ハローワークで見つけた保育士求人は保育園に直接応募しても良い?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから就職や転職を考えている保育士の皆様。ハローワークで保育士の求人を見つけたという方もいらっしゃると思います。

ですが、

保育士求人を見つけたけどハローワークに行く時間がない!

そんな方もいらっしゃると思います。ハローワークの営業時間は、基本的に平日の日中になるので、特に在職中の方は利用が難しいと思います。

保育士の求人は早いものがちという側面も強いので、空いているスケジュールを待ってしまうと募集が終了してしまうのではという懸念もあると思います。

今回は、そんな方向けにハローワークで見つけた保育士求人は保育園に直接応募しても良いのかという点を解説します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

ハローワーク(公共職業安定所)とは?

ハローワークは、正式名称は公共職業安定所で、国が運営している機関になります。利用は無料です。

ハローワークでできることには、大きく以下の3つがあります。

  • 求職活動
  • 失業手当の受給手続き
  • 職業訓練の申し込み

求職活動では、主に求人の検索や相談、面接への申込みが可能です。窓口には、担当の方がいるので相談なども受け付けています。在職中、離職中を問わず利用が可能です。新卒や転職などの条件、正規社員やパートなども雇用形態の条件を問わず利用が可能です。

失業手当の受給手続きは、会社を解雇や退職した場合に、次の食を見つけるための休職期間中の手当の手続きで、ハローワークでの手続きが必要です。

職業訓練は、就職のために必要な知識・スキルなどを習得するための訓練で、条件を満たせばハローワーク通して受講することができます。

ハローワークの保育士求人への応募は公共職業安定所に出向く必要がある

ハローワークは、自分が住んでいる地域を管轄している公共職業安定所の庁舎に実際に出向いての手続きが必要になります。

ハローワークの利用手順

ハローワークを利用しての求職活動の利用手順はおおまかに以下のようになります。求人情報の検索以外は全てハローワークの庁舎に出向いての実施になります。

  1. 求職申込み手続き
  2. 求人情報の検索
  3. 窓口での相談
  4. 求人応募

ハローワークの庁舎では、これらの手順で求職活動を行うようになっています。

ハローワークの求人はネット検索も可能

ちなみに、ハローワークの求人は、ハローワークインターネットサービスによってインターネット上でも検索が可能です。

保育園の保育士求人を検索する場合は、基本検索条件で「希望する職種」で保育士を選択しましょう。「就業場所」で都道府県と市区町村でエリアを絞り込むことができます。

ハローワークで見つけた保育士求人は保育園に直接応募しても良い?

※参考:ハローワークインターネットサービスhttps://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/GECA110010.do?action=initDisp&screenId=GECA110010

保育士求人を見つけたけどハローワークに行く時間がない

ハローワークの求人情報の検索で保育士求人を見つけたという人のなかには、ハローワークに行く時間がないという方もいらっしゃると思います。特に、現在も保育園で就業中という方は、なかなか時間が取れないという方も多いでしょう。ハローワークの窓口は、一般的に土日祝日は休みになっています。また、平日に関しても日中の時間帯にのみ営業していることが多いので、なかなか行くチャンスを作れない方も多いと思います。

ハローワークの営業時間

ハローワークの営業時間は、各庁舎によって異なりますので、実際の営業時間に関しては自分が住んでいるエリアを管轄しているハローワークの営業時間を確認してください。多くのハローワークでは、平日の 9:00~17:00 に開庁していることが多いです。庁舎によって特定の曜日に夜間の開庁をしていることもあれば、土曜日に開庁している場合もあります。

ハローワークで見つけた保育士求人、保育園に直接応募しても良い?

保育士求人を見つけたけどハローワークに行く時間がないという方が、気になると思うのが「その保育園に直接求人応募しても良いのか」ということがあると思います。

結論としては、ハローワークで見つけた保育士求人を出している保育園に対して直接、求人に応募することは可能です。

ただし、それぞれの求人には応募要件がある場合があります。ハローワークを通して応募した場合は、応募要件を満たしているかどうかは窓口の方がチェックしてくれると思いますが、自分で直接応募する場合は、自分自身できちんと確認する必要があります。

保育園としては、応募条件を満たして応募してきているのだろうと思う可能性もあります。実際に面接に行ってから実は応募要件を満たしていないことがわかると、お互いに時間が無駄になってしまうので注意しましょう。

また、ハローワークに求人が載っていても、時間差で募集が終了しているという可能性もあるので、応募要件を満たしていたとして必ず面接まで行けるという保証もないので、その点も注意しましょう。

ハローワークで見つけた保育士求人の保育園への直接応募の方法は?

基本的には、電話での応募になると思います。電話をする場合は、保育園の開園時間中で園長などの採用の担当者がいそうな時間帯に電話をしましょう。具体的には保育園の開園時間の中でも朝早い時間や夜遅い時間をのぞいた日中の時間帯がおすすめです。結局、園長等の採用担当者が電話に出れなければ、書け直したり、折返しの電話を待ったりしなければいけないので、かえって面倒になってしまいます。

保育園への電話での求人応募の手順や注意点などは以下の記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

ハローワークで見つけた保育士求人の直接応募のメリットやデメリットは?

ハローワークで見つけた保育士求人を出している保育園に対して直接求人に応募することは可能と書きましたが、その上で気になることは、直接応募することでなにか選考で不利になったりするデメリットはあるのかということだと思います。

結論としては、直接応募することでデメリットになることはほとんどないでしょう。保育園としては、どこから応募があったとしても、本人のスキルや適正などを判断することになるので、選考への影響はないと言えるでしょう。

強いて言えば、ハローワークで応募をする場合は、窓口の方が相談に載ってくれるというメリットがあることくらいです。ただし、ハローワークの場合は、保育士転職サイトなどとは違って保育士だけの求人紹介をおこなっているわけではないので、保育業界特有の事情などにはあまり詳しく無いです。そのため、ハローワークの窓口に方に相談できるということはそこまで大きなメリットにはならないです。

それ以外では、先程も書いたように、それぞれの求人には応募要件がある場合があります。ハローワークを通して応募した場合は、応募要件を満たしているかどうかは窓口の方がチェックしてくれるということもありますが、それくらいは自分自身でも確認できるでしょう。

従ってハローワークで見つけた保育士求人の直接応募のメリットやデメリットをまとめると以下のようになります。

  • メリット
    • ハローワークに行かなくて良い
  • デメリット
    • ハローワークの窓口で相談や確認をしてくれる

保育士転職サイトの活用もおすすめ!

ハローワークで見つけた保育士求人、保育園に直接応募するか悩んでいるという方は、保育士転職サイトの活用もおすすめです。

ハローワークで見つけた求人に関しても、保育士転職サイトの担当者に問い合わせをお願いすることも可能です。自分で保育園に直接電話する手間も省けるので、転職活動の負担を減らすことが可能です。また、ハローワークの求人情報だけではわからないことも、保育園側に問い合わせや質問をおこなってくれます。条件等を詳しく聞いてから応募に進むことができるというメリットがあります。

また、保育士転職サイトにはハローワークやインターネットの求人サイトには載っていない「非公開求人」の取り扱っている場合もあるので一度チェックしてみるのがおすすめです。

マイナビ保育士」や「ヒトシア保育(旧:保育ひろば)」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育(旧:保育ひろば)| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。