保育士が働きやすい保育園の特徴とは?見分けるために収集方法は?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから保育園に就職・転職を考えている保育士の方。

働きやすい保育園で働きたいというのは、これから就職転職を考える人に共通する望みの一つだと思います。

今回は、保育士が働きやすい保育園の特徴と、就職転職時に見分けるための収集方法を紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士が働きやすい保育園の特徴とは?

本題の保育士が働きやすい保育園の特徴について紹介します。

法律を守る意識が高い保育園

法律を守る意識が高い保育園は保育士が働きやすい保育園の特徴の一つです。

ブラックな保育園でよくあるのが、

  • サービス残業
  • 持ち帰りの残業
  • きちんとした休憩時間がない

というような労働基準法の違反などです。当たり前のことですが、労働基準法は雇用される従業員を守るために必要な基準で、これらが守られていないということは保育士が働きやすいということとは、正反対になります。

人間関係が良好な保育園

人間関係の良し悪しも保育士の働きやすさを左右する要素の一つです。人間関係が悪いと、聞きたいことやお願いしたいこともできなかったり、必要な情報共有がきちんとできない場合もあります。全体の仕事に遅延が起きてしまったり、連携ミスが生まれます。保育士の心情や気持ち的にも、仕事の効率的にも働きにくいと言えるでしょう。

保育士が全時間帯で充足している保育園

保育園には保育士の配置基準がありますが、すべての保育園がすべての時間帯でその人数を満たせている問は限りません。特定の時間帯や曜日に保育士が足りない時間ができてしまうと、当然、保育士の負担は増加します。

そもそも、保育士が足りていないということは園児にとっては危険が増しているという状況でもあります。園児や保護者も関わる事故やトラブルは、当然ですが、保育士が働きやすいという状況とは相反するものです。保育士が全時間帯で充足していて、日々、安全に気持ちよく保育ができる環境のほうが、保育士が働きやすい保育園と言えるでしょう。

保育士のシフトが効率的な保育園

雇用している保育士のシフトを効率よく組めているということも、保育士が働きやすい保育園の特徴の一つです。

シフトの効率が悪いと、保育士が余ってしまう時間が生まれてしまいますし、逆に保育士が足りないという時間も生まれてしまいます。前者は保育園にとっては人件費が余計にかかることになりますし、後者は、保育士の負担が増えてしまって、就業の満足度が下がります。人件費が余計にかかるということは、最終的には保育士の給与が下がるということにもなりかねないですし、保育士の負担が増えるということは、保育士の離職にも繋がります。

どうせ同じ勤務時間なのであれば、シフトは効率的に組めている方が保育園にとっても保育士にとっても良い効果があります。

ほうれんそう等の情報共有が正しく行われている保育園

保育園で働く保育士には情報共有やほうれんそうもとても大切です。保育士の仕事は、コミュニケーションがほとんどといっても過言ではありません。

ほうれんそうなどの情報共有がきちんと行われていると、仕事の効率も良くなります。例えば、ほうれんそうがきちんとできていないと、誰かやった仕事をもう一回してしまったり、保護者トラブルに繋がって、結果的に仕事が増えてしまうなんてことがあります。

評価体制が整っている保育園

続いての、保育士が働きやすい保育園の特徴は、評価体制が整っているということです。評価とは、例えば、定期昇給のための評価や賞与の査定などです。

例えば、皆平等で一律の金額が昇給するという保育園もあります。一見、平等で良いと思うかもしれませんが、頑張っていても・頑張っていなくても評価は変わらないので、言ってしまえば、頑張っている人が損して、頑張っていない人が得するような不公平なシステムとも言えます。このような不公平な評価システムだと、働く保育士のモチベーションも下がってしまったり、職員間の不満によって人間関係に亀裂が生まれてしまう原因にもなります。「なんであの仕事してない人と同じ金額なんど」という感じです。

評価がきちんとしている、多くの人が納得できる評価体制になっていれば、保育士のモチベーションも上がりますし、不満も生まれにくいでしょう。

休暇が取りやすい保育園

休暇はワークライフバランスを考える上でもとても大切ですし、保育士のモチベーションにも関わります。

そもそも、休暇が取りにくいということは、保育士が足りていないとも言えます。保育士のモチベーションが低いと、結果的に、保育士の退職・離職に繋がってしまいます。保育士が離職してしまうと、新たな保育士を雇うまでは人員が足りなくなってしまいますし、仮に雇うことができても、またはじめからその保育園のことを教えて、教育していかなければいけません。人間関係もいちから構築していく必要があります。

そして、もちろん、採用自体にもコストはかかります。求人転職サイトに支払う広告料や手数料、そして、採用活動を行う園長や事務等の職員の時間も必要なので、人件費も追加でかかります。そのしわ寄せはやはり最終的には、保育士の給料に反映されてしまうということになるでしょう。

教育体制が整っている保育園

新人保育士や新しく採用された保育士に対して、保育園のルールはもちろん、知識面や精神面でのサポート・教育体制は、保育園の働きやすさを大きく左右します。保育園全体の仕事量は、一定ですが、保育士ひとりひとりができる仕事内容や仕事量は、全く同じではありません。経験が少ない人はやれることも少なくなりますし、その分、経験が多い人がサポートしなければいけないことも多いです。

教育体制がしっかりしていて、後輩がきちんと成長してくれると、他の保育士の負担も少なくなります。また、精神面でもサポートが充実していれば、保育士の離職も防ぐことができ、より保育園の仕事も効率良くなっていくでしょう。

ただ、保育士を国から言われた配置基準を満たすための頭数の一つだと考えている保育園も世の中には存在します。ただ、人数さえいれば良いというような考え方です。そのような保育園は誰かが辞めてたら、また、採用すれば良いというような考え方なので、知識やスキルも定着しにくいです。そして、前項に挙げたように、採用自体にもコストはかかるので、そのしわよせは、保育士の給料に反映されてしまうということになるでしょう。

