幼児園とは?幼稚園、保育園、認定こども園との違いは?

本ページにはアフィリエイト広告が含まれています。

こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育園や幼稚園の利用を検討している保護者の方や、これから教育・保育関連の施設で働こうと考えている保育士や幼稚園教諭の方。

こんな疑問や悩み、不満、経験はありませんか?
  • 幼児園ってなに?

「幼児園」という名前がついている施設について、

なんとなく、

幼稚園っぽい保育園でしょ?

と思っている方が多いと思います。

今回は、「幼児園」という名前の施設について、幼児園とはなんなのか、幼稚園、保育園、認定こども園との違いなどについて紹介します。

この記事の信頼性
私は保育園、幼稚園、認定こども園で勤務した経験があります
複数回の転職経験があります
その経験が参考になればと思います
  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。登録するとネット上での検索などでは見つからない非公開の人気のある高待遇の求人情報も得られます。 まずは求人情報を知りたいだけという方でもOKです!
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。 求人数も多いのでとにかくたくさんの情報を得たいという人にもおすすめです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!登録で非公開の求人情報を得られます。

幼児園とは?の本題に入る前に

本題に入る前に、乳児(0~2歳)、または、幼児(0~3歳)を対象とする保育・教育施設の種類を理解しておく必要があります。

このような保育・教育施設をざっくりと分類すると以下の3つに分けることができます。

  • 幼稚園
  • 保育園
  • 認定こども園

細かい話をすると、小規模事業や事業所内保育事業、企業主導型保育事業などのたくさんの保育施設の種類に分類ができますが、大きくは上記の3種類の保育・教育施設があるということを理解しておく必要があります。

これらの施設は以下の役割と定義に分類できます。

  • 幼稚園:文部科学省の管轄で3~5歳児の教育を行う施設
  • 保育園:厚生労働省の管轄で0~5歳児の保育を行う施設
  • 認定こども園:内閣府の管轄で0~5歳児の教育と保育を行う施設

本題の幼児園についてですが、幼児園と名乗る施設も、基本的には、これらのどれかに当てはまるということになります。

幼児園とは?

ここからは、本題の幼児園とはなんなのかについて説明します。実は、保育施設が「幼児園」と名乗ることに関して特に決まりはありません。どのような条件で幼児園という園名にして良い、してはいけないというような内容は無いということです。

歴史的には、保育施設が幼稚園のような教育的な側面をあわせもった施設として幼児園と名乗っていた場合が多いようです。つまり、施設側としては、保育だけではなく教育にも力を入れているというニュアンスを出したいという意図で名付けられていることが多いでしょう。

ただし、先程書いたとおり、現在では「認定こども園」という幼稚園と保育園の機能を併せ持った施設ができています。そうなると、「幼児園 = 認定こども園」なのかと思うかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。認定こども園である幼児園もあれば、認可保育園である幼児園も存在します。

そのため、「〇〇幼児園」と名乗っている施設に関して、名前だけで判断できることは、

  • 幼稚園ではない

ということと、

  • 保育園、認定こども園等の保育施設に該当する

ということになります。

そういった意味では、冒頭の「幼稚園っぽい保育園でしょ?」という認識は大きく間違ってないと言えるかもしれません。

幼児園と幼稚園の違い

先ほども書きましたが、幼児園は幼稚園ではありません。そのため、本質的には、それぞれの幼児園がどの種類の施設に該当するかによって「違い」は異なります。

幼児園が保育園に該当する施設であれば、幼稚園と保育園との違い、

幼児園が認定こども園に該当する施設であれば、幼稚園と認定こども園の違い、

それぞれの違いが仕組みや制度としてあるということになります。それぞれの違いについては以下の記事でも紹介しているの参考にしてみてください。

また、幼児園の受け入れる園児の年齢は、3−5歳児とは限らず、0歳から受け入れている施設もあります。また、先程も書きましたが、幼児園は、歴史的に保育施設が幼稚園のような教育的な側面をあわせもった施設として幼児園と名乗っていたケースが多いので、幼稚園の教育のカリキュラムを取り入れていたり・参考にしていたりする場合が多いです。ただし、これについては、 あくまでもその傾向があるという話で、実際にはそれぞれの施設次第で内容は変わります。

幼児園と保育園、認定こども園との違い

幼児園と名乗る施設の多くは、保育園、もしくは、認定こども園のどちらかに該当します。認可保育園の場合もあれば、認可外保育施設の場合もあります。

幼児園で働くには?

再三になりますが、幼児園と名乗る施設の多くは、保育園、もしくは、認定こども園のどちらかに該当します。保育園に該当する場合は、就業するには基本的に保育士の資格が必要です。認定こども園の場合は、施設の種類によって「保育士」「幼稚園教諭」のどちらか、もしくは、両方の資格が求められるということになります。

名前だけで判断しないこと

ここまでの結論として言えることは「幼児園」という名前だからといって、一概に言えることはほとんど無いということです。それぞれの施設が実際にどの種類の施設に該当するかどうかをきちんと知る必要があります。

また、実際の保育や教育の内容に関しても、特に「幼児園」と名乗る基準があるわけではないので、利用を検討する保護者の方も、働く保育士の方も、「幼児園だから教育に力を入れているはずだ」と勝手に判断せずに、それぞれ施設の教育・保育内容をきちんと把握するようにしましょう。

まとめ:幼児園とは?幼稚園、保育園、認定こども園との違いは?

今回は、「幼児園」という名前の施設について、幼児園とはなんなのか、幼稚園、保育園、認定こども園との違いなどについて紹介しました。

「幼児園」と名乗ることに関しての基準は特になく、歴史的には、保育施設が幼稚園のような教育的な側面をあわせもった施設として幼児園と名乗っていた場合が多いです。

そのため、幼児園は幼稚園ではなく、多くは認可保育園、認可外保育園、認定こども園のどれかに該当する施設になります。その施設に該当するかによって、利用申し込み方法なども異なります。

利用を検討する保護者の方も、働く保育士の方も、「幼児園だから教育に力を入れているはずだ」と勝手に判断せずに、それぞれ施設の教育・保育内容をきちんと把握するようにしましょう。