがあるのは、このようにすべての応募者の面接が終わって誰を採用するかを決めているからです。

それと同じように保育士側も同時期に複数の保育園と面接を行い、一番良いと思った保育園へ入職を決めることが大切です。以下から保育士が求人の複数応募することのメリットを解説していきます。

保育士の求人の複数応募のメリット

自分の希望条件に合う求人に出会いやすい

保育士の求人の複数応募をすると、自分の希望条件に合う求人に出会いやすいというメリットがあります。

特に保育園は実際に面接や見学に行ってみないとわからない情報が多いです。たくさんの求人に応募してたくさんの保育園を見ることで、だんだん目が肥えてきます。

たくさん保育園を見ていると、実は最初の印象の良かった保育園が微妙だったということもあります。

保育園の求人の良し悪しもわかるようになり、自分の希望条件に合う求人に出会いやすくなるというメリットがあります。

求人を比較検討できる

一つの保育園に応募して内定をもらった場合、比較する保育園がないことになります。

結果的に、その保育園で働くか働かないかを決める必要がでてきます。比較対象がないので、冷静な判断がしにくくなってしまいます。

その段階で、他の保育園の求人で良さそうなものがあっても、そこで採用の内定を貰えるのかわかりません。また、保育園の採用担当の方から結論を急かされることもあると思います。

内定をもらった状態で結論を保留をしてもらうこともできると思いますが、あまり長引いて待たせてしまっているのが嫌で満足いかないまま結論を決めてしまうこともあります。

とりあえず一つ保育園から採用の内定を貰ってから考えようと思って就職・転職活動をしていると結局その1園のみで結論を出さなければいけなくなってしまうことが多いです。

就職・転職活動を短期間で終わらせることができる

複数の保育士の求人に同時期に応募することで就職・転職活動を短期間で終わらせることができます。保育士の就職・転職活動は意外に体力や精神を使うことが多く、負担も大きいので長引かせたくないと思う方は多いと思います。保育園は住宅地にも多いので時間も交通費も結構かかります。

保育園の保育士の採用はどんなに最短でも、応募から面接まで一週間程度、その後採用内定の連絡まで一週間程度の合計2週間はかかります。保育園によってはもっと時間がかかる場合があります。

ひとつの求人に応募をして、結果を待って次の求人に応募するという形だと、就職・転職活動が長期化してしまいがちです。

また、昨今は保育士の入れ替わりも激しく求人も入れ替わるので、ひとつひとつ求人に応募していると狙っていた好条件の求人募集が終了してしまうこともあります。

とりあえず後で応募しようと思っていると好条件の求人は無くなってしまっているかもしれません。

面接の合格率をあげることができる

保育園の面接で聞かれることは実は、どこもそこまで大差はないです。新卒であれば、なぜ保育士になろうと思ったのか、転職者であれば、今までの経験や前の保育園を退職した理由などがメインです。

面接の度に聞かれることになるので、だんだん慣れてきて緊張もしなくなってきます。緊張もなく、ハキハキと喋れるようになるので、面接での印象もよくなります。

前の面接での採用担当の反応なども踏まえて、よりより面接の対応ができるようになってくるので、面接の合格率もあがります。

給与待遇などの条件交渉をしやすくなる

複数の保育園から採用の内定を貰っている状態だと、給与待遇面での条件交渉もしやすくなります。

コツとしては、採用内定後に別の保育園と迷っていることを伝えるということです。その際にもう一方の保育園の良い点などを伝えます。例えば「経験を考慮してくれて向こうのほうが基本給が良い」などです。

パートの場合でも時給の交渉や就業時間の交渉もしやすくなります。給与以外の面でも、例えば「入職後は○歳児の担任をやりたい」などの実務的な要望を伝えることもできます。

内定が一つの保育園だけだと交渉の材料がありませんが、2つ以上の保育園で迷っているいれば交渉の材料にすることができます。

昨今は特に保育士不足も深刻で採用もなかなか難しくなっているので、保育園側としても採用内定を出した保育士には多少条件を良くしても是非働いて欲しいという思いもあります。採用にもコストがかかるので、できれば長引かせたくないという思いもあると思います。

まとめ

保育士転職エージェントは複数社を併用して転職活動を行なうと効率的で多くのメリットを享受できます。

  • ①保育士転職エージェントそれぞれに非公開求人がある
  • ②担当者と合う合わないがある
  • ③保育園の内情を多角的に知ることができる
  • ④担当者の本気度が変わる
  • ⑤内定が複数になった時に競わせることができる

保育士転職エージェントは複数社を併用して利用してみましょう。

育士が求人を複数応募する際に一番注意が必要なのは、面接などの日程がかぶってしまうことです。特に働きながら転職活動をしている保育士にとっては保育園との面接日程も限られていると思います。

自分で求人を探して応募していると面接日がかぶってしまうことも多々あります。それでどちらかを諦めなくてはいけなくなってしまうことあります。

保育士の転職エージェントを活用すれば、保育士本人は開いている日程を担当のコンサルタントに伝えるだけで良いです。そしたらうまい具合に面接のスケジュールを組んでくれます。

また、入職後のことも考えると、なかなか給与面のことをガツガツ交渉できる人は少ないと思います。保育士の転職エージェントであれば条件交渉の面では、自分自身で条件交渉をする必要がなくコンサルタントが代行してくれます。

言いづらいこと、聞きづらいことも担当のコンサルタントに任せることができるので、是非活用すべきです。転職エージェントはネット上の求人はもちろん、ネット上には載っていない非公開の求人を紹介してくれることもあります。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職エージェントになります。

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
続けて保育士の求人探しの重要なポイントになる『保育士の就職転職サイト・エージェント3選と選ぶ基準を解説』をご覧下さい。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。登録するとネット上では見られない求人情報も得られます。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも、正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育士の求人探しのコツ・転職のコツ 保育士転職サイト・エージェントの活用方法
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました