よく見かける保育士の高待遇の求人は本当?月給、年収、時給はいくらまである?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


保育士の皆様。就職・転職活動などをしていて高待遇の保育士求人をたまに見つけたりしませんか?

  • 時給1800円
  • 月給28万円

などです。

こんな求人を目にすると「本当かな?」と思ってしまいますよね。良くも悪くも保育士の待遇はどこの保育園も似たりよったりなので、突出している求人があるとちょっと疑ってしまいますよね。

今回は、よく見かける保育士の高待遇の求人は本当なのか?保育士は、どれくらいの月給、年収、時給の求人があるのか?という点などを紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

よく見かける保育士の高待遇の求人は本当?

保育園というものが国からの補助金による運営費でまかなわれている以上、保育士の待遇というのは認可保育園であれば、どこも大きな差はなく横並びになります。

それもそのはず、保育園の園児定員や保育士の人数によって「公定価格」といって国などから付与される補助金が決まっているからです。それなのに、突出して給料が高い求人があると、なにかあやしいのではないかと疑ってしまいますよね。

結論としては、基本的には大手の保育士転職サイトや保育園がわざわざ嘘を書くということは無いと思うので、記載されている求人自体はあるはずです。

ただし、そのような高待遇に見える保育士の求人には注意点がいくつかあるので紹介します。

よく見かける保育士の高待遇の求人の注意点

よく見かける保育士の高待遇の求人の注意点を紹介します。

嘘ではないと思うが上限の求人の例

基本的には、大手の保育士転職サイトや保育園が嘘を書くということは無いと思うので、求人自体はあるはずです。

ただし、載せている求人は、最近ある求人のなかで最も高待遇なものを例として載せているだけの可能性があります。もちろん実際にある求人なので、嘘を書いているわけではありません。

一つだけでも高待遇の保育士求人があれば、そのような記載ができるので、平均して高待遇の求人を取り扱っているということとは別の話になります。

あくまでも一例に過ぎないということになります。

自分が応募できる条件を満たしているとは限らない

他と突出して高待遇である保育士の求人があるといっても、単に親切で待遇を良くしているわけではなく、保育士に対して保育園に必要な能力を求めて高待遇にしています。

例えば、

  • 経験○年以上
  • 主任の経験

などがそれにあたります。高待遇の求人は、保育園が経験豊富で役職を任せられる人を求めているケースも多いので、自分が応募できる条件を満たしているとは限りません。

また、そもそも保育園の場所的に通勤できない範囲である可能性もあります。

高待遇の求人がある!といって飛びついてしまっても自分が応募できるかどうかは、これもまた別の話になります。

月給では年収はわからない

次の注意点として挙げられるのは、月給では年収はわからないということです。

例えば「月給28万円」という記載の求人があるとします。それはあくまでも月給で年収がいくらになるかについてはわかりません。

この場合、ボーナスの支給がない保育園であれば、年収は336万円になります。これは、ボーナス4ヶ月分を支給する月給21万円の保育園とまったく同じ年収になります。

月給などの一部の情報だけを見ても、その保育園が本当に高待遇なのかというのは、わからないという点に注意が必要です。

高待遇の求人は都心部に集中

そもそも保育士の高待遇の求人は基本的には都内などの都市部に集中しています。これは、東京都が独自に保育士に対して処遇改善の給与上乗せを行っているためです。東京都以外にも横浜市・川崎市などの周辺の自治体でも給与上乗せを行っています。

東京都などの自治体が独自に保育士に対して処遇改善の給与上乗せを行っているのは、需要に対して圧倒的に保育士が足りていないためです。

よく見かける保育士の高待遇の求人というのは、ほとんどが東京都やその周辺の自治体にある保育園の求人ということが多いです。(一部では大阪・兵庫や名古屋、札幌なども高待遇の保育士求人があります。)

つまり、都心部に就職できる保育士の方以外は、そこまで高待遇の保育士の求人を望めない可能性があります。

現実的にどれくらいの高待遇の保育士求人がありうる?

皆さんも気になるのは、現実的にどれくらいの高待遇の保育士求人があるのかということですよね。私自身が調べた限りの高待遇の保育士求人の上限値について紹介します。

正職員保育士の場合

  • 新卒・未経験:月給約23万円、年収換算約368万円
  • 経験者:経験1年につき新卒・未経験の金額に加えて月給+3000円程度
  • 主任保育士:月給約30万円、年収換算約450万円

これ以外では、保育士等キャリアアップ研修を受講して「副主任」「専門リーダー」等の役職につくことができる条件を満たしている場合は、保育園によってはより高い月給を提示してくれる場合があります。

パート保育士の場合

  • 時給約1800円

パートの場合は、あまりに時給が高い場合は、契約期間が決まっていたり、勤務時間帯が早朝や夕方等に固定されていることがあります。

これぐらいが私自身が色々な保育士の求人をみた結果の上限の値になります。あくまでも個人の調査の範囲内になります。また、知りうる限りの上限の値なので、これより待遇が低い求人がほとんどです。

東京などの都心部以外では、これに対して約2〜4万円程度を引いた数字が実質的な上限値に近い数値になると思います。これは東京都保育士等キャリアアップ補助金による月額の賃金改善額はそれくらい数値にになっているためです。詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

高待遇の保育士求人の条件と求人を探すには?

高待遇の保育士求人の条件と求人を探すためには以下のことが必要になります。

  • 東京都などの都心部の求人を探す
  • たくさんの保育士転職サイトに登録し、たくさんの求人の紹介を受ける

やはり、先程も書いたとおり保育士の待遇は東京都などの都心部で充実しているので、高待遇の保育士求人を探すには、都心部での就職をおすすめしています。

保育士転職サイトには「非公開求人」といってネット上などには出てこない求人もあります。このような非公開求人には高待遇の保育士求人も多いです。転職サイトごとに非公開の求人があるので複数サイトに登録がおすすめです。

まとめ:よく見かける保育士の高待遇の求人は本当?月給、年収、時給はいくらまである?

広告等で表示されるような高待遇の保育士の求人はあるはずだけれど、実際に自分が応募対象かどうかは登録してみないとわからないということです。

私の結論としては、転職する意思が少しでもあるのであれば、とりあえず登録をしてみて求人の紹介をしてもらうのが良いです。もちろん転職するかどうかはその時点で決める必要はありません。採用の内定をもらった後に悩む時間はじっくりあります。

先程紹介した、現実的にどれくらいの高待遇の保育士求人があるのかという内容は、私自身が転職活動などをした際に掴んだ保育士求人の相場感になります。

たくさんの求人を紹介してもらうことで、自分の経験や実力だとどれくらいの待遇の保育士求人に応募できるのかというのがわかってきます。そうすると待遇が良すぎる求人は、なにか条件があったり裏があるのではないかという疑いを持つ目も養うことができます。

そもそも保育士転職サイトの登録や利用には料金はかからないので、とことん利用しようというくらいの気持ちが大切です。

マイナビ保育士」や「ヒトシア保育(旧:保育ひろば)」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育(旧:保育ひろば)| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。