同僚が代わる代わる入れ替わるような状況では、保育士も働きやすいとは言えないでしょう。

保育士が研修を受講できる保育園

研修についても、保育士の人数がきちんと確保されていないと、そもそも受講する時間も取れないです。前項同様に、働く保育士の教育を考えていたり、業務を効率化しようということを考えていなければ、保育士に研修を受けさせようとは思わないです。

そういった意味では定期的に研修を受けさせてもらえる保育園というのは、保育士が働きやすい環境を目指そうとしているといえるでしょう。また、保育士等キャリアアップ研修は他の保育園で働いた場合にも通用する全国で統一されている研修で、保育士の役職や給料にも影響がある研修なので、受けられないということは、知識面ではもちろん、将来的な待遇面でも損です。

保育士の離職率が低い保育園

保育士の離職率が低い保育園は、保育士も働きやすい傾向があります。辞める保育士が少なければ、仕事も効率化されます。また、人間関係も安定します。再三書いていますが、採用された保育士がきちんと成長してくれると、他の保育士の負担も少なくなります。また、新たに保育士を採用する際にも費用はかかるので、そのしわよせは、保育士の給料に反映されてしまうことになります。

働きやすい保育園を見分けるために収集方法は?

ここからは、働きやすい保育園を見分けるために求人情報の収集方法について紹介します。実際、これから就職活動をするという段階で、調べられる内容もあれば、入職してからでないと見分けにくい内容もあります。

保育園の情報を適切に入手して比較する

働きやすい保育園を見分けるために、まずは、保育園の情報を適切に入手して比較することが大切です。

  • 定員構成
  • 保育士の人数
  • 支給される給与
  • 保育理念
  • 年間の行事内容

これくらいの情報であれば、事前に、保育園のホームページや求人の情報などで確認することができます。

給料で選ぶ

続いて、保育士が働きやすい保育園を探す上で、大切な基準となるのが「給料」に関してです。働きやすい保育園を探すには、他と比較して給料が良い保育園を探したほうが良いです。

それは、保育士が働きにくくなる大抵の問題は、「給料」が関わっているケースが多いためです。よく、給料は安くても良いから、とにかく働きやすさを重視したいと考えてしまう人がいますが、それは逆効果になることが多いです。給料が安いからこそ保育士が働きにくくなる問題が発生しやすいためです。

例えば、「給料が安いから他の保育園に転職する」「給料が安いから仕事は頑張らない」というような感情です。給料が安いことで、必然的にその保育園で働く保育士はそのような負の感情をいだきやすくて、そのことが、先に挙げた保育士が働きやすい保育園とは相反する状況を生みやすいです。

また、そもそも、他の保育園と比べて給料が安いということは、他の保育園では採用されない人物ばかりが採用されている可能性もあります。保育士としてのモチベーションが低かったり、何個の保育園を定着せず、転々としているような保育士などです。逆に、「給料が高いけどサービス残業はある」というようなことは少なく、他の保育園と比較して高い給料を保育士に対して出すことができる保育園は、保育士の定着度も高く、結果的に働きやすい環境になっていることが多いです。

そのため、働きやすい保育園を探すには、他と比較して給料が良い保育園を探すということが、一つのわかりやすいものさしになります。

保育士の就職転職サイトを活用する

続いて、働きやすい保育園を見分けるために収集方法では、保育士の就職転職サイトを活用することが有効です。

保育士の就職転職サイトを活用することのメリットの一つは、保育園への質問のしやすさにあります。これから面接を受ける保育園に、電話口であれこれ質問をするというのは気がひけるという人も多いと思います。保育士転職サイトを利用すれば、面接を受ける前も、内定をもらった後でも、担当者があなたに変わって保育園に色々な質問をしてくれます。

先程から挙げている保育士が働きやすい保育園の特徴のなかには、詳しく保育園の人に質問をしないとわからないことも多いと思います。直接は質問しにくいことも保育士転職サイトを通すことで、気軽に質問が可能です。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強いおすすめの保育士転職サイトです。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

見学を適切に行う

最後に、働きやすい保育園を見分けるための情報収集で大切なことは「見学を適切に行う」ということです。保育園の見学は、保育士が就職前に、保育園のことを知ることができる一番のチャンスになります。先に挙げた、保育士が働きやすい保育園の特徴をすべて事前に見分けることは難しいですが、見学時の保育士の様子や園長とのやりとりなどから、推測できる情報はたくさんあると思います。わからないこと、気になることは、園長に直接聞くこともできます。

まとめ:保育士が働きやすい保育園の特徴とは?見分けるために収集方法は?

今回は、保育士が働きやすい保育園の特徴と、就職転職時に見分けるための収集方法を紹介しました。

保育士が働きやすい保育園の特徴は以下になります。

  • 法律を守る意識が高い保育園
  • 人間関係が良好な保育園
  • 保育士が全時間帯で充足している保育園
  • 保育士のシフトが効率的な保育園
  • ほうれんそう等の情報共有が正しく行われている保育園
  • 評価体制が整っている保育園
  • 休暇が取りやすい保育園
  • 教育体制が整っている保育園
  • 保育士が研修を受講できる保育園
  • 保育士の離職率が低い保育園

就職転職時に見分けるための収集方法は以下になります。

  • 保育園の情報を適切に入手して比較する
  • 給料で選ぶ
  • 保育士の就職転職サイトを活用する
  • 見学を適切に行う

これから就職活動をするという段階で、調べられる内容もあれば、入職してからでないと見分けにくい内容もありますが、できる限り、事前に見分けて良い保育園を見つけられると良いでしょう。