30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士を辞めたいと思っている方。30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀なのかと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

個人的には、むしろ保育士だからこそ、30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのはそこまで無謀なことではないと思っています。今回は、このことについて説明します。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀?

本題の「30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀なのか?」ということですが、

むしろ保育士だからこそ、30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのはそこまで無謀なことではないと思っています。どちらかというと、仮に無謀だとしても別に問題ないとも言えます。

理由は後述していますが、以下の大きく2つになります。

  • だめでも保育士に復帰すれば良い
  • 給与もそこまで下がらない
スポンサーリンク

保育士だからこそ無謀ではない!理由とは?

保育士だからこそ無謀ではない理由について紹介します。

だめでも保育士に復帰すれば良い

一般的な企業に務める30代以上で、異業種に転職した後に「やっぱり違った」といって、同じ待遇で元の業種の企業に戻ることはほとんど難しいです。

一方で、保育士の場合は、昨今は特に保育士不足でブランクからの復帰もとてもしやすい状況です。なので「やっぱり違った」と思ったら、少なくとも前と同じ位の給与で保育士に戻ることは難しくないです。今は国による処遇改善が進んでいるので、場合によっては、復帰したら前よりも給与が上がっていたなんてこともあり得ます。

<関連記事>

給与もそこまで下がらない

一般的な企業に務める30代以上で、それなりに給料を貰っているという人は未経験で異業種に転職すると、大抵の場合は給与ダウンは避けられません。

一方で、保育士の平均的な給料自体も他の業種と比較しても低い傾向があるので、異業種に転職したからといって大幅に給与ダウンするわけでもありません。むしろ、良い会社に巡り会えれば給与が上る可能性もあります。給与が大きく下がらなければ、転職して後悔するということも減らすことができます。

つまり、むしろ保育士だからこそ、30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのはそこまで無謀なことではないと言えます。 どちらかというと、仮に無謀だとしても別に問題ないとも言えます。

スポンサーリンク

何歳までなら保育しから異業種への転職ができる?

保育士だからこそ無謀ではないとは言っても、気になるのは何歳までなら異業種への転職ができるのかということだと思います。

もちろん、どんな会社でどんな職業で働きたいのかということによっても異なりますが、年齢で区切られた募集というのはあまり存在しないですが、実態としては一般企業だと35歳までの求人が多い傾向があります。それくらいまでであれば、異業種の経験なども加味しつつ未経験でも採用される可能性はあるでしょう。

求人の数が多いのは35歳くらいまでと言われていますが、それ以上の年齢の求人も無いわけではないので、まずは世の中にある求人をたくさん見てみて、条件などを確認すると良いと思います。

スポンサーリンク

まずは自分ができること、したいことを理解しよう

やはり、転職に関しては、基本的にどの業界でも年齢が高くなるにつれて、即戦力が求められる傾向が高いです。

漠然と「保育士を辞めたい」だけで異業種への転職をしたいということだと、なかなか自分の希望にあった会社にめぐりあうのは難しいです。

そのため、自分がどのようなスキルを持っているのかということを理解してアピールする必要があります。保育士だけの経験でも、まったく何もアピールできないということは無いはずです。他の会社でも役に立つ汎用性のあるスキルなどを探して、アピールに繋げる必要があります。

その上で、自分が仕事でやりたいことを理解することも大切です。なんでも良いから保育士とは違うことがしたいというのも正解かもしれませんが、自分がやりたいことと合致していれば、転職してからも楽しく仕事をすることができます。

スポンサーリンク

30代以上で保育士の異業種転職でリスクを下げるためすべき対策!

30代以上で保育士の異業種転職でリスクを下げる、無謀にならないためすべき対策について紹介します。

保育士として働きながら転職活動をする

無謀にならないためにできる対策の一つは、保育士として働き続けながら転職活動をするということです。

働きながら転職活動をすれば、企業に相手にされなかったり、面接でまったく受からなかったとしても、今の保育士の仕事には何の影響もありません。今の保育園で引き続き保育士の仕事を続ければよいです。

加えて、あとあとになって、 その時の異業種への転職活動をしたということは、将来の後悔などを無くすことにも繋がります。 「あの時ああしていればよかった」「こうすればよかった」というのは人生のよくある後悔ですが、挑戦してみてだめだったということであれば、後悔にはなりません。その後、保育士を続けるにしても、そうでないにしても人生における後悔を減らすことができます。保育士を続ける場合は、自分が納得した状態で保育士を続けることができるでしょう。

保育士に戻る選択肢を残す

無謀にならないためにできる対策の2つ目は、保育士に戻るという選択肢を残すということです。

自分の気持ちとして「保育士に戻れば良い」という考えがあると、もし、万が一転職先での仕事が自分に合わなかったり、ブラックな会社に就職してしまっても、すぐに逃げ出すことができます。別に逃げることは悪いことではありません。

「保育士に戻るという選択肢を残す」とはいっても、特別、何かをする必要はありません。普通に保育園を退職して、保育士証などを残しておけばよいです。あとは自分の気持ちだけを整理しておけば良いです。

保育士に戻ることを考えると、今までの保育士としての経歴などをまとめてみるのも良いでしょう。 「いつ」「どんな保育園で」「何の仕事したのか」ということを職務経歴書のような形でまとめてみましょう。何人規模の園で、何歳児の担任をして、何の行事の担当をしたのか、役職は何だったのかというようなことです。

もちろん、このこと自体は異業種への転職活動でも役に立ちます。また、万が一保育士に復帰するということになった際の面接でも有効になります。年月が立つと案外自分がどんな仕事をしていたのかということは忘れてしまうものですが、書類にまとめておくと忘れること無く、自分の職歴や経歴を思い出すことができます。面接などで、きちんと保育士の経歴をアピールできます。

<関連記事>

また、もし、今の保育園での仕事がそれなりに気に入っているのであれば、出戻りができるように円満に退職するというのも良いかもしれません。もちろん、保育士の場合は保育園はたくさんあって、ブランクがあっても復帰しやすいので、あえて今と同じ園に戻る必要はありません。人間関係や関係性、園の状況にもよりますが、園長などに「異業種に挑戦してみたい」ということを伝えれば「いつでも戻ってきて良い」といってくれることもあります。転職をする上で、戻る場所があるということは強い安心感にも繋がります。

スポンサーリンク

まとめ:30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀?

30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのは無謀なのかという問に関してですが、むしろ保育士だからこそ、30代以上で保育士を辞めて別の仕事をするのはそこまで無謀なことではないと思っています。どちらかというと、仮に無謀だとしても別に問題ないとも言えます。

  • だめでも保育士に復帰すれば良い
  • 給与もそこまで下がらない

というのが理由になります。

  • 保育士として働きながら転職活動をする
  • 保育士に戻る選択肢を残す

ということが無謀にならないために必要な対処法になります。

まずは世の中にある求人をたくさん見てみて、条件などを確認すると良いと思います。