朝がつらい、苦手な保育士が早起きができるようになる朝の克服方法を紹介!


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育園で働く保育士の皆様。

  • 朝がつらい
  • 朝が苦手
  • どうしても起きられない
  • 上手く眠れない

という方もいらっしゃると思います。

特に保育園で働く保育士は不規則なシフト制になるので、前日とは活動時間が異なってしまうということもあると思います。例えば、前日は遅番で次の日が早番ということになると、家で同じ用に行動しているとどうしても睡眠時間が削られてしまうことになりますよね。

今回は、朝がつらい、苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法を紹介します。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

一般的によくある、朝がつらい・苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法

まずは、一般的によくある、朝がつらい・苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法を紹介します。

  • 早く布団に入る
  • 寝る前にスマホをいじらない
  • 目覚まし時計を遠くに置く、スヌーズ機能を使う
  • 朝に日を取り入れる
  • 悩み事を減らす
  • 適度なお酒を飲む
  • カフェインを飲まない
  • 休みの日に寝溜めしない

他にも調べればたくさんの方法が出てくると思います。人それぞれ、合う方法や合わない方法はあると思いますが、様々な方法を試すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

保育士の仕事に関連した早起きできるようになる克服方法

続いて保育士の仕事に関連した早起きできるようになる克服方法を紹介します。

仕事を持ち帰らない

保育士の睡眠を阻害してしまう要素の一つが持ち帰りの仕事です。保育園で終わらせることができなかった書類などの仕事を家に持ち帰ってついついやってしまう人ややらざるを得ない人もいると思います。

持ち帰りの仕事は時給が発生しないサービス残業で、睡眠時間まで削られてしまうので気持ちよく早起きするためにも絶対に避けたほうが良いです。

残業をしない

残業をするとその分、夜の自分のプライベートな時間を削られてしまうことになります。結果的に家事などのこなさなければいけない作業は、やらなくてはいけないので睡眠時間を削ることになりかねないです。

仕事で体力を使い切る

体力を使い切ると必然的に眠くなり早く眠ることができるようになります。睡眠の質も高まるでしょう。特に夜なかなか眠れずに早起きができないという人には有効です。そもそも保育士の仕事はそれなりに体力を使う仕事ではあると思いますが、慣れてくるとそこまで疲れないこともあると思います。体力が余っているなと思った時は、積極的に動いて体力を使いきることも有効です。

翌日の準備を終わらせてから寝る

翌日の準備を終わらせてから寝るというのも有効な方法です。どうしても朝でなけれできないようなもの以外の準備をできるだけ前日に終わらせておくことで、少しでも朝の負担を減らすことができます。

保育園での仕事を充実させる

保育士の仕事に関連した早起きできるようになる克服方法で大切なことは「保育園での仕事を充実させる」ということです。

保育士が保育園の仕事で不満や達成感を抱くポイントはたくさんあると思います。

  • 人間関係
  • クラス運営
  • 行事
  • ピアノ

などなど人それぞれたくさんあると思います。

保育園での仕事が充実しておらず、悩みごとや不安が多いと、そのことが睡眠の質などにも影響を与えてしまうことがあります。夜考え込んでねれなくなってしまったり、不安で寝付きが悪くなってしまったりなどです。

一筋縄では行かないことだと思いますが、保育園での仕事を充実させることが朝がつらい、苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法でいちばん大切なことになります。

スポンサーリンク

保育士が働く環境を変えることも手段

ここまで、朝が苦手という人の早起きできるようになる方法を紹介しました。ですが保育士はそもそも本当にその早起きが必要なのか?という考え方もあります。朝型や夜型など言われることもありますが、人にはそれぞれ適した日中の行動時間があるとも言われています。それを無理に変える必要はないのではないかという考え方です。

そうではなく働く環境を変えることでできるだけ早起きしなくて済むようにするというのも早起きの克服方法だと言えると思います。保育士が働く環境を変えて早起きしなければいけないという状況を克服する方法を紹介します。

保育園の近所に引っ越す

保育園の近所に引っ越すというのは、早起きをしなければいけない状況を少し改善することができます。当たり前ですが通勤時間を30分減らすことができれば、今までより30分遅く起きても間に合うことになります。通勤は往復なので、帰りも30分短縮されるのでその分を家事などのプライベートや睡眠時間に当てることができます。

安定したシフトの保育園に転職する

冒頭でも書きましたが、保育園によっては前日は遅番で次の日が早番というシフトになることもあります。このようなシフト体型の保育園だと生活リズムが安定しにくく、早起きも難しくなります。

一方で保育園の中には、週ごとや月ごとに出勤時間を固定したシフトを組んでいる園もあります。例えば、一週目は早番、二週目は中番、三週目は遅番というような形です。このようなシフト体型だと一週間の生活リズムを安定しやすくなります。

働き方を変える

勤務時間に影響のある働き方そのものを変えるというのも一つの選択肢になります。保育園によってはパートとなり固定の時間で働いたり時短勤務制度などが利用できる場合もあります。収入には影響があるかもしれませんが、大きく生活を変えるきっかけにすることができます。

スポンサーリンク

最終的にはよりホワイトな保育園に転職しよう

保育士の仕事に関連した早起きできるようになる克服方法で「仕事を持ち帰らない」「残業をしない」なんてことを紹介しましたが、そんなの現実的に不可能だという人もいらっしゃると思います。結局のところそれなりにホワイト無い保育園に就職しない限りは今までしていた持ち帰りの仕事や残業を早起きのために放棄するということはなかなか難しいと思います。

ホワイト保育園に転職することで体力面はもちろん精神面も安定させることができます。保育園での仕事や人間関係の不安などで夜なかなか眠ることができずに、朝がつらいという方もいると思います。朝が苦手、つらいという方の根本的な問題は今の保育園での仕事内容や人間関係に対する不満や不安が原因であることもあります。

このような根本的な問題を改善するには、よりホワイトな保育園に転職することが先決になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:朝がつらい、苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法を紹介!

朝がつらい、苦手な保育士が早起きができるようになる克服方法を紹介しました。

世の中には様々な朝がつらい、苦手な人ができる克服方法があります。

  • 早く布団に入る
  • 寝る前にスマホをいじらない
  • 目覚まし時計を遠くに置く、スヌーズ機能を使う
  • 朝に日を取り入れる
  • 悩み事を減らす
  • 適度なお酒を飲む
  • カフェインを飲まない
  • 休みの日に寝溜めしない

上記のような内容です。他にも調べればたくさんの方法が出てくると思います。

保育士の仕事に関連した早起きできるようになる克服方法として、

  • 仕事を持ち帰らない
  • 残業をしない
  • 仕事で体力を使い切る
  • 翌日の準備を終わらせてから寝る
  • 保育園での仕事を充実させる

ということを紹介しました。

また、保育士が働く環境を変えて早起きしなければいけないという状況を克服することも手段になります。

  • 保育園の近所に引っ越す
  • 安定したシフトの保育園に転職する
  • 働き方を変える

などの方法です。これらの方法で、そもそも早起きしなければいけないという状況を改善することができます。

ただし、朝が苦手、つらいという方の根本的な問題は今の保育園での仕事内容や人間関係に対する不満や不安が原因であることもあります。そういう場合は、よりホワイトな保育園に転職して保育士としての仕事を充実させることが必要かもしれません。