保育士転職は4月入職が当然?4月入以外の求人は?入職日の調整は可能?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


転職を考える保育士の皆様。

保育士転職は4月入職が当たり前だと思うと思います。実際に保育園の求人は4月入職の募集が多いですが、メリットやデメリットもあります。

今回は、4月入職以外の求人の探し方や、入職日の調整は可能なのかという点についても解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育園の求人は4月入職の募集が多い

事実として、保育園の求人は4月入職の募集が多いです。保育士の方であれば、当然わかると思いますが、在籍園児は3月で卒園して4月から新しい園児を迎え入れます。その際に年次もあがることになります。そのタイミングで担任の先生などの人事の入れ替えなども行われます。そういう事情があり、その年度末のタイミングで退職するという保育士は多いです。保育園としても、そのタイミングで退職してくれたほうが都合がよく、推奨しているという側面もあります。年度途中のタイミングだと担任の先生が途中で入れ替わるということになり、慣れてきていたクラス運営を一からやりなおしということも起きるためです。

年度末で退職する保育士が多いということは、必然的に保育園は新年度に向けて新たな保育士を雇用する必要があります。同じ定員構成が継続される保育園であれば、正社員保育士が一人退職した場合、正社員保育士を一人新たに雇用します。

そして、もちろん、年度末で退職した保育士が転職する場合は、4月からの入職というのがブランクをあけずに就職できるタイミングになります。そういった意味でも、保育業界では、3月退職・4月入職というパターンが圧倒的に多くなっています。

3月退職4月入職のメリットとデメリット

ここで、一旦3月退職4月入職のメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】スムーズに転職できる

業界として3月退職4月入職が多いということは、その流れに乗れば、ブランクの間をあけずにスムーズに転職できる可能性が高いです。スムーズに転職できるということは、その間に給与が途切れないということになります。

【デメリット】退職するタイミングを逃してしまう

働く保育士にとってもデメリットは退職するタイミングが難しくなってしまうということがあげられると思います。心理的に年度末である3月退職のタイミングを逃すと次に退職できるのは来年の3月になってしまうためです。

【デメリット】賞与の支給にも影響する

一般的な私立保育園は6月と12月に賞与が支給されることが多いと思いますが、3月に退職してしまうと6月の賞与は受け取れないということになります。また、新しく4月から入職した保育園においても6月の賞与がもらえない、もしくは額が減ってしまうということがあります。

一般的な企業の転職活動だと、ボーナスを貰った後に退職して転職するというパターンが多いので、ボーナス約一回分損してしまうということになりかねないです。

4月入職以外の保育士求人はある?

保育園の求人は4月入職が圧倒的に多いということを書きましたが、4月入職以外の保育士求人も無いわけではありません。

急募の保育士求人

保育士の退職は3月圧倒的に多いと書きましたが、必ずしも3月まで働かなければいけないわけではありません。実際は、期間の定めのない雇用の労働者の場合は、退職日の2週間以上前に申し出ることによっていつでも退職することが可能です。

そのため、保育園としては、年度末まで働いてほしいという事情はあるものの、保育士の事情によっては年度途中で退職するということもあります。その場合、保育園には保育士が一人減ることになるので、そもそも余裕を持った人数の保育士を採用していない場合は、もうひとり新たに保育士を雇う必要があります。そうでないと、他の保育士に残業や休日出勤などをさせて対応しなければいけなくなってしまうためです。残業や休日出勤は人件費としても割高になりますし、保育士の就業環境の悪化も招きかねません。よくあるブラック保育園はこの保育士の足りない部分を無理やり補おうとするので、余計にブラックになっていくという事情があります。

この場合の、保育士の求人はほとんどが「急募」の求人になります。つまり、既に足りなくなってしまっている保育士を補うという求人になります。そのため、4月以外の入職になるということも多いです。

通年採用の保育士求人

一部の保育園を運営する大規模な会社法人は、通年で保育士の採用をおこなっている場合もあります。いわゆる多店舗運営の大手の株式会社の保育園などです。

このような保育園は、保育園間などで人材の融通が効きやすいので、通年で保育士を採用していることも多いです。人材の融通とは、多くの保育園を運営しているので、人手が足りていない園に人手が足りていない保育園から保育士の異動や応援をすることによって、全体の保育士の人数などを調整できるということです。また、大手なので、多少多めに人材を雇用しても資金的にも余裕があるという事情もあると思います。

10月入職の保育士求人

あまり多くは無いですが、最近では10月入職という求人もちらほら見かけることがあります。これは、新設の保育園が4月についで10月にオープンすることが多いためです。10月オープンの保育園は、10月から定員いっぱい園児を受け入れるというわけではないくて、4月までに徐々に定員を満たしていき、4月から本格的に園児定員を満たしていくというパターンが多いです。そうすることで、保育士も徐々に新しい環境に慣れながら安全に仕事をしていくことができるというメリットがあります。

つまり、10月から4月になるまで随時、必要な保育士を定員を満たすまで募集しているという場合が多いです。

4月入職以外の保育士求人の探し方

4月入職以外の保育士求人のおすすめの探し方は、保育士転職サイトを活用するということです。保育士転職サイトは、様々な求人を取り扱っているので、4月以外の入職の求人が見つかる可能性も高いです。また、ネット上では4月入職の求人となっていても条件や交渉次第で4月以外でも入職ができる場合もあります。そのような交渉なども保育園側に転職サイトがおこなってくれます。

マイナビ保育士」や「ヒトシア保育(旧:保育ひろば)」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育(旧:保育ひろば)| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

保育士の転職時に入職日の調整・相談は可能?

入職日は4月より前倒しであれば交渉ができる可能性が高いです。3月までにその保育園での仕事になれてもらい、4月からしっかり担任クラスをもってクラス運営を任せるということが可能になります。保育園にとってもメリットがある話になるので、相談がしやすいと思います。逆に、4月より後ろ倒しということになるのと、保育園が多忙な時期の4月の人手が不足してしまう恐れがあるので、調整が難しくなる可能性もあります。

細かい調整は保育士転職サイトが便利

入職日の調整・相談などの細かい調整を行うには、やはり保育士転職サイトが便利です。自分ではなかなか交渉が難しいものも、間に転職サイトが入っておこなってくれるので、負担が少ないです。利用料も特にかからないので、活用するのがおすすめです。

まとめ:保育士転職は4月入職が当たり前?4月入職以外の求人の探し方は?入職日の調整は可能?

今回は、保育士転職は4月入職が多いということ、4月入職以外の求人の探し方や、入職日の調整は可能なのかという点について解説しました。

実際に保育園の求人は4月入職の募集が多いですが、3月退職4月入職はスムーズに転職できるというメリットはありますが、退職するタイミングを逃してしまったる、賞与の支給にも影響してしまうというデメリットもあります。

そして、4月入職以外の保育士求人も無いわけではありません。

  • 急募の保育士求人
  • 通年採用の保育士求人
  • 10月入職の保育士求人

なども探すと意外とあります。4月入職以外の保育士求人のおすすめの探し方は、保育士転職サイトの活用が便利です。