保育士の履歴書の本人希望欄の書き方と内容。何を書けば良い?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育園で働く保育士だけに限ったことではありませんが、履歴書には「本人希望記入欄」が設けられていることが多いと思います。

たしかに保育士として保育園で働く上では、様々な希望があると思います。が、実際にどこまで書いて良いのかわからないですよね。

今回は、保育園の面接を受ける保育士の履歴書の保育士履歴書の本人希望欄の書き方について説明します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

履歴書にある本人希望欄とは?

履歴書には「本人希望記入欄」が設けられていることが多いです。本人希望記入欄はその会社で働くにあたっての自分の希望を記入する欄になります。

保育士履歴書の本人希望欄のポイントを先にをまとめておくと、以下になります。

  • なにも希望がない場合は、「 貴園の規定に従います。 」と記載する
  • 基本的には絶対に譲れない希望だけを記載する

本人希望が特に何もない場合

本人希望が特に何もない場合は、「特になし」ではなく、

  • 貴園の規定に従います。

もしくは、

  • 貴法人の規定に従います。 (社会福祉法人や学校法人の場合)

  • 貴社の規定に従います。 (株式会社の場合)

と記載をしましょう。

保育士履歴書の本人希望欄に書いて良いこと

保育士履歴書の本人希望欄に書いて良いことについて説明します。

希望の入職日

面接をする保育園に働き始めることができる、もしくは、自分が働き始めたい希望の入職可能日付を記載しましょう。記載しなくても必ず聞かれる内容になりますが、記載しておくことで、伝え間違いや勘違いを減らすことができます。

<関連記事>

希望の連絡時間帯

現在就業中の保育士の方などは電話に出ることができる曜日、時間帯を記載しておくと良いです。お互いに電話に出ない、出られないというすれ違いを減らすことができます。

勤務希望の園

保育園を運営する法人の中には、複数の保育園を運営している会社や法人があります。特定の園の求人に対しての応募ではなく、会社や法人への求人応募の場合は、勤務を希望する具体的な園名など記載するようにしましょう。

勤務希望時間帯(時短勤務、勤務シフトの希望)

正職員の応募の場合で、介護や育児による時短勤務の利用や土曜祝日出勤などシフトに制限がある場合に記載しましょう。

勤務希望曜日と時間(パートの希望シフト)

パート保育士の場合は、勤務できる勤務できる曜日や時間帯などを記載します。パートの場合は、なるべく多くの曜日や時間帯に勤務可能なほうが合格率は高くなる傾向があります。

扶養内、扶養外の希望

パート保育士として働く場合、特に扶養内での就業を希望する場合は、明記しておくと良いです。

通院希望など

抱えている持病等において、継続的な通院等が必要で、保育園の勤務シフトや業務などに配慮を求める可能性がある場合に記載しましょう。あくまでも、自分が記入を希望する場合のみ記載すれば良く、すべての持病などを記載する必要はありません。

自治体等の各種制度の利用希望

自治体が実施している保育士の支援制度などは、本人が役所などに直接申し込むものと、就業している保育園経由で申し込む場合があります。就業している保育園経由で申し込むもので、必ず利用をしたいものは本人希望記入欄に記載しましょう。

保育士向けの自治体等の各種制度は以下のようなものが挙げられます。

  • 保育士宿舎借り上げ制度
  • 奨学金返済支援制度
  • 保育士の移住、転入支援等

自治体が制度を導入している場合でも、保育園が制度を利用していない場合もあるので注意しましょう。

保育士履歴書の本人希望欄に書かない方が良いこと

ここからは保育士履歴書の本人希望欄に書かない方が良いことについて説明します。

給与待遇面の希望条件

月給○円以上というような希望は、この欄には記載しないほうが懸命です。給料に関しては、選考が進んでいけば必ず説明を受けることになります。もし、不満であれば、内定を貰ってから交渉するようにしましょう。

ただし、パート保育士の方で時給が最低いくら以上でない場合は働かないと決めている場合は、常識の範囲内で金額を記載しても良いでしょう。求人票などに記載のある時給の幅などを参考に常識の範囲内の金額を記入しましょう。もしくは、求人情報などから確実ば時給がわからない場合は、求人に応募し履歴書を記入する前に、電話などで「自分の条件だと時給はいくらになりますか」と事前に確認をすることをおすすめします。

自己PRなどの本人希望以外の内容

本人希望記入欄はあくまでも、その会社で働くにあたっての自分の希望を記入する欄になるので、空いているからといって自己PRなどを記載しなようにしましょう。

担任希望や仕事内容の希望

以下のような保育園の担任希望や仕事内容の希望は本人希望欄に書かない方が良いです。

  • ○歳児の担任を希望したい
  • フリー保育士として働きたい
  • 担任はしたくない
  • ピアノは弾きたくない

というような保育園での具体的な仕事内容の希望は、自分が絶対に譲れない条件を除き、本人希望欄への記入はおすすめしません。面接での合格率を大きく下げてしまう可能性があるためです。保育園としても、極力、柔軟に園内で仕事ができる人材を求めているためです。

このような希望は、内定を貰ってからの面談等の際に、希望として伝えるのが良いでしょう。

保育士履歴書の本人希望欄の書き方を紹介

保育士履歴書の本人希望欄の書き方について紹介します。

希望の入職日

入職可能日:2022年4月1日より就業可能

希望の連絡時間帯

現在就業中のため、平日は17時以降にお電話いただけると幸いです。

勤務希望の園

〇〇保育園での勤務を希望致します。

勤務希望時間帯(時短勤務、勤務シフトの希望)

子育てのため短時間勤務制度の利用を希望します。

子どもの保育園の迎えのため、毎週金曜日は18時に退勤させていただければ幸いです。

勤務希望曜日と時間(パートの希望シフト)

毎週月曜日から金曜日に1日4時間の勤務を希望します。

扶養内、扶養外の希望

扶養内での勤務を希望致します。

通院希望など

業務に支障はありませんが、通院のため月に一度、午前中に休暇をとらせていただければ幸いです。

自治体等の各種制度の利用希望

保育士宿舎借り上げ制度の利用を希望致します。

保育士履歴書の本人希望欄の注意点

ここからは、保育士履歴書の本人希望欄の注意点について紹介します。

希望が多いと印象が悪化する可能性も!

本人希望欄の記載内容だけに限りませんが、希望が多いと面接での印象も悪化していしまう可能性があります。入職後に保育園での仕事に様々な制限がついてしまう可能性があるためです。同時期に同じような保育士から応募があれば、当然、希望や制限が少ない保育士を採用する傾向が高くなるので、面接の合格率も下がってしまい兼ねないです。とりあえず、面接は合格したいという場合は、なるべく最低限の希望だけを記載するようにしましょう。

基本的には絶対に譲れない希望だけを記載する

履歴書の本人希望欄には基本的には絶対に譲れない希望だけを書くようにしましょう。この希望が通らない場合は、この園には入職しないというような内容です。

例えば、「保育士宿舎借り上げ制度が利用できない場合は入職しない」という際に「保育士宿舎借り上げ制度の利用を希望します」というように記載しましょう。利用できない場合でも入職する可能性があるという場合は、記載してしまうと面接で不合格になる可能性が高くなってしまいます。どうしても譲れない条件以外は面接時に確認したり、内定後に交渉すると良いです。

内定後に調整できる内容もある

保育園の就業における細かい希望については、内定後に調整できる内容もあります。先程挙げた

  • ○歳児の担任を希望したい
  • フリー保育士として働きたい
  • 担任はしたくない
  • ピアノは弾きたくない

というような希望などです。

また、給料や待遇に関するについても内定後のほうがスムーズに交渉が進みます。

  • 経験をもう少し考慮してほしい

というような交渉はこのタイミングがベストです。

保育園の面接を受けて内定を貰った後は必ず入職しなければいけないわけではないので、むしろ条件交渉のタイミングとしては適切です。逆に、保育園はその際の希望などで内定を取り消すということはできないので、有利に交渉をすすめることができます。

<関連記事>

希望が複雑な場合は保育士転職サイトを活用しよう

昨今は保育士不足の影響もあり、保育園の求人に応募すると、なんとなく面接に進んでしまって内定まで行ってしまうことも多いです。そうすると交渉するタイミングや諸条件をしっかりと確認する機会がなくなってしまうこともあります。

そうならないために、もし譲れない希望の条件がたくさんあったり、複雑な希望がある場合は、保育士転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトの担当者が、そのようなたくさんの希望を前提に 保育園の求人を探してきてくれます。

例えば、「今住んでいる賃貸をそのまま保育士宿舎借り上げ制度で利用したい」というような場合です。ネット上の求人で「保育士宿舎借り上げ制度利用可」と書かれていても、今借りている賃貸を名義変更して保育士宿舎借り上げ制度が利用できるかとは限りません。そのような細かい部分を面接を受ける前に、あらかじめ保育園に確認をとってくれます。

履歴書を用意して面接まで進んでから、「やっぱり条件が合わなかった」ということを減らすことができます。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

まとめ:保育士履歴書の本人希望欄の書き方。何を書けば良い?

今回は、保育園の面接を受ける保育士の履歴書の保育士履歴書の本人希望欄の書き方について説明しました。

保育士履歴書の本人希望欄のポイントは以下になります。

  • なにも希望がない場合は、「 貴園の規定に従います。 」と記載する
  • 基本的には絶対に譲れない希望だけを記載する

保育士として働く上での、給与待遇面の希望や、仕事内容の細かい希望については、面接時や内定後に確認するようにしましょう。