後輩保育士より給与が安い?経験年数の割に給料が上がらない?原因や対処法を紹介。

後輩保育士より給与が安い?経験年数の割に給料が上がらない?原因や対処法を紹介。保育士の給料や待遇

2020年8月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の皆様。自分の給料に関してなにかと不満を持った経験はありませんか?

  • なんか後輩の保育士より給料が安い
  • 他の人と比べても、経験年数に比べて全然昇給していない

こんな不満はよくある不満だと思います。

後輩保育士より給与が安い?経験年数の割に給料が上がらない?という場合に取れる対処法などはあるのでしょうか。それらを解説したいと思います。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の給与は経験年数で決まることが多い

まず大前提として、保育士の給与は経験年数で決まることが多い というのは間違いないです。

保育園によっては経験年数によって一律に昇給額などが決められていて、ほとんど日々の実績や評価を考慮しない場合もあります。

国なども処遇改善などの条件に経験年数などを用いていることが多いです。これは、保育士のスキルは、定量的に評価することが難しいという側面もあると思います。

良い悪いの議論はあると思いますが、保育士間で不公平感をうまないためにもこのような制度にしている保育園も多いです。

経験年数以外で給料に差が出る原因や事例とは?

保育園で働く保育士が、経験年数以外で給料に差が出るよくある原因や事例を紹介します。

保育園によっては、以下に上げるようなパターンに該当する場合は後輩保育士より給与が安い、後輩保育士のほうが給与が高いということが起こる可能性があります。

キャリアアップ研修などの差

保育士等キャリアアップ研修の受講の有無の差は、保育士の給料を左右します。

保育士等キャリアアップ研修は国が主導で行っている、保育士の処遇改善施策で、保育士の多様なキャリアパスを用意しています。

研修は都道府県などの自治体が実施していて、保育園を通して受講の申込みを行います。5千円から最大で4万円の処遇改善費が保育士の給料に上乗せされるため、保育士間で給料の差が出る部分になります。

処遇改善が上乗せされる人数などに制限もあるため、保育園側の裁量によって決まる部分も多いです。ちなみに、この制度による処遇改善を導入していない保育園もあります。

転職時などに交渉している

転職の際に、給料の交渉をして入職してきている場合は、年齢や経験年数によらず通常より給与が上乗せされている可能性もあります。

保育士不足なので、それだけ転職してくる人が有利という状況です。既にその保育園で働いている人からすれば、面白くないかもしれませんが、給料を上げないと保育士が確保できないという状況にあります。

入職のタイミングによって給料に差があるということは一般企業でもよくあることで、それだけ転職時というのは給料の交渉がしやすいという側面もあると思います。

実力や貢献などが評価されている

保育士の実力等によって給与に差が出ている場合もあります。実力というのは経験年数ということではなくて、どれだけ保育園の業務に貢献しているかなどです。

保育園によっては、園長の感情やお気に入りなどの理由で給料に差が出ているという可能性も十分あります。 身内で家族経営をしていて、待遇を変えているなんていうケースもあるでしょう。

なにをもって保育士の実力や貢献を判断するかという問題はありますが、保育士としてのスキルが高い = 評価される というわけでは必ずしもないのが難しい点かもしれません。

役職が付与されている

実力が評価されているということとほぼ同じことですが、役職が付与されている場合に手当などが上乗せされていることもあります。主任や副主任などがこれらに当たります。

また、担任や副担任、フリー保育士などの役割で待遇に差がある場合もあります。

役職が付与されていて、当然、保育の仕事に対しての責任などにも差があるため給料にも差が出てきます。

前職などの経験考慮の有無

前職でも保育士をしていたとして、その経験が考慮されているかいないかというのも給与額のポイントになります。

例えば、保育園によっては、認可外保育施設での経験は考慮されないという場合もあります。

また、幼稚園教諭をしていた場合の期間も経験年数として考慮してくれないというような保育園もあります。このように実は保育士歴が長いからといっても考慮されている経験に差がある場合もあります。

年齢は若くても経験が長い場合も

年下だから後輩だと思っていたけど、保育士歴が長かったという場合もあります。保育士は若ければ20歳ぐらいから働き始める人がいるので、年齢だけで経験年数はわかりません。

「本人に確認したから間違いない!」と思っていても実は本人も勘違いしている可能性もあります。

大卒や短大、専門学校卒などの違い

保育園によっては短大、専門学校卒よりも4年制の大卒の給料を高めに設定していることがあります。

ただし、同じ年齢であれば、短大、専門学校卒のほうが経験年数は多くなるため、経験での昇給額も高くなっているはずではあります。

このように大卒や短大、専門学校卒などの要素が給与に差を出している原因になっている場合があります。

保有している資格の差

保育園によっては、保育関連の資格などを保有している場合は手当などが上乗せして付与されていることもあります。

また、認定こども園などであるのが、幼稚園教諭や保育士の資格による手当の金額に差があることがあります。

両方の資格を保持しているか、幼稚園教諭は一種や二種などの種別もあるため、その内容によって手当の金額を変えている認定こども園もあります。

それ以外にも、保育関連の民間資格なども、給与や手当額に影響がある保育園もあると思います。

雇用期間や雇用形態の差

雇用期間や雇用形態の差によって給料に差が出ている場合があります。

例えば、パートの場合などで、期間を定めての雇用の場合は、時給などが高くなる場合もあります。例えば、今年度限定での採用という場合です。なんらかの理由(産休・育休などの代替等)がある場合は、まったく同じ仕事内容でも期間が異なるため、時給が高くなることがあります。

このような場合は、継続した安定した雇用が保証できない分、時給を高く設定しています。

不当に給料が安くなってしまう原因や事例とは?

実力や貢献などが正当に評価されていない

不当に給料が安くなってしまうのは、保育士としてのスキルや保育園への貢献が正当に評価されていない場合がほとんどです。

言い換えると給料が 園長などの裁量で決まってしまう ということです。

不当に給与が低い場合の対処法は?

不当に給与が低い場合の対処法について紹介します。

保育士は経験年数だけが全てではない

保育士の給与は経験年数で決まることが多いと書きましたが、保育士は経験年数だけが全てではありません。前項にあげたように、経験年数以外で給料に差が出るような仕組みを導入している保育園も多々あります。

大前提として、このことを踏まえておく必要があります。そして 不当かどうかは、自分だけでは判断ができない ので、注意が必要です。

いくら年も上で保育経験も長くて、自分のほうが実力があると思っていても、保育園にとってはその後輩保育士のほうが、評価されているということもあります。

この点を踏まえないで文句や交渉などをしてしまうとただのクレーマーになってしまう恐れもあります。

交渉すれば給料は上げてもらえるか?

交渉をすれば給料を上げてもらえるかどうかという点に関しては、なんとも言えないと思います。

日頃からしっかりと保育士としての仕事に取り組んでいて、園長との信頼関係などが構築されていれば、交渉の余地があると言えます。

ただし、交渉をすることでより関係性が悪化する危険性もあります。 保育園の園長などからすれば、給料の不満をぶつけられるというのは、嬉しいことではないです。

前述したとおり、本人は実力や貢献などが正当に評価されていないと思っていても、園長からすれば適切に評価した結果かもしれません。

もちろん園長が本当に無能で適切に評価なんてできてないということもあります。それでも園長本人にしてみれば適切に評価しているという主張になるかもしれません。

また、できれば交渉は複数名で行うのが成功率も高いです。本当に一部の人だけが不当に優遇されているということであれば、それ以外の人で徒党を組んでの交渉がおすすめです。

園長対多くの保育士という構図を作ったほうが、交渉がうまくいきやすいです。

保育園の昇給条件は事前に確認すべき

多くの保育園は、会社として昇給条件を「就業規則」などに記載しているはずです。

そこに「経験○年で何円昇給」というような詳細な条件が書かれていて、その昇給が実際には行われていない場合は、指摘をすることで昇給を正しく行ってくれるはずです。

逆にそこに書かれていない条件などは、交渉が難しいかもしれません。最低限としてどのような条件になっているのかは確認しておくべきです。

最終的には転職も視野に入れるべき

園長などの裁量で決めらるということ自体は問題がないので、交渉でどうにかできることばかりではないのが現実です。

余程、不当な扱いを受けているという場合は、転職も視野に入れたほうが良いです。経験やスキルなどを正当に評価してもらえる保育園に転職できれば給与アップも望めます。

前述した通り、転職の際というのはもっとも給与交渉がしやすい時でもあります。

また、給与が正当に評価されていないから転職をするということを今の保育園に伝えることで、引き止めのために給与の見直しをおこなってくれる可能性もあります。

ただ、本当に転職をする気がないのに「転職をする」といって交渉材料にするのは、あまりおすすめできないかもしれません。引きに引けなくなってしまい、本当に転職することになってしまうかもしれません。

保育士の転職は転職エージェントの活用がおすすめです。面接などの手配はもちろん、給料などの交渉も代行してくれるので、転職にかかる負担を減らすことができます。

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)※全国の保育士の求人に対応。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特に強いの保育士転職エージェントです。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育士の給料や待遇
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました