保育士の理想的な通勤時間と通勤手段は?


こんにちは。保育士さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから就職や転職を考えている保育士の皆様。どれくらいの通勤時間とどのような通勤手段が良いのか悩みますよね。

たかが通勤と思うかもしれませんが、通勤時間と通勤手段は、人生の幸福度を大きく左右します。通勤時間が長くなれば長くなるほど幸福度は下がりますし、満員電車に毎日揺られることはおおきなストレスになります。

今回は、保育士の理想的な通勤時間と通勤手段について解説します。

スポンサーリンク
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士の理想的な通勤時間は?

基本的には通勤時間は短ければ短いほうが良い

通勤時間は長くなれば長くなるほど、負担は多くなります。なので、基本的には通勤時間は短ければ短いほうが良いです。

片道の通勤時間が30分だと往復では1時間の通勤時間になります。一日1時間でも積み重なると長い時間になります。正社員だと月間20時間も通勤時間が増えることになります。これは一年間に換算するとちょうど10日間分にも相当します。これを一生涯(40年間勤務)に換算すると400日、つまり生涯で1年間以上も通勤時間に費やしてしまっていることになります。

特に保育士の仕事は体力を多く使うので、通勤時の負担というのはなるべく少ないに越したことは有りません。

全国の平均の通勤時間はどれくらい?

参考までに、総務省統計局発表の「平成30年住宅・土地統計調査」で家計主(世帯の家計を支えている人)の通勤時間が調査されています。

全国の中央値は26.8分でした。

通勤時間は首都圏などの都市部では長くなる傾向があり、東京都は41.0分、千葉県は44.7分、埼玉県42.3分、神奈川県は45.6分という通勤時間の中央値になっています。

全国平均はおおよそ30分程度の通勤時間になっているということがわかります。

※総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/tyousake.htmlより

交通費は基本的には全額支給してくれる保育園が多い

保育士が勤務する際にかかる交通費は、基本的には全額支給してくれる保育園が多いです。そのため、通勤にかかる費用というのは、保育士は就職の段階ではさほど気にする必要はありません。

自宅から遠いと不採用になることも

保育園で働く保育士の離職率は他の業種と比較して低いわけではなく、過去に「自宅から遠い」という理由で退職をした保育士がいる保育園も少なくないです。そういう保育園は、自宅からの距離が遠い人はまた同じ理由で辞めてしまうのではないかという懸念を持っています。

また、保育園からすると支給する交通費の金額が高いということも採用においてはネックになります。残念ながら資金的に余裕がある保育園は多くはなく、たかが交通費と言っても保育園には大きな負担になることがあります。できれば、交通費も多くかからない保育士を雇用したいという思いがあります。

このような背景もあり、保育士が保育園の面接を受けると自宅から遠いと不採用になってしまうこともあります。

自宅から勤務する保育園が近いことのデメリットは?

自宅から勤務する保育園が近いということにもデメリットはあります。

1つ目のデメリットは「プライベートで保護者や子どもたちと出会う可能性が高い」ということです。保育園の利用者は、その保育園周辺に自宅を構えている方が多いので自宅から勤務する保育園が近いと必然的に居住エリアが近くなります。

これは人によると思いますが、プライベートではあまり保護者の方や子どもたちと会いたくないという人は意外と多いと思います。変な噂につながるということもあるので、そう考える人は多いです。

2つ目のデメリットは「保育園から急遽呼び出されることがある」ということです。これは、保育園によると思いますが、急な欠勤や人数不足などが出た場合に自宅が近いことを理由に呼び出される可能性があります。まぁ断ればよい話ではありますが、責任感が強い人だとなかなか断れないということもあると思います。

3つ目のデメリットは「家賃が高くなる」ということです。保育園への通勤に便利なエリアに住むとなると必然的に駅から近い場所に住む必要が出てきます。特に電車通勤をする場合は、家賃はたくなります。

それ以外にも、

  • 飲み会が断りにくくなってしまう
  • 行動範囲が狭くなる

などのデメリットもあります。

これらの点も踏まえながら、通勤に最適な時間を自宅との位置関係を踏まえて考慮しましょう。

スポンサーリンク

保育士の理想的な通勤手段

保育士の理想的な通勤手段としては、徒歩や自転車での通勤がおすすめです。

徒歩や自転車での遅延や渋滞に巻き込まれることが少なく、近距離であれば体力的な負担もそこまで多くは無いためです。

公共の交通機関は、遅延することがあります。保育士の仕事は遅刻すると同僚にも保護者にも迷惑をかけてしまうことがあるので、ある程度余裕をもって通勤する必要があります。予想以上に通勤時間がかかることになります。

特に満員電車などは、体力的な消耗も激しくストレスも多く蓄積するので避けるべきです。保育士は日々の仕事の体力的な負担も多いので、なるべく体に負荷のかからない通勤方法がおすすめです。

そういった点でも、徒歩や自動車などでの通勤は特におすすめです。もし電車やバスを使う場合は、ラッシュとは反対方向へ通勤するのがおすすめです。そうすれば満員電車になることはなく、座って通勤することが可能です。

また、徒歩や自転車での通勤は、必ずしも駅チカに住む必要がないため、家賃も抑えることができます。

スポンサーリンク

まとめ:保育士の理想的な通勤時間と通勤手段は?

今回は、保育士の理想的な通勤時間と通勤手段について説明しました。

保育士の理想的な通勤時間は、基本的には通勤時間は短ければ短いほうが良いです。また、保育士の理想的な通勤手段としては、徒歩や自転車での通勤がおすすめです。

たかが通勤と思うかもしれませんが、通勤時間と通勤手段は、人生の幸福度を大きく左右します。通勤時間が長くなれば長くなるほど幸福度は下がりますし、満員電車に毎日揺られることは大きなストレスになります。

もちろん、通勤は自宅と保育園の位置関係によって決まるものなので、完全に自由に決められるわけではないです。なので、これから就職や転職を考えている保育士の皆様は、自分自身の置かれている状況を考えながら、より良い保育園を見つけてみてください